ささみだけではバストアップができない!?効果的な食べ方と鶏肉レシピを大公開

ささみだけではバストアップができない!?効果的な食べ方と鶏肉レシピを大公開

ささみでバストアップができるという話、本当のところが知りたい!サプリを使わず食べ物の成分だけでバストアップが可能なんです♪効果のあるものからそのレシピまで、これさえ押さえておけば2カップUPも夢じゃないですよ!

シェアする

目次

  • 鶏肉がバストアップにいいって本当?
  • 鶏肉がバストアップに効果的な理由
  • 【バストアップが目的の人向け】鶏肉の効果的な食べ方
  • 鶏肉を摂取する時の注意点
  • ささみ、胸肉、手羽を使ったバストアップ必勝レシピ
  • 鶏肉だけでなく、ほかの食材もバランスよく摂取しよう
  • 豚肉や牛肉とどう違うの?肉類を比較!
  • 鶏肉好きの胸の大きい芸能人
  • 週に3~4日は鶏肉メニューを取り入れてみては?

鶏肉がバストアップにいいって本当?

鶏肉と言えば、ダイエットのイメージがありませんか?私も一時期ダイエットのために狂ったようにささみばかり食べていた時期がありました。笑

そんな鶏肉が、実はバストアップにも効果があるんです!

編集長みのりん
こんにちは!宗(むね)みのりです。日々いろんなバストアップ法を探っています!
そんな私が目を付けたのが、鶏肉!!
鶏肉で本当にバストアップできるのか調査しました。

鶏肉さえ食べておけばバストアップ可能?

鶏肉を食べることで、バストアップは可能です!実際に大きくなったという方もたくさんいるんです♪ですが、だからといって鶏肉ばかりひたすら食べているとどうなるでしょうか…。これ、私も食べ過ぎてハマってしまった落とし穴です。

栄養バランスが崩れてしまう!

何事も食べ過ぎは良くないというのはよく聞きますが、鶏肉の食べ過ぎも体に悪影響を与えてしまいます。鶏肉ばかり食べていると、栄養バランスが崩れてしまい、体調に変化が出てしまいます。そうなるとバストアップどころじゃありませんよね!それだけ人間の体ってデリケートなんです(><)ちなみに私はささみを過剰に食べ過ぎて、口の中が口内炎まみれになったことがあります。笑

バストが小さくなってしまうかも!

これじゃ本末転倒です!バストアップするために鶏肉を食べているのに、小さくなっては元も子もありません。バストアップするには、鶏肉の栄養だけでなく、他の食材と栄養のバランスをとることが必要です。そうしないとバストアップの要でもある女性ホルモンの分泌に影響がでてしまい、バストアップできなくなってしまいます。

ではどうすればいいのか・・・

ふっくらバストを効率的に手に入れるには、バランスのとれた栄養の摂取と、女性ホルモンの分泌を促すことが大事なんです。単純に鶏肉ばかり食べるのではなく、バストを作るもとにもなっている脂肪も増やす必要があります。ほどよく体脂肪を増やして、女性ホルモンを増やすことがバストアップへの近道なんです!

編集長みのりん
今日は正しい鶏肉の食べ方と、鶏肉を使ったバストアップに効果的なレシピを紹介します!

鶏肉がバストアップに効果的な理由

 そもそもなぜ鶏肉がバストアップに効くのか、その理由が気になりますよね!大きなポイントを4つ紹介します!

  1. 良質なたんぱく質が多く含まれている
  2. 必須アミノ酸が多い
  3. 不飽和脂肪酸(オレイン酸やリノール酸)が含まれている
  4. ビタミンAが豊富

良質なたんぱく質が多く含まれている

バストの中身って、脂肪の印象が強いと思いますが、実は大胸筋も関係しています。バストの土台は、大胸筋で出来ていて、その上に脂肪が乗っかっているイメージですね。ということは、大胸筋を鍛えれば、その分バストも大きくなるということになります

鶏肉には良質なたんぱく質が豊富に含まれているので、大胸筋を作るもとになります。そのため、大胸筋を鍛えたいビルダーの方やアスリートの方は鶏肉を食べるようにしているんです。よく鶏肉は高たんぱく低カロリーって聞きますよね!それだけたんぱく質がたくさん入っていることが鶏肉の特徴なんです♪

必須アミノ酸が多い

必須アミノ酸って学生時代に習いましたよね笑。アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。簡単にいえば、必須アミノ酸は、食べ物から取り入れるもの。非必須アミノ酸は、体内で作り出すもの。その違いがあります。なので食べ物から摂取するアミノ酸は、全て必須アミノ酸ということですね。

その必須アミノ酸は、体内に吸収されると、タンパク質と再度結合するようになっています。結合することで、細胞の新陳代謝を活発にして、人間の組織を新しい細胞に入れ替えてくれるんです!そうすることで体内のたんぱく質を活発に作り上げてくれるので、結果大胸筋を作るもとになるということ。他にも、美肌効果や、肝機能の改善、疲労回復、免疫力向上、神経伝達の働きを正常化させるなど、体と心の健康に不可欠な成分なんですよ!

