すぐ試せる!バストアップに超効果的な21のツボ!押し方やコツを専門的に紹介

すぐ試せる!バストアップに超効果的な21のツボ!押し方やコツを専門的に紹介

PwXCPyAbKgs5tOda.jpg

目次

  • バストアップにツボ押しが有効!?その理由とは
  • バストのメカニズムを知るとツボに効果がある理由がわかる!
  • バストアップに有効なツボ21選!押し方や効果も徹底紹介
  • バストアップに効果的なツボ押し動画をセレクト!
  • ツボ刺激をさらに効果的にできるポイント!
  • こんなときはNG!ツボ押しの注意点
  • 鍼灸で刺激するという手も!
  • さまざまなバストアップ方法とツボ押しを上手に利用しながら理想的なバストを目指そう♪

バストアップにツボ押しが有効!?その理由とは

どんなサプリを試しても大きくならなかったという方に朗報です!

こちらのページを開いてくれているアナタは、きっと昔の私のように胸のサイズが気になっているのでは?そして、その中には、これまで食事やサプリなどいろいろな方法を試してきている方もきっと多くいるはず!だけど、「それらではいまいち効果を得られなかった……」というのであれば、バストアップに効果のあるツボ押しで大きく育ちやすいバストの下地づくりから始めてみて!!と私、チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと宗(むね)みのりは声を大にして言いたいのです!!

胸が大きくなる下地づくりに着目したことはありますか?

私たちのバストというのは、脂肪と乳腺からできています。このバストのメカニズムについてはこの後でさらに詳しく解説していきたいと思いますが、この乳腺と呼ばれるものの発達には個人差があるもの。で、これが思春期の頃に自然と発達した女性たちは何もしなくともそれなりに大きなバストに成長するのだとか。だがしかし!私含めて悲しくも自然と発達することがなかった(涙)バストは、大きくなるための努力が必要となるんです!

「努力なんてしなくてもばいんばいんな巨乳の人もいるのに、世の中不公平だ……」と嘆きたくなる気持ちは私もよーーーく分かります。でも、こればかりは仕方ありません。背が小さい人もいれば大きい人もいるようにこればかりは個人差があるものなんです。でも、チコリを開いて、バストアップしたい!と。自分をより魅力的に磨きたい!と、考えているアナタなら、人を羨むよりもバストアップのためにたくさん努力ができる女性だと私は信じています。

なので、私はそんな女性の努力を正しく導きたいと考えています。どんな物事でもそうですが、どんなに頑張ったところで、その努力の仕方が間違っていては、結果が実りにくいものですからね。そして、実際にこれまでいまいち努力が実った気がしないというアナタには今回ご紹介していくツボ押しがおすすめですよ♪

下地を作ってくれるもの!それがツボ押し♪

食べ物に気を遣ってみる。バストアップサプリを飲んでみる。育乳ブラを使ってみるなどこれらの努力を続けていれば確実にバストアップ効果があるということは元Bカップ・今Eカップの私は身を持って体感しています♪ ただ、かく言う私も過去に30万円もバストアップサプリにつぎ込み、いまいち効果を得られなかったなんて時期もありました……。

しかし、そこで私は泣き寝入りをせずに、とことんバストアップの情報を調べては試し調べては試し……遂には3カップアップを果たしたというわけなんです。そんな中で実感したのは、サプリ摂取はたしかにとっても効果のあるバストアップ法だけれど、それだけに頼っているよりも、ほかのバストアップ方法を併用し、胸が大きくなるための下地を作ることで、より早く、確実にバストアップするということ。そして、その併用した方法の中でもツボ押しはかなり効果を得られたと感じているんです。

とは言え、バストアップマッサージなんていうのはよく聞きますが、バストアップツボ押しなんて言葉の響きは聞き慣れない方も多いのでは?でも、先ほどお話した「バストアップ=乳腺を発達させるべし!」という法則において、ツボ押しはとんでもなく高い効果をもたらしてくれるんですよ♪

ちなみにさわり程度にツボ押しの効果を説明しますと、

ツボ押しをすると……

→乳腺を発達させる成長ホルモンの分泌を促進!

→分泌を阻害するストレスの解消やリンパ流れの改善!

→更には、女性ホルモンの分泌まで促進してくれるから女性らしい丸みを帯びた体型を作ってくれる!

といったように、バストアップを目指すためには必須となる効果がツボ押しには目白押しなんです!

だからこそ、バストアップサプリなどを始める前にまずはツボ押し。もしくは、ツボ押しとそのほかのバストアップ方法を併用して始めることを私はアナタにおすすめします!

さあ、それでは「バストアップサプリだけじゃ満足できない!」「美のために努力するのが大好き!」という女性のみなさんは、バストのメカニズムに基づくさまざまなツボ押しについて、私と一緒に学んでいきましょう♪

バストのメカニズムを知るとツボに効果がある理由がわかる!

胸のふくらみは脂肪と乳腺からできている

それではさっそくバストアップとツボについて詳しく解説していきたいと思いますが、その前に知っておきたいのがバストのメカニズム。まず、胸のふくらみというのは誰もが知っているように皮下脂肪、言ってしまえば「ぜい肉」でできています。

でも、皮下脂肪だけでできていれば、太っている人はみんな巨乳になるはず。が、意外と太っているのにそれほどバストは大きくないという女性もいますよね?この同じように太っている人でも巨乳の人もいればそうでない人もいる。この違いは乳腺の発達具合の違いから来ているって知ってましたか?

太っている女性のバストが「やわやわ」であることが多い理由とは?

バストのサイズに関しては皮下脂肪よりも乳腺の発達具合が深く関係していると言われています。しかし、それでも皮下脂肪の多い太っている女性にバストの大きい人が多いのは、乳腺組織の間にたーっぷりと脂肪がついているため!

でも、脂肪がついているだけで乳腺が発達していないバストというのは、正直なところぶるんぶるんとする二の腕や下っ腹(ガクガクブルブル)と変わりません。そう、皮下脂肪ばかりのふくらみはただ柔らかいばかりで張りがないのです!つまり、垂れるのも早いバストであるというワケ……。

痩せている人でも大きなバスト。どうして?

では、逆に痩せているのに巨乳!なんていう羨ましすぎるボディを持っている女性もいますが、彼女たちの胸のふくらみはどのようにしてできているのでしょう?これは、皮下脂肪以上に乳腺がしっかりと発達してできているパーフェクトなバスト!

バストはその仕組みとして、乳腺が発達するとそれを守らなくては!と、その周りには脂肪が自然と増えます。すると、自然と柔らかくも張りのあるバストができあがり、皮下脂肪ばかりの大きなバストよりも垂れにくい。つまるところ、私たちの理想とするバストになるんですね♪

と、こうして太っている巨乳な女性と痩せている巨乳な女性のバストの仕組みを考えると、どう考えたって後者のバストになりたいものですよね。であれば、太らずして乳腺を発達させ、立派なバストを手に入れようではありませんか!

バストの大きさを左右する「乳腺」を増やすためにはどうしたらよい?

まず、乳腺を発達させるためには、以下の事柄が重要だと言われています。

  • 成長ホルモンの分泌を促進し、ラクトゲン受容体と反応させる。

  • 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進する。

  • 血流やリンパの巡りを改善することで、血行と代謝をアップさせる。

  • ストレスを解消する。

そして、これらを効果的に行うためにツボ押しをおすすめしているわけですが……はい、ここからはちょっと専門的で難しい話になるので、「しっかりとツボ押しとバストアップの仕組みと流れについて理解したいです先生!」という方以外は「へー」ぐらいで読み流してくださいね。

ではでは、まず成長ホルモンの分泌について。これは、脳下垂体の働きを良くするツボを押すことで効果的に分泌を促すことができると言われています。そして、この成長ホルモンが私たちのバストの中にある「ラクトゲン受容体」に作用。ラクトゲン受容体が乳腺の発達を促してくれるという仕組みとなっています。

次に、女性ホルモンの分泌が促進されることは直接的に乳腺の発達に繋がるというのは、バストアップ情報を読み込んでいるチコリ読者なら周知の事実なはず!なので、女性ホルモンの分泌を促進するツボを押すことはバストアップにおいて欠かせません。

ただ、女性ホルモンがいくら分泌されてもそれがきちんと全身を巡りバストまで行き渡らないことには、ツボ押しの効果が最大限引き出されているとは言いづらいところ……。そこで、ストレス・血流、リンパの巡りの滞りといった女性ホルモンの運搬を妨げる三大原因をツボ押しによって解消するというのも、効率的なバストアップを目指すためには大切だということです。

さて、小難しい話で頭が痛くなったりしてはいませんか?いないですね?それでは、ツボ押しとバストアップの密接な関係も知ったところで、いよいよバストアップに有効なツボを見ていきましょう!

