豆乳の飲み過ぎは危険?効果的な飲み方とは?副作用まとめ8選

豆乳の飲み過ぎは危険?効果的な飲み方とは?副作用まとめ8選

QC3G0gsR.jpg

バストアップ&美容に最適な豆乳…でも飲み過ぎると?

こんにちは!チコリ編集長のみのりんです♪

今回は「美容効果・健康効果が高い!」と話題になってから愛飲者もかなり増えた「豆乳」についてのお話です☆

豆乳っていかにも「健康!ヘルシー!」ってイメージの人も多いかもしれません(^_−)−☆豆乳をいろいろな味にアレンジしたドリンクや、飲みやすく工夫した豆乳などもあったり、豆乳を使った商品もたくさん世に出ていますよね♪

でも……、いくら健康だからと言って、飲みすぎたりしても何も問題ないんでしょうか?

undefined
みのりん
豆乳って飲み物や食べ物、そのまま飲んだりと摂取しようと思えばいくらでも飲めちゃいますからね〜(^_^;)
  • 医学書〜雑誌まで読んだ書籍⇒26冊
  • 産婦人科医への電話リサーチ⇒3人
  • サイト立上げまでのネットリサーチ⇒1,090サイト

この記事では豆乳についての知られざる効果をご紹介します♪

また、気になる豆乳の摂取量や、飲みすぎた場合の副作用も8つお伝えしていこうと思います。

やっぱり何事も適度が1番だとは思うのですが、牛乳より豆乳の方が好きなんて人も増えているし……。さあ、さっそく豆乳の世界を覗いてみましょう(^_−)−☆

豆乳の飲み過ぎによる副作用あれこれ

豆乳って大豆の栄養がたっぷり凝縮されていて、とても体に良い効果がたくさんあるんです♪だから「豆乳をたくさん摂りすぎた場合の副作用ってあるの?」なんて思ってしまいますよね(^◇^;)

実は豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンに近い働きをするんです。女性ホルモンのバランスによって大きく影響を受ける女性にとっては、この成分の摂取量は大きな問題。

やっぱり飲みすぎてしまうと、副作用が起きることもあるみたいなんです。まずはそんな副作用のお話からご紹介していきます☆

ホルモンバランスが乱れる

女性って、一般的に4週間を1サイクルとして生理周期のリズムがあります。1サイクルの中でも4つの周期に別れていて、エストロゲンプロゲステロンという2種類の女性ホルモンの比率によって、体や心に変化が起こるのです。

豆乳には大豆イソフラボンが含まれているので、過剰摂取はホルモンバランスの乱れに繋がることもあるんですよ。この乱れはPMSなどを悪化させる可能性もありますので、注意が必要です。

飲みすぎを気にせず、きちんと大豆イソフラボンを摂取したい!という人は、大豆イソフラボンをたっぷり摂取できるサプリを活用してみるのもおすすめです♪

みのりんが特におすすめしたいのは、大豆製品を作って100年のキッコーマンが、大豆を研究して開発した「基本のサプリ」です♪

\大豆を研究し尽くしたキッコーマンのサプリ/

Source: amazon

基本のサプリ

吸収効率を高めた「大豆イソフラボン アグリコン」を配合したサプリ!日本人の半数を占める「大豆を上手に吸収できない人」でも、このサプリならきちんと大豆イソフラボンを効果的に摂取できますよ(^_−)−☆

公式サイトを見てみる

妊娠中は特に注意!アレルギーを発症

豆乳を過剰に摂取することが多いと、体内に大豆の“アレルゲン”が蓄積されていきます。これが一定量を超えると、アレルギーとして症状が現れることもあるとか!

