黒ずんだ乳輪をピンクにするには?誰にも気づかれない方法【4選】こっそり伝授

黒ずんだ乳輪をピンクにするには?誰にも気づかれない方法【4選】こっそり伝授

TKnApXJy.jpg

今日からできる乳輪をピンクにする方法

こんにちは、チコリ編集長のみのりんです♪

さて、今回は乳輪のお悩み解決ということで、みのりんははりきっておりますよ!なんといっても、みのりんも乳輪の色や黒ずみは気になっているのですから。そこで、みのりんと同じように悩んでいる女性たちのために、徹底的に調べてきました。

みのりん
温泉に行って、友達の胸をじろじろ見ることはないけど、実際ちょっと気になるのが形よりも乳輪の色なのよね。
乳輪の色が綺麗なピンク色の人は、もしかしたら努力しているかもしれないわ。どんな方法があるのか、そしてNGなケア方法も調べてきたの。

ピンク色の綺麗な乳輪を保つため、そして今よりも明るい色にするためにどうしたらいいのか、これから詳しくご紹介していきます。 

乳輪が黒ずんだ人とピンクの人の違い

男性が感じる乳輪が黒ずんだ女性の印象

一般的に、日本人の男性は乳輪の色にこだわりがあると言われています。ビデオなどの影響もあるかと思いますが、ピンク色の乳輪の方が好まれているようです。乳輪が黒ずんでいると、その女性に対してどんな印象を持つのでしょうか?

乳輪が黒ずんでいる女性の印象

  • 遊び人だと思う
  • 性的興奮が冷めてしまう
  • 汚い・不潔なのではないか
  • 付き合う気が失せてしまう
  • 年齢よりも老けて見えてしまう

 このように、男性は乳首や乳輪が黒ずんでいるだけでこんな印象を持ってしまうんだとか。別に遊んでいるわけでもないのに、きちんとお風呂に毎日入っているのに汚いとか遊び人なんて思われたら心外ですよね。それに、せっかくいい感じになっていたのに付き合いたくなくなると言われたり、ハリのあるバストでも老けて見られてしまうなんて、ちょっとガッカリです。

男性が感じる乳輪がピンクの女性の印象

では、逆に乳輪がピンク色の女性に対してはどんな印象を受けるのでしょうか?

乳輪がピンクの女性の印象

  • 清潔感があって好感が持てる
  • 性的興奮を覚える
  • バストを含めてキレイだと思う
  • 別れたくないと思う
  • 若々しく見える

このような意見から、乳輪がピンク色なだけでなぜか純情で、清楚な印象を受けるということです。不潔にしているわけでもないのに、乳輪が黒ずんでいるだけで汚いと思われ、ピンクなだけで清潔感があると思われるなんて……すごいことですよね。これは、ぜひともピンク色にこだわりたくなるところです。

みのりん
みのりんは自慢のバストを大きくすることばかりに気を取られていたけど、男性からしたら乳輪の色なんかもかなり重要になってくるのね。アダルトビデオなどに出ている女性の方が、一般女性よりも経験豊富な気がするのに、ピンク色の乳輪の人が多いのはやっぱりケアしているからなのかしら。

 日本人女性の平均的な乳輪の色は?

平均は茶色~こげ茶色

実は、日本人の平均的な乳輪の色は茶色~こげ茶色と言われています。乳輪や乳首の色はメラニンの量で決まるのですが、日本人、つまり黄色人種は相対的に見てピンク色の乳輪や乳首が少ない人種なんですね。

日本人は色の白い人も多いので、白人女性のようにピンク色の乳首をイメージする人も多いかもしれませんが、残念ながら茶色が平均的な色なんです。しかし、色が白いところに乳首や乳輪だけ濃い色だととても目立ってしまいますよね。何とかする方法はないのでしょうか?

乳輪がピンクの女性は少ないから安心…?

