女性ホルモンを増やす方法とは。食べ物・ツボ・サプリが必見!エストロゲンを極めて美しくなる秘訣

女性ホルモンを増やす方法とは。食べ物・ツボ・サプリが必見!エストロゲンを極めて美しくなる秘訣

 女性ホルモンを増やす方法って知りたくないですか?いつまでの若々しくキレイでいたい・・・そのカギを握るのが女性ホルモンです。年齢とともに減っていく女性ホルモン。身体の中で働くしくみや、増やす方法を、ありとあらゆる方向からご紹介します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  • 女性ホルモンを増やす一番簡単な方法
  • ホルモンバランスが崩れる原因って…?
  • 女性ホルモンが減るとどうなるの?
  • 女性ホルモンについてちゃんと知りたい
  • 女性ホルモンとバストアップの関係が知りたい!
  • 女性ホルモンに似た成分とは?​
  • 怖い!過剰摂取の副作用とリスク
  • 【番外編】男性が女性ホルモンを増やすには…
  • アナタに合った女性ホルモンを増やす方法を見つけましょう!​


女性ホルモンを増やす一番簡単な方法

私が女性ホルモン増強に効果があったと実感したぎゅーっとプエラリアについてご紹介します。

丁度良いプエラリアの配合量

ぎゅーっとプエラリアはプエラリアの配合量が282mgと丁度良い配合量となっています。

なぜ丁度良いかというと、効果が期待できる量でもあり、ホルモンバランスを崩しにくい量でもあるから!プエラリアが女性ホルモンに与える影響は大きく、多量摂取してしまうとホルモンバランスを崩し、生理不順や体調不良を引き起こしかねません。

プエラリアの配合量が1位のサプリが400mgなのですが、2位のぎゅーっとプエラリアで282mg。それ以下の製品も250mg前後の配合量であることを考えると、多くのメーカーが適量だとしていることがわかりますよね

過去に購入したことのあるお客様はこちら

効果で納得!プエラリアの威力

あくまでもバストアップの効果ですが、プエラリアの女性ホルモンに対する威力としてあえてご紹介します。

プエラリアの効果がこんなにもバストアップに表れているて、ビックリです!

このようにモデルさんまでご愛用!

インスタ上で話題のサプリ

圧倒的人気!@cosmeで評価5以上!!

ぎゅーっとプエラリアは口コミ数が322件と多いにもかかわらず、平均評価が5を超えているんです

これならSNS上で人気になっているにも納得ですね。

あのニベアのリップクリームと同等の評価だから、相当な強者です↓↓

女性ホルモンに効果的なプエラリアを配合していて、人気も効果も高いサプリだったので簡単にご紹介しましたが、気になる人は詳細を見てみてください。

詳細はコチラ

女性ホルモンについてもっと詳しく知りたい方は続きをどうぞ♡

女性ホルモンについてちゃんと知りたい



「女性ホルモン」といえば、女らしさを保つために必要なもの……ということは知っていても、具体的に体の中でどんな働きをしているのか、ちゃんと答えられる人は少ないですよね。

こうしてバストアップ編集長をしている私も、バストアップについて真剣に取り組むまでは「女性ホルモン」について詳しいことは全然わかってませんでした(汗)でも、バストアップについて勉強している中で、女性ホルモンがいかに大切かがわかったんです。

バストアップのカギはズバリ!「女性ホルモンを増やす」こと。そのためにもまずは女性ホルモンについて知ることがとっても大切です。アナタがもし本気のバストアップを考えているのなら、この機会にぜひアナタの身体の中で働いている女性ホルモンを理解して、増やす方法をぜひ実践してみてくださいね♪

そもそもホルモンって何か知ってる?

健康に保つために、身体の機能を調整してくれる物質

女性ホルモン、成長ホルモン、副腎皮質ホルモン……などなど、色々なところで耳にする「ホルモン」という言葉。でも、実際の「ホルモン」って見たことないですよね??それもそのはず、ホルモンは私達の身体の中で作られ、身体の中で働いている物質なので、目で見ることは出来ません。

私達って、自分の体の機能について、実はほとんど自分の意志では何もコントロール出来ていないんですよね。知らないうちに背は伸び、いつの間にか胸が大きくなり、病気や怪我も気がつけば治り……自分の意志や意識とは関係ないところで、身体はいつもちゃんと働いてくれています。

ホルモンは、は次のような身体の機能が上手く働くために、司令を出す物質です。

  • 生命維持(体温を維持する、睡眠を促すなど)
  • 成長、再生(細胞を分裂させて増やす、傷を治すなど)
  • 生殖(卵子や精子を育てる、妊娠が成立して胎児を育てるなど)

ホルモンは、体温が下がれば「体温を上げる機能」、体温が上がれば「体温を下げる機能」という風に、常に、身体が健康な状態にいられるように身体の機能を抑止することも、促進することも、どちらもできるんです

つまり、ホルモンは私達の身体が、それこそ「精密機器のように」上手く働くために、いつも重要な役割を果たしていてくれているのです。

身体のあちこちで作られて、血流に乗って必要な場所へ送られる

ホルモンは、最初から身体の中にあるのではなく、必要に応じて、脳の視床下部や下垂体、甲状腺、副腎、すい臓、卵巣、精巣など内分泌器官(ないぶんぴつきかん)」と呼ばれるところで作られています。

★主なホルモンの働き★

ホルモンの名前作られる場所働き
ヒト成長ホルモン脳下垂体骨や筋肉をつくって体を成長させる。
皮膚の新陳代謝を進め、新しい皮膚を作る。
脂肪の代謝を促進する。
性腺刺激ホルモン脳下垂体卵巣、精巣を刺激して性ホルモンの分泌を促す。
性ホルモン卵巣、精巣体に脂肪をつけ、女性らしい体つきをつくる。
筋肉量を増やし、男性らしい体つきを作る。
副腎皮質ホルモン副腎身体の炎症を抑える。
甲状腺ホルモン甲状腺タンパク質の合成やエネルギー代謝を促進する。
膵臓ホルモン膵臓インシュリンは血糖値を下げ、、グルカゴンは血糖値を上げる。

ホルモンの種類はわかっているだけでもなんと100種類以上!もあるそうで、それらが分泌されることで、私達の身体は上手く働いてくれているんです。ほんと、人間の身体って複雑で、不思議ですよねー。

バストアップに欠かせないホルモンが「エストロゲン」

体内で100種類以上も作られているホルモン。その中で、バストアップに最も大切なのが、「エストロゲン」です。様々なバストアップ法もほとんどこの「エストロゲン」を増やすためのもの。バストアップのカギ、「エストロゲン」について詳しく見てみましょう♪

エストロゲンとはどんな成分?

女性ホルモン=(イコール)エストロゲンと言われるほど、女性にとっては大切なホルモンで、脳下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンの司令によって、卵巣で作られます。ちなみに、エストロゲンなど女性ホルモンの材料はコレステロールで、副腎で作られる副腎皮質ホルモンと同じ「ステロイド骨格」という構造をもつ、ステロイドホルモンの一つだそうです。

みのりん
エストロゲンの語源はギリシャ語のtrus(発情)と、接尾語の-gen(生じる)だそう。
直訳すると「発情が生じる」 の意味ですね。
女性が男性に発情する時(恋する時)に、分泌が盛んになるのでこの名前がついたそうです♪

 エストロゲンの働きは?

1.胸を大きく育てる

エストロゲンは、胸にある乳腺を刺激して、乳腺を発達させる働きがあります。知っていますか?私たちの胸って「乳腺1割に対して脂肪が9割」という割合で出来ているんです。この割合はバストが大きくても、小さくても同じ。ということは、乳腺が発達するとそれに伴って脂肪もついてくる仕組みになっています。

胸の大きさは、乳腺が発達しているかどうかがとても重要です。そして、その乳腺を発達させるのがエストロゲン。だから、バストアップにはエストロゲンが欠かせないんです!

2.美肌を保つ

エストロゲンは別名「美肌ホルモン」と呼ばれるように、女性の肌を美しくする働きがあります。そもそもエストロゲンが分泌されるのは、生理の後から排卵にかけての期間。つまり、妊娠に向けて、異性に魅力的に見せる働きもあるかもしれませんね♪

エストロゲンには、皮下脂肪を増やす働きがあり、そのために肌にハリが出るそうです。また、体内に水分を保つ作用があるので、肌の潤いがアップ!さらに血行促進作用で、血色がよくなると言われています。

3.自律神経を保つ

自律神経とは、脈や呼吸、胃腸の働きなど生命活動の基本的な機能を調節している所です。この自律神経に司令を出しているのが、脳にある視床下部というところ。性腺刺激ホルモンを分泌する脳下垂体は、視床下部にぶら下がっているような形でくっついていて、視床下部と脳下垂体ははお互いに影響を受けやすいと言われています。

自律神経といえば、緊張している時、ストレスを感じる時、活動している時に働く「交感神経」と、リラックスしている時、休息している時、眠っている時に働く「副交感神経」の2つの働きから成り立っていますよね。

女性ホルモンのうちエストロゲンは、副交感神経を刺激すると言われています。エストロゲンが不足すると副交感神経よりも交感神経が優位になって、イライラ、のぼせ、動悸などの症状が出てしまいます。エストロゲンが安定して分泌されているということは、交感神経と副交感神経のバランスを保つためにもとても大切なんです。

4.更年期障害を改善する

更年期障害の症状、イライラ、のぼせ、ほてり、動悸、肩こり、鬱(うつ)、骨粗しょう症などは、加齢による「エストロゲン」の分泌低下や、もう一つの女性ホルモン「プロゲステロン」とのバランスが崩れることが原因だと言われています。女性は閉経を迎える少し前(40歳くらいから)徐々にエストロゲンの分泌量が減っていきます。今まで分泌されていたエストロゲンが減っていくという変化に、身体が慣れていくのに数年かかるんですが、その時期に現れる様々な症状が「更年期障害」です。

更年期障害の表れ方は、その人によって様々で、それはエストロゲンの減少のスピードが人それぞれだからです。加齢だけではなく、ストレスや病気などで、急激にエストロゲンが減少すると、様々な症状が同時に起こることもあって、人によっては治療が必要な場合もあります。

「エストロゲン」は更年期障害を改善する効果があることが認められています。更年期障害の治療に使われる薬には、エストロゲン製剤や、エストロゲンとプロゲステロンの混合剤、プロゲステロン製剤などを、その人のホルモンバランスの状態によって選ぶそうです。

5.骨を強くする

更年期障害の症状の一つにもある、「骨粗しょう症」。骨粗しょう症が圧倒的に女性に多いのは、その発生原因が女性ホルモンの「エストロゲン」の減少だからです。知っていますか?私達の骨は、肌やその他の細胞と同じように、常に古い細胞から新しい細胞に生まれ変わっているんですよ。骨が生まれ変わるしくみは、

  • 古くなった骨を破壊して血液中に流す「骨吸収」
  • 骨がなくなった部分にコラーゲン・リン・カルシウムなどから新しく骨を作る「骨再生」

この2つがバランスよく機能することで、上手く機能しています。

エストロゲンは、「骨吸収」を抑える働きがあるんですが、エストロゲンが減少すると「骨吸収」が進みすぎて、血液中に骨がたくさん溶け出し、「骨再生」の方が追いつかなくなるそうです。この状態が「骨粗しょう症」です。

女性が更年期を迎えて発症する骨粗しょう症の予防や、治療にはエストロゲンが有効な場合があり、治療薬として使われています。

エストロゲン、実は3種類あります!

私達が「エストロゲン」と呼んでいるのは、正確には「エストロン」「エストラジオール」「エストリオール」という3種類のホルモンの総称です。それぞれの詳しい働きや違いについては、以下の記事に詳しく解説しています!

女性らしい体つきを作るエストロンについてはコチラ♪ 

エストロンって、名前だけ聞いたことはあるけど、何なのかよくわからないという人は多いと思います。エストロンって一体何?女性ホルモンなの?どんな作用があるの?など、数々の疑問にお答えします!気になっている人はぜひ参考にしてくださいね^^


最も強力な作用!?エストラジオールについてはコチラをチェック♪

エストラジオールって聞いたことありますか?これは女性ホルモン「エストロゲン」のひとつで、バストアップになくてはならないものなんです!エストラジオールって何?どうやったら増やせるの?など知っていると得する情報をすべて紹介します♪


最も効果が穏やかなエストリオールの働きは?

3種のうち、最も身体への効果が穏やかなのが、「エストリオール」です。エストリオールはエストロンやエストラジオールを元に胎盤や肝臓で作られるホルモンで、その効力はエストロンの5分の1、エストラジオールの10分の1と言われています。

エストリオールは、エストロンが必要以上に生成されないように調整する働きもあって、その結果、エストロンによって乳がんになる可能性を抑える役割を果たしているそうです。

またエストリオールは女性ホルモンとしての働きは穏やかで、乳腺や、子宮内膜への影響や副作用が少ないので、不妊治療薬や、更年期障害のお薬として使われています。

3種類あるエストロゲン、もっと詳しく知りたい人は以下の記事をチェック 

エストロゲンは別名「美人ホルモン」と言われる女性ホルモンのひとつ。バストアップや美肌など女子に嬉しい効果がいっぱいです。増やしかた・働き・副作用など、コレを読めばエストロゲンのすべてが分かります♪キレイになりたい女子は必見ですよ♡

プロゲステロンとして知られる「ジェスタージェン」

女性ホルモンといえば「エストロゲン」ですが、エストロゲン以外にも女性ホルモンはあります。ジェスタージェンって聞き慣れない言葉ですが、女性ホルモンの一種で「子宮内膜に受精卵が着床できるように準備をする働きあるもの」を指しています。代表的なものが、みなさんも聞いたことがある「プロゲステロン(別名黄体ホルモン)」です。

プロゲステロンの役割は、子宮内膜を厚くしたり、基礎体温を上げたりして、受精卵が着床できるように準備することです。その他にも、皮脂を増加させる、乳腺を発達させる、身体に水分を蓄えるなどの働きがあるので、プロゲステロンの分泌が多い人は、PMS(月経前症候群)として、生理前に吹き出物が出来たり、胸が張ったり、浮腫が出たりなどの症状が出ることがあります。

プロゲステロンについては以下の記事に詳しく解説しています!

