ルナベリーの副作用が起きる原因を徹底追及!注意すべき点とは

ルナベリーの副作用が起きる原因を徹底追及!注意すべき点とは

bMGnu91R.jpg

ルナベリーにも副作用がある?

こんにちは♪チコリ編集長のみのりんです♪

女性って生理前になるとイライラしたり体がだるくなったりととってもデリケートで大変。そんなPMSの症状に効果があるといわれているサプリメントのルナベリー。

だけど体に取り込むものだからこそ、飲む前には副作用について詳しく知っておく必要があると思います。そんなわけで今回はPMSの改善効果が期待できることで人気のルナベリーの副作用を調べてみることにしました。

undefined
みのりん
副作用のