【体験談レポート】光豊胸をしてみた!効果と胸が大きくなる仕組みは?

【体験談レポート】光豊胸をしてみた!効果と胸が大きくなる仕組みは?

sga894YU5ceM21XF.jpg

目次

  • 話題の光豊胸!効果はあるの?
  • そもそも光豊胸で胸が大きくなる仕組み
  • 私が光豊胸をやろうと思った経緯
  • いよいよ光豊胸コースへ
  • 私が考える光豊胸の備忘録 
  • 【まとめ】光豊胸のおすすめ度

話題の光豊胸!効果はあるの?

ここ数年で新しいバストアップ方法として注目を浴びるになった「光豊胸」。最近やっと全国各地で施術が受けられるようになってきました。施術はフェイシャルサロンやエステサロンで行われることがほとんどで、ヒアルロン酸注入やバック挿入とは違いメスや注射器を使うことなくバストアップすることができる方法です。光豊胸専用の機械から出る特殊な光をバストに照射することで憧れのバストアップが叶うという光豊胸。
みのりん
今回は光豊胸とはどのようなものなのか気になる効果と一緒に、実際に光豊胸に通い体験したレポートを中心にご紹介します。

そもそも光豊胸で胸が大きくなる仕組み

​脂肪細胞を大きくすることでバストアップ

光豊胸とは、思春期に成長しきれなかった又はダイエットや年齢と共に萎んでしまったバストの脂肪細胞に働きかけることができる特殊な光を効果的に照射するバストアップ方法です。幅広い波長帯を持つ特殊な光がバスト細胞の浸透圧を下げ、バスト付近のリンパ管を流れる不要な脂肪液を吸い上げるため、1つ1つの脂肪細胞の拡張を促進してくれます。
私がサロンで受けた説明では、全身脱毛に使われる光は毛根の黒に反応するのに対し、光豊胸に使用する光は脂肪細胞である赤色に反応するのだそう。
小さくなってしまった脂肪細胞をもう一度大きく膨らませるイメージが光豊胸の仕組みなんです。

1度大きくなった脂肪細胞は元に戻らない

光豊胸の光を照射することで1度大きくなった脂肪細胞がもう一度縮むことはないそう。そのため無理なダイエットをして自ら脂肪細胞を減らすことをしない限りは効果を持続させることができます。ヒアルロン酸注入やシリコンバッグとは違い、定期的にバストに異物を入れる必要がないため、身体への負担が少ないのも嬉しいポイントです。

バストアップ以外にも嬉しい効果が

光豊胸はバストアップだけでなく他にも嬉しい効果があるんです。バストアップの為に照射する光は、乳房を支えるクーパー靭帯の強化や脂肪細胞の配列の補正も同時に行うことができます。そのためバスト全体にハリを与えたりやバストの位置を引き上げる効果がありバストの形を綺麗に保つことができます。単にバストアップを目的とするだけでなく、左右のバストの形を綺麗に保ちたい方や垂れないようにしたいという方も光豊胸を受けているそう。また、光の照射とマッサージには血液やリンパの流れをよくする効果もあるため、美肌効果や代謝の促進を促してくれます。光豊胸は女性にとって嬉しい効果がたくさん詰まっています。

私が光豊胸をやろうと思った経緯

ずっとAカップしかない大きさがコンプレックスだった私は、20代の頃から豊胸を考えていました。とは言え、身体にメスを入れたり注入するのは怖いし・・・どうしようかなぁと悩みながらサプリやクリーム、マッサージバストアップ方法を端から網羅して過ごした20代。
結果は出るどころか30代に突入したのを機に、余計に胸が減った気がしました。このままではいけない!!とネットで調べ始めやっと見つけたのが光豊胸でした。どうしてもメスを使うことに抵抗があったため、メスを使わずに光を照射することでバストアップできることに魅力を感じ、エステサロンK社に問い合わせをしました。

まずは体験に行ってみた

インターネットで光豊胸について調べてみるものの効果に関してはあまり有効な情報を得ることができませんでした。そこでもう一度K社のホームページを見てみると、光豊胸の体験コースが。1回の光豊胸を8,000円ほどで体験できるというもの。
体験コースはK社以外でもほとんどのサロンで実施されており、通常価格の半額くらいで受けられるようになっています。
自分で体験して効果や施術方法を確かめてみたいという思いから、私は早速体験コースの予約を取りました。

施術前にまずはマッサージ

​まずサロンに着いたら、着替えを始めます。上半身だけ裸になりサロン専用のガウンを羽織ります。

ベッドの上に寝転んだら光豊胸のマシーンを使った施術に入る前にマッサージを行います。マッサージに使うのは、サロン専用のバストアップジェル。香りもよくリラックスした雰囲気で掌を使い優しくマッサージしてくれます。まるでエステに来ているような気分に。この施術前のマッサージは、光の浸透をよくしバストアップ効果を高めるために必要不可欠なんだそう。マッサージはだいたい15分ほどで終わります。

いざ!マシーンを使った施術へ

とうとう光豊胸マシーンを使った施術に入ります。光の照射は右胸、右背中、左胸、左背中と4つのブロックに分けて行います。びっくりしたことは、保冷剤を当てながら照射していくこと。照射する場所に保冷剤を当て冷やしてから照射を開始。夏場はよかったのですが、肌寒い季節になってくると初めはけっこう堪えます。ピッという音がなりすぐに照射が終わるので照射自体は1、2秒だと思います。保冷剤を当て照射するという作業をバスト周りと脇、背中にひたすら繰り返していきます。特に痛みや刺激はありませんが、保冷剤が溶けてくると照射する時に熱さのような痛みを感じることがありました。また目の上にタオルをかけて照射していきますが、特に光を感じたり眩しかったりすることはありませんでした。

施術後のマッサージ

マシーンを使った照射が終わると、もう一度バストのマッサージを行います。最初に行ったマッサージと同じように、サロン専用のバストアップジェルを使い、バストやデコルテを丁寧にマッサージします。マシーンでの施術後にマッサージを行うことで、膨らんだ脂肪細胞の定着を促すのだそう。このマッサージも15分程度でとても心地よく施術を終えることができました。

1回体験を終えた直後は

1回体験を終えた直後は、施術前とは比較にならないくらいバスト全体が柔らかくふわふわな手触りになりました。きっとこの感触は施術を行った方なら誰でも感じることができると思います。このふわふわな感触も手助けし、バスト全体がなんとなく大きくなったのかなぁと感じました。極端に大きくなった訳ではなく、ふわっとふやけたような雰囲気を自分自身で感じることができなんとなく変わったかなぁという感じです。さらにバスト全体がほんのり温かく感じ、さらに生理前の張りのような痛みを感じました。これは施術を行った2日後まで続きました。今まで感じたことのない暖かさや痛みに、効果があるのではと期待が高まりました。

1回体験を終えた1週間後は

1週間経つと、胸の張りや暖かさはすっかりと消えました。しかし、光豊胸の施術前とは明らかに違うなぁと感じる点もありました。それはバスト全体の膨らみです。私は元々Aカップだったため、鎖骨の辺りの膨らみやバスト付近の膨らみが全くありませんでした。しかし1回の光豊胸を終えて1週間経ってからも鎖骨からバストにかけてなんとなく膨らんできているという実感を感じることができました。バストアップはもちろんですが、不自然なバストアップではなく自然な雰囲気でバストアップをしていくことが少なからず実感することができ、それがもっと施術を続けてみたいという安心に繋がりました。

いよいよ光豊胸コースへ

​1回での体験で光豊胸の効果を感じることが出来たので、光豊胸のコースを申し込むことにしました。

光豊胸にかかるコストは店舗により異なりますがだいたい1回の施術で12,000円から20,000円くらいが相場です。また1回のみの施術は割高になっており、5回コース、10回コース、20回コース等の回数がセットになったパックや回数券の方が1回分の価格は安くなっています。私はお店の方と相談をして、効果を実感することができる10回コースに申し込むことにしました。
10回通っても150,000円前後なので、ヒアルロン酸注入やシリコンバック挿入よりは安価で通うことができるところも魅力的です。

光豊胸コースの内容

私の通っているK社のコース内容は、光豊胸のコースを10回受けられるというものです。あまりお得感がないように感じますが、金額面では1回当たりの施術料金が割安になっています。コースを申し込むときに、補正下着と自宅でケアできるバストアップジェルの併用を勧められました。バストアップジェルは8,000円ほどで補正下着は30,000円ほど。予算もあるため、お店の方と相談をしてバストアップジェルのみ購入をしコースを開始することにしました。