「 エストロゲン」や「プロゲステロン」って知っていますか?女性ホルモンのことなんですが、実はバストアップにもとっても関係が深いんですよ!今回は、それぞれのホルモンがどんな作用や役割を持っているのか詳しく紹介しますね。

母乳を作る「プロラクチン」

プロラクチンは、出産後に母乳を分泌させるための女性ホルモンです。といっても、プロラクチンは、妊娠や出産期以外でも絶えず少量は分泌されているそうです。プロラクチンは子宮内膜を厚くして妊娠への準備を整える「プロゲステロン」の分泌にも関わっています。プロラクチンは女性ホルモンの一種ですが、男性にも分泌されていて、精嚢腺や前立腺などの発達を促す働きがあるそうです。

プロラクチンはバストアップにも関係あり?!詳しくは以下の記事をチェック!

バストアップしたいならぜひ知っておきたいのが「プロラクチン」というホルモンです。 聞き慣れない名前かもしれませんが、バストの発育には欠かせない重要なホルモン。今回はこのプロラクチンについて、じっくり解説していきたいと思います♪

女性ホルモンとバストアップの関係が知りたい!

一口に女性ホルモンと言っても、エストロゲンを始め、色々な種類があることが分かってもらえましたか?その中でも「バストアップ」に関係するのは、エストロゲンとプロゲステロンです。知っている人も多いでしょうが、この2つのホルモンは毎月の生理にも大きく関わっていますよね。これらのホルモンと「バストアップ」の関係を詳しく解説します!

女性ホルモン分泌のメカニズム

上の表にもあるように、エストロゲンやプロゲステロンといった「女性ホルモン=性ホルモン」は、卵巣で作られています。卵巣に「女性ホルモンを作れ!」と指令を出すのは、「性腺刺激ホルモン」といって、脳下垂体で作られるホルモンです。性腺刺激ホルモンには2種類あって、エストロゲンを作るように司令を出す、「卵胞刺激ホルモン」とプロゲステロンを作るように司令を出す、「黄体形成ホルモン」があります。

つまり、脳下垂体からの性腺刺激ホルモンがないと、エストロゲンもプロゲステロンも作られないという訳です。よく、ストレスで「生理周期が乱れる」ことがありますが、これは脳下垂体がストレスの影響を受けて、司令が上手く出せないということなんです。

生理周期と女性ホルモンの関係

では、生理周期とエストロゲンとプロゲステロンの分泌サイクルを見てみましょう。

★卵胞期(生理初日から排卵期)★

生理が始まった日から排卵期までは、基礎体温で言うと低温期、ホルモンバランスでいうと「卵胞期」と言います。エストロゲンは別名「卵胞ホルモン」と呼ばれるのは、この卵胞期に分泌されるからです。

生理中は、エストロゲンも、プロゲステロンもどちらも分泌が少ない時期です。生理が終わった頃からエストロゲンの分泌が増え始めます。エストロゲンの機能は、卵巣にある卵胞(卵子の入っている袋)を育てて排卵の準備をすること。生理のあと、約1週間から10日かけて、卵胞が大きくなります。排卵直前になると、急にエストロゲンは減少して、今度はプロゲステロンの分泌量が増えます。ちょうどこの2つのホルモンの量が入れ替わる時期の前後に排卵があると言われています。

★黄体期(排卵後から生理開始まで)★

排卵直後から分泌量が増えるプロゲステロン。プロゲステロンは、基礎体温を上げたり、子宮内膜を厚くしたりして受精卵が着床した場合に、妊娠が継続できるようにするホルモンです。黄体期にはプロゲステロンの分泌が増える一方で、エストロゲンも分泌を再び増やしますが、バランスとしてはプロゲステロンが優位な状態が続きます。そのまま、妊娠しなかった場合は、2つのホルモンは減少していって、生理が開始します。

女性ホルモンとバストアップの関係は?

卵胞期に多く分泌されるエストロゲン。エストロゲンには、身体に脂肪を蓄えたり、妊娠に向けて乳腺を発達させるという働きがあり、これはそのまま「バストアップ」効果にもつながります。逆に言うと、胸が小さい人は、このエストロゲンが分泌している時期に、十分なエストロゲンが分泌していない可能性があるんです……。なので、バストアップを狙う場合は、エストロゲンの多い生理後からの卵胞期と黄体期の前半くらいに合わせて、エストロゲンを補給してあげると、自然なホルモンバランスを崩すこと無くバストアップが図れるというわけです。

排卵後に分泌されるプロゲステロンにも、エストロゲンほどではありませんが、妊娠に向けて乳腺を発達させる効果があります。プロゲステロンをバストアップのために、補給するなら、本来プロゲステロンの分泌が多い排卵後の黄体期に使うのがいいですね。

みのりん
つまり、バストアップのために、女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)を増やそうと言う場合は、自然なホルモンバランスの周期に合わせる形で増やすのが鉄則です!
これは、バストアップを成功させるために大切なことです!自然なホルモンバランスを崩してしまうと、バストアップが成功しないどころか、体調を崩していまうことになるので、くれぐれも気をつけてくださいね。

女性ホルモンに似た成分とは?

バストアップと女性ホルモンの関係がしっかり分かったところで、具体的にどうやって女性ホルモンのを増やしたらいいのか、色々な方法をご紹介します!

女性ホルモンに似た成分を摂る!

とりあえず最も手軽なのが、「女性ホルモンに似た物質を摂る」という方法です。効果の高い成分を一挙にご紹介します!

副作用が出にくいと注目の成分「ブラックコホシュ」

ブラックコホシュとは、北米原産のハーブで、昔から先住民族の間では「女性の体調を整えるためのハーブ」として利用されてきたそうです。その後、エストロゲンによく似た「植物性エストロゲン」を含むことが研究などで明らかになりました。医療用にハーブをよく利用するドイツでは、ブラックコホシュを更年期障害の改善や月経不順などの治療に使っているように、その効果はとても信頼されています。確かな効果と、副作用などが少いということで、今とても注目を浴びている成分なんです。

ブラックコホシュについて、詳しく知りたい人は以下の記事をチェック!

バストアップに効果があると評判のブラックコホシュというハーブを知っていますか?女性の悲願であるバストアップだけでなく、美容や健康に良い効果があるんですよ。ブラックコホシュの効果や副作用、適切な摂取量を知って、バストアップに役立てましょう♪

バストアップ成分といえばコレ!「プエラリア」 

バストアップサプリなどを探していると、必ず目にするのが「プエラリア」という成分。プエラリアは学名「プエラリア・ミリフィカ」とも呼ばれている、植物性エストロゲンを豊富に含む植物です。プエラリアは、タイ北部を原産とする、マメ科クズ属の植物の根っこにできる塊の部分から摂れる成分で、昔から、滋養強壮や、女性の健康維持などに利用されてきたそうです。

プエラリアには、他の植物には含まれない独自の「ミロエステロール」や「プエララリン」などの植物性エストロゲンが含まれていることが、様々な研究から明らかになっています。原産国のタイでは、プエラリアの摂取がバストアップ効果があるという実験結果もちゃんと出ていて、バストアップ効果としてはイチオシ!の成分なんですよ。

ただし、効果が高い分、使い方を間違うと副作用などが起こることもあるので、プエラリアを使ってみたいという人は、プエラリアについてしっかり理解してから、利用するようにしてくださいね。詳しく知って、味方につければこれほど頼もしいバストアップ成分はないですよ♪

プエラリアを使ってみたい人は「プエラリアの全てがわかる!」以下の記事をチェック!

「プエラリアミリフィカ」といえば、バストアップサプリなどでよく目にする名前ですが、どんなものかちゃんと知っていますか?今回はプエラリアミリフィカの驚くべき効果や気になる副作用について、アナタの知りたい情報を徹底調査しました!


プエラリアの効果が具体的に知りたい!そんなアナタには以下の記事がオススメ!

バストアップサプリといえば「プエラリア」。効果抜群だというけれど、プエラリアってどんなもので、どんなしくみでバストアップできるのか…ちゃんと知ってますか??今回はプエラリアの秘密、その驚くべき効果について、詳しく解説します♪

「プエラリアが気になる、でも副作用も気になる」人は、以下の記事をチェック!  

バストアップサプリと言えば定番成分のプエラリア。そして、プエラリアと言えば副作用について話題になるのも定番ですが、アナタはその事実をどれぐらい知っていますか?不安を解消するためにもしっかりと副作用について学んでいきましょう!

編集部がオススメするプエラリアサプリをご紹介!

バストアップサプリといえば「プエラリア」。効果抜群だというけれど、プエラリアってどんなもので、どんなしくみでバストアップできるのか…ちゃんと知ってますか??今回はプエラリアの秘密、その驚くべき効果について、詳しく解説します♪

どんなプエラリアサプリが売れてるのか知りたい人は、ランキングをチェック!

バストアップサプリといえば、やっぱり「プエラリア」のサプリが一番有名ですよね。プエラリアがバストアップに効く理由と、これからプエラリアのサプリを選びたい人に向けて、選び方やオススメのサプリをランキング形式でご紹介します!


女性ホルモンに似た成分といえば「大豆イソフラボン」

大豆といえば、女性ホルモンに近い成分が入っていることで有名です。その効果については、様々な実験や研究が行われていて、更年期障害や不妊治療に効果があるといった研究結果もあるそうです。美容のために豆乳や豆製品などを積極的に摂っている人も多いですよね。

大豆イソフラボンは、豆製品を摂ることで簡単に摂取が可能です。ただ、日本人は元々大豆を食材として頻繁に使っているので、場合によっては、「摂り過ぎ」になる可能性があると言われています。厚生労働省は大豆イソフラボンの1日の摂取量の上限を70~75mg/日と定めています。ちなみに、食品で言うと、豆腐一丁で 約70mg、納豆1パックで 35mg、油揚げ1枚で15mg、豆乳一本200mlで 52mgと、普段の食事でも簡単に摂れてしまいます。なので、大豆イソフラボンはサプリなどで積極的に摂る場合は摂り過ぎに気をつけてくださいね。

イソフラボンの効果とバストアップの関係は以下の記事をチェック!

大豆イソフラボンの効果を知っていますか?なんとなく女性にいいらしいという認識はあると思います。でもいいらしいとこういう効果があるとでは、筋トレ同様結果が違ってくるんです!知ることは意識すること。意識を向ければ効果は格段にアップするのです♡

コチラの記事はイソフラボンの効果と体験談もあり!

イソフラボンに女性ホルモンと似たような効果があるのは有名な話。もしかしたら毎日せっせと大豆製品を食べてるのでは?でも効果を実感できるのは正しく摂ってこそ。せっかくのイソフラボンを生かすも殺すもアナタ次第♡こちらで正しい摂り方を紹介しますね。

ゴマや小麦など身近な食べ物にある「レソルシル酸ラクトン類」

「レソルシル酸ラクトン類」とはムズカシイ名前で聞き慣れない成分ですが、実は私たちがよく食べている、ゴマや小麦、えんどう豆などに含まれていて、女性ホルモンににた働きがあるそうです。レソルシル酸ラクトン類は、更年期障害や生理不順に効果があると言われています。ゴマや小麦などは通常の食生活で摂りやすい食材なので、「女性ホルモンに近い働きがある」成分があることを、覚えておくと良いですね♪

女性ホルモンの材料になる「アルギニン」

アルギニンはアミノ酸の一種で、成長ホルモンを作る働きがあります。成長ホルモンは美肌を作ったり、免疫力を高めたりと「若返り」効果があると注目を浴びています。アルギニンがバストアップに関係あるのは、女性ホルモンを作るための材料になるからです。アルギニンが不足すると女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうんですよ。

また、アルギニンが作る成長ホルモンには、乳腺を刺激して発達を促す働きもあるので、バストアップには欠かせないアミノ酸として覚えておいてください。アルギニンは、身近な食べ物にたくさん含まれています。肉類、やエビやマグロ、大豆などが特にアルギニンを豊富に含むので積極的に摂りたいですね。

アルギニンとバストアップの関係については、以下の記事に詳しく載っています。 

アルギニンというバストアップ成分を知ってますか?近年話題となっているアルギニンが持つ驚きのバストアップ効果に迫ります!アルギニンがたくさん摂れるレシピも紹介しています♪これからバストアップしたい!という人は必見です。

美容のフルーツ「アグアヘ」

アグアヘも余り耳にしない名前ですが、南米原産のフルーツです。傷みやすいので、日本へ輸入されることもなく、目にしたり、食べたりする機会はないですが、南米などでは、「美容のフルーツ」として知られています。アグアヘには植物性エストロゲンの他に、ビタミンE、ビタミンC、ビタミンAなど豊富なビタミンが含まれています。バストアップ効果も期待できるので、エキスを乾燥させたものが、バストアップサプリなどに配合されています。

エストロゲンを活性化させる成分を摂る!

女性ホルモンを増やすには、女性ホルモンのパワーを引き出す成分を摂ることも有効です♪どんな成分が女性ホルモンを活性化させてくれるのか、詳しく見てみましょう!

実は身近なバストアップ成分「ボロン」

ボロンとは、日本名で「ホウ素」といって、エストロゲンの効果を高める働きがあることが分かっています。ボロンはキャベツやりんご、レーズン、アーモンドなど身近な食材に含まれているので、簡単に摂取することが出来ます。

タレントの平山あやさんがキャベツを食べ続けてなんとBからDカップへバストアップしたというのは有名な話。キャベツなら値段も安いし、毎日のメニューに取り入れやすいですよね♪ちなみに、ボロンを摂るには、キャベツは加熱しない方が良いそうです。生キャベツ、頑張って食べてみませんか?

キャベツがバストアップに効果的とされるのは、この「ボロン」という成分が含まれているからだって知っていましたか?ただ、実際に食事だけでボロンを必要量摂取するのはとても大変……。そこで今回はボロンの効果的な飲み方をご紹介しちゃいます♪

バストアップに効く「ビタミンB6」

ビタミンB6はエストロゲンの代謝に関わっていて、エストロゲンがスムーズに作られたり、使われたりするのを助けてくれるそうです。また、ビタミンB6にはタンパク質の代謝をを高める働きがあります。タンパク質は皮膚や粘膜を健康に保ち、美肌を作る材料になるので、ビタミンBを摂ることで、ハリのある美バストを作ることが出来るんです。

美容効果抜群「ビタミンE」

ビタミンEといえば、美容効果が高く別名「若返りのビタミン」と呼ばれています。血管を若々しく保ち、全身の血流を良くする効果があるので、卵巣で作られた女性ホルモンが全身へ届くのを助けたり、女性ホルモンを作るのに必要な栄養を卵巣の届けたり、といった役割を果たします。ビタミンEは、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類、ひまわり油などの植物油、アボガドやカボチャ、うなぎなどに多く含まれています。バストアップと美肌のためにぜひ摂りたい成分ですね♪

 ビタミンEとバストアップとの関係はコチラの記事をチェック!