特に妊娠中の場合は、お腹の中にいる赤ちゃんに大豆アレルギーを発症させる原因になることもあるので、過剰摂取には気を付けましょう。

ちなみに豆乳を飲んではいけないという訳ではなく、200ml程度といった適量に抑えておけば心配はいらないようですよ♪

冷え・むくみ・便秘・下痢

大豆にはこんな副作用も考えられます。

冷え

高い健康効果を誇る大豆ですが、実は体を冷やす作用があるといわれているんです!もちろん豆乳も大豆製品の一つなので、豆乳を飲むと冷え性になるという噂が立つのも頷けますね。

また、体を冷やすカリウムも豆乳には多く含まれているので、全体的には体を冷やす作用が強いようです。

むくみ

豆乳の中には、輸入された遺伝子組み換え大豆を使用しているものもありますよね。実は遺伝子組み換え大豆が作用して、大豆アレルギーを引き起こす場合、むくみも発症させると考えられています。

便秘

豆乳は適正摂取量を守って飲むと便秘解消効果が期待出来るのですが、やはり過剰摂取は禁物。食物繊維も豊富に含まれているので、飲みすぎるとかえって便秘を引き起こすことがあるようです。

下痢

そもそも豆乳をはじめとする大豆製品は大量摂取すると消化不良を起こすことも。これにより排便しづらくなり、腸内環境が乱れて下痢になることもあるそう。

カロリーオーバーで太ることも

豆乳のカロリーってご存知ですか?みのりんもびっくりしたんですが、実は1Lで460kcalもあるんです!つまりは、たくさん豆乳を飲めば飲むほどカロリーも摂取していることになるので、カロリーオーバーとなり太ってしまう人も!

カロリーが心配なら、ヘルシーで甘さ控えめの調整豆乳なども商品化されていますよ〜♪

\タニタカフェ監修のヘルシーな調整豆乳!/

Source: amazon

タニタカフェ監修 オーガニック調整豆乳

原材料は有機栽培の大豆、オーガニックシュガー、ロレーヌ産岩塩のみを使っているオーガニックでヘルシーな調整豆乳。甘さ控えめでとっても飲みやすいですよ〜♪

詳細を見てみる

薄毛や細毛などの髪トラブル

先ほど説明した通り、豆乳は身体を冷やす作用があります。身体が冷えるということは、血行が悪くなるということ。それが薄毛にどう関係が?と思われるかもしれませんが、これが関係あるんですね(^_^;)

髪の毛は頭皮から届けられる栄養で成長していきますが、肝心の栄養は血液が運んできてくれるもの。血行不良になると栄養が行き渡らなくなることで薄毛や細毛を引き起こすこともあるということなんだそうです。

ニキビや肌荒れが悪化

豆乳の摂りすぎでニキビや肌荒れが起こる原因としては、先ほどご紹介した血行不良もその1つです。血行が悪いということは、お肌に栄養が届かず代謝が落ちてしまうからです。

また豆乳の摂りすぎで便秘になってしまった場合も、腸内環境の悪化によってお肌を活性化させるビオチンというビタミンの供給量が減ってしまい、お肌の代謝低下に繋がるんだそうです。

豆乳のせいで体臭?

女性が豆乳を飲みすぎると体臭がきつくなるなんて知らなかった人も多いのでは!?実はこれ、生理前の「黄体期」という時期限定で起こること。

黄体期に分泌量が多くなる女性ホルモンの一つ「プロゲステロン」は体臭をきつくしたり汗を分泌させる働きを持っています。大豆イソフラボンはプロゲステロンの分泌を促進してしまうので汗の匂いがきつくなり、体臭として匂ってしまうこともあるそうです。

骨粗しょう症の悪化

骨粗しょう症を患っている人の場合、豆乳はNG!不足している状態で豆乳を摂取してしまうと逆に骨の中のカルシウムが外へ溶け出してしまい、症状の悪化を招くこともあると言われているんです。

undefined
みのりん
思ったよりも副作用あるんですね……。
でもあくまでも過剰摂取した時のお話ですからね(^_−)−☆

大豆イソフラボンの目安摂取量


いろいろと副作用をご紹介しましたが、豆乳は市販されている飲み物なので、そんなに強い成分が入っている訳ではありません。過剰に心配しなくても大丈夫ですよ♪ただ、どんなものも適度が1番!飲み過ぎは良くないということですね(^_^;)

さて、 豆乳の過剰摂取による副作用がわかったところで、次は、過剰摂取にならない摂取量を押さえておきましょう♪この量を抑えておけばまず、副作用の心配はしなくても良さそうです♪

大豆製品に含まれる大豆イソフラボンの量

大豆イソフラボンは、1日の適正摂取量が70~75mgを上限と設定されています。では豆乳自体にイソフラボンがどのくらい含まれているのかというと……

  • 無調整豆乳200mlには60mg
  • 調整豆乳200mlには40mg

これだけの大豆イソフラボンが含まれています!

平均して1日あたり100~200mlほどが豆乳の目安摂取量ということになりますね♪

サプリメントは過剰摂取に注意!

自分で豆乳を飲む場合にはある程度、摂取量に注意しやすいのですが、飲んでも摂取量の実感が湧かないのがサプリメント。数粒飲むだけで、1日の摂取量となるようなサプリメントもあるので、まずは配合量をチェックしてみましょう☆

ポイントとして、サプリメントの場合は過剰摂取を防ぐため、30mgを上限に摂取すると良いですよ♪

undefined
みのりん
どちらにせよ普段の食生活もありますし、豆乳の目安摂取量には個人差があるので、自分にあった量を見極めましょう♪

豆乳には女性に嬉しい効果がいっぱい!

さて、お待たせしました!ここからはいよいよ豆乳の嬉しい効果についてご紹介していきますよ〜♪それもお肌から髪の毛、病気予防まであまりに効果が幅広いので驚いてしまうかもしれません!

しかも安くていろいろな摂取方法がある、まさに美容と健康を目指す人にぴったりの飲み物なんです♪ではさっそく、女性に嬉しい効果から♪

女性ホルモンのバランスを整える

先ほど、「女性ホルモンバランスが乱れる」という副作用をご紹介しましたが、それはあくまで過剰摂取し続けた場合のお話。適量を飲む場合には、逆に女性ホルモンのバランスを整えてくれる嬉しい効果があるんです♪

豆乳に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た働きをすることが分かっています。エストロゲンって、実は加齢に伴って分泌量が減少しちゃうんです( ;∀;)

エストロゲンが減少すると、女性は更年期障害だったり、お肌のハリや若々しさを失っていくんですよね……。

だから、エストロゲンが少なくなってしまった人は、イソフラボンでその働きを補うことで、若い頃のようなバランスを取り戻しましょう!

イソフラボンにはホルモンバランスの乱れによる生理痛や更年期障害、女性特有の悩みを解消してくれる効果があるんですよ♪

女性ホルモンに作用するサプリをもっと詳しく⇒

バストアップや美肌

バストアップや美肌も豆乳の効果としてよく挙げられる点ですよね♪

バストアップ

豆乳に含まれている大豆イソフラボンが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きを持っていることは先ほど紹介した通りです。この働きがあるからバストアップサプリにもよく配合されているんですよ☆

このエストロゲンは「女性らしい体つき」を作ると言われているホルモン。そのエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンもまた、バストのハリやボリュームに良い効果を与えてくれるんです♪

美肌効果

エストロゲンには、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す作用があります。加齢に伴って減少したエストロゲンをイソフラボンで補うと、コラーゲンやヒアルロン酸の生成が活性化されて美肌になるんですね♪

さらに、イソフラボンには抗酸化作用もあるんです。紫外線やストレスは美肌の大敵。活性酸素を作り出し、お肌の細胞を攻撃するため、コラーゲンなども酸化されてしまい、お肌は老化の道を辿ることになります。

そこでイソフラボンの抗酸化作用によりコラーゲンの分解をストップし、美肌が壊されるのを止めてくれるんです♪

そして、他にも豆乳はこんな嬉しい栄養素の力もあって、美肌効果を後押し!

  • ビタミンB:肌の新陳代謝を促す
  • ビタミンE:肌の血行を改善する
  • イソフラボン:肌老化の元となる活性酸素を抑制
  • サポニン:シミ・シワ・ニキビの予防

これだけ見ても、豆乳を飲むことでいろいろな肌トラブルに効果的に働くことがわかりますね♪毎日豆乳を摂るのが難しい人は、サプリなどを飲んでみるのも良いかもしれません(^_−)−☆

バストアップに最適なサプリメントはコチラ⇒

生理不順やPMSを解消

月経前症候群(PMS)とは、生理の1~2週間前から現れる生理痛や頭痛、吐き気、気分のイライラなどの症状のことをいいます。月経前症候群に起こる痛みを伴う症状の原因としては、ホルモンバランスの乱れによるプロスタグランジン」という物質の過剰分泌が考えられています。

そこで、生理前に大豆イソフラボンを摂取してホルモンバランスを整えることで、プロスタグランジンの分泌量を減らすことも可能なのだそう。

また、大豆イソフラボンは「幸せホルモン」と呼ばれる「セロトニン」の濃度を上昇させることでもよく知られています。セロトニンは、精神的に安定させる効果も期待されているので、生理中の不安定な感情や精神状態を落ち着けてくれると言われているようです。

したがって、大豆イソフラボンを含む豆乳を生理前に飲むことで、痛みや精神状態などを伴う月経前症候群の症状の緩和が期待されているんですね(^_−)−☆

もしも、生理不順やPMSが辛い……と特に悩んでいるなら、こんな商品もおすすめですよ♪

\PMS改善に特化した栄養素を1粒に凝縮♪/

Source: amazon

ルナベリー

毎月のPMSに悩む女性の為に開発されたサプリ。チェストベリーや月見草オイルなどPMSに有効とされる成分が1粒に凝縮♪今なら初回送料500円のみでお試しできちゃいますよ★

公式サイトを見てみる

美髪効果

豆乳には美肌効果だけでなく、美髪効果もあると言われています。というのも、髪の毛はもともとタンパク質でできているのですが、このタンパク質の中にはいろいろなアミノ酸が含まれているそうです。

そして、豆乳にもアミノ酸が豊富に含まれていることから、豆乳を飲むことでアミノ酸が摂取され、美しい髪の毛の形成に効果があるというわけなんです♪

undefined
みのりん
これだけの作用があるなら、豆乳を飲まないなんてもったいないわね♪

男性に嬉しい効果も

豆乳の嬉しい効果は女性だけのものではありません。男性にだってすごく嬉しい効果が期待できるんです♪1日1杯飲むだけで良いので、お料理が苦手な男性の人だって手軽に飲むことができます☆

カップルや夫婦で飲んでも、家族みんなで飲んでも、揃って健康や美容効果を実感できちゃうすごい飲み物なんですよ(≧▽≦)♪

AGA予防

AGAって言葉、最近浸透するようになってきましたね。AGAとは男性型脱毛症のことで、遺伝や男性ホルモンの影響などから髪の毛が薄くなっていく状態です。

女性も加齢で髪が薄くなっていくのは怖いですが、男性だってきっともっと怖いハズ!そんな症状にも豆乳は嬉しい効果を発揮してくれるんですよ!

先ほど、豆乳には健康で美しい髪の毛を形成する作用があることから、髪質を良くする効果が期待されてることを紹介しました。AGAの髪の毛は細く弱くなってしまうのですが、豆乳を摂ることで栄養素を髪の毛までしっかり届け、強く太い髪にしてくれる作用が期待できるそうです。

また、豆乳が持つとされている肌のターンオーバーを整えてくれる作用により、頭皮へも良い効果を与え、抜け毛の予防もできるのだとか!他にも、大豆イソフラボンはエストロゲンと同じように、毛に効果的に働くと言われています。

前立腺がんの予防

前立腺は男性だけにある臓器です。その前立腺にできる前立腺がんは男性特有のがん。実はこのがんと、豆乳や大豆製品の関連について、多目的コホート研究というグループがある研究を行いました。

40〜69歳の全国の男性4万3千人を対象に、大豆製品やイソフラボン摂取量によってグループ分けを行い、研究開始から5年後に食生活について詳しいアンケート結果を集計して前立腺癌とのリスクとの関連を調べた研究です。

対象者のうち、307人が前立腺癌になってしまったのですが、大豆製品やイソフラボンをよく摂取するグループでは、限局性前立腺癌になるリスクが、イソフラボンの摂取量が多ければ多いほど低下したという結果が見られたそうです。

また、他にも多くの研究で、大豆イソフラボンがエストロゲンと似た作用をすることで、前立腺がんを予防する効果があることが分かっています。

特に乳がんや前立腺がんに作用すると言われていますが、イソフラボンがすべてのがんを抑制する抗酸化物質であるという研究結果もあり、がん細胞の増殖を抑える効果が期待されているそうです。

undefined
みのりん
豆乳は、男性にも積極的に摂取して欲しいですね♪

男女共通で健康体に導いてくれる効果

ここまで女性と男性に分けて嬉しい効果を紹介してきましたが、男女共通で効果が見られるものもまだまだたくさんあるんですよ(^_−)−☆ダイエットから美容、病気の予防、老化や脳の若返りまで、嬉しい効果をチェックしてみましょう!

便秘やむくみ改善でダイエット効果

豆乳に含まれているオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなることで増殖を促します。そのため、悪化した腸内環境を整え、便秘の症状を改善してくれる効果が期待できるのです。

また、豆乳には食物繊維も含まれているので、便秘にダブルで働くと言えます。

さらに豆乳にはサポニンという成分も含まれています。サポニンは満腹中枢を刺激する働きがあって、食べ過ぎを防いでくれるそう。脂質の代謝を促進してくれる働きも♪

他にも、大豆タンパク質は脂肪の燃焼を促進、イソフラボンは新陳代謝アップなど、ダイエットにはうってつけ( ´ ▽ ` )♪

ダイエット中の女性も男性も、ぜひ豆乳を取り入れてみてください☆

生活習慣病の予防

豆乳には健康にとっても嬉しい作用がたくさんあります。中でも多くの人がかかってしまう生活習慣病。この予防にぴったりの飲み物なんです。

豆乳に含まれているレシチンには血管内の血液をきれいにする働きがあります。また豆乳に含まれるサポニンは抗酸化作用によって、血液中の悪玉コレステロールを低下させてくれるんです。

健康な血管や血液になることで、動脈硬化の予防にダブルで効果を発揮してくれるんですね♪

他にも、マグネシウムやカリウムなどのミネラル類も豊富!ミネラルは不足しがちと言われているので、豆乳で上手に補いながら、生活習慣病を予防していきましょう☆

体臭を抑える

豆乳を適度に摂取すると、体臭を抑えられると言われています。豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのバランスを整えることで、必要以上の発汗を抑えてくれるからです。

また、豆乳に含まれるレシチンは、体外に汗を排出させる汗腺をスムーズに働かせてくれる効果も!臭いが気になる人や夏に向けての対策におすすめです♪

老化予防

老化防止をしてくれる成分もたっぷり含まれているんですよ♪

例えば、サポニンは高い抗酸化作用で体を若々しく保ってくれます。肌細胞に必要となるビタミンB1、お肌の乾燥を改善してくれるビタミンB2、皮膚の元となるタンパク質を作ってくれるビタミンB6なども含まれていて、若々しいお肌作りに欠かせません。

また、「若返りビタミン」と呼ばれるビタミンEも含まれています。血管を健康に保って血流を促進してくれるので、お肌全体に血液を届けて肌荒れを改善、美しい美肌に導いてくれるんです♪

なお、豆乳は適度に飲めば、骨粗しょう症予防にも役立つと言われています。

脳の活性化と精神の安定

豆乳に含まれるマグネシウムには、イライラ抑制作用精神を安定させる効果が期待できるそうです!そして豆乳に含まれるレシチンには、脳を活性化させる作用があるとも言われています!

この作用から、レシチンはうつ病の症状緩和や認知症予防もできるそうですよ(^_−)−☆

undefined
みのりん
嬉しい効果がいっぱいねー!!
豆乳にはまだまだ知られていないすごい効果が隠れていそうですね♪

苦手な人も安心!美味しい豆乳メニュー

さまざまな効果が期待できる豆乳ですが、ストレートで飲むと結構クセがあって苦手〜!なんて人も多いのでは?もちろん、豆乳の味が苦手なら、無調整豆乳ではなく調整豆乳にするという手もあります。

でもそのうち飽きてしまいそう……。どうせなら美味しく豆乳を摂取したい!という人のために、豆乳をより美味しく飲みやすくするおすすめのメニューをご紹介しちゃいます♪

豆乳入りココア&コーヒー

豆乳はコーヒーやココアなどの濃い飲み物に入れて飲んでも美味しいんですよ♪実際にカフェでは豆乳ラテなどありますし、「牛乳を入れるよりも豆乳を入れたほうがおいしい」という女性も実は多いのです!方法は簡単、牛乳を豆乳に置き換えるだけ♪

今やソイラテを置いているカフェも少なくありませんが、自宅でもっと手軽に飲みたい時には、市販の美味しいソイラテも出ているので、ぜひ飲んでみてくださいね♪

\まろやかなコクとやさしい甘さのソイラテ♪/

Source: Amazon

ブルックス かんたフェ 豆乳カフェ

大豆25粒分が含まれているブルックスの豆乳カフェ。ミネラルを豊富に含んだ黒糖仕立てで甘さ控えめ♪まろやかなコクに、ちょうど良い甘さで、ほっと一息つくのにぴったりです!

詳細を見てみる

豆乳スープor豆乳鍋

豆乳はお料理にも使いやすいんです♪「豆乳スープ」「豆乳鍋」も巷ではよく見かけますよね。もちろんスープや鍋、煮物に加えても良いですが、無調整豆乳は実は加熱されると固まってしまうことも。

もし調理したいのなら、を一緒に入れたり、低温で加熱するようにすると凝固を防げます。また、調理に関しては無調整豆乳ではなく、調整豆乳を使うという手もありますよ!お料理が苦手な方はこんな商品もおすすめ!

\美味しさワンランク上の本格豆乳鍋つゆ♪/

Source: Amazon

ミツカン NABE THE PREMIUM 焙煎ごま豆乳鍋つゆ

たっぷりの焙煎ゴマに無調整豆乳、鶏ガラ出汁をブレンド。素材の種類や配合量にもこだわって、スープの旨味を追求したワンランク上の濃厚な味。豊かな香ばしさにまろやかなコクと旨味を凝縮した本格プレミアム鍋つゆです♪

詳細を見てみる

undefined
みのりん
美味しそう!!豆乳はスイーツにも飲み物にもお料理にも、本当に幅広く使えるので便利ですよね♪

【豆知識】豆乳のギモンQ&A

さて、ここでは豆乳に関する小さな疑問を一気に解決!豆乳が話題になり出してから、いろいろな豆乳に関する噂や情報がたくさん囁かれるようになりました。不安にならずに、美味しく楽しく安全に豆乳を摂取するためにも、気になることがあればぜひチェックしてみてくださいね♪

子どもの目安摂取量は?

1〜2歳頃までは1日150ml程度、3歳以降は1日200ml程度が目安のようです。

豆乳を飲むと頭痛が治る?

緊張緩和効果のある「マグネシウム」や、神経を沈静化してくれる「ビタミンB2」も含まれているので、期待はできるかもしれません。

豆乳を飲み過ぎると乳がんになるって本当?

イソフラボンの摂りすぎで乳がんになったという事例はないようです。
また、日本豆乳協会HPではガン予防になるとも書かれています。

生理中は豆乳を飲まない方が良い?

コップ1杯程度の豆乳なら問題ないようですが、個人差があるので体と相談してみると良いでしょう。

調整豆乳より無調整豆乳の方が良い?

豆乳が苦手な人は、調整豆乳でも良いでしょう。
豆乳が好きで大豆たんぱく質を多く摂りたいという人は無調整豆乳がおすすめです。

飲み過ぎなければ豆乳は健康と美容の強い味方!

ここまで豆乳について紹介してきましたが、豆乳は過剰摂取してしまったからといってすぐに病気になったり健康被害が出るというわけではありません。人の体には余分なものを排除しようとする働きが備わっているため、あまり気に病む必要はありませんよ♪

そして、豆乳は適度に摂取すれば本当にたくさんの健康効果と美容効果が期待できるんです♪いろいろな摂り方ができるから飽きにくいのも良いですね(^_−)−☆

ぜひ、飲み物としていろいろなレシピを工夫してみたり、美味しいお料理に活用してみるなど、楽しんでみてください!

健康と美容を手に入れて、毎日笑顔の楽しい毎日に繋がると良いですね( ^∀^)大切な人と一緒に、今日から豆乳を毎日の習慣に取り入れてみてはいかがですか?

under main layout