ハニーココーの副作用で下痢!?成分別に原因を調査!副作用を起こさないようにするための注意点とは

ハニーココーの副作用で下痢!?成分別に原因を調査!副作用を起こさないようにするための注意点とは

Popteen専属モデルの椎名ひかりと松本愛がプロデュースしたというハニーココの副作用について徹底調査しました。ハニーココはDとWの2つの種類がありますが、それぞれの成分別に原因は何なのか?副作用を起こさないようにする注意点を説明します!

シェアする

ハニーココを摂取した人の副作用報告は多い?!

ハニーココとは、雑誌POPTEENの人気専属モデルの椎名ひかりさんと松本愛さんがプロデュースしたバストアップサプリです。ハニーココには、松本愛さん​が監修しているバストアップしながら、他の部分はダイエットできるハニーココDと、椎名ひかりさん​が監修しているバストアップしながら美肌効果があるハニーココWの2つの種類があります。人気モデル2人がプロデュースしたバストアップ+ダイエット、バストアップ+美容サプリということもあって、口コミでも人気があるサプリです。でも、意外に副作用の報告が多いと言われています。ここでは副作用の口コミなどを見ながら、実際にハニーココには副作用が多いのか、副作用が起きないように服用する為の注意などについて徹底検証してみましょう。

副作用の口コミは少なめ​​

​ハニーココの口コミをいろいろなサイト、ツイッターなどで探しましたが、実際に副作用があったという口コミは少なかったです。どちらかというと、ハニーココの副作用の噂があるので、止めたとか、買ったけど使ってないという人が多いのが印象的でした。誰でも副作用があるという口コミを聞いたら、使いたくないと思うのは当然です。でも口コミを見る限り噂ばかりが先行してしまっているような気もします。実際にひどい副作用があるならば、口コミに上がっていてもおかしくないですよね?でも、実際にこんな副作用がありましたという口コミは、あまりないのです。これはどういうことなのでしょうか?

太ったという口コミが意外と多い

  • 胸が大きくなりたくて購入しました。1ヶ月飲み続けたら、確かにCからEカップと、2カップ大きくなりましたが、同時に体重も増えました。痩せる効果もあると書かれていましたが、私にはその効果はなく逆に体重が増えてしまったのが残念でした。

    ダイエットカフェ

副作用の口コミはあまり見かけなかったのですが、意外と多かったのがハニーココを使い始めてから、太ったという口コミです。胸が大きくなると、必然的に多少体重が増えるということもあるかもしれません。胸を作っている成分は乳腺と脂肪です。サプリの影響で胸が大きくなったということは、胸の脂肪を増せたというふうに見てもおかしくないのかもしれません。

みのりん
体重は食べた物や量によって毎日変動しているものですから、ハニーココの副作用かどうかは確実ではないともいえます​

それよりも効果なしの口コミ多数

  • バストアップとダイエットが兼ね備えられている商品という事で購入しました。結果は全くと言っていい程バストアップ、ダイエットのどちらにも効果なし。やはりサプリメントに頼るダイエットというのは現実はそんな甘くないです。

    ダイエットカフェ

 ハニーココの口コミで一番多かったのは、効果なしというものです。体重も太らなかった代わりに、バストアップもしなかったという人や、胸のハリなども全く感じなかったなどです。効果なしという口コミの多くは、体調不良といった副作用もなかったという人が多かったです。副作用がないから良いというわけではありませんが、サプリというのは飲んだから必ず効くというものではありません。体質に合う、合わないというのがありますから、人によっては効果がないということもあるのではないでしょうか?

副作用が出るのは効果が出始めている証拠っていう話は本当?