バストアップにも効果的といわれるビタミンE!すでに注目している人も多いでしょう。ところが、直接効果はないという情報も……。正確な情報を知るため調査を開始!確実なバストアップを望むアナタだけに贈る調査結果、さっそくチェックしてくださいね♪

代謝全般に関わる必須ミネラル「亜鉛」

亜鉛は、私たちの生命維持に欠かせない必須ミネラルのうちの一つです。亜鉛はエネルギー代謝に必要な酵素が働くために必要なミネラルで、不足すると味覚障害や、疲労感、肌や髪の老化など色々な不調を招きます。亜鉛は女性ホルモンを作るために必要なミネラルで、亜鉛がないと脳下垂体で性腺刺激ホルモンが作られなくなり、女性ホルモンを作れという司令が届かなくなります。

また亜鉛は、タンパク質を体内でアミノ酸から作る時にも必要な成分です。タンパク質はバストを作るための材料として大切なので、亜鉛はバストアップを図りたい人には必須の成分ですね。

女性ホルモンの材料になる「コレステロール」

コレステロールといえば、何だか悪者のイメージがありますが、エストロゲンやプロゲステロン、副腎皮質ホルモンなど「ステロイドホルモン」と呼ばれるホルモンを作るための材料なんです。コレステロールがないと女性ホルモンが作れない!となると、コレステロールもちゃんと体には必要なことがわかりますよね?

コレステロールには皆さんも知っているとおり、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあります。悪玉コレステロールとは、コレステロールがが使われなくなって、余ってしまったもの。なので、摂り過ぎでなければ、むしろ必要な栄養素だと言えるんですよ。

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)

DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)とは、聞きなれない名前ですが、女性ホルモンであるエストロゲンの前段階のホルモンなんです。実はエストロゲンは、いきなりエストロゲンが作られるのではなく、コレステロールを材料に、

コレステロール→デヒドロエピアンドロステロン→アンドロステンジオン→エストロン→エストラジオール

とい風に次々と形を変えて、最終的にエストロゲンになるんです。DHEAはエストロゲンが作られる前の物質で、「マザーホルモン」とも呼ばれています。DHEAを増やすためには、山芋や黒豆、納豆などを摂ると良いそうです。

またDHEAを含む成分としてジオスゲニンという山芋の一種が、サプリメントなどに使われているので、それを利用するのもいいですね。

若返り効果なら「プラセンタ」

プラセンタとは、胎盤に含まれる成分で、一般に出回っているプラセンタは豚や馬、羊そして人の胎盤から作ったものです。プラセンタには免疫を高める効果、美肌効果、など色々な効果があり、アンチエイジング効果が高い成分としても有名です。プラセンタには、バストアップに欠かせない「乳腺の発達」を促す働きがあり、さらには、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンのバランスを整える効果もあります。プラセンタを摂取したい場合は、サプリメントや注射などがあります。

プラセンタのバストアップ効果については、以下の記事をチェック!

プラセンタでバストアップできるって知っていますか?実はプラセンタは万能薬いわれるスゴい成分♡取り入れてない人は損してるかもしれません!ここでは、プラセンタで最大限のバストアップ効果を出す方法を紹介してます♪気になる注射の実体験もありますよ。


バストアップ効果のあるハーブ「レッドクローバー」

レッドクローバーとはヨーロッパで古くから「女性のためのハーブ」として親しまれてきました。女性ホルモンに近い働きをする「イソフラボン」が含まれているので、更年期障害や、骨粗しょう症の改善、美肌効果など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。ハーブなので、効果は穏やかですが安全性が高いのが魅力。日本では、あまり目にすることはないですが、バストアップサプリやハーブティーなどで摂ることが出来ます。

女性にも効果があった!「ノコギリヤシ」

ノコギリヤシといえば、男性の前立腺の悩み(残尿感、頻尿など)に効果があるサプリとして有名ですが、実はバストアップ効果があったんですよ!ノコギリヤシには男性ホルモンの効果を抑える働きがあり、それが前立腺の肥大などを防ぐと言われています。実は女性にも男性ホルモンは分泌されていて、男性ホルモンを抑えることで、女性ホルモンが体内で優位になり、女性ホルモンが活性化する効果があるそうです。ノコギリヤシはサプリメントとして摂るのが一般的です。バストアップサプリに配合されている場合もあるので、チェックしてみてください。

その他の胸を大きくする食べ物はコチラ!

その他にも、女性ホルモンに近い働きをしたり、女性ホルモンを活性化したりして、バストアップに効果がある食べものがたくさんあります。より詳しい情報は以下の記事を参考にしてみてくださいね♪

胸を大きくする食べ物を知っておけば、毎日のメニューに活かせる!

胸を大きくする食べ物を知れば、効率よく育乳できる!これはバストアップを成功させた私が行き着いた極意です。何をやっても効果が出ないという皆さんは、まず普段の食生活から変えてみませんか?実際に私がバストアップした秘密の食べ方も紹介します♪

バストアップに効くメニュー、レシピを一挙公開!

バストアップ効果を高めるには、毎日の食事でバストにしっかりと栄養補給することが大切です。しかし、具体的にどんな食べ物をとればいいのか知っている人は少ないのではないでしょうか。今回は、胸を大きくする食べ物を一挙公開しちゃいます♪

女性ホルモンをサプリメントから摂るには?

みのりん
女性ホルモンをを増やす食べ物や成分、たくさんあることがわかりましたか?
でも、毎日忙しいし、なかなか食事から摂るのはムズカシイ……
そんな人は、バストアップサプリがオススメです!
効率的にバストアップに効く成分を摂れるバストアップサプリ、どうやって選んだらいいのか解説しますね♪

サプリを選ぶ基準はプエラリアの質と量

「バストアップサプリを使ってみたい」と思うアナタ。お金を出してサプリメントを買おうと言うのだから、バストアップへの「本気度」は高いに違いないですね!そんなアナタに自信を持っておすすめできるのは、ズバリ「プエラリア」を配合したサプリメントです。

やっぱり、バストアップ効果の面から言えば、プエラリアに勝るものはないです!あとは、どれだけ「質の良い」プエラリアを選べるかにかかっています。

プエラリアのサプリメントを選ぶときのポイントは

  1. プエラリアの質
  2. プエラリアの配合量

この2つに妥協しないこと!

1.のプエラリアの質に関しては、原産国タイで厳しい基準が設けられているので、その認証を受けたものが安心です。オススメは

  • タイ厚生省の品質管理基準でAAAを取得しているもの。
  • タイ国立カセサート大学(日本の国立大学のように研究機関を備えた信頼できる大学)の認定を受けたもの。
  • タイ国輸出管理局の品質管理検査を通ったもの。

などが信頼できるので、サプリを選ぶ時の参考にしてください♪

2.のプエラリアの量に関しては、「純正プエラリア100%」もしくは「最低でも90%以上はプエラリアが含まれているもの」がいいですね。サプリメントの外箱には、原材料名が記載されていることが多いんですが、基本的に配合成分の多い順番に成分が載っています。プエラリア、もしくはプエラリア・ミリフィカの記載があっても、ずいぶん後の方に載っている場合は、配合量がかなり少ない可能性大です。プエラリアは、少しだけ配合されていてもほとんど効果がないですよ!