バストアップに有効なツボ21選!押し方や効果も徹底紹介

1. 関衝(かんしょう)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:手の薬指。小指寄りの爪の生え際。

押し方:反対側の親指と人差し指で行う。ふたつの指でツボごと指先をつまみ、人差し指でツボを捉え、5秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、今度は7秒間そのままの圧をかけ続け、5秒間かけてゆっくりと圧を緩めていく。

補足:手なのでいつでもどこでも押しやすいツボです。ふと空いた時間やテレビを見ながらなど気づいたときにすることがおすすめ。

2. 壇中(だんちゅう)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:両腕を挙げた状態で左右の乳頭を線で結ぶことをイメージして、そのちょうど真ん中。

押し方:両手の人差し指・中指・薬指で行う。片手の3本の指を揃えた状態でツボに当て、その上からもう片手の3本の指も当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に10回から15回を目安に行う。

補足:壇中は押したときに「痛い」と感じるツボなので、それを手がかりにツボを探すのもひとつの方法です。ただ、圧をかけるときは痛みを感じない程度にゆっくりと行うようにしてください。

3. 天溪(てんけい)

期待できる効果:乳腺そのものを刺激して、乳腺を発達。

ツボの位置:乳頭から胸の外側へと線を伸ばしていき、ちょうどバージスライン(バストの底辺ライン)の上。

押し方:両手で同時に行う。柔らかく拳を握った状態で親指だけを立て、指の腹をツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

補足:天溪もまた押したときに軽くですが「痛い」と感じるツボです。圧をかけるときは体の内側に向かって、真っ直ぐに押していくことをイメージしてみてください。

4. 渕腋(えんえき)

期待できる効果:血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:天溪から真っ直ぐ上に線を伸ばした、脇のすぐ下。

押し方:両手で同時に行う。柔らかく拳を握った状態で親指だけを立て、指の腹をツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

補足:渕腋もまた軽く「痛い」と感じるツボです。圧をかけるときのポイントは天溪と同様体の内側に向かって、真っ直ぐに押していくことをイメージしてみてください。

5. 乳根(にゅうこん)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。リンパの流れが良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:乳頭から指2本分下。

押し方:両手で同時に行う。柔らかく拳を握った状態で人差し指だけを立て、指の腹をツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

補足:痛いけれど気持ち良いと感じるぐらいの強さで行ってください。

6. 神封(しんぷう、またはしんぽう)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:左右の乳頭を線で結ぶことをイメージして、そのちょうど真ん中から指3本分外側。

押し方:左右片方ずつ行う。柔らかく拳を握った状態で親指だけを立て、指の腹をツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に3回を目安に両胸に行う。

補足:真ん中から外側へと指を滑らせていくと、骨と骨のあいだのくぼみがあるので、そこが神封の目印になります。

7. 中府(ちゅうふ)

期待できる効果:リンパの流れが良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:鎖骨の下のくぼみから指1本分下。

押し方:左右片方ずつ行う。親指意外の4本の指を揃えて、ツボに当てる。ツボのあたりを8の字を描くようにして10秒ほど撫でさする。一日に1回ずつ左右に行う。

補足:潤滑剤となるボディクリームなどを用いるとより効果的なほか、肌へのダメージが緩和されます。

8. 身柱(しんちゅう)

期待できる効果:猫背を改善することから、新陳代謝が良くなりバストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:首の付根の骨の出っ張りから数えて、3つ目の突起の下。

押し方:片手で行う。人差し指と中指を揃えて、ツボに当てる。一日に1回30秒ほど撫でさする。

補足:背中のツボのため自分で行うことができない場合には、誰かにお願いするか、背中用ツボ押しグッズを使用することをおすすめします。ただし、グッズを使う場合には撫でさするのではなくツボを押すことになりますが、そのときにも圧は弱めにするよう気をつけてください。

9. 屋翳(おくえい)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:乳頭から上へ真っ直ぐ線を伸ばしていき、バストの上。

押し方:両手で同時に行う。柔らかく拳を握った状態で人差し指だけを立て、指の腹をツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に3~5回を目安に行う。

10. 天枢(てんすう)

期待できる効果:腸の働きを整え、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:おへそから外側、指3本分。

押し方:両手の人差し指・中指・薬指で行う。指を揃えてツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

11. 関元(かんげん)、または丹田(たんでん)

期待できる効果:生殖器に働き、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:おへそから下へ、指3本分。

押し方:両手の人差し指と中指で行う。片手の2本の指を揃えた状態でツボに当て、その上からもう片手の3本の指も当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に1~2分間を目安にくり返し続ける。

補足:圧は本当に弱く、軽く肌がへこむ程度で行いましょう。

12. 巨闕(こけつ)

期待できる効果:血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。ストレスの緩和。

ツボの位置:おへそから上へずっと線を伸ばし、みぞおちから指2本分下。

押し方:仰向けに寝た状態で両手の指すべてか、親指以外の4本で行う。指を揃えてツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に3回を目安に行う。

補足:少ない指で押すと結構「痛い」と感じるツボです。探すときには1本の指で探すのもOKですが、実際にツボを押すときには多くの指で痛いと感じるほど押さないようにしてください。

13. 輙筋(ちょうきん)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。リンパの流れが良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:脇の下、指1~2本分。

押し方:左右片方ずつ人差し指・中指・薬指で行う。指を揃えてツボに当てる。深く息を吐きつつ、ごくごく弱い力で圧を加えつつ、助骨の間に沿うようにして、徐々に乳頭のほうへとさすりながら移動させていく。これを一日に3回を目安に行う。

補足:この動きがスムーズにできるようになってきたら、脇の下からではなく肩甲骨からスタートするようにするとよりリンパの流れを良くすることができます。

14. 膈兪(かくゆ)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。ストレスの緩和。

ツボの位置:肩甲骨の内側。背骨の内、第七椎きょく突起の下から指1本分外側。

押し方:左右片方ずつツボにボールを当てた状態で仰向けに寝る。30秒間仰向けのままで1回ずつ行う。

補足:第七椎きょくとは、頚椎(けいつい)の最下部にあたります。見つけ方としては、首を下に向けたときに首の下あたりに骨が2つほど浮かび上がるので、その上側の突起を探してみてください。これが第七椎きょくです。

15. 肺兪(はいゆ)

期待できる効果:血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:肩甲骨の内側。第七椎きょく突起と第1胸椎きょく突起間の間にある大椎から背骨のくぼみ3つ分下から2~3cmほど外側。

押し方:左右片方ずつ人差し指と中指で行う。指を揃えてツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

補足:圧は痛いけれど気持ち良いぐらいで与えてください。背中のツボのため自分で行うことができない場合には、誰かにお願いするか、背中用ツボ押しグッズを使用することをおすすめします。

16. 厥陰兪(けついんゆ、またはけっちんゆ)

期待できる効果:血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:肩甲骨の内側。首の付根の骨の出っ張りから数えて、4つ目の突起の下から指2本分外側。

押し方:ストレッチを行う。両手を後ろ手に回した状態で手を組む。組んだ手をなるべく自分の体から離した状態で左右の肩甲骨同士をくっつけようと意識する。これを一日1回30秒行う。

補足:人に押してもらうほか、背中用ツボ押しグッズを使う際には痛いけれど気持ち良いぐらいの強めの圧が効果的です。

17. 心兪(しんゆ)

期待できる効果:血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:肩甲骨の内側。首の付根の骨の出っ張りから数えて、5つ目の突起の下から指2本分外側。

押し方:両手で同時に行う。親指をツボに当てる。深く息を吐きつつ、親指を中心に手の平全体で5秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら5秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

補足:人に押してもらうほか、背中用ツボ押しグッズを使う際には痛いけれど気持ち良いぐらいの強めの圧が効果的です。

18. 中脘(ちゅうかん)

期待できる効果:血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:おへそから上へ指4本分。

押し方:両手の人差し指と中指で行う。仰向けになり、片手の2本の指を揃えた状態でツボに当て、その上からもう片手の3本の指も当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に1~2分間を目安にくり返し続ける。

補足:押す際にはごくごく弱い圧で、軽く上下に揺するようにしながらツボを押すとより効果的です。

19. 膺窓(ようそう)

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。血行が良くなり、バストへも栄養が行き渡りやすくなる。

ツボの位置:乳頭から上に真っ直ぐ線を伸ばし、第三肋間の上。

押し方:両手の人差し指と中指で同時に行う。2本の指を揃えた状態でツボに当てる。深く息を吐きつつ、3秒間かけてゆっくりと圧をかけ押していく。その後、息を吸いながら3秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5回を目安に行う。

補足:第三肋間の上とは、第三・四助骨の間になり、大体乳頭と鎖骨の中間にあたります。

20. 足裏・脳下垂体のツボ

期待できる効果:成長ホルモン・女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:足の親指裏。丁度真ん中。

押し方:親指を使い、片足ずつ行う。親指の腹をツボに当てる。痛いけれど気持ち良いぐらいの強めの圧を深く息を吐きつつ、5秒間与える。その後、息を吸いながら5秒間かけて圧を緩めていく。これを一日に5~10回を目安に左右の足に行う。
補足:ツボを押す前と押した後には足裏全体を両手でもみほぐすとより効果的です。

21. 耳・内分泌のツボ

期待できる効果:女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進。

ツボの位置:耳の下のほうにある切れ込みの内側。

押し方:綿棒を使い、片耳ずつ軽く刺激する。もしくは、人差し指と親指を使い、同時に行う。耳の切れ込み部分の外側を親指、内側を人差し指でつまむようにする。軽い力で何度も揉みほぐし、耳が温かくなるまで続ける。一日に3回を目安に行う。

バストアップに効果的なツボ押し動画をセレクト!

生殖器に働き、女性ホルモンの分泌を促進する丹田の押し方


こちらは上記11番目のツボでご紹介した「丹田」の押し方について詳しく解説されている動画です。これに関しては、「ここまで紹介されてきたツボを毎日やるなんて、5カ所でも面倒くさい!無理!」なんていう「ものぐさ」さんほど要チェックですよ~。というのも、ここは生殖器に直接働くとされているツボなので、女性ホルモンの分泌を促進するのであれば、ほかのツボは置いておいてもココだけは押すことを習慣づけたいというツボなんです。

脳下垂体に働き、成長ホルモン・女性ホルモンの分泌を促進する足ツボの押し方

こちらは上記20番目のツボでご紹介した足ツボの内、脳下垂体というホルモン分泌の司令塔に働くとされているツボです。こちらもホルモン分泌を促進するためのツボとしてはとても重要なので、丹田ともどもココだけは習慣づけたいツボのひとつとなります!

そのほか胸回りのツボの位置を画像で把握したいときにどうぞ


こちらは上記で紹介してきたツボの内、壇中(だんちゅう)や神封(しんぷう)をはじめとする胸周りのツボ8つの位置を画像で分かりやすく解説してくれています。胸周りのツボは近い位置にあるものも多く分かりづらいので、こちらを参考にしてみてくださいね♪

ツボ刺激をさらに効果的にできるポイント!

入浴中や入浴後、寝る前のリラックスタイムにツボ押しをしよう

「どうせするならなるべく効果を高くして、早く大きなバストを手に入れたい!」というのは美意識の高いアナタなら当然思うことなはず。そんなアナタ知ってもらいたいのは、まずツボ押しをするタイミング。これは、入浴中・入浴後・就寝前をベストタイミングとして意識して♪

どうしてこのタイミングかと言えば、これらのタイミングはどれも副交感神経が優位に働き、リラックスしているタイミングなんです。これもまたちょっと専門的な話なんだけれど、副交感神経が優位に働くと、筋肉が弛緩し、血管が拡張されるなどの変化が体に起こり、ツボ押しの効果はこんなときほど高まるというワケ。

ただ、入浴中のツボ押しにはちょっとした注意も必要なので気をつけて!まず、熱いお湯や長風呂は交感神経を優位にしてしまうので、お風呂の温度は38度~39度に設定すること。それから湯船に浸かる時間は10分を目安にするように意識してみてくださいね。

背中にあるツボはどうやって押す?

背中のツボは誰かに押してもらうのも良いもの。それこそ「バストアップを手伝って♡」なんて彼氏や旦那さまに頼める関係なんて素敵だと思うのですが、なかなかそうはいかないのが現実……。それに、頼めたとしても、「頼むのも面倒だし……」と気づけばやらなくなってしまう可能性が高いものですよね。なので、私としては以下のような背中のツボ押し用グッズをおすすめしちゃいます!

ちなみに似たり寄ったりのものは百均などでも簡単に手に入れることはできるのですが、これが結構壊れやすかったり、使い心地がものによってまちまちだったりするんですよね……。「もう少しお値段を出しても良いかな」と思われる方は以下の商品を参考にしてみてくださいね。実はどちらも愛用品なのですが、バストアップのためだけでなく肩こりにもよく効くので必需品です(笑)

とにかく安価で手に入れたいのなら「アテックス(ATEX)ルルド グリグリ」

Source: atex-net.co.jp rel=”nofollow” id=”aff-p228-b2″


「アテックス(ATEX)ルルド グリグリ」は大体780円~1,000円前後で購入することができる背中用のツボ押しグッズです。スチールでできているのでプラスチック製のものと比べると段違いに丈夫!ちなみに我が家のグリグリくんは購入からすでに5年になりますが、床に落として持ち手部分が若干削れた以外はまったくもって現役のタフマンです!

▼購入可能なサイトはこちら

Amazon

Source: amazon

商品はコチラ


楽天

Source: 楽天市場

商品はコチラ


使い心地が絶妙と評判の「つぼキーク」


Source: hands.net

商品はコチラ


「つぼキーク」は、定価2,160円と「ルルド グリグリ」に比べると少し値段は張りますが、絶妙なしなり具合によりツボを見事に捉えるととても評判の背中用ツボ押しグッズ!約100gということで想像以上に軽いんですよ。そして、それでいてこちらも丈夫で長く使うことができます。また、持ち手が木製というのも癒される心地になりますよ~♡

▼購入可能なサイトはこちら

Amazon

Source: amazon

商品はコチラ


楽天

Source: 楽天市場

商品はコチラ


ジェルをつけて行うほうが、断然効果的!

そのほか、「もっとツボ押しの効果を高めたい!」なんていう欲しがりのアナタ♡ そんなアナタには、バストアップジェルやクリームを塗ったうえでのツボ押しもおすすめですよ♪ また、肌が弱くて少しの刺激で赤くなってしまったり、痕になってしまいやすいという方には、ツボ押しによる肌への刺激をやわらげるためにも使えるのでチェックしてみてくださいね。

バストクリームWEB人気投票1位の実力「sellnote セルノート BV LINE GEL」

「sellnote セルノート BV LINE GEL」は2014年度バストクリームWEB人気投票1位獲得のほか、2015年バストアップクリームランキング1位を獲得している人気商品!ちなみにこちら、2016年の7月~9月末限定ですが、「定期コース初回0円キャンペーン」なんていう驚きのキャンペーンを各月先着300名様限定で行っているようなので、気になる方は要チェックですよー!

ほかのバストアップクリームと比べるとシンプルなデザインなのがかえって大人女子でも使いやすいですし、外出先に持って行って誰かに見られたとしてもバレないので重宝しちゃいます。あと、セルノートは無添加に凝っているので香りがないんですよね~。こういった製品では珍しいぐらいなので、普段からオーガニックコスメを使っているなど肌への安全を一番に考えている方には特におすすめ♡


▼購入可能なサイトはこちら

商品はコチラ

多数雑誌で取り上げられた人気コスメ口コミランキング1位獲得「La Chou Chou(ラ シュ シュ)」


「La Chou Chou(ラ シュ シュ)」は、2013年の発売以来、数あるバストアップクリームの中でも安定した人気で知名度を集めてきた商品。銀座高級バストケアエステ「Vert」の卯月みどり先生が監修プロデュースを務めたということもあり、その効果を実感するクチコミは多数のサイトに寄せられているので気になる方はこちらも各クチコミサイトなどでチェックしてみてくださいね。