​ちまたでは「副作用が出てきたということは、サプリなどの効果が出始めているということ」などと話が、まことしやかに流れています。でも、この話は本当なのでしょうか?副作用が出る原因と一緒に、1つ1つ見ていってみましょう。

生理不順などの副作用はホルモンバランスが崩れたケース

まずハニーココは2種類あると言いましたが、基本となる成分は一緒で、大豆イソフラボン​とプエラリアの2つです。まず大豆イソフラボンは知っている人も多いと思いますが、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるということで、注目されている成分です。そしてプエラリアは、まだ知名度が低いかもしれませんが、イソフラボンと同じように、女性ホルモンに似た作用があり、その効果はイソフラボンの40倍と言われています。

ハニーココには、イソフラボンとプエラリアという2種類の女性ホルモンに似た作用が含まれていて、女性ホルモンは胸を大きくしたり、ウェストを細くして女性らしい体型にする作用があります。通常は女性ホルモンや男性ホルモンというのは、脳の視床下部で質や量などが調節されて、その命令を下垂体に出してホルモンを分泌させるのです。しかし、サプリで女性ホルモンを摂取すると、元々体で分泌されているホルモンにプラスされてしまうので、ホルモンバランスが崩れやすくなります。特に女性ホルモンというのは、女性らしい体型にするだけでなく、生理の周期を整えたり、妊娠しやすい体にするといった作用もあります。ですから、ホルモンバランスが崩れてしまうと、吹き出物が多くなったり、​生理不順、不正出血、吐き気、頭痛などを起こしてしまうわけです。確かにホルモンバランスが崩れるとこういった症状が出たからといって、「副作用だ、すぐ止めなくちゃ」と思うのは時期尚早だと思います。ただ、その状態が続くのであれば、効果が効いているということではなく、副作用の方が勝ってしまっているということですから、中止したほうが安心です。なんといってもホルモンバランスが崩れた状態から好転するならばよいのですが、その状態が続いているのであれば、美肌効果どころかバストアップの効果も期待できませんからね。

サプリの成分が体に合っていないケース

サプリメントはの効く効かないというのは、体質などにもよると言われています。例えば人によってはサプリメントを飲んでアレルギーを起こしてしまう人もいます。サプリでアレルギー?と思う人も多いと思いますが、アレルギーを誘発させる原因物質のアレルゲンには、普通の食べ物の他にも添加物や、特定の成分にもアレルギー反応を起こすことがあるのです。サプリを飲んで、副作用かもと思える症状が出てきたということは、それは効果が出ている証拠ではなく、体が何かしらの拒否反応を示していると思ったほうが良いです。サプリを飲んで何かしらの副作用が出た場合は、至急服用を止めて、もしできれば医師に見てもらうことをおすすめします。

過剰に摂取したことで、副作用の症状が出てしまうケース

大抵どのサプリにも、1日の摂取の目安の量が書かれています。​中にはサプリは薬とは違うから過剰に飲んでも大丈夫なんて言っているのを聞くことがありますが、実はこれは間違いです。いくらサプリと言えど、過剰に摂取したら副作用がおきてしまったり、ひどい場合は重篤な健康被害を受けたりすることもあるのです。勿論ハニーココも同じように、サプリメントですから、きちんと定められた量を飲む必要があり、もし過剰に摂取すると副作用を起こすことがあります。いくらバストアップやダイエット、もしくは美容効果を期待しているとは言え、過剰に摂取してしまうと逆効果になり、本末転倒です。

【ハニーココDの成分別】過剰摂取等で起こりうる副作用

ここではバストアップとその他の部分はすっきりさせるというハニーココDには、どんな成分が入っているのかを見てみましょう。そしてそういった成分を過剰摂取してしまった場合に起こるかもしれない副作用​についても説明します。

みのりん
自分で飲むと決めたサプリなら、やっぱりどんな成分が入っているのかも、チェックしなくちゃダメですよ!

プエラリア

プエラリアは、先にも述べたように女性ホルモンに似た作用があります。プエラリアの他にも同じようなバストアップサプリを摂取したりして過剰摂取になるとホルモンバランスが崩れてしまう為、生理不順、肌荒れ、吐き気、頭痛、不正出血などの副作用が起こることがあるようです。この他にも子宮筋腫ができやすくなったり、または悪化させてしまう、乳がんや子宮内膜がんなどを引き起こしやすくなるとも言われています。勿論、こういった副作用というのは、1回飲んだだけで起こるということは稀だと思いますが、長期間過剰摂取を続けていると副作用が出るリスクが高くなりますから、注意しましょう。

コレウスフォルスコリ

​コレウスフォルスコリは、インドやネパールなどに自生する植物の1つで、脂肪を燃焼させる働きや脂肪や糖分の吸収を抑える働きがあるということで、ダイエットサプリなどによく使われる成分です。このコレウスフォルスコリの副作用としては、下痢や吐き気、胃痛、肌荒れなどが言われています。下痢まではいかないけど、お腹がゆるくなるというのはコレウスフォルスコリを飲んだ後とよく起こると言われています。その他気をつけなくてはならないのは、コレウスフォルスコリには元々血圧を下げる作用、緑内障、血栓症、喘息を予防する働きがあることです。もしこういった病気の薬を服用している場合は、ハニーココを飲むことで作用が強まったり、または全く効かないといった作用もあるかもしれませんので、服用する前に医師に相談した方が良いでしょう。

L-カルニチン

​L-カルニチンというのは、元々私達の体内で生成できる栄養素の1つで、脂肪の燃焼を促進する効果があると言われています。このL-カルニチンは水溶性の成分ですので、もし過剰に摂取した場合はビタミンなどと同じように尿として排出される為、過剰摂取になることは少ないと言えます。しかし、サプリなどでもし過剰に摂取してしまった場合は、下痢や腹痛、吐き気、そして腹部痙攣といった副作用を起こす可能性があります。

メリロートエキス

メリロートとは、ヨーロッパやアジアなどに自生するマメ科の植物で、昔から頭痛や消化不良、そしてむくみ改善に使われてきました。​メリロートには、クマリンという血液が固まるのを防ぎ血行を良くする成分や、ケスセチンという糖尿病や高血圧を予防する成分が入っているので、血行が良くなり、むくみを解消するということで、ダイエットサプリに使われることが多いのです。このメリロートを過剰摂取してしまった場合、肝機能障害が起きることもあります。その場合黄疸などがおきたり、頭痛や倦怠感などを感じることもあると言います。またメリロートにはむくみ改善の為に、利尿作用などがありますが、過剰摂取が続くと血中のカリウムやナトリウムなどのバランス異常を起こしてしまうことがあります。

ギムネマ

​ギムネマとは、インド、インドネシア、中国南西部などに自生するハーブの一種で、糖分の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑えたり、脂肪が蓄積するのを防ぐ働きがあるので、昔から肥満予防にハーブティとして使われていました。ハーブですから極端に多く摂取したりしなければ基本的には過剰摂取になることは少ないようですが、糖分の吸収を抑える効果がある為、血糖値を下げる薬を使っている人が一緒に使ったりすると低血糖症になったり、動悸や震えなどといった症状がでることがあるようです。ギムネマには、甘みを感じさせなく作用があることでも知られています。

みのりん
ギムネマを摂った後に、ケーキやチョコなど甘いものを食べても甘く感じない=美味しく感じないって、ダイエットでは最強ではないでしょうか?

キャンドルブッシュ 

キャンドルブッシュというのは、​ゴールデンキャンドルやハネセンナとも呼ばれますが、実は下剤の成分のセンノシドという成分が含まれています。下剤と同じ成分なので、飲むと腹痛になったり、下痢になったりするのは想像するのは難しくはないのではないでしょうか?便秘気味の人には、とても良いように思えますが、長期間摂取し続けると、体がその刺激に慣れてしまって、今度は下剤を飲んでも効果がないというようなことがおきます。つまり、キャンドルブッシュの副作用というと、便秘が悪化があげられるわけです。

ガルシニア

​ガルシニアと言うのは、東南アジアに自生するオトギソウ科の一種で、柑橘系のフルーツに似た酸味や香りがあるので、カレーや肉や魚の味付けのスパイスとして、または保存するのによく使われています。ガルシニアは、食べると脂肪の合成を抑えたり、グリコーゲンの合成を促すので、空腹感を抑える効果もあると言われています。ガルシニアは天然成分の為、普通に摂取している分には副作用の心配はあまりないと言えるのですが、サプリなどで過剰摂取してしまうと、頭痛、下痢、腹痛、吐き気など消化器官系の症状が現れる可能性があります。

【ハニーココWの成分別】過剰摂取で起こりうる副作用

​ハニーココWは、バストアップ効果の他に、しっとりとした潤った肌にする美容成分が入っています。ここではハニーココWに含まれる成分をみながら、過剰摂取した場合おこるかもしれない副作用も見ていきましょう。どんな副作用があるのかを知っていれば、対処の仕方もありますし、反対に副作用が起きないようにすることも可能ですよね。

みのりん
バストアップサプリを飲むと、ホルモンバランスが崩れて肌荒れを起こすことがあります。そんな肌荒れも治して、つるつるでプリプリの肌にしてくれる美容成分には何が入っているのか、気になりますよね!

 プエラリア

プエラリアはハニーココDと同じ共通成分ですので、ハニーココWにも含まれています。プエラリアの効果というと、バストアップ効果ばかりがとりた出されていますが、その他にも美白や保湿効果、そして薄毛予防にも効果があるとされています。プエラリアは過剰摂取すると、ホルモンバランスが崩れて、生理不順、肌荒れ、吐き気、頭痛、不正出血などの副作用が起こることがあるとすでに述べました。その他には、太りやすくなったり、頭皮が荒れたりという副作用もあるといわれています。

プラセンタ

​プラセンタとは、動物の胎児の栄養の源とも言える胎盤から必要な栄養の成分だけを抽出したもので、タンパク質、ビタミン、酵素、アミノ酸、ミネラルなどの他に、核酸というアンチエイジングの元とも言える成分が入っています。この核酸というのは、新しい細胞が作られる時に必要な栄養素の1つで、遺伝子の修復や、新しい細胞が再生する時に必要なタンパク質などを合成する役割があります。この核酸には強力な抗酸化作用があり、美肌や美髪の他に、免疫力や新陳代謝をアップさせる効果があります。

プラセンタは、ビタミンだけ、たんぱく質だけといった単体のサプリとは異なっているので、プラセンタだけを飲むことでこれらの成分が過剰摂取になることは、ほとんどないようです。しかし、プラセンタと言うのは胎児が栄養を摂るほど、豊富に栄養素が含まれていますし、細胞を活性化させる新陳代謝をアップさせる効果などもある為、プラセンタを過剰に摂取すると食欲がましてしまうこともあるようです。そして、これは過剰摂取で起こるわけではありませんが、プラセンタを飲んだことで異常たんぱくアレルギーを起こすことがあるという報告もあります。この異常たんぱくアレルギーと言うのは、プラセンタに含まれるたんぱく質に反応して起きるアレルギー症状の1つです。この異常たんぱくアレルギーが起きるのは、かなり稀だといいますが、もし肌のかゆみや発疹、赤みなどがおきた場合はすぐに使用を中止しましょう。

コラーゲンペプチド

コラーゲンペプチドと言うのは、コラーゲンを細かく酵素分解した物で分子量が小さい為、水にもよく溶けますし、普通のコラーゲンに比べて吸収率が良いのです。コラーゲンは、コラーゲン分子3本がゆるいらせん構造のこよりのようになっていて、皮膚や軟骨などに使われる成分で、コラーゲンが減ってしまうと皮膚の弾力やハリもなくなってしまいます。コラーゲンを過剰に摂取した場合、ニキビや吹き出物ができやすくなったり、アレルギー反応がでることがあるようです。コラーゲンの原料は、牛や豚などの動物性、魚などの海洋性、人参や大豆などの植物性の3種類がありますが、使っている原料にアレルギーを持っていると、コラーゲンを飲んだ時にアレルギー反応を起こすことがあるようです。

ローズヒップ

​ローズヒップは南米やヨーロッパが原産のバラ科の植物で、ビタミンC豊富に含まれています。普通ビタミンCは熱に弱いのですが、熱にも強いので、ローズヒップにお湯を注いだ、ローズヒップティなども有名です。ローズヒップの効果とはホルモンバランスの調整したり、コラーゲンの吸収を助ける、新陳代謝アップ、美白効果などがある為、化粧品やサプリにもよく使われています。ローズヒップを過剰摂取した場合、主成分であるビタミンは水溶性の為、過剰な分は尿として排出されるので、副作用が出ることは稀ですが、吐き気や、頭痛、下痢、腹痛、倦怠感といった症状が現れることもあるようです。またアレルギー体質の人が飲んだ場合、アレルギー症状がでて、アナフィラキシー・ショックの原因にもなることがあります。

みのりん
ローズヒップは、別名ビタミンCの爆弾と呼ばれているほど、ビタミンCが多いことでも知られているのよ!

