女性ホルモン注射を考えてるアナタ!効果と副作用の仕組みとは?メリットは2つ♪

女性ホルモン注射を考えてるアナタ!効果と副作用の仕組みとは?メリットは2つ♪

「女性ホルモンを注射したら、胸が大きくなるのかな?」胸のサイズに悩んでいる人なら、一度は考えたことがあるかもしれないこんなコト。実際のところ、本当に大きくなるものなのか。女性ホルモン注射の効果から副作用まで一緒に見ていきましょう!

シェアする

女性ホルモン注射を考えてこの記事を見てくださっている方に申し訳ないご報告がひとつあります。
それは女性ホルモン注射は更年期障害、不眠治療、性同一障害といった症状の方のみに限り認められており、女性ホルモンを増加させることを目的で注射を打つことはできない、ということです。

ただし、注射を打たなくても女性ホルモンを増やす方法はあります。


もともと女性ホルモンを増やしたいと思っている女性は多く、女性ホルモンに関する記事はチコリの中でも一番人気があります。

そこで注目度の高い女性ホルモンについて、どうやったら一番効果があったのかユーザーの皆さんにアンケートを取りました!

するとそこで分かったのは、女性ホルモンを増やすにはバストアップサプリが一番効果が高い!ということです。

バストアップサプリには女性ホルモンをサポートする栄養素(エストロゲンとプロゲステロン)が豊富に含まれるため、バストアップだけでなく女性ホルモンを増加させるためにも効果的だったんです。

そんなバストアップサプリは種類も多く、どれを選べばいいのか分からない、といった方も多いのではないでしょうか。
そこで、チコリでは100種類を超えるバストアップサプリを検証し、ランキングにしました!!
時間もお金もかけた、チコリ・バストアップサプリの堂々1位は“あの”サプリです。

バストアップサプリランキングの結果は…

目次

  • 女性ホルモン注射で女性らしさは手に入れられる?
  • 女性ホルモン注射を使った治療の効果
  • 女性ホルモン注射による副次的な効果とは?
  • 女性ホルモン注射のメリットってなに?
  • 女性ホルモン注射の副作用も知っておこう
  • 女性ホルモン注射のデメリットは結構大きい……
  • 女性ホルモン注射の主な成分とは?
  • 女性ホルモン注射の料金&してもらえる病院って?
  • 改めて知りたい女性ホルモンのこと
  • 結局、ホルモン注射は効果だけじゃなく副作用も大きい(汗)

女性ホルモン注射で女性らしさは手に入れられる?

YES!ただし、基本的にバストアップのためには打つことができません 

みのりん
みなさん、こんにちは!チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと宗みのりです♪今回は、女性ホルモン注射特集になりますが、先に答えから言っちゃいますね。女性ホルモン注射を打てば、高確率でバストアップはします!

ただ、きっとみんなが想像している以上に副作用が重篤化する可能性もあるので、ほとんどの病院では「バストアップのため」という名目では打ってくれないのが現実。

だから、今回のまとめはただ胸を大きくしたい女性向けというよりは、更年期障害や不妊に悩んでいる女性。それから、性同一性障害を持つ男性にこそ、重要なまとめになっているかも。

ただ、女性ホルモンを増やすことでどんな効果が得られるのか&どんな副作用が出やすいのかといった情報も分かりやすくまとめています。だから、バストアップを目指す人にはホルモン注射を考えていなくても役立つはずなので、ぜひ読んでみてください



「な~んだ。バストアップには不向きなのか…」

残念ながら


早くも結論が出ちゃったあなたにはコレ!


▼こんなド貧乳が…

▼こじはる級のふわぷるバストになる!


そんな衝撃の胸を大きくする方法が気になる人はこちらをチェック

⇒【ビフォーアフター画像あり】3ヶ月でこじはるバストになれる方法


目的はバストアップじゃないの…という人は続きをどうぞ!

女性ホルモン注射を使った治療の効果

バストアップしたい人にはオススメできない女性ホルモン注射。それじゃあ、実際はどんな人が女性ホルモン注射を使っているのでしょう?

1.更年期障害の治療ケース

女性ホルモン注射を使うケースとして、まずは「更年期障害の治療」に用いられることが多いようです。

私たちは加齢とともに女性ホルモンの分泌がどんどん少なくなっていきます。

そして、個人差はあるものの年齢的に45~55歳ぐらいになると、特に分泌が少なくなり、やがて生理があがる「閉経」を迎えます。

この、女性ホルモンが急激に減少し始めてから、閉経までの前後5年間を「更年期」と呼ぶんです。

そして、この時期は正に2つのホルモンバランスの乱れがひどくなる頃。だから、どうしても心もカラダも不安定に……。

この時の症状も重たさも人それぞれだけど、中には普段の生活すらもツライと感じてしまう人も……。

そんなときに女性ホルモン注射を治療の一環として、使うことがあるようです。

※更年期の症状例……胸の痛み・倦怠感・疲れやすさ・肥満・痩せる・冷え・頭痛・めまい・ふらつき・耳鳴り

2.不妊治療のケース

「女性が原因での不妊治療」にも、女性ホルモン注射が使われることがあります。

女性ホルモンの分泌が少ないと、排卵や卵子の成長を妨げてしまったり、子宮内膜が厚くならないといった影響を与えることがあります。

なので、ホルモン注射によって女性ホルモンを増やし、妊娠しやすい体内環境へと導くのです。

3.性同一性障害(GID)治療のケース

生物学的には性別が男性であるものの、気持ちの面では女性であるといった症状を持つ人たちのことです。

「性同一性障害」の治療はいくつもの段階を踏んで、また、当人の希望によって行われますが、その中には「内分泌療法(ホルモン療法)」という女性ホルモン注射による治療もあるようです。

女性ホルモン注射による効果には個人差もありますが、丸みを帯びたカラダに近づくことができたり、腰にくびれができたりなど女性らしいカラダつきへと変化していくそうです。

女性ホルモン注射による副次的な効果とは?

上で紹介してきた3つの治療ケースに多く使われる女性ホルモン注射だけど、細かく見るとこんな副次的な効果も得られるんだそう。

1.バストアップ

胸は女性ホルモンが分泌されることで乳腺が発達して、その周りに脂肪がつき、バストアップするもの♪なので、治療として注射を行った際に副次的な効果としてに胸が大きくなったという人も多いみたい。

2.美肌効果

女性ホルモンの内、特にエストロゲンが増えると、肌にハリやツヤをもたらすだけじゃなく、ニキビなどの肌荒れまで改善されちゃうようです♪

3.薄毛の改善

髪の毛は女性ホルモンが増えると濃くなるものだそうです♪ただ、その代わりにもともと体毛が薄かった人は、体毛まで濃くなってしまうこともあるみたい(汗)

4.高脂血症の予防

女性ホルモンはコレステロールのバランスを調整してくれるので、高脂血症予防にも繋がると言われています♪

そして、高脂血症を放っておくことでなることの多い、動脈硬化の予防にももちろんなるみたいですよ~♪


女性ホルモン注射のメリットってなに?

効果が出るのが早い

女性ホルモン注射は、なんといっても直接血液内に入れるものなので、効果が出るのはとにかく早い!

これは、サプリメントや食品などでは絶対に敵わないところです。

肝臓に負担がかかりにくい

サプリメントなどだと、どうしても一度消化してから血液に取り入れる必要があるので、消化器官に負担がかかってしまうんです。

それに対して、注射はその心配が少ないのも嬉しいところですね♪

※ただし、肝臓に負担をかけるサプリメントは「化学合成のもの」や「脂溶性ビタミンのもの」。

その他、必要量以上に摂取してしまった場合です。肝臓への負担が気になる場合は、これらに気をつけてサプリメントを選んでくださいね。


【注射を打ちたくない方必見】チコリのオススメする女性ホルモンを増やせるサプリメントはコチラ!

 初めてバストアップサプリを選ぶ人も、使ったことがあるけど効果がなかった人も、コレを読めばアナタにピッタリのバストアップサプリが見つかります!主要サプリの特徴がひと目で分かる比較表付き、2017年最新バストアップサプリランキング発表!

女性ホルモン注射の副作用も知っておこう

ここまで効果とメリットを見ていると、女性ホルモン注射を打ってみたいと思う人も多いかも。

だけど、本当に打ちたいかどうかは次の副作用とデメリットまできちんと知ってからにしてくださいね!

吐き気・めまい・食欲減退・倦怠感などの諸症状

副作用の中でも比較的軽い(場合によっては重たい吐き気などもアリ)ものですが、これらの症状が出ることは非常に多いようです。

効果が出るのが早いということは、急激にカラダが変化するということでもあるので、それについていけずに副作用が起きてしまう可能性も高いのです……。

特に男性が使用される場合には、高確率で副作用が起きるようです。

なので、少しでも安く済ませようと、個人輸入や信頼性の低い病院で女性ホルモン注射治療を行うのは止めてください。

女性らしいカラダつきになり、一時は嬉しさもあるかもしれません。でも、その後に大きな副作用が出たとしたら……。

そう考え、きちんと信頼のおける病院で治療してもらうようにしてくださいね。

女性ホルモン受容体におけるがんの進行リスクが上がる

女性ホルモンにはがん細胞の成長を早め、増殖させる副作用があると言われています。

そのため、すでに乳がんや子宮体がんになっている場合には、進行を早めてしまう恐れも……。

そのほか、子宮内膜症などのリスクも高くなるとされています。

また、アメリカではホルモン剤の長期使用が発がんを招くといった研究報告もあげられているそうです。

色素沈着や体重増加など美容面にも影響アリ

女性ホルモンが増えすぎてしまってホルモンバランスが乱れてしまえば、色素沈着やシミ、更には体重増加やむくみやすくなるといった女性としては困った副作用が現れることも……。

そのほか男性ならではの副作用

男性が女性ホルモン注射を打った場合には、不妊・糖尿病の悪化・肝臓疾患リスク増加・乳がんリスク増加といった重篤な副作用が現れる可能性があります。そのほか、精神的な不調を訴えることも多いので、やっぱり医師のしっかりとしたサポートがあったほうが安心です。

女性ホルモン注射のデメリットは結構大きい…

即効性があるため、副作用が出てもすぐに中止はできない

サプリメントとは違い、女性ホルモン注射は打ってすぐにカラダに変化が現れることも多いもの。

それだけ一気に体内の女性ホルモンが増えるので、これをいきなり止めてしまうと、今度はその反動で様々な症状が出ることも……。

また、カラダ自体も「外から女性ホルモンがもらえるからいいや」とばかりに、元々その人自身が持っていたホルモン分泌力を低下させてしまうこともあるようです。

このこともあり、女性ホルモン注射を止めるときには、徐々に量を減らしていき、カラダを慣れさせる必要があるんです。

だから、「試しに打ってみたけど、副作用がツライからやっぱり止めたい」と思っても、しばらくはその副作用と付き合っていかなくてはいけません。

病院に通院し続けなくてはいけない

治療内容によって通院頻度はさまざまだけれど、週3回以上通院が必要となるケースから月2~4回程度など、想像以上に頻度が高くなることが多いようです。

忙しい人だとなかなか時間を作るのも大変だし、継続することが面倒になる人も多いみたい。

とにかく痛い!

女性ホルモンの注射を打った経験がある人に話を聞いてみると、必ず挙がるのが「すごく痛い!」という話。

ちなみに、その痛みはインフルエンザ注射の5倍と言われるほどなんだとか(汗)

なんでも、油に溶かしたものなので、水溶性のものよりも筋肉に入るときに抵抗があってものすごく痛いのだとか……。

苦痛に感じるほどの注射を何度も継続して打とうと思うと、そこにはかなりの根性が必要になりそう。


女性ホルモン増加にはバストアップサプリがいいって知ってた?飲むだけだからどんなに怠け者でも続けられる!

 初めてバストアップサプリを選ぶ人も、使ったことがあるけど効果がなかった人も、コレを読めばアナタにピッタリのバストアップサプリが見つかります!主要サプリの特徴がひと目で分かる比較表付き、2017年最新バストアップサプリランキング発表!

女性ホルモン注射の主な成分とは?

ちなみにそんな女性ホルモン注射には、下記のような成分が含まれていると言われています。ただ、詳細は細かく明記されていないので、あくまで参考にどうぞ!

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)単独

  • プロゲステロン(黄体ホルモン)単独

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)+プロゲステロン(黄体ホルモン)

  • エスラジオール(エストロゲンの一種)

  • ペラニンデポー(卵胞ホルモンに作用するホルモン) 

女性ホルモン注射の料金&してもらえる病院って?

1,000~20,000円前後とかなりの料金差アリ

1,000~20,000円前後なんて、この料金の違いにはびっくり!これは、病気と診断された上での注射治療の場合には保険が適応されるためなんだそう。逆に、病気ではなく、あくまで美容目的でとなると保険適応外になるので、病院によって金額差がとても大きくなるみたい。

女性ホルモン注射をしてもらえる機関とは?