今度、温泉に行ったときに失礼だと思いながらも、ちょっと人様の乳輪の色を、気付かれないようにチェックしてみてください。同世代の女性でも乳輪の色がピンク色の人はほとんどいないのではないでしょうか?実際に、調べてみたのですが、若い女性でも茶色の人が多く、ビデオなどに出演しているような美しいピンク色の人はいませんでした。

ということは、「私も乳首が茶色でも安心ね」と思うかもしれませんが、男性の印象は先ほどご紹介したとおりですので、やっぱりピンク色であればあるほど印象はよくなります。外見だけで判断する男性は、最初から対象外!などと言わずに、ぜひ今すぐできる乳輪、乳首をピンクにする方法を試してみませんか?

みのりん
平均的な乳輪の色が茶色と聞いてなんだか安心してしまったという人も多いかもしれませんが、それだけじゃライバルに勝てませんよ!もし、ライバルよりも上を行くなら、細かいところまで気を配れる女性にならなければなりません。乳輪の色も然り!ぜひ、ピンクの乳輪を手に入れましょう♪

 こっそりできる乳輪・乳首をピンクにする方法

ヨーグルトを使ったパック

ヨーグルトを食べるときに、周りに黄色っぽい水分が浮いているのを見たことがありますか?あれは「ホエー」と言われるもので、ヨーグルトの上澄み液「乳清」です。このホエーには、水溶性のたんぱく質や乳糖、いろいろな種類のビタミンやミネラルを含んでいて美白に効果があると言われています。

美容にうるさい女性の間では、ヨーグルトパックをする人も多いようですよ。洗い流したあと、肌がワントーン明るくなっているという話もよく聞きます。さて、そのヨーグルトで乳輪をパックして美しい色をよみがえらせる方法をご紹介します。一つ目は、ホエーを使ったパック、二つ目は、叶姉妹の叶恭子さんがブログで紹介していた方法です。

≪ホエーを使ったパック≫

  1. 大きめのサイズのプレーンヨーグルトを買ってきて、その上澄み液だけをコップなどに移します。
  2. 化粧用のコットンをホエーに浸して乳首にはりつけ、5分から10分ほど置いて洗い流すか、ホットタオルなどで優しくふき取ります。

≪叶恭子さんのバストトップヨーグルトパック≫

  1. プレーンヨーグルトにはちみつを入れます。
  2. そこに、ハトムギパウダーを入れ混ぜ合わせます。
  3. 乳輪に塗って3~5分置きます。
  4. それからもう少し広範囲に塗り広げ、さらに2~3分ほど置き、流します。

ハトムギパウダーが手に入らない場合は、小麦粉でもOKということです。粘度調節をするものなので、入れなくてもいいようですね。ヨーグルトを使ったパックのメリットは、身近な材料でできること、お金があまりかからないこと、食べても安心な材料であることが挙げられます。反対にデメリットは、劇的な効果が見込めないこと、かぶれる人もいるかもしれないこと、ニオイが気になることなどです。しっかりと洗い流さないと発酵臭がしますし、裸でいないといけないので、空調なども気をつけないといけませんよね。

美白クリームでピンク色に近づく

乳首、乳輪の黒ずみに効く美白クリームを二つご紹介します。

HAKUBI

\毎日10秒で美白ケア完了!サッとひと塗りで美しいピンク色へ導く/

HAKUBI

編集部評価★★★★★ 総合点93点
初回価格実質無料(送料630円のみ負担)
2回目以降5,980円(送料無料) ※定期コースお申し込み時
保証・特典90日間全額返金保証・30日分が実質無料・2回目以降ずっと送料無料でお届け・2回目以降ずっと定価から33%OFF
メーカー・会社株式会社FORDELソリューションズ

雑誌などでも取り上げられて、密かに人気になっているバストトップ専用の美白クリーム、HAKUBI。お風呂上りにサッと塗るだけで簡単にケアできちゃうと、黒ずみに悩む女性たちから支持されています。95.2%配合の美容成分でしっかりとケア。下着にはりつかないか心配な人も多いと思いますが、さらっとした着け心地なのでべたつきもなく、不快な思いをせずに美しいピンク色を手に入れることができます。全身の黒ずみが気になる部分にもお使いいただけます。

HAKUBIについて詳しく知るにはコチラ

ピンキッシュボーテ

\リピート率95%!これ一本で三つのケアをしてくれる美白クリーム/

Source: 楽天

ピンキッシュボーテ

編集部評価★★★★★ 総合点95点
初回価格実質無料(送料650円のみ負担)
2回目以降6,480円(送料無料) ※定期コースお申し込み時
保証・特典30日分が実質無料・2回目以降ずっと送料無料でお届け・2回目以降ずっと定価から15%OFF
メーカー・会社ホーイズム株式会社

黒ずみケアだけではなく、炎症ケア、うるおいケアまでしてくれるバストトップ専用の美白クリームです。成分をナノ化して届けることで、しっかり成分が浸透し、ケアできるというわけなんです。うるおいも与えてくれるので、ピンク色になるだけじゃなく、ハリのある美しいバストトップが手に入ります。こちらのクリームも、全身の黒ずみが気になる部分にお使いいただけます。妊婦の方、産後の方(授乳期は除く)でも使用することができる安心成分です。

乳首や乳輪はとてもデリケートな部分なので、美白クリームでケアしたいという場合は、専用のものを使うようにしてくださいね。

ピンキッシュボーテについて詳しく知るにはコチラ

石鹸で優しく黒ずみ解消

黒ずみ解消に効果がある石鹸を使用して、優しくケアするという方法もあります。おすすめの石鹸をご紹介します。

ドルチェローズNAMAジャムウソープ

\黒ずみ、気になるニオイをしっかりケアできるジャムウソープ/

Source: グラマラスボディ

ドルチェローズNAMAジャムウソープ

編集部評価★★★★★ 総合点90点
価格1,728円
成分23種類の天然由来成分・美容オイル・美容成分入り
効果デリケートゾーンの黒ずみ、ニオイ、かゆみの改善
メーカー・会社株式会社シルキースタイル

黒ずみや臭いに効果的だと言われているジャムウソープ。こちらの石鹸はローズの香りで女子力を高めながら、デリケートゾーンの黒ずみケアができるというものです。使っていて、バストトップの黒ずみがちょっと薄くなったような気がするという意見もあるほど、黒ずみに効果的なようです。天然由来成分配合で、さらにサルフェート、シリコン、アルコール、防腐剤、鉱物油、合成着色料は無添加。敏感肌でも安心してお使いいただけます。

ドルチェローズNAMAジャムウソープについて詳しく知るにはコチラ

LCラブコスメ ジャムウ・ハーバルソープ

\人気度が高いジャムウソープ、泡パックでさらに効果アップ!/

Source: LCコスメ

LCラブコスメ ジャムウ・ハーバルソープ

編集部評価★★★★★ 総合点92点
価格1,895円
成分アロエベラ、オタネニンジン、甘草
効果デリケートゾーンの黒ずみ、ニオイのケア
メーカー・会社株式会社ナチュラルプランツ

ジャムウソープの本場インドネシアで作られていて、植物由来の成分配合の石鹸です。黒ずみのケア、ニオイのケアとしてお使いいただけます。優しい成分なので、気になる部分に泡立てた石鹸の泡を乗せて少しおいておく、泡パックを行うとより効果的だと言われています。気になるデリケートゾーンや乳輪にもパックしてから洗い流すといいようです。

ジャムウ・ハーバルソープについて詳しく知るにはコチラ

美容クリニックでの治療で最短ピンク

美容クリニックでの治療によって、ピンク色の乳輪を手にれることもできます。まず、トレチノインとハイドロキノンを使った治療方法です。トレチノインとハイドロキノンはシミの治療にも用いられるもので、強力な美白効果があります。乳首や乳輪にも使用でき、一般的な美白クリーム同様に塗り続けてピンク色へと導いていくものです。効果は、人によってさまざまですが、1ヶ月から3ヶ月ほどで効果が表れてくると言われています。

レーザー治療によってピンク色にする方法もありますが、これは向いている人と向いていない人がいるため、医師と相談する必要があります。この方法が最短でピンク色にする方法のようです。反応が強いため、生活に制限がありますが、クリームよりも効果が早くあらわれるため、「この日までに何とか白くしたい」という予定がある人は、チャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

ケミカルピーリングといって薬剤を添付して不要な角質をはがし、ターンオーバーを促進することで乳首や乳輪の色をピンク色にする方法もありますが、デリケートな部分でもあるので、刺激を感じることもあり、医師と話し合って決めることをおすすめします。

とりあえずメイクでごまかす

とりあえず、今日は温泉だから!とか、彼氏と突然お泊りになっちゃった!というときのために用意しておきたいのが、乳輪・乳首用のメイク用品です。ピンクに見せるアイテムがあるので、それを使って一瞬でピンクにしちゃいましょう。

さくらトップス

\天然色素ベニバナで、ほんのりピンク色に色づく/

Source: さくらトップス

さくらトップス

編集部評価★★★★★ 総合点90点
価格2,800円
成分14種類の植物エキス、天然ベニバナ色素、大豆ステロール、ビタミンC
効果乳首のメイク、保湿、摩擦を防ぐ
メーカー・会社株式会社バリュージャパン 

急な予定で黒ずみ乳首を何とか隠したいときの救世主。天然ベニバナ色素でほんのりと色づくピンク色に変化します。くすみが気になる唇にも塗れる安心処方。実際に、つけてからしばらく時間が経つと変化を感じたという人が多いようです。メリットは、手軽にピンク色の乳輪になれること、保湿をしてくれること、摩擦から守ってくれることです。デメリットとしては、毎日使うことで、美白というのは難しいかもしれないということ、あくまでも応急処置的な使い方しかできないこと、香りがあるのでそれが気になる人は気になるかもしれませんね。

さくらトップスについて詳しく知るにはコチラ

プリンセスドレス ピンク

\美白成分配合で、憧れのピンクの乳輪になっちゃう!/

Source: プリンセスドレス ピンク

プリンセスドレスピンク

編集部評価★★★★★ 総合点95点
価格631円
成分ベニバナ花エキス、美白成分α-アルブチン
効果乳首のメイク、保湿、美白効果
メーカー・会社株式会社リベルタ

ベニバナ花エキス配合で、塗った部分がほんのりピンクに色づくクリームです。美白成分であるα-アルブチンも配合されているので塗るたびに美白効果を実感できるようになります。もちろん、くすみが気になる唇にもお使いいただけます。

メリットは、サッと塗ってピンク色になるところ、美白効果があるところですね。デメリットとしては、衣服に付かないように注意する必要があることと、ニオイがちょっと気になる人がいるかもしれないということですね。

プリンセスドレス ピンクについて詳しく知るにはコチラ

みのりん
乳首をほんのりピンク色にするためにはいろいろな方法があるのね。一番手っ取り早いのは美容皮膚科で治療する方法みたいだけど、乳首を見せるのはちょっと勇気がいりそう。美白クリームで時間をかけてじっくりケアするのが合っているかしら……。

 乳輪や乳首が黒ずむ原因を知っておこう

紫外線によるもの

乳首や乳輪が黒ずむのは紫外線によるもの?だって、乳首なんて露出して歩いていないんだから、そんなことあるわけないじゃん!って思うかもしれませんね。しかし、残念ながら、これは原因としてあるみたいなんです。

こんがりと日焼けしている女性が、乳首や乳輪だけピンク色!というのを見たことがありますか?あまりほかの女性の裸なんてまじまじと見ないと思いますが、大体日焼けしている女性は乳輪もこんがりと日焼けしているものなんです。

例えば、衣服を着ていても白や薄い色のものなら紫外線は通過してしまいます。わずかながら、紫外線の害を受けているといえます。外にいる時間が長いときは、なるべく衣服も下着も黒い色のものなど濃い色を選ぶと紫外線を通しにくいのでおすすめです。最近は、UVカット加工がされているものも多く販売されていますので、そういうものを選ぶとより効果的ですよ。

あとは、目から入る紫外線も危険なんだそうです。目から紫外線が入ると、メラニンを作るように指示されてしまうので、サングラスやUVカット機能のついたコンタクトをつけるなど工夫しましょう。

下着の摩擦によるもの

毎日つける下着、これも黒ずみの原因になってしまいます。下着の摩擦で、乳首や乳輪が擦れて黒ずんでしまうんですね。人の身体は、外部からの刺激を受けるとそれを修復するためにメラニンを発生させるようになっています。つまり、メラニンは防御反応で放出されるので、ある意味これは仕方ないことだといえます。

しかし、乳首専用の美白クリームなどを塗って、しっかり保湿をしながら摩擦から守る方法もあります。これで、摩擦、メラニンのケアができるんですね。乳首にメラニンが蓄積され、黒ずんでしまう前にきちんと対処する必要があります。

肌に直接あたる部分の生地に気を付けるのも大切です。摩擦が少なく、肌あたりがいいのは綿かシルク(絹)です。下着にはこだわって選びたいですね。

加齢によるもの

加齢に伴って、シミが増えてくるというのは皆さんご存知ですよね。なぜかというと、加齢によりターンオーバーが遅れてしまうことにより肌の代謝が遅くなり、結果黒ずんでしまうということなんです。

特に、30代から40代になって急に黒ずみが気になるようになった場合には、このケースが考えられます。これには、ターンオーバーを正常にしてあげる必要があります。先ほどご紹介した美容皮膚科での治療や、美白クリームでのケアが最適です。ターンオーバーを促進して、正常になれば自然とピンク色の乳首や乳輪に近づいてきます。

妊娠・出産によるもの

妊娠中、乳首や乳輪の色が黒くなるということはよくあります。真っ黒になるというよりは、黒ずんでしまうというものですが、それでも気になる人は気になりますね。

妊娠中はホルモンバランスが崩れ、それによりターンオーバーが正常ではなくなってしまいます。メラニン色素が蓄積しやすくなることで、黒ずんでしまうんですね。出産後は、お母さんは授乳をする必要がありますので、赤ちゃんが吸う力に耐えられるように乳首の皮膚が強くなるとも言われています。

さらに、赤ちゃんは視力が弱く、乳首を探せないので、そのために濃い色に変化する……なんていう話もあるくらいです。ある意味、赤ちゃんのためには仕方ないと思ってしまうかもしれませんが、あきらめる必要はありません。

産後に、きちんとホルモンバランスが整うようになれば黒ずみが元に戻った!という人もいるので、そのタイミングできちんとケアをはじめるといいかもしれませんね。しかし、授乳期は赤ちゃんが直接乳首を口に入れてしまうので、ふき取るとしてもクリームでのケアは行わない方がいいでしょう。

生まれつきによるもの

身体の特徴で、遺伝によるものはかなり大きいですよね。乳首の色も、生まれつきによるものが大きいといえます。例えば、黒人女性の乳首の色は濃い色であることが多く、白人女性の乳首の色はピンク色であることが多いです。日本人女性の中でも、両親の遺伝、もしくは祖父母の遺伝によって乳首の色が変わるようです。

しかし、色白女性の場合は、比較的簡単に乳首の色を明るくすることはできるようなので、もし肌が白いのに乳首だけが黒ずんでいてちょっと恥ずかしい……という人は、徹底的なケアをはじめてみましょう。

みのりん
乳首や乳輪が黒ずんでしまう原因はいろいろあるのね。メラニン色素によるものということで、美白ケアをすることが大切みたいだけど、どんな方法でもいいのかしら?やってはいけない方法もまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

 やってはいけないケア方法

市販のピーリング剤を使ったケア

美白ケアがいいというなら、自分で市販のピーリング剤を使って乳首や乳輪をケアしてみようかしら!と思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。市販のピーリング剤は、おもに顔などに使用する目的で作られています。乳首は、それよりもデリケートな部分なので乳首に使用するのは刺激になってしまうこともありますので、注意が必要なんです。

顔で使っていて肌にトラブルもないし、使い慣れているものだからといって、乳首に使うのはNG。デリケートゾーン専用のものならOKですが、ピーリング剤はちょっとおすすめできません。

歯磨き粉を使ったケア

巷では最近、歯磨きを使ったケアというものが話題になっているようです。「歯磨き粉で顔を洗ったら、色が白くなった!」という話を聞いて、それを乳首の黒ずみにも使えないかと思って使用する人もいるようですが、絶対にやめてください。

まず、顔に使用することもおすすめできません。歯磨き粉はあくまでも歯を磨くために作られたものです。リンゴ酸というものが含まれている歯磨き粉ならフルーツ酸の働きにより古い角質も落とされて、色が白くなるというのは可能性としてはありますが、それで肌が荒れてしまったら元も子もありませんよね。

あのスースーとしたメンソールの刺激も肌にいいとは言えません。まして、乳首はとても薄い皮膚でデリケートな部分です、いくら白くなるからといって使うのは間違いです。美白クリームを買うのは高いから、歯磨き粉で代用できたら……と思って使用してしまって、トラブルになって美容皮膚科にお世話になるようになったらもっとお金がかかってしまいますので、気を付けたいですね。

顔用の美白クリームでのケア

顔用の美白クリームやスキンケア用品の中には、肌をスーッとさせるアルコールなどが配合されているものがあります。そのようなものを顔につけたところで、顔の皮膚はそれほど弱くはないので問題ないのですが、乳首というデリケートなところにつけると刺激になることがあります。

また、合わない成分で乳輪部分にブツブツができてしまったり、逆に黒ずんでしまうなんてこともあるようです。もし、乳首に使用するなら、きちんと「乳首にも使用してOK」と書かれているものを選ぶようにしてください。デリケートゾーンに使えるというものは、乳首に使用してもいいのですが、心配な場合はメーカーに問い合わせてきいてみるといいですね。

ナイロンタオルでゴシゴシこする

黒ずみを落としたい、ターンオーバーを正常にするために古い角質を取りたい!と思って、ナイロンなどのタオルでゴシゴシするというのは逆効果になってしまいます。

肌は擦ることで、それが黒ずみの原因になってしまうからです。よく陰部などが黒ずんでしまうのはさまざまな原因がありますが、毎日トイレットペーパーで頻繁な摩擦をあたえていることも原因の一つだと言われています。

乳首は身体の中でも特に繊細な部分。ゴシゴシこすると赤くなってただれたり、腫れたりしてしまうこともあります。できるだけ優しく、泡だけで洗うように心がけましょう。

ニベアやワセリンを使ったケア

最近女性たちの間でシンプルなケアが流行っていますが、ニベアやワセリンを使ったケアをしている人も多いですね。もちろん顔に使う分には問題ありませんが、乳首に使うことで美白効果が得られるかというと、そうでもありません。保湿されるので、摩擦から乳首を守ることはできますが、今の色から濃くならないだけで、ピンク色になるということはほとんど考えられません

せっかく、コツコツ毎日ニベアやワセリンを塗るのなら、もっと効果のある乳首専用の美白クリームを使った方がピンク色に慣れて、摩擦からも守ってもらえて、ハリも出るのでおすすめです。

みのりん
調べてみるとNGなケアも結構あるのね。できるだけお金をかけずにケアをしたいと思うのは私も同じだけど、綺麗になるには根気強く続けることと、お金もそれなりにかけたほうがいいのかもしれないわね……。

 ホルモンバランスを整えてピンク色への近道!

妊娠中もそうですが、ホルモンバランスが乱れることによりターンオーバーが遅くなり、乳首の黒ずみが進んでしまいます。できるだけホルモンバランスを整えることがピンク色乳首への近道になります。ここでは、見直したい生活習慣についてご紹介していきます。

しっかり睡眠をとる

ホルモンバランスを整えるのに効果的なのがしっかり質の良い睡眠をとることです。質の良い睡眠をとることは、ホルモンバランスだけでなく、健康にもいいですし、パフォーマンスの向上にもなりますよね。

ただ寝ればいいというものではなく、質の良い睡眠をとることが大切です。まず、寝る前にはきちんと身体に「今から寝ますよ」というのを教えてあげる必要があります。電気を少し暗くして、リラックスして寝る時間を迎えましょう。

リラックスできる好きな音楽を聴いたり、アロマオイルやアロマキャンドルなどで好きな香りを楽しんだり、アロマオイルなどがないときはお風呂に入るときに好きな香りの入浴剤を使って、ゆっくり入るのもおすすめです。

眠りにつくのが遅いという人は、ホットミルクやハーブティを飲むのもリラックスできていいですよ。眠ることばかり考えると逆に眠れなくなってしまうので、ゆったりとした気分になれるように環境を整えるだけでもOKです。