こんな人はハニーココを摂取してはダメ

ハニーココを監修した人気モデルの2人を見ると、私もこんなふうにバストアップしたから早く飲もうと思う人も多いと思います。でも、ハニーココを実は摂取してはいけない人もいるのです。ここではハニーココを摂取してはいけない人について説明しましょう。

妊娠中、授乳中の人

​妊娠中や授乳中の人は、ハニーココの摂取はNGです。なぜなら、妊娠中は妊娠を継続する為に、そして授乳中は母乳を作る為に特別にホルモンが分泌されているので、通常のホルモンバランスではない状態だからです。ハニーココには、プエラリアという女性ホルモンに似ている成分が入っているので、妊娠中や授乳中の人が飲むとさらにホルモンバランスが崩れやすくなってしまい、肌荒れやニキビ、吹き出物が出やすくなりなるようです。また授乳中の人の場合は、母乳を通してお母さんが食べたものなどの成分が子供に移行しますが、母乳を飲んでいるぐらいの乳児が、女性ホルモンを摂取して体に良いわけがありませんね。

治療中の人

ハニーココは、不妊治療やホルモン​治療をしている人もNGです。まず不妊治療をしている人は、生理周期を安定させたり、卵巣機能改善などの理由でピルを処方されていることがあります。ピルと言うのは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つを主成分としたホルモン剤のことで、これを飲むことで脳は妊娠中であると錯覚します。妊娠中であると脳が錯覚しているので、コンドームなど避妊しなくても、妊娠することがないわけですが、この状態の時にハニーココを飲んでしまうと、ホルモン過剰になってしまうのです。この他にも、ニキビ改善やガンなどの治療の1つとしてホルモン治療をしている人も、不妊治療と同じようにホルモンが過剰になってしまう可能性が高いので、使わない方が良いのです。

アレルギー体質の人

もしハニーココの原材料などにアレルギーがある人は、摂取するとアレルギー反応がおこることがあるので摂取しないほうが良いです。そして、アレルギー体質の人も、摂取しないほうが良いと言われています。そもそもアレルギー体質というのは、免疫のバランスがくすれている状態を指しています。通常はウィルスや細菌、そしてアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)が、体に侵入しようとすると、それらを排除するために免疫のシステムが反応します。しかしアレルギー体質というのは、それぞれの免疫システムのバランスが崩れた状態なので、通常ならば特に問題がないはずの花粉やダニなどに過剰に反応してしまうのです。アレルギー体質でない人は飲んでも大丈夫でも、アレルギー体質の人の場合は、​かゆみや赤みなどの反応が起こることもありますし、アナフィラキシー・ショックのような強いアレルギー反応が起こることもあります。


ハニーココで副作用が出てしまったらどうする?

副作用は起きないほうが良いに決まっていますが、​もし副作用が出てしまったら、どうしますか?ここでは実際に副作用が起きたらた場合の対応について説明しましょう。

使用を中止しましょう

​ハニーココを飲んで副作用が出たという場合、実際にハニーココが原因とわかっているならば、とりあえず使用を中止したほうが無難と言えます。ただ、ハニーココが原因かどうかわからないという場合は、数日様子をみても良いと思います。例えば、生理日が近かったりなど副作用に見えて、実はPMS(月経前症候群)であったり、風邪の初期症状であったということも少なくないからです。ただアレルギー反応の痒みや赤みがある場合は、アナフィラキシー・ショックなどを起こしてしまう可能性があるので、使用をすぐに中止しましょう。

医師を受診

​ハニーココの使用を中止しても、体調が回復しない、またはアレルギー反応が引かないということがある場合は、速やかに医師の判断を仰ぎましょう。もしかしたら、何もない可能性もあります。しかし、サプリメントの副作用で重篤な症状が出てしまうこともあるのです。そして意外にもサプリが引き金となって、隠れた病気を発見することも少なくありません。例えば何かに対してアレルギーがあったり、もしかしたら他の持病が隠れていたということもありえます。ですから、心配な時はとりあえず病院などで診察を受けるようにしましょう。

返金の条件をクリアすれば、返金してもらうことも可能

​ハニーココは、副作用が出たりなど、合わないなどという理由で中止したいという場合、条件をクリアすれば返金してもらうことができます。

ハニーココの返金申請の条件とは

  • ハニーココを毎日飲み続けている
  • 購入から7日以内に飲み始めること
  • 定められた期間中に申請の連絡をしたこと
  • 注文した日から105〜110日の間に必着していること
  • 初回配送商品(2週間分)のアルミパウチ・納品書、2回目以降は配送本商品の化粧箱・アルミパウチ・納品書や明細書部分をご郵送すること
  • 返金申請は1回限り可能
  • 5回目以降は返金不可

返金の金額に関しては、返金手数料や事務手数料の1,040円を差し引いた金額になります。 また、すでに1度購入した人など、リピーターの場合はこの返金保証の対象外になるようです。このように、返金に関してはいろいろな条件がありますので、まずは自分が返金される条件に当てはまるのかどうかをサイトなどで確認したり、わかりにくい所は電話などで確認してみると良いと思います。

みのりん
使用後何かの副作用が出た場合、せっかく全額返金保証制度があるわけですから、少し手間がかかりますが申し込みましょう。

参照:ハニーココ全額返金保証制度

ハニーココで副作用を引き起こさない!飲む前に知っておきたい注意点

​ハニーココだけではなく、サプリの副作用を引き起こさないようにするには、注意しなくてはいけないポイントがいくつかあります。ここでは、その注意ポイント2つについて説明しています。

摂取量を守る

​サプリメントなどを飲む時に大切なことは、摂取量を守ることです。たいていのサプリメントには、1日の摂取量が明記されています。その摂取量を守って飲むということが、第一条件です。サプリメントは摂取量が増えれば、それだけ効果があるというものではありません。サプリは、効果がでるまでに数カ月かかることもあるので、つい多く摂取したらもっと効くかもと思いがちですが、過剰摂取すると副作用が起きやすくなりますので、適量を継続して飲むことが大切です。ハニーココは、ヨーグルト味で美味しいのでラムネ感覚でつい食べてしうこともありますが、効果を期待するならば、摂取量を増やしたせずに、摂取量を守って飲むようにしましょう。

排卵から生理中は摂取を控える

​排卵から生理中は、女性ホルモンが活発になっている時期です。女性ホルモンが活発になっている時期は、体もいろいろなことに敏感になっていますので、その時期にハニーココのようなバストアップサプリを摂取してしまうと、ホルモンのバランスが崩れたり、女性ホルモンの異常分泌などのリスクが高まってしまいます。ですから、排卵から生理中は摂取を控えることです。サプリは基本的に継続して飲む必要がありますが、体の調子を見ながら服用することで、副作用が起こるリスクを減らすことができます。反対にバストアップ作用が特に効果的な時期は、生理後から排卵期までの間ですから、この期間は積極的に摂取しましょう。

ハニーココで副作用が出てしまったら、使用を中止しよう

ハニーココには副作用があるという噂が出回ったことで実際に使ってない人も「ハニーココは副作用があるから使わない」と言い切る口コミがたくさんありました。しかし、悪いことを言われている人や物に対して、怖いもの見たさもあって興味を持ってしまうことってないですか?例えばブログが炎上した芸能人など、口コミでさんざん叩かれても、熾烈な芸能界を生き残っている人っていますよね。同じように反対にそういう口コミがあるからこそ「本当に効果がないのかな?」「副作用なんてあるの?」という、興味が惹かれたという口コミもありましたので、気になる人は試してみても良いのではないかと思います。何より返金制度があるので、仮に体質などサプリが自分に合わなかったとしても、返金してもらうことができます。

ハニーココについて説明しましたが、私みのりんのおすすめはというと「ベルタプエラリア」です。ベルタプエラリアは、タイ国厚生省食品薬品局認定AAAランクの純正100%という最高品質のプエラリアを使用し、高度な製造環境と安全管理が徹底された工場にて作られていますので、しっかりとした品質で副作用も少ないと評判です。またサポートチームがあるので、何か不安や疑問がある場合は問い合わせたり、エクササイズも一緒にした方が良いかなどバストアップに必要なサポートをしてくれるというのも心強いです。興味がある方はぜひ見てみて下さい。

ベルタプエラリアはこちらから

under main layout