バストアップ効果のある成分って?サプリを買う時におすすめの主要な成分まとめ

バストアップ効果のある成分って?サプリを買う時におすすめの主要な成分まとめ

ズバリ!バストアップに良い成分をお教えします☆

バストアップしたいけど、どの成分を摂ればいいの?」「サプリに入ってる成分を知らない!」「飲みたいけど不安…

そうですよね。バストアップするサプリの成分はたくさんありますし、また、女性ホルモンがどうのこうの、私に合わなかったらどうしようと不安になったりもしますし、まずなにがなんだかよくわからないですね。

数あるバストアップサプリメントからしっかり選んで、効果的に摂りたいという、バストアップへの希望に燃えるアナタのために、数々のバストアップ法を試してきた編集長みのりんが、ズバリ「バストアップ効果のある成分」をまとめてみましたよ☆


バストアップにマストな成分はコレ!

バストアップするというのなら、綺麗でハリのあるバストになるように、肌のハリやキメを整える、土台をしっかりさせる、垂れたり離れたりしないようにする、などいろいろすることがあります。効果的にバストアップするには、まずバスト作りのために必須な成分を知ることから始めましょう♡

「植物性エストロゲン」を摂る

植物性エストロゲンは、バストアップ効果のある「エストロゲン」と似た効能がある成分です。バストアップに必須の成分なだけあって、市販されているバストアップサプリのほとんどは、この植物性エストロゲンを含んだものなんです。私、みのりんも欠かさず摂っていた成分なので、ぜひぜひ取り入れてくださいね♪

「エストロゲンを含む食品」について詳しくはコチラ!

エストロゲンが摂れる食品は?【成分別】おすすめの食べ物と食べ方のコツ・レシピ⇒

エストロゲンを活性化させる☆

確実にバストアップしたいなら、ただ植物性エストロゲンを摂取するだけでなく、エストロゲンを活性化させる成分も一緒に取り入れて、さらに効果を引き出していきましょう!

また女性ホルモンは、脳の視床下部というところから脳下垂体へ指令を出して、卵巣を刺激することで分泌されています。そのため、脳が指令を出すよう促してくれる成分を活性化することもポイントです。順番に成分を紹介していきますので、見逃さずにチェックしてくださいね♪

植物性エストロゲンが含まれる3つの成分


まずは、バストアップに欠かせない女性ホルモンに関して、重要成分の植物性エストロゲンが含まれている食品やその成分のうち、日常生活から摂取しやすいものから見ていきましょう!

1.大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは、その名の通り、主に大豆製品に含まれている成分です♪化粧品の成分としても使われたりしているので、アナタも聞いたことがあるかもしれませんね。イソフラボンの摂取量目安は一日あたり、70~75mgとされています。大豆製品に含まれるイソフラボンの量を表で紹介しておくので、参考にしてくださいね☆

大豆製品のイソフラボン平均含有量(100gあたり)

高野豆腐

90.0mg

きな粉

266.2mg

豆腐

20.3mg

しょうゆ

0.9mg

おから

10.5mg

豆乳

24.8mg

油揚げ類

39.2mg

みそ

49.7mg

納豆

73.5mg

ということで、大豆製品で効率よくイソフラボンを摂りたいなら…

  • 高野豆腐

  • きな粉

この2つが効率が良くてオススメです♡毎日の献立に、上手に取り入れてくださいねっ。

【注意事項】

大豆イソフラボンは、摂取したあと、腸内細菌によってエストロゲンを活性化させる「エクオール」という成分に変わります。しかし!実はこの腸内細菌がない人もいて、その場合は大豆イソフラボンを摂ってもあまり効果が期待できないんです(汗)そのため、イソフラボンを取り入れているのに、変化が感じられない!というときは、ほかの成分を試してみるのも手です。

「大豆イソフラボン」について詳しくはコチラ!⇒

 2.ミロエステロール

こちらの成分は、エストロゲンの中で最もバストアップ効果が高いという「エストラジオール」 を活性化させる効能があるんです!確実な効果を期待したいアナタには見逃せない成分なので、しっかりチェックしてくださいね☆

「エストラジオール」について詳しくはコチラ!⇒

ミロエステロールは、「プエラリア」という植物にたくさん入っているんです。プエラリアとは、タイやミャンマーに自生するマメ科クズ属の植物で、科学雑誌 「nature」でもその効果が認められているほど。さらに大豆の約40倍ものイソフラボン成分まで含まれていて、バストアップしたい人にはオススメの植物ですよ♪

「プエラリア」はサプリなどで摂取するのが手軽です

3.ジオスゲニン

ジオスゲニンは、アメリカや南米、アフリカなどで栽培されている山芋(=ワイルドヤム)に含まれている成分です。体内に吸収されると、乳腺を増やす働きのある「エストロゲン」の分泌を促してくれるだけでなく、乳腺を大きくしてくれるホルモン「プロゲステロン」の分泌も促進してくれる効能があるんです♪

また、ジオスゲニンにはアルツハイマー病などを引き起こす、ベータアミロイドを減少させて、神経細胞を正常な状態に戻してくれる効果もあるので、認知症の改善にも効果的だとされています。健康的な体を保っていくためにも、摂っておきたい成分ですよね♡

「エストロゲンとプロゲステロン」について詳しくはコチラ!⇒

エストロゲンを活性化させる5つの成分

女性ホルモンの主な成分はエストロゲンですが、基本的にはエストロゲンの活性を良くすることによって、バストアップを図ることが出来るのです♡

1.ボロン

ボロンは、日本語名では「ホウ素」と言われるミネラル成分で、胸を大きくする女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を増やしてくれる効果が期待できるのです♡1日に摂ってほしいボロンの量は「3mg」。早く、たくさんその効果を得たいからといって、そればかりを過剰摂取しても、使い切れない分は、結局は尿として身体の外に排出されてしまいます。また、おう吐や下痢を引き起こすこともあるので、摂り過ぎには十分気を付けてくださいね。ボロンを含む食品を次に紹介しますので、参考にしてください♪

ボロンの含有量(100gあたり)

キャベツ

1.45mg

※1日、おおよそ200gのキャベツを摂ればOK!

赤りんご

0.32mg

レーズン

0.41mg

アーモンド

2.82mg

【注意事項】

ボロンは熱に弱い成分なので、食材を加熱せずに生のまま食べることが、ボロンを無駄なく摂取するためのポイントです。サラダやスムージーなどメニューを変えて取りながら、毎日飽きないように工夫しましょう☆また、身体がより栄養を欲している食前に摂ることで、ボロンの吸収率もUPしますよ!

2.ビタミンB6

ビタミンB6は水溶性ビタミンの1種で、エストロゲンを活性化させる働きがあるので、バストアップにも良いと言われているんです♪また、体内でのタンパク質の吸収を助けてくれるので、育乳材料にもなるほか、肌や粘膜の健康を維持し、月経前症候群の症状を和らげてくれる効果があります。女子にとっては嬉しい成分ですね♡摂取の目安として、成人男性は一日1.4mg、成人女性は一日1.2mgを摂ることが望ましいとされています。早速、ビタミンB6を含む食品をチェックしちゃいましょう!

ビタミンB6の含有量(100gあたり)

にんにく

1.50mg

マグロ赤身

1.08mg

赤ピーマン

0.37mg

牛レバー

0.89mg

バナナ

0.38mg

ピスタチオ

1.23mg

【注意事項】

摂取単位に注意してください。たとえば、ビタミンB6を、毎日数g(gとはmgの千倍)のように摂り続けるなど、大量に摂取しすぎると、感覚神経障害や筋肉の脆弱、骨の疼痛などを引き起こす場合があります。ほどよく摂取することが重要なので、「にんにくなら、一日に100g程度」など、必ず目安量を守るようにしてくださいね。

3.ビタミンE

アンチエイジングや美肌効果で知られているビタミンEですが、それだけでなく、脳下垂体や卵巣に働きかけて、ホルモン分泌のコントロールを助けてくれる働きも持っているんです。生理不順の改善や、不妊症の改善にも効果があるので、お悩みの方にはオススメの成分ですよ☆さらに!血流も改善してくれるので、バストにしっかり栄養が送られるようになるのもうれしい効果ですね。成人男性は一日6.5mg、成人女性は6.0mgを目安に摂取するのが理想。

ビタミンEの含有量(100gあたり)

とうがらし

29.8mg

アーモンド

29.4mg

あんこうのきも

13.8mg

すじこ

10.6mg

いくら

9.1mg

あゆ

8.2mg

いわし

8.2mg

たらこ

7.1mg

モロヘイヤ

6.5mg

【注意事項】

過剰に摂取すると、骨粗鬆症を引き起こす恐れがあるので、摂取量をきちんと守るようにしましょう。

4.サボニン

サボニンはエストロゲンの元になる成分なので、補ってあげることで、エストロゲンを増やすことができますよ♪また、自律神経を整えたり、血行をよくする効能、そしてエストロゲンの分泌をサポートする効能もある、多機能な成分です。

こちらは、主に大豆製品や高麗人参、マカやブラックホッシュ、ワイルドヤムなどの食品に含まれています。摂取量は特に決まっていないのですが、サプリメントなどで摂取する場合は、そのサプリに記載されている用法容量を守った方がベターですね。

5.プラセンタ

プラセンタは、ホルモンを作りだしたり、バランスを調整してくれる役割があるもの。古代エジプトで美容や不老長寿の薬として重宝されてきたという、豚や馬の胎盤を原料として作られています。特に、更年期におけるエストロゲンの減少について、良い結果が得られているそうですよ♪プラセンタは、 更年期障害や肝臓の治療にも利用されているのですが、医療目的だと、保険が下りて安く使用できるようになっています。プラセンタは、注射とサプリメントの2つの摂取方法があります。

【注意事項】

注射でプラセンタを摂取する場合は、ヒト胎盤(ヒトプラセンタ)を使っているので、献血することができなくなります。ご注意ください!

配合成分から調査しておすすめできるバストアップサプリ5選

編集部オススメサプリとして、まず最初にあげられるのが、「LUNAプレミアム」です。プエラリアを含まないので副作用が心配な方にぜひオススメしたいイチオシサプリです。次に、オススメなのが「Pururu2」。こちらもプエラリアの配合がありません。そして、三番目には「LUNA」。堂々の王道のバストアップサプリですね。では、さっそくご紹介しましょうね♡

LUNAプレミアム

LUNAプレミアム

おすすめできる主成分エクオール、アグリマックス、メロンプラセンタほか
美容成分の配合ローヤルゼリー、高麗人参、淡水真珠粉末、ツバメの巣ほか
初回価格880円(税別・送料無料)
2回目以降の価格6,480円(税別・送料無料)
返金保証の有無90日返金保証有

女性ホルモンを活性化させるのがプエラリアですが、なにかと副作用などの噂や情報などがあり不安に思う方も多いと思います。このプエラリアを含まないバストアップサプリとしてイチオシなのが、LUNAプレミアムです。LUNAプレミアムはきらきら期とまったり期の2種類のサプリを飲み分けて女性のリズムを作ります。きらきら期には、エクオールといい大豆イソフラボンと乳酸菌から作られた新成分と、アグリマックス、メロンプラセンタに加えて、生姜や肝臓などの巡り成分を配合して、女性の巡りを活性化します。

そして、まったり期には天然ハーブであるチェストツリーやジオスゲニンを含むワイルドヤムを配合して、すっきりを応援します。2種類のサプリの飲み分けは手間がかかりそうですが、実はリズム作りにはこの方が良いという声がたくさんあります。生理不順や月経前症候群など女性特有の症状に悩む方、これまでプエラリア配合のサプリで効果の見られなかった方、プエラリアに不安のある方は是非一度、LUNAプレミアムをお試しくださいね♪

公式サイトを見てみる

⇒LUNAプレミアムについてもっと詳しく見てみる

PuRuRu2

Pururu2

おすすめできる主成分ジオフラボン、エクオール、酵素、BCAA、ガルシニアほか
美容成分の配合コラーゲン、プラセンタ、セラミド、レスベラトロール、ローズヒップエキス、ヒアルロン酸,ほか
初回価格無料(送料のみ500円)
2回目以降の価格7,150円(税別・送料無料)
返金保証の有無30日返金保証有

Pururu2(ぷるるぷるる)は、バストアップ成分に加えてダイエット成分も含んだ女性に嬉しいバストアップサプリです。副作用の心配のあるプエラリアを含まない新配合ながら、バストアップ成分に加えて、プラセンタやコラーゲンその他美容成分もしっかり配合しています。Pururu2はポジティブ期とセンシティブ期の2種類のサプリメントを飲み分けます。ポジティブ期には、女子力アップサポート成分である、ジオスゲニン、大豆イソフラボン、ボロンの3大成分に加えて、エクオールを配合しています。また、バストアップしたい、だけどダイエットのことも気になる、のが女性ですね。Pururu2は、BCAAやガルシニアといったダイエット成分も含んでいるので安心なのです。ダイエットしながらバストアップもしっかり行いたいあなたにぜひおススメですよ♡

公式サイトを見てみる

⇒PuRuRu2についてもっと詳しく見てみる

LUNA

LUNA

おすすめできる主成分プエラリア、ワイルドヤム、チェストツリー、エラスチン、エクオールほか
美容成分の配合エラスチン、ビオチンほか
初回価格500円(税抜・送料無料)
2回目以降の価格5,960円(税抜・送料無料)
返金保証の有無90日返金保証有

バストアップサプリの王道となのがLUNAです。バストアップ成分として最も有名で効果的であるというプエラリアミリフィカを配合しています。プエラリアミリフィカの配合されるバストアップサプリはたくさんありますが、プエラリアに関しては規制がないため、その含有量や生産過程など厳しい管理が必要なのです。その厳しい管理のもとで製造されたものがLUNAです。また、このLUNAもきらきら期とまったり期の2種類のサプリを飲み分けて女性のリズムを作ります。LUNAは、国の定める栄養機能食品であり、さらにモンドセレクションを何度も受賞したバストアップのための王道サプリメントです♡

公式サイトを見てみる

⇒LUNAについてもっと詳しく見てみる

ベルタプエラリア

ベルタプエラリア

おすすめできる主成分プエラリア、レモンバーム、ローズマリー、Lトリプトファン、セントジョーンズワートほか
美容成分の配合ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロほか
初回価格6,980円(税込・送料無料)
2回目以降の価格6,980円(税抜・送料無料)
返金保証の有無

ベルタプエラリアは高品質のプエラリアが配合された実力派のバストアップサプリメントです。効果的なバストアップのためには、サプリメントを飲む習慣と、そしてバストアップマッサージを毎日行うことで、より確実なバストアップが期待できます。サプリメントにはもれなくバストアップマッサージ用ジェル、そしてガイドブックもついています。バストアップマッサージのやり方がいまいちわからないというアナタに適切にマッサージのやり方を教えてくれますよ。わからないことがあれば、コールセンターで対応をしてくます。バストアップのことが気になる方は、一度サイトを覗いてみませんか♡

公式サイトを見てみる

⇒ベルタプエラリアについてもっと詳しく見てみる

ボンボンボロン

ボンボンボロン

おすすめできる主成分ボロン(レッドクローバー、ザクロほか)、チェストツリー、ワイルドヤムほか
美容成分の配合エラスチン、ヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカンほか
初回価格1,980円(税込・送料無料)
2回目以降の価格4,980円(税抜・送料無料)
返金保証の有無90日間返金保証

ボンボンボロンは、副作用が心配なプエラリア、ブラックコホシュの入っていない安心安全のバストアップサプリメントです。女性なら憧れるボンボン弾むバストアップに欠かせない女子力アップ成分ボロンとコラーゲンやヒアルロン酸など美容成分がしっかり盛り込まれています。もちろん、確実なバストアップのためには、日常生活も重要です。しっかり、栄養を取り、良い睡眠を取って、バストアップする生活習慣を持って、健康的にバストアップしましょうね♡

公式サイトを見てみる

⇒ボンボンボロンについてもっと詳しく見てみる

【番外編】バストに直接塗ると効果のある2つの成分

ではでは、番外編として、胸に塗るタイプの成分も紹介しちゃいますよ~!

1.セサミフラッシュ

セサミフラッシュとは、アミノ酸が繋がった形(ペプチド型)になったゴマタンパク由来の成分が、結合して鎖状や網状になったもの(特殊微細ポリマー)です。コレを塗るだけで、皮膚に直接働きかけて、肌表面の凹凸を無くすとともに、ハリを生むことができちゃうんです!バストの肌表面の角質層までしか浸透しないのですが、即効性があるので、早くバストアップしたい人にはオススメの成分ですよ♡バストアップクリームなどに多く含まれているので、チェックしてみてくださいねっ。

2.ボルフィリン

こちらは、ハナスゲというユリ科の植物から抽出した成分です。ボルフィリンには、脂肪細胞を増殖させる効能があるので、バストなどに塗ると脂肪を増やして、バストアップに繋がるというワケなんです♪主にバストアップオイルや、バストアップクリームに含まれているのですが、多くのバストアップ成分が、女性ホルモンの働きや分泌を助けてくれるのに対して、ボルフィリンは脂肪を増やすという違った効果が得られるのがオススメポイントですよ☆

「バストアップ・オイル」について詳しくはコチラ!⇒

バストアップ効果を高めるためにできる、4つのコト

バストアップ成分を摂ることに合わせて、さらに効果を引き出していくために、今日からでも始められる習慣をご紹介していきます♪手軽にできることばかりなので、ぜひ実践してみましょう!

1.生活習慣の改善

ダイエットをしない

ダイエットをすることで、自立神経のバランスが崩れてしまうと、バストアップ成分「エストロゲン」を分泌するのに必要な性腺ホルモンが減少してしまいます。それだけでなく、体脂肪率が18%未満の場合は、無月経や若年性更年期障害、不妊、早期閉経を引き起こしてしまうことも。さらに体脂肪率が10%を切ると、なんとエストロゲンは出なくなってしまうんです。不適切なダイエットをすると、バストアップができないどころか、さまざまな不調にもつながってしまうので、注意してくださいね!

ストレスを避ける

あわただしい現代の生活では、どうしてもストレスがたまりがちになってしまいますが、人間関係や仕事の悩みが大きいと、自立神経のバランスが崩れて、卵胞刺激ホルモンの量が低下し、エストロゲンの減少に繋がります。疲れやイライラをため込まないためにも、癒し効果のあるアロマオイルを使ったマッサージや、ストレッチなどを上手に活用して、バストアップを目指していきましょう♪

冷えを防ぐ

「冷えは万病のもと」とも言われますが、身体が冷えると、エストロゲンを分泌する卵巣の機能も低下してしまいます。そのため、お風呂ではキチンと湯船に浸かって、しっかりと温まったり、冷たい飲みものを避けて、温かいドリンクを飲むようにするなど、身体を冷やさない工夫を普段から心がけたいですね☆

熟睡する

夜更かしをしてしまうと、自立神経のバランスが乱れて、エストロゲンを分泌するのに必要な性腺ホルモンが減少してしまうことになります(汗)睡眠時間は、最低でも6時間以上、できれば7時間半は摂るのがいいとされているので、ダラダラと夜更かししてしまっている…というアナタは、生活リズムを見直しながら、少しずつ健康的な生活サイクルに変えていきましょうねっ!

タバコをやめる

喫煙は、さまざまなトラブルを引き起こす原因として知られていますが、バストアップの点で見ても、卵巣のエストロゲンを生産する能力が低下することや、作られたエストロゲンが分解されてしまうことなどの悪影響があります。タバコをやめると、バストアップが確実に早く実現しますよ☆

恋愛をする

恋愛をしている時のドキドキ感は、幸福を感じさせるドーパミンを出し、また充足感は心を安定させるセロトニンというホルモンを出してくれます。そうして感情が豊かになることで、結果として、視床下部が活発になり、エストロゲンの分泌をスムーズにすることができるんです☆

また、愛のあるセックスも同様の効果を持っていて、エストロゲンの分泌をスムーズにしてくれるので、バストアップのためにも、とっても大切なことです♡ちなみに、アイドルに夢中になったり、片思いの恋でも効果はアリますよ!