プエラリアの配合量の目安としては、1日あたり250mgから400mgが良いとされています。プエラリアは効果が高いのですが、多ければ多いほど良いというものでもないので、編集長みのりんの経験から行っても、「1日の最大量は400mg」までがオススメです。中には700mgなど高配合のプエラリアサプリもありますが、副作用が起きやすい可能性もあるので、オススメできません。

プエラリアのサプリメントについては以下の記事を参考にしてみてね♪

皆さんはバストアップサプリの体験談を目にしたことがありますか?メーカーのHPや広告内に記載されている体験談を鵜呑みにして失敗してしまったこともあるのではないでしょうか。数あるバストアップサプリから自分にとって最良の物をセレクトしたいですね♪



女性ホルモンを増やす漢方もある!

漢方といえば、お薬のイメージですが、自然由来の植物や鉱物などが原材料です。漢方薬には女性の色々な不調、たとえば、生理不順や、生理痛、更年期障害などに効くものがいっぱいあるんです。なので、安心して女性にオススメすることが出来ます。

実は漢方にも体質を改善してバストアップ効果が期待できるものがあるんですよ。漢方を使うと、バストアップ効果だけでなく、生理の不調など体調が全般によくなるので、生理などで気になる症状がある人は、漢方もぜひ取り入れて見てくださいね♪

漢方とバストアップについてはコチラの記事で詳しく解説しています!

バストアップのために漢方を飲んでいる人はあまりいないのでは?でも、実は漢方には皆の知らないバストアップ効果が眠っているんです♪「バストアップサプリ」を試すのには抵抗があるという人は特に必見!メリットからデメリットまですべてまとめました。

バストアップにピルを飲むのはアリ!?

ピルとは「経口避妊薬」のことで、女性ホルモンを含んだ錠剤を飲むことで排卵を止め、妊娠を防ぐための薬です。欧米ではピルは女性を守る薬として、広く普及していますが、日本では子宮内膜症や月経困難症の治療などに使われる場合が多いですね。

ピルには女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの両方が入っていま。ただし、ピルは自然に生理が来るホルモンバランスをあえて崩すことで、「妊娠した」と錯覚させるための薬です。結果的にバストアップ効果が望めるとしても、ホルモンバランスが崩れてしまうので、第一選択としてはおすすめできません。

ちなみに、ピルには子宮内膜症や月経困難症の治療に使われているので、生理の不調がある人が治療のためにピルを飲むことで、結果的にバストアップするとうことはあるかもしれませんね。

ピルとバストアップに関しては以下の記事に詳しく解説しています。

バストアップにピルが効くっていうウワサ、聞いたことありませんか?避妊薬で有名なあのピルで胸が大きくなるなんて本当なんでしょうか。今回はそんなピルとバストアップの関係や、知らないと怖い飲み合わせについて徹底解説します。すべての女子必見です!


ハーブのチカラを借りる

ハーブと言えば、身近なところで言えばハーブティーやアロマオイルなどがありますね。ハーブの中にも、バストアップ効果が期待できるものがあるんです。直接バストを大きくする!というよりは、身体を温めて血行を良くしたり、ホルモンバランスを整えたりと言った効果があるようです。

ハーブとバストアップに関しては以下の記事をチェックしてみてくださいね♪

記事リンク:未完
//記事URL準備中// ※「バストアップ ティー」記事にリンクする

生活習慣を改善する!

女性ホルモンを増やすためには、毎日の生活習慣を見直してみるのも有効です。というのも、ホルモンの分泌は、ストレスや体調の変化の影響をすごく受けやすいんですよね。ストレスを溜め込んだり、寝不足が続いたり……そんな身体では、バストアップは望めません。

まずは上質な睡眠から

睡眠はバストアップだけでなく、美容と健康のための土台になるもの。私たちの身体は寝ている間に、新しい細胞をつくったり、疲労物質を分解したり、身体のメンテナンスをしています。睡眠不足はホルモン分泌を悪くするので、バストアップに悪影響を及ぼします。美容に敏感な人、いつまでもキレイな人はしっかり睡眠を取っていますよ!

バストアップと睡眠の関係は以下の記事をチェック!

バストアップと睡眠…数あるバストアップアプローチの中でも、重要になる要素のひとつですが、完璧に理解している人は少ないはず……この記事では、気になるふたつの関係性をわかりやすく伝えちゃいます♪

バストアップ出来る寝方って??オススメの「ナイトブラ」もご紹介します。

「大きなバストが欲しい!」と叫びたいアナタ、実は…寝方に気を付けるだけでバストアップできるって知ってますか?女性の夢を叶えるために、バストアップを助けてくれる寝方についてご紹介していきたいと思います!

お風呂でリラックス♪

皆さんは毎日のお風呂、ちゃんと湯船に浸かっていますか?バストアップや美容のためにはお風呂はとっても大切なんです。湯船に使って全身の血行をよくすることは、女性ホルモンアップにとっても効果的なんですよ♪

バストアップ編集長みのりんにとってお風呂は、まさにバストアップのための時間。何故かと言うと、身体をリラックスさせてホルモン分泌を促すことと、さらにお風呂でバストアップのためのマッサージやツボ押しなんかをじっくりやるのが日課なんです。

身体にもいいし、バストアップの時間としても最適。ぜひぜひ毎日ゆっくりお風呂に浸かってくださいね♪

バストアップに効果的な入浴法は?

なんとなく、お風呂タイムがバストアップに効果的ということは知っていても、実際どうすればいいのか、なぜお風呂なのか、謎に思っている人も多いはず。そこで今回は、マッサージや入浴時のコツも含めて、お風呂でのバストアップ法を一挙ご紹介します♡

 腹式呼吸もいいらしい

腹式呼吸って知っていますか?腹式呼吸とは腹筋を使ってする呼吸で、息を吸う時にお腹が膨らんで、吐く時にお腹がへこむ呼吸法です。私たは寝ているとき自然と腹式呼吸になっているんですが、起きている時はたいてい胸式呼吸になっています。胸式呼吸とは深呼吸すると肩が上がる呼吸で、お腹の動きは腹式呼吸と反対で、吸う時にへこむ呼吸です。

腹式呼吸と胸式呼吸の大きな違いは、その呼吸の深さです。腹式呼吸のほうが腹腔内の空間が大きく広がるので、深く大きく息を吸う事が出来ます。

私たちの細胞の代謝に大きく関わっている、ミトコンドリアと呼ばれるという物質があります。ミトコンドリアは1個の細胞に数十から数万も存在しています。このミトコンドリアが働くには酸素が必要で、腹式呼吸はミトコンドリアをしっかり働かせるために有効だと言われています。ミトコンドリアが働くと「精神が落ち着く」「免疫力が高まる」「細胞の新陳代謝が進む」など身体の機能がアップするんです。

腹式呼吸はバストアップにもオススメです。精神がゆったり落ち着くことで、ホルモンバランスが整うので、ストレスを感じたり、疲れがひどい時には1日数回でもいいので、しっかり腹式呼吸を意識して行うといいですよ♪

女性ホルモンを増やすマッサージ

私がオススメする、「体の外から出来る」バストアップ法はバストアップマッサージです。マッサージは「血流を良くすることで乳腺を発達させる」「ホルモン分泌を良くする」など色々な効果があり、ぜひぜひ毎日続けて欲しいですね。バストアップマッサージは入浴時か入浴後の血行が良くなっている時にするのがオススメ!具体的なやり方は以下の記事で詳しくご紹介しています! 

1日10分で出来るマッサージ!続けることが大切です。

「胸を大きくするマッサージ方法」って、知ってますか?自分でできて、お金もかからなくて、しかも「年齢に関係なく」効果が期待できるんです。知らなかったアナタ、もう成長期じゃないんで…と諦めモードのアナタ。この記事を読んで、とにかく実行してみて♪

乳腺マッサージについてはコチラ!母乳の悩みにも! 

乳腺マッサージは、「バストを大きくしたい!」「母乳の出をよくしたい」「胸のしこりをなくしたい」という胸の三大お悩みを解決してくれる、心強い味方!なぜ乳腺マッサージが効果的なのか、メカニズムややり方をご紹介☆

マッサージするときはバストアップ効果のあるクリームかジェルを使うとさらに効果アップ!

SNSでウワサの女性ホルモン入りクリーム…安くて、効果も高くてバストアップも期待できます。女性ホルモンが直接増えることはありませんが、嬉しい効果で女性に長年愛用されているんです。 今回はこのホルモンクリームについてのすべてを紹介します!

 私もお風呂でツボ押し毎日やってます!気持ちいいですよ! 

「胸が大きくなるツボ?!」そうなんです。バストアップにはいろんな方法があるんですが、今回は「ツボ」特集!中国ウン千年の知恵はやっぱりすごい!胸が大きくなるツボの場所、押し方、効果などを詳しく教えちゃいます♪

 女性ホルモンを増やすストレッチ

マッサージと並んでオススメなのが、バストアップのためのストレッチ。立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事の人や、運動不足を感じている人は、どうしても全身の血行が悪くなりがち。ストレッチは身体に負担をかけずに、全身の血行を良くすることが出来るのでオススメです。仕事や家事の合間や夜寝る前など、短い時間でいいので、ストレッチの時間を取ると、翌朝の目覚めがとってもいいですよ。

バストアップに効果のあるストレッチの方法はコチラから

バストアップに良いと言われる方法の中で、手軽にできてオススメの「ストレッチ」。実はストレッチの血行促進効果が、バストアップにはとても大切なんです♡今回は、どこをほぐせばいいの?効果のほどは?など、アナタが気になることを解決していきますよ~♪

 ヨガもとってもオススメです!健康的にバストアップ!

バストアップ目的で運動をするなら、ヨガがオススメって知ってた?エクササイズみたいに辛くなく、むしろリラックス効果も高くて続けやすいヨガ。のんびりラクチンにバストアップを目指したい人はぜひ参考にしてみて!

 肩こりはバストアップの敵!知ってました??

肩甲骨とバストアップが関係あるって知ってましたか?背中にある肩甲骨とバストがどうして?って思いますよね☆そこで、チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと宗みのりが、肩甲骨とバストの関係、今話題の「肩甲骨はがし」と効果を紹介していきますね!

女性ホルモンを増やすエクササイズ 

マッサージにストレッチ、そこへさらに攻めのバストアップ効果を狙いたいなら、胸を大きくするための筋肉を育てるエクササイをオススメします!私たちの胸って、大胸筋という筋肉の土台の上に乗っかってるんです。大胸筋を鍛えるとバストが大きく見えるだけでなく、将来胸が下垂するのを防ぐ効果もあるとか!?これはぜひやらないと損しますよ!

バストアップに効くエクササイズはコチラから

バストアップに効果的な運動って知ってます?バストアップにもいろいろな方法がありますが、実は運動をすることでバストアップのサポートが出来るんですよ。お金もかからず自宅で出来る、毎日続けられる簡単なエクササイズをご紹介しますね。

 簡単3ステップでできるバストアップエクササイズはコチラ!

バストアップにはエクササイズが欠かせないって知ってましたか?実はバストアップの土台とも言えるくらい大切なエクササイズ。いろんなバストアップ方法を試してきたけど、理想のバストにならなかったというアナタ、一番肝心なことが抜けていたかも!?

筋トレ好きなアナタヘ!しっかり大胸筋を鍛えましょ♪ 

バストアップには筋トレが有効って知ってましたか?バストの土台になる筋肉を鍛えることで、たっぷりとしてハリのあるバストを作ることが出来るんですよ。なんと垂れ乳も改善できちゃうんです!その秘密とコツを伝授しちゃいます♪

腕立てはキツイけど、バストアップ効果大!

腕立て伏せがバストアップに効果があるって知ってますか?正しい方法で腕立て伏せをすれば、一日あたりの回数は少なくても、しっかり上向きバストが作れるんですよ♪腕立て伏せの正しい方法や効果などをまとめてみました!バストアップしたいなら必見!


ホルモンバランスが崩れる原因って…?

みのりん
ここまで「女性ホルモンを増やす方法」をたくさんご紹介しましたが、気をつけたいのが
「女性ホルモンのバランスが崩れること」です。
せっかくホルモンを増やそうと頑張っても、一方でホルモンバランスを乱すことをしていれば努力が台無しに…。
ここでは、ホルモンバランスを保つために気を付けることをご紹介しますね♪

気をつけたい!セロトニン不足

「セロトニン」って聞いたことありますか?セロトニンも身体のなかで作られるホルモンの一種で、別名「幸せホルモンと呼ばれている物質です。その名の通り精神の安定をもたらしたり、質の良い睡眠を叶えたり、私たちの心と身体が「シアワセ」であるために、とっても大切なホルモンなんです。セロトニンが不足すると、うつや、イライラ、精神不安定などといった、心の乱れだけでなく、ホルモンバランスも乱れることが分かっています。

セロトニンがしっかり分泌するために気をつけたいことは以下のとおりです。

セロトニンを分泌させるためにすることはコレ!

  • 毎日太陽の光を浴びる。
  • しっかり睡眠を取る。
  • リズミカルな全身運動(ウォーキングや自転車こぎなど)をする。
  • セロトニンの材料になるトリプトファンを摂る(乳製品や大豆製品、肉、魚類、バナナ、ナッツ類などに含まれています)

どれもそんなにムズカシイことではないですね♪セロトニンをしっかり分泌されて、ホルモンバランスが乱れないように気をつけましょう! 

セロトニンの材料、トリプトファンとバストアップに関する記事はコチラ 

トリプトファンをきちんと摂取することによって、実はバストアップにつなげることができるんです。今回はトリプトファンのバストアップ効果と、効果的な摂取方法を解説します♪トリプトファン?ちょっと聞いたことないな……という人も必見!

自律神経の乱れがホルモンバランスの乱れを起こす!

上にも書きましたが、自律神経を司っている場所は、脳のなかの「視床下部」というところ。一方、女性ホルモンを作るための性腺刺激ホルモンを出している所は視床下部にぶら下がっている「脳下垂体」です。視床下部と脳下垂体は一体になっているので、お互いにとっても影響を受けやすいんです。なので、自立神経が乱れるとホルモンバランスも乱れてしまいます。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がありますが、女性ホルモンのエストロゲンは「副交感神経」、プロゲステロンは「交感神経」を優位に働かせると言います。生理から排卵までは精神も比較的落ち着いていて、生理前の黄体期にイライラするのは、女性ホルモンと自律神経が密接に関わっているからなんですね。

女性ホルモンが減るとどうなるの?

女性ホルモンは、上でも説明したとおり、加齢だけでなく、精神的なストレスなど自律神経の乱れでも分泌が減ってしまうことがあります。女性ホルモンが体内で減ってしまうとどんな症状が現れるのか、詳しく見ていきましょう?

症状その1.肌荒れ

女性ホルモン、特ににエストロゲンには、肌のハリを保つコラーゲンの生成を促す効果や、肌に水分を保持する効果など、美肌効果があると言われています。エストロゲンが不足すると、肌がカサついたり、たるみや小じわが目立ったり、いわゆる「肌の老化」が起こります。私たちが感じる「肌の老化」は加齢によってエストロゲンが減っていることが原因なんです。

症状その2.更年期障害

女性が閉経を迎える10年から5年前くらいから、いわゆる「更年期障害」という症状が出てきます。ほてりやのぼせ、イライラ、うつ、肩こりなど、どれも命に別状はないですが、不快な症状ばかり……。更年期障害の原因はズバリ「エストロゲンの減少」です。閉経までの間に、エストロゲンは徐々に減っていくのですが、その変化に身体が追いついていかなくて、色んな症状が出るんですね。

症状その3.自律神経が不安定になる

更年期障害の一つにもありますが、エストロゲンが減少するとイライラや不安感、うつ症状などがでることがあります。上にも説明したとおり、自律神経を司る視床下部と、ホルモン分泌を司る脳下垂体はくっついていて、お互いに影響を受けやすいので、女性ホルモンの不足が自律神経を見出してしまうんです。

症状その4.PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)とは月経1週間前くらいから起こる、むくみやイライラ、吹き出物、下腹部のハリ、胸の痛み、頭痛など様々な症状のことです。PMSが起こる原因は月経前の黄体期のプロゲステロンとエストロゲンのバランスが悪くなっているからだと言われています。エストロゲンが不足して、プロゲステロンの優位性が強くなりすぎている状態が、様々な症状を引き起こしているそうです。

症状その5.生理不順

私たちの生理はエストロゲンとプロゲステロンが順番に増減を繰り返すことで起こることを説明しましたが、この2つのホルモンの分泌が減ってしまうと、ホルモンバランスが乱れて、生理→卵胞期→排卵→黄体期→生理というサイクルが乱れてしまいます

生理不順が続くと、不妊などにつながってしまうこともあるので、足りないホルモンを補充する治療などが必要になる場合があります。生理不順とは生理周期(生理が始まった日から翌月の生理が始まる日まで)が24日以下の場合(頻発月経)か39日以上の場合(稀発月経)を言います。生理不順が3か月以上続く場合は、念のため産婦人科を受診することをオススメします。

症状その6.抜け毛

よく「髪の毛が薄くなる人は男性ホルモンが多い」といいますが、毛髪の成長に関わっているのは、女性ホルモンです。なので、女性ホルモンが不足すると、髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたり、髪の老化が進んでしまします。出産後に抜け毛が多くなるのも女性ホルモンのバランスが乱れるからだと言われています。

怖い!過剰摂取の副作用とリスク

女性ホルモンが、バストアップや美容に必要ということは、よくわかったかと思います。かといって、女性ホルモンをとにかくたくさん増やせばいい!というわけではないんですよね。女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンのバランスが大切!エストロゲンのサプリなどで、極端にエストロゲンを増やしてしまうと、過剰摂取による副作用が出てしまう危険性があります。バストアップに限らず、女性ホルモンを増やしたい!と考えているアナタはその副作用のこともちゃんと理解した上で、女性ホルモン増やす作戦を考えてくださいね。

エストロゲンを増やしたい、サプリを使いたい人はぜひ一読を! 

エストロゲンは副作用の心配があるの?エストロゲンは味方?それとも敵?知れば知るほど、疑問が出てくる女性ホルモン。今回はそんな女性ホルモンについてわかりやすくまとめてみたので、女性ホルモンのことを知り尽くしてしまいましょう!

プエラリアのサプリを使う人はこちらも必見! 

バストアップサプリと言えば定番成分のプエラリア。そして、プエラリアと言えば副作用について話題になるのも定番ですが、アナタはその事実をどれぐらい知っていますか?不安を解消するためにもしっかりと副作用について学んでいきましょう!

【番外編】男性が女性ホルモンを増やすには…

女性だけでなく、男性でも「女性ホルモンを増やしたい」と思う人もいるかもしれません。性同一性障害の人などが、治療のために女性ホルモンを使うことはよく知られていますよね。基本的に、男性も女性も、どちらも「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の両方が体内で分泌しています。もちろん男性は男性ホルモン優位、女性は女性ホルモン優位ですが、両方のホルモンが身体の中で働いているんです。

男性で、「女性ホルモン」を増やしたい!という場合、今回この記事でご紹介した方法はそのまま男性にも有効です。ただし、自己判断であまり極端な事をすると副作用などが起こることがあるので、ホルモン剤の注射などは必ず医師に相談するようにしてくださいね。

男性が女性ホルモンを増やしたい場合

即効性はやっぱり女性ホルモン剤の注射

 「女性になりたい」「女の子みたいな体になりたい」そう思って、女性ホルモンを利用する人もいるかと思います。女性ホルモンを男性が利用する場合は、基本的に医師の元で行うことが必須です。まずは、この記事を読んで、その効果や副作用などをキチンと理解してから医師に相談してくださいね。

女性ホルモンの注射については、詳しくはコチラで

「女性ホルモンを注射したら、胸が大きくなるのかな?」胸のサイズに悩んでいる人なら、一度は考えたことがあるかもしれないこんなコト。実際のところ、本当に大きくなるものなのか。女性ホルモン注射の効果から副作用まで一緒に見ていきましょう!

 手軽なのはプエラリアのサプリメント

ホルモン注射よりは即効性はありませんが、安全性が高いのがプエラリア配合のサプリです。基本的に上でご紹介したとおり、プエラリアのサプリはその品質がとっても大切。信頼できるサプリを賢く選んで利用してくださいね。オススメのサプリなどは以下の記事を参考にしてください。

女性らしい体つきを手に入れつつ、ダイエットもできる「グラマラスプエラリア」

グラマラスリムプエラリアって知ってます?かなり人気のバストアップサプリ。しかもダイエット効果もあるんです。なぜ効果があるのか、どんな成分が入っているのか徹底分析!納得さざるを得ないバストアップ&ダイエット効果の秘密に迫りますっ!


高品質プエラリアサプリなら「ベルタプエラリア」がイチオシ!

ベルタプエラリアとはプエラリアを配合したバストアップサプリの中で「最強!」と言われています。今回は編集長みのりんもイチオシの「ベルタプエラリア」の秘密、その効果、口コミ、お得な買い方などを徹底解説します!

ダイエット効果もあり、値段もリーズナブル「LUNA」

LUNAは女性ホルモンのバランスに合わせて2種類のサプリを飲み分けるという、バストアップサプリです。プエラリアだけでなく、色々な成分の複合技でバストアップを図るLUNA。副作用が少なく、バストアップ以外の効果も期待できる注目のサプリです!

アナタに合った女性ホルモンを増やす方法を見つけましょう!

女性ホルモンは、美しく、若々しくいるためにとっても大切なホルモンです。そして、もちろんバストアップを目指す人は女性ホルモンを何とかして増やしたいもの。女性ホルモンを制するものはバストアップを制する!ホルモンバランスを大切に上手に女性ホルモンアップを図ってくださいね♪

女性ホルモンは、年齢を重ねるとどうしても減ってしまうもの。それぞれ自分に合ったやり方を見つけて、賢く女性ホルモンを増やしてください。食べ物や、エクササイズなどは今日からも実践できますよ。ぜひぜひトライして見くださいね。

TOP