1回分のコースの流れ

1回分のコースの流れは、光豊胸の体験時と同じでした。始めに15分から20分程度、光豊胸の効果を高めるためのバストマッサージを行います。その後に、マシーンを使いバスト、脇、背中に照射を行います。そして最後に浸透を高めるためのバストマッサージを行います。1回の施術時間は1時間から1時間半程度と短め。仕事帰りや休みの日に手軽に通うことが出来るのも嬉しいポイントです。

1~3回の施術を終えて  

光豊胸は5回目くらいまでは1週間に1回ほどのペースで通うことを勧められます。 施術を始めたばかりの頃は、脂肪細胞の定着を確実にするために通う間隔は出来るだけ早いほうがいいそう。
3回目を終える頃には体が慣れてきたからなのか、施術後の張りのような痛みや暖かさを感じることがなくなりました。しかし胸全体がふっくらとする感覚は相変わらず続き、鎖骨から胸にかけての膨らみは鏡を見ても分かるようになりました。バスト自体も光豊胸を始める前とは明らかに違い、全体的にふっくらとしてきました。ワンサイズアップとまではいかないものの、意外と早い段階で自分自身で実感出きるようになったなぁと感じました。

5回目の施術を終えて

​光豊胸10回コースも折り返しを迎えた5回目の施術。効果を感じることが出来るようになるのはこの頃からだと言われていましたが、はっきりとした効果を感じることが出来るようになりました。

光豊胸を始めた頃から感じられていた鎖骨からバストにかけての膨らみは鏡を見ても分かるようになり、Aカップだった私がはじめて谷間が出来るようになりました。これにはかなり感激しました。
またバスト自体もじわじわとサイズアップしているようで、光豊胸を始める前は隙間だらけだったブラジャーがきつくなるとまではいかなくても、隙間が埋まったなぁと実感することが出きるようになりました。

6回目の施術を終えて

6回目の施術からはさらにバストの脂肪細胞を増やすために二の腕や背中についている余分な脂肪をバストへ移動させるマッサージがプラスされるようになりました。脂肪を移動させる、と聞くと痛そうなイメージがありますが痛みは全くといっていいほどなく、エステを受けているような感覚です。
6回目の施術を終えたところで、バストや鎖骨辺りにこれといった変化を感じなくなりました。代わりに脂肪を移動させることでシェイプアップ効果があるのか、二の腕やウェスト辺りがスッキリとしてきて、友人からも「ダイエットしてるの?」と聞かれるようになりました。バストアップをしながら、余分な脂肪を落とすことが出来るのは女性なら誰でも思わず喜んでしまいますよね。

7回目の施術を終えて

7回目の施術も6回目と同様、脂肪の移動を促すマッサージを行いました。その際にK社のエステシャンの方から「あれ?少しバストが減ってる気がする」との言葉が…そうなのかなぁと少し落胆。おかしいと感じたエステシャンの方が光豊胸のマシーンを製作している販売元に問い合わせをしてくれました。その結果、バストが少し減っている気がするのはちゃんとバストアップが進んでいる証拠だとのこと。一体どういうこと?実は光豊胸を続けていくとバストの形もよくなり正しい位置での脂肪の定着が行われるようになります。その結果バストの下部が空いているように感じ減っているような感覚に陥るそう。またバストの位置が上がったことでバストの下部分にも脂肪がつきやすくなるとのことでした。この説明を聞き、一安心。次のステップへと着実に成長してくれているんだなぁと感じました。

8回目の施術を終えて

私が購入した光豊胸コースは現在、8回目の施術を終えたところです。8回目の施術を終えて、再び胸の張りや胸辺りの暖かさを感じるようになりました。これは次のステップに進んでいる証拠だそう。
8回の照射を終えて、バストは1サイズアップするかしないかのところまで大きくなりました。もちろん、鎖骨からバストにかけても自然な脹らみがつき、胸元が開いているようなデザインの服も少しだけ自信を持って着ることが出来るようになりました。正直、ここまでの効果を期待していなかったので私は投資した分の価値はあったかなぁと思っています。