2.マッサージ

よりバストアップ効果を高めていくために、みのりんがぜひオススメしたいのが、バストアップ効果のマッサージ。簡単にできるものもたくさんあるので、1日1種類からでもぜひ始めてみましょう。バストアップオイルやクリームを使うと、スムーズにマッサージもできるし、アロマ配合のものだとリラックス効果も得られるので、試してみてください♡

バストアップに効果のあるマッサージについて詳しく見てみる⇒

3.ストレッチをする

エストロゲンをより活性化するためには、ストレッチも取り入れると効果的ですよっ。ストレッチをすると、血行やリンパの流れがスムーズになるので、バストに栄養が送られやすくなるほか、女子の悩みに多い、肩こりなどの改善にもつながるのがうれしいポイントです☆運動が苦手な方や、運動不足になりがちな方でも簡単にできるので、ぜひ取り組んでみましょう!

バストアップに効果のある体操について詳しく見てみる⇒

4.筋トレ

バストは大胸筋によって支えられているって知っていましたか?だからこそ、ハリやバストの形をもっと良くするためには、筋トレがオススメなんですね。いろんな種類のトレーニングがあるから、ビギナーにも取っつきやすいですよ♪姿勢がきれいになったり、バストが上向きになるという効果が得られるので、猫背や垂れ胸が気になるアナタも、筋トレを取り入れてみてください。

バストアップに効果のある筋トレについて詳しく見てみる⇒

エストロゲンの過剰摂取に注意!

これまで、バストアップの必須成分としてエストロゲンを紹介してきましたが、過剰に摂りすぎてしまうことによる、悪影響もあるので、コチラもしっかりと確認しておきましょう。

ホルモンバランスの乱れの原因に

体内でエストロゲンの分泌が過剰になってしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまい、月経前症候群や皮下脂肪の増加、薄毛など、さまざまな症状が出てしまう場合があり、バストアップ効果も得られにくくなってしまいます。そのため、バストアップは、排卵前に増える女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、排卵後に増える「プロゲステロン(黄体ホルモン)」のバランスを考えながら増やしていくことが大切だと押さえておきましょう。エストロゲンが分泌されている排卵前の時期に、エストロゲンを増やしていくことがポイントですよ♪

「女性ホルモンのバランス」について詳しくはコチラ!⇒

胸・子宮の病気になるリスクが高くなる

子宮内膜増殖症(不正出血や出血過多)

エストロゲンは排卵前に子宮内膜を強くする働きを持っています。過剰にエストロゲンを作用させると、ホルモンバランスが崩れて、弱い子宮内膜ができたり、逆に厚すぎる膜ができてしまい、ちぎれるなどのトラブルを引き起こす原因となることがあるんです。出血過多になると、貧血や、動機などの症状にも繋がってしまうので、注意が必要です(汗)

乳がん、子宮がん

バストアップを促していくと、バスト周辺の細胞が活発に分裂していきます。しかし、その細胞分裂が過剰になってしまうと、さまざまなトラブルの原因となり、特に乳がんの発症率を高めしまうのです。また、過剰にエストロゲンを摂って、必要以上に女性ホルモンを活性化させてしまうと、子宮内膜が多量に増えて、子宮ガン発生の元ともなります。くれぐれもホルモンのバランスを大事にして、過剰にならないようにしていきたいですね。

バストアップ成分を正しく摂ろう!

いかがでしたか?バストアップ成分は、おおまかにはエストロゲンと似た働きをもつ「植物性エストロゲン」と、本来持っている「エストロゲン」を活性化させる成分の2種類。大豆イソフラボンやミロエステロールにはエストロゲンが含まれ、ボロンやビタミンB6はその働きをサポートしてくれますよ!

セサミフラッシュなどの肌に塗ることで効果がある成分も見逃せないですね♪

みのりん
そして、効果をもっと高めるには、生活習慣の改善やマッサージにも合わせて取り組むことが大切ですよ☆くれぐれも、エストロゲンの過剰摂取には気を付けて、ヘルシーにバストアップしましょう!


under main layout