不飽和脂肪酸(オレイン酸やリノール酸)が含まれている

不飽和脂肪酸も授業で習いました!笑。こちらも体には欠かせない成分です。体の中を流れる血中の、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きがあります。不飽和脂肪酸を摂取することで、善玉コレステロールが活発になり、血行が良くなります。バストアップに血行不良は大敵です。栄養が行き届かなくなってしまいますからね(・・;)なので、不飽和脂肪酸は血行を良くしてくれる=バストにも栄養が行きやすくなる!ということなんです。

ビタミンAが豊富

ビタミンAは、主にお肉に含まれているビタミンです。美肌作りをするために必要な成分なんですよ♪バストアップする過程で、美肌も絶対必要になってくるので、ビタミンAが含まれているのはとても重要なんです!

【バストアップが目的の人向け】鶏肉の効果的な食べ方

なぜ鶏肉がバストアップに効くのかわかったところで、鶏肉の効果的な食べ方をチェックしましょう!

鶏肉の皮も捨てずに食べよう!

鶏肉の皮って、わざわざ捨ててしまいませんか?脂が多い気がして、避けてしまいますよね。でも皮にはコラーゲンがたっぷり入っているんですよ!なんと鶏肉全体の40%が皮に集まっているんです!!コラーゲンはご存知の通り美肌作りには欠かせません。

ハリのあるバストをつくるためにも、皮は是非食べて頂きたい部分なんです♪脂部分には、先ほど説明した不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が多く含まれているんですよ!バストに栄養を行き届かせるためにも、積極的に食べたいですね

ささみを食べる場合は適度な脂肪を補おう

ささみはダイエットには欠かせない程、高たんぱく低カロリーな食材ですが、ささみは脂肪分が少ないですよね。バストアップには適度な脂肪も必要になってきます。バストの乳腺を刺激する女性ホルモンのエストロゲンは、卵巣の脂肪組織から分泌されるようになっています。脂肪摂取が少ないと、バストの刺激も少ないため、バストアップしにくくなってしまいます。

ビタミンCと一緒に摂取しよう

ビタミンCは美肌のイメージですが、コラーゲンの再生成に必要になってきます。コラーゲンを作るお手伝いをしてくれるので、鶏肉とビタミンCを一緒に取ることで、よりコラーゲンを取り入れやすくなるんです!

鶏肉を摂取する時の注意点

鶏肉を摂取する時に、注意したいポイントがあります!

適正量を摂取しよう!

成人女性は、1日約50gの良質なたんぱく質を摂取すると良いと言われています。たんぱく質50gと言われてもピンとこないですよね!

200g
2個以上
50g
豆類100g

 これがたんぱく質50gの目安になります。牛肉や豚肉を200gと言われたら、ちょっと脂肪が気になってしまいます…。でも鶏肉はヘルシーなので、ダイエットしている人でも取り入れやすいですね!  

編集長みのりん
たんぱく質の摂取しすぎはカロリー過多で、肥満、内臓疲労、尿路結石、腸内細菌バランスの悪化などを引き起こしてしまいます。
目安の量を大幅に超えないようにしましょう!

購入したらなるべく早めに食べよう!

不飽和脂肪酸は、酸化しやすいんです!酸化してしまうと、効果が半減してしまうので、できるだけ早めに食べましょう。どうしてもすぐ食べられない場合は、冷凍することで多少は防止することもできますよ!

ささみ、胸肉、手羽を使ったバストアップ必勝レシピ

ささみカツ丼

こってりしがちなカツもささみであっさり食べられるボリュームレシピ!バストアップには適度な脂肪の摂取が必要ですが、白米の炭水化物も、脂肪として摂取することもできます♪ただ、食べ過ぎは肥満になってしまうので、注意が必要ですよ!!今の体型によって、炭水化物の摂取量は変わってくるので、ちょっと太り気味の方は炭水化物を調整するようにしましょう。

ささみだけだと脂質がちょっと足りないですが、油で揚げることで補うことができますね!トンカツよりもヘルシーなので、ダイエット中もOKです!

ささみカツ丼レシピ

  1. ささみの筋をとる
  2. ささみを2等分にする
  3. 小麦粉→とき卵→パン粉をつけて適温の油で揚げる
  4. ご飯の上にドーンと乗せる。キャベツがあればご飯とささみの間に入れてもOK!

超簡単ですね!味に飽きてきたら、梅やしそを挟んでもいいですね♪

手羽を使った栄養たっぷりスープ

私これ好きなんですよ~♪笑。スープはお腹いっぱいにもなるので、ダイエットにも向いてます!手羽はコラーゲンたっぷりなので、美肌効果もありますよ♪スープだと豆類や野菜などと組み合わせしやすいですし、味付けもいろんなパターンがあるので飽きないですね!

手羽栄養たっぷりスープレシピ

  1. 鍋にお水1000mlと料理酒50ml手羽6~8本を入れる※根菜を入れる場合はこの時一緒に
  2. 灰汁が出てくるので、取り除く
  3. 20分くらいコトコト煮込む
  4. 冷蔵庫にある野菜や豆を適当に入れる(私は人参玉ねぎキャベツをよく入れます!)
  5. コンソメキューブを3つ入れ、味を見る
  6. 塩コショウなどを足して好みの味にして完成!

私はコンソメ派ですが、コンソメを入れずに、鶏の出汁だけで飲むのも美味しいですね!その場合は、コンソメではなく塩を入れて味をみます。

鶏胸肉を使ったふっくらジューシーなから揚げ

みんな大好きから揚げも、胸肉でできちゃいます♪もも肉よりもヘルシーですよね!仕上げのレモンでビタミンCも一緒にとっちゃいましょう!

鶏胸肉のジューシーから揚げレシピ

  1. 鶏胸肉1枚を準備。フォークでブスブス穴をあける
  2. 削ぎ切りにし、一口大に切る
  3. ビニール袋やジッパー付き袋に【しょうゆ 大さじ1.5/砂糖 大さじ2分の1/酒 大さじ1.5/塩少々】を入れる
  4. その中に切った胸肉をいれ、最低1時間くらい漬け込む
  5. 片栗粉をつけて、油で揚げて完成!レモンを忘れずに!

基本は普通の唐揚げと一緒ですが、漬け込む時間を長くしたり、工夫することでやわらかふっくらなから揚げができます♪

ヘルシーバストアップサラダ

ネーミングからして食べたくなるでしょ!?笑。サラダもいろいろぶっこみできるから、一気にいろんな栄養が取れていいですよね!

キャベツにはボロンというバストアップに効果的な栄養素が入っています。大豆にはバストアップで有名なイソフラボンという女性ホルモンに似た働きをする成分が入ってます。そして根菜やにんにくなどをプラスすれば、代謝も良くなって、最強サラダのできあがりです♪

ヘルシーバストアップサラダレシピ

  1. キャベツを千切りにする。
  2. キャベツとミックスビーンズ、好きな野菜を器に盛る
  3. ドレッシングをかけて完成!

基本はこのレシピですが、例えば茹でたささみをプラスしたり、ドレッシングではなくてオリーブオイルで和えたり、味付けもいろいろできますね!食事の時に豆乳を添えれば、更にバストアップ効果も望めます。

鶏肉だけでなく、ほかの食材もバランスよく摂取しよう

バストアップを効率的にするには、バランスの良い食事が必要です。

栄養バランスが崩れてしまう

いくら鶏肉がいいからといって、お肉の中で鶏肉ばかりを食べるのはNG!魚、牛肉、豚肉などでしかとれない栄養もあります。また、お肉や魚以上に、野菜を多く摂取することも大切なんですよ♪バランス良く食べることが、健康と美容、そしてバストアップのためにも大切なんです!

飽きてしまってはストレスが溜まる

「昼ごはん、またあれかー」なんて食事の楽しみがなくなると、ストレスを感じてしまいます。ストレスはバストアップにも悪影響です!味付けを変えてみたり、食材を変えてみたり、いろいろ楽しむことが大切です♪たまには焼肉だって行っちゃいましょう!

豚肉や牛肉とどう違うの?肉類を比較!

牛肉コレステロールが低い。たんぱく質、脂質、炭水化物どれも多く含まれている。
豚肉ビタミンB1とB2が豊富。必須アミノ酸も豊富に含まれている。
鴨肉鶏肉と同じく、たんぱく質が豊富。ビタミンB1やB2は鶏肉より豊富。
羊肉鉄分が多く含まれている。アミノ酸の一種カルニチンが豊富なので、脂肪燃焼効果がある。


編集長みのりん
お肉によって特徴が違いますね!部位によってもまた特徴がさまざまなんです。
いろんなお肉を食べることで、栄養素も幅広く摂取できそう♪

鶏肉好きの胸の大きい芸能人

バストが大きい芸能人も、鶏肉好きを公言してます!バストアップしたのも、鶏肉のおかげかもしれません(^^)

  • 小池栄子さん
  • MEGUMIさん
  • 筧美和子さん

週に3~4日は鶏肉メニューを取り入れてみては?

ただ鶏肉を食べればバストアップ出来る!というわけではありません。芸能人も鶏肉の他にも色々なバストアップ法を取り入れて、大きなバストを保っています。必要なのは、脂肪と女性ホルモン。決まった食材だけでなく、いろいろな食材をバランスよく摂取することが大事と言うことですね!

適度な脂肪も必要なので、脂肪を無理に制限していた人は、摂取することをおすすめします!!脂肪過多でダイエットしたいという人は、少し控えめにしましょうね♪

女性ホルモンを増やす方法としては、バストアップサプリが一番効率が良いですよ!サプリメントで1日でバストアップした人もいるとか…。簡単に女性ホルモンを増やして、バストアップ成功も夢じゃないので、ぜひ試してみてください♪

バストアップサプリはこちら

under main layout