私が考える光豊胸の備忘録 

今回実際に光豊胸を体験してみて、私なりに光豊胸の防備録を作ってみました。これから光豊胸を始めようと思っている人や、豊胸を考えている人の参考になれば幸いです。

光豊胸のメリット

光豊胸のメリットはやはりシリコンバッグを入れたりヒアルロン酸を注入するのとは違って、身体に直接何かを入れることなく豊胸できるところです。そのため、痛みや傷跡がなく身体への負担が少ないのはちろん、ダウンタイムや豊胸中の制限もありません。また、他の方法とは違いバストアップを行うのと同時にバスト全体の引き上げ効果や美肌効果等の女性なら誰もが嬉しい効果を同時に感じることができます。光豊胸は急激にバストが大きくなるということがないため、周りの目を気にすることなくバストアップを行うことができるところも嬉しいポイントです。

光豊胸のデメリット

光豊胸のデメリットとして挙げられるのは、効果に個人差があるところです。約10回の照射で5~10センチのバストアップが期待できると言われていますが、個人差があり自分にはどのくらいの効果があるのかなかなか図りずらいところがあります。また光豊胸は脂肪細胞に働きかけることでバストアップを促す方法です。もともと体内の脂肪細胞自体が少ない方は、光豊胸ではバストアップの効果を感じにくいとされています。
光豊胸は少しずつバストアップを促していく方法なので、急激にカップをあげたい方や結果を急いでいる方にはおすすめ出来ない方法です。

光豊胸に向いている人

​豊胸を考えている人の中で、光豊胸が向いている人は次のような人だと思います。


光豊胸との併用を勧められるグッズ

​​私が光豊胸との併用を勧められたグッズは全部で3つありました。

2.補正下着     
特に私のようにプチ胸の人は、市販の下着ではどうしても隙間が生まれたりフィットするサイズにならなかったりします。それが原因で本来ならバストに定着するはずだった脂肪も流れてしまうそう。 それを食い止めるために自分のバストに合わせた補正下着を使うのは有効だそうです。金額が30,000円から50,000円くらいするため、余裕のある人にはおすすめです。

3.脂肪の定着を助けるサプリメント  
せっかく増やした脂肪細胞の定着を促すサプリメント。余裕のある場合は試してみるのもいいかもしれません。 

日常生活で気を付けること

​光豊胸コースを行っている間は次の3つのことに気を付けて欲しいと言われました。まず1つ目は、ダイエットをしないことです。ダイエットをするとバストの脂肪から落ちはじめてしまうそうで、せっかく作ったバストの脂肪細胞が台無しに。体重の維持には気を付けなければなりません。

2つ目は、身体を冷やさないことです。体が冷えると女性ホルモンの働きが鈍くなり、バストアップへの影響も。夏場でも暖かい飲み物を飲んだり、体を露出しすぎない等の配慮が必要です。
そして3つ目は睡眠時間を確保することです。出来るだけ24時より前に寝るようにと言われました。この時間帯に起きていることで、女性ホルモンの分泌の妨げに。毎日の生活を見直すこともバストアップには欠かせないようです。

【まとめ】光豊胸のおすすめ度

​実際に光豊胸を体験してみて、バストに悩みがある人がバストアップする方法として光豊胸はおすすめできると感じました。私自身、バストの変化を身をもって感じることが出来ました。もしも光豊胸を始めていかったら、今も昔のAカップのままなのかと思うとゾッとします。2カップ3カップアップすることはさすがに出来ませんでしたが、自然にバストアップすることが出来て満足しています。


手術に抵抗がある方にはおすすめ

私は10年以上バストに悩みあれこれ調べてきたのにいざバストアップに踏み切れなかったのは、やはり手術したくないなぁという点でした。痛いのは嫌だなぁ、身体に跡が残るのも抵抗がありました。その心配をカバーしてくれたのが光豊胸でした。手術をすることなく、光を照射素るだけで大丈夫。
私と同じように手術やヒアルロン酸注入に抵抗がある人にはおすすめです。

効果が保証されるものではない

光豊胸は必ずしも効果が保証されるものではありません。その人の脂肪細胞の量や体型や体質にかなり左右されてしまいます。そのため、大幅なカップアップをしたい人には不向きかもしれません。また光豊胸をする前からある程度バストがある人はハリや形を整えることができるものの、サイズアップを感じることは難しいようです。

効果が出るまで時間がかかる

光豊胸は施術をした次の日から急にバストアップするというものではありません。時間をかけて脂肪細胞に働きかけ、定着を促すものです。そのため、速効性を期待している人には不向きと言えます。逆に言えば、周りに気付かれず自然にバストアップしたい人にはおすすめです
under main layout