まず、女性のバストアップ目的で女性ホルモンを注射することは、現代ではほとんどの病院で勧めていません。

それに代わって、より安全性の高いバストアップ方法を紹介していることが多いようです。

注射治療自体も激痛なうえ重い副作用のリスクもあり、保険適応外で2万円前後の金額を払うのであれば、もっと気軽で安全な方法が良いに決まってます。

それでいて病院に行かずとも、あの小嶋陽菜レベルのバストが手に入るかもしれません。

これであなたも
\こじはるバスト♡/

【体験談】90日でB→Dカップまで胸を大きくする方法


男性のバストアップ目的であれば、美容医療・整形外科のほか、内科・外科・泌尿器科といった機関で治療が行われています。

そのほか、不妊治療や更年期障害治療であれば、産婦人科のほか、それらの治療を専門とした病院でもしてもらうことができますよ♪

改めて知りたい女性ホルモンのこと

女性が女性であるために必要なホルモン

そもそも女性ホルモンとは、私たち女が約40年間もの間付き合っていくホルモンです。胸のふくらみにお尻のまるみ。

それから、みずみずしくハリのある肌や髪の毛など「女性らしいカラダづくり」をサポートしてくれます。

ほかにも、排卵や卵巣など「女性の体内環境」を整えてくれて、妊娠・出産にふさわしいカラダづくりもサポートしてくれるなど、とても大切なホルモンです♪

女性ホルモンには2種類のホルモンがある

一口に女性ホルモンと言っても、実は下記のような2種類のホルモンが存在しています。

どちらも大切なホルモンのひとつですが、「エストロゲン」は「美を司るホルモン」と呼ばれているんですよ♪


◎エストロゲン(卵胞ホルモン)……女性らしさを作るホルモン

  • 肌や髪の毛をキレイにする

  • 胸を大きくしたり、腰回りに丸みを帯びさせるなど女性らしいカラダをつくる

  • 卵胞を成長させる

  • 子宮内膜を厚くして、着床しやすくする

  • 骨や血管を守る

  • 自律神経を整え、精神を安定させる

  • 体温を下げる

◎プロゲステロン(黄体ホルモン)……母になるための体内環境を整えるホルモン

  • エストロゲンの作用で厚くなった子宮内膜を維持、妊娠を助ける

  • 体温を上げる

  • 乳腺の発達を助ける

  • 赤ちゃんにあげるためのお乳の準備をする

  • お乳の準備のために摂取した水を貯めておこうとして、むくみやすくなる

便秘・肌荒れなどの不快な症状を引き起こすこともある

2つのバランスは私たちの心とカラダに大きな影響を与える

「エストロゲン」と「プロゲステロン」は一定のサイクルを持って、分泌量が変化していくんです。生理中から生理後はエストロゲンが優位になり、生理前はプロゲステロンが優位になるといったようにですね。

このサイクルがあるからこそ、私たちのカラダは赤ちゃんを宿すことができます♡

この2つのホルモンの分泌バランスが良いと、肌や髪はツヤツヤになり、骨や血管を強くしてくれるだけでなく、精神の安定・コレステロールバランスを整え、太りにくい体質がつくられるなど良いことは盛りだくさん!

ただ、逆にバランスが悪くなってしまうと、肌荒れ・抜け毛・生理不順・月経前症候群・不妊・更年期障害・精神不安定など、さまざまなトラブルの引き金にもなってしまいます…。

ほかにも、女性らしいカラダづくりがきちんと行われなくなるので、貧乳などの原因にも繋がります。

なので、女性ホルモンの分泌が少ないという人であれば、女性ホルモンを増やすことがバストアップに繋がるというワケ。

ただ、そのための方法としては、あまりオススメできないのが女性ホルモン注射です。

結局、ホルモン注射は効果だけじゃなく副作用も大きい(汗)

ホルモン注射は女性ホルモンを血液にそのまま送り込むだけあって、その効果は目に見えて早く出てくるもの。ただ、その分、副作用も大きいということが今回のまとめで分かってもらえたかな?これはあくまで最悪のケースだけど、もしかするとバストアップのために女性ホルモン注射をしたことが、乳がんの進行を進めて、結果として胸を失ってしまうことだってあるんです……。

みのりん
だから、女性ホルモン注射は更年期障害や不妊・性同一性障害といった「どうしても治したい!」と切実に思うことにだけ使って!ホルモン注射以外にも安全にバストアップできる方法はたくさんあるので、下記記事をまずは参考に試してみてはどうでしょうか♪

胸を大きくする方法をお探しですか? 世の中にあるバストアップ方法を試しつくしたChicoli編集長のみのりんが、2カップなら確実にバストアップさせられる方法を教えちゃいます!

ホルモン注射を考える前に必ず病院で医師の診察をうけるようにしてくださいね!

under main layout