ラシュシュに関しては、もうバストアップクリームの中では古株のイメージになってきましたね。可愛いピンクのデザインに香りもローズ系の香りということでセルノートとはまた大分違いますが、使っていてテンションが上がる!というのはこちらかも。


▼購入可能なサイトはこちら

Amazon

Source: amazon

商品はコチラ


楽天


Source: 楽天市場

商品はコチラ


こんなときはNG!ツボ押しの注意点

体調が悪いとき、熱があるときはNG

真面目ながんばり屋さんほど、雨が降ろうが槍が降ろうが、毎日バストアップのためにツボ押しを欠かさずしようとしてしまうもの。その女磨きの姿勢は本当に素晴らしい!のですが、体調が優れないときはツボ押しの効果による血流やリンパの巡りが良くなることで、かえって体調を崩してしまう可能性があるってことだけは忘れないで!風邪をひいていたり疲れがひどいときなど、なんらかの変調があるときには、思い切ってツボ押しはお休みしちゃいましょう♪

食後・飲酒後はNG

「飲みに誘われて帰りが遅くなっちゃった。でも、寝る前にツボ押しだけはやっておかないと!」なんて使命感に燃えてしまう女性もチコリ読者には多そうな印象。でも、これもまたNGですよ!食後や飲酒後は消化にエネルギーが集中するため、消化を行う胃など消化器官に血液も集中すると言われています。だけど、そんなときにツボ押しをしてしまうと、血流が良くなることでせっかく集まっていた血液が分散されてしまうの。

すると、消化速度が遅くなることから、胃をはじめとした消化器官に負担がかかってしまうのです……。それはすなわちお肌やダイエットにもマイナス効果を与えてしまうということ!なので、食後であれば最低でも2時間。飲酒後に関してはアルコール摂取量にもよりますが、きちんとお酒が抜けきらない内のツボ押しはNGと心得てくださいね。

妊娠中はNG

妊娠中は何かと体も気持ちも大変ですし、バストアップのためにツボ押しをしようと思い立つ方も少ないとは思うのですが、美意識の高いチコリ読者ならもしかしたら……ということで書きます。はい、妊娠中もNGです!

ツボ押しによる効果がどのような影響を母体に及ぼすかは体質や効きやすさによるところもあり、確実にそうなるといった検証はされていません。ただ、場合によっては陣痛を誘発してしまったり、吐き気や腹痛を引き起こしてしまう可能性がないとは言い切れないので、妊娠中のツボ押しは少なくとも素人が行うことは避けるようにしましょう。

鍼灸で刺激するという手も!

ツボを効果的に刺激する手段として、有名なのが鍼(はり)やお灸。そして、全国にはバストアップを目的とした鍼灸院も存在しているんですね。鍼灸院での専門的な施術ですと、なぜバストが大きくならないのかという個人個人の原因をハッキリさせ、それに応じた鍼灸治療を施してくれるというメリットがあります!なので、「自力ではツボ押しをしても効果を得られなかった……」という女性たちの心強い味方になってくれているようですよ♪

さまざまなバストアップ方法とツボ押しを上手に利用しながら理想的なバストを目指そう♪

世の中にはたくさんのバストアップ方法がありますが、何かひとつだけを試しているだけではなかなか理想的なバストをゲットすることができないのが現実です……。だから、「あんなに高いサプリを買ったのに変わらなかった!」「毎日ずっと続けているのに効果が出ない!」という嘆きの声もよく聞きます。私もよくそんな愚痴を吐きました(泣)

だけど、そんな経験のある人もツボ押しをまだ試していないのなら、「遺伝だから仕方ない」とか「何をやっても無駄」なんて諦めるのはまだ早い!と、昔はアナタと同じことに悩んでいた私から言わせてください!

まずはツボ押しで大きく成長しやすいバストの基礎を作りましょう。そのうえで、バストアップサプリを飲んでみたり、バストアップクリームを塗ってみたり、育乳ブラを使ってみたり。さらにはバストアップの大敵である睡眠不足やストレスの解消に努めてみて!

まだ成長の可能性を秘めているあなたのバストをツボ押しで目覚めさせましょう♪

under main layout