適度な運動をする

運動嫌いな人は、一週間に一日も運動する時間を持っていないという人もいるのではないでしょうか?運動不足は、実はストレスを招いてしまうんです。「運動が嫌いだから運動をする方がストレスになる」と言われるかもしれませんが、運動不足によるストレスの方がずっと怖いんですよ。

運動することにより、身体は疲労を感じ、それによりしっかりと眠ることができます。赤ちゃんが「今日はよく遊んだから、よく眠った」なんて母親が言うのを聞いたことがありませんか?運動することはとても大切なことなのです。

運動不足になると身体が疲労しないので質の良い睡眠をとることが難しくなります。運動することで自律神経の働きを活発にすることができ、交感神経と副交感神経のバランスを取りやすくなります。

ぜひとも、日ごろから運動を取り入れてもらいたいのですが、もしどうしても苦手という人は、「運動しないといけない!」と思うことがストレスになってしまい、逆効果になりますので、一駅歩くとか、散歩に出かけるなど気が向いたら運動をするように心がけることが大切です。

心も脳もリラックスさせる

先ほど、睡眠のところでもご紹介したとおり、リラックスすることはホルモンバランスを整えることに繋がります。毎日、仕事をしている社会人の方や、勉強をしている学生さん、会社や学校では頭を働かせていますよね。家に帰っても、スマホやタブレットなどで常に新しい情報を頭に入れていくと休まるときがありません。

きちんと、心も脳もリラックスさせてあげる必要があります。脳を休ませるためには、ちょっとしたコツがいります。心はリゾート地に行ってリラックスすれば癒されるかもしれませんが、脳は意識しないと休ませることはできないんだとか。

脳を休ませるのには、瞑想がおすすめ。瞑想というと宗教っぽいとか、難しいというイメージがあるかもしれませんが、簡単にできる方法があります。それは「呼吸を意識すること」。鼻から吸った空気、空気が入ったことによる胸やお腹の上下、呼吸の切れ目や深さなどを意識してみましょう。はじめの内は雑念が入ることもありますが、考えが浮かんだらまた呼吸に意識を戻します。1日5分からはじめて、10分と伸ばしていくと慣れてきますよ。

タバコやアルコールは控える

タバコやアルコールは極力控えたほうがいいでしょう。どうしてもストレスがたまってしまうという人は、ほかになにか楽しみを見つけるのもおすすめです。アルコールの代わりに、好きなお茶を見つけてそれを飲むのを楽しみするとか。タバコもすぐにやめられないのなら、最近流行の電子タバコなどに変えて徐々に本数を減らしていくのもイイですね。ホルモンバランスを整えたいのなら、そういうところにも気を付けることが大切です。

バランスの良い食事を心がける

バランスのいい食事は、健康、美肌、美髪などすべてにおいて大切なことです。美しい人は、規則正しい食生活をしているといっても過言ではありません。ホルモンバランスを整えるためには、ビタミンやミネラルなどバランスよく摂取する必要があります。

偏った食生活、ジャンクフードばかり、脂っこいものばかりの食生活では身体は悲鳴を上げてしまいます。野菜中心で、良質なたんぱく質を摂り、炭水化物もエネルギー源になりますので摂りすぎない程度には摂る方がいいようです。身体にいいからといって好きなものばかり食べるのもNGです。ぜひ、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

みのりん
いくら外側からのケアをしても、メラニン色素がどんどん作られてしまうようなホルモンバランスの乱れた生活をしていたら意味がないわよね。元をたたなければよくならないわ!生活習慣を見直して、最短で乳輪をピンクにしちゃいましょ♪

 乳輪ピンクの道は自分次第!こっそり頑張ろう

バストが大きくなることばかりを意識して、乳輪のことまで考えたことがなかったという人も実は多いのではないでしょうか?乳輪がピンク色かどうかは、男性にとってはかなり重要な問題なのだということがわかりましたね。今回ご紹介した、乳首や乳輪専用の美白クリームを使ったケアや、美容皮膚科でのケア、それ以外にも摩擦を軽減したり保湿をすることで黒ずみが取れ、ピンク色の乳首、乳輪がよみがえってくるんですね。ぜひ、アナタも今日から、こっそり乳輪ケアをはじめてみませんか?見えない部分だからこそ、人と差をつけられるかもしれませんよ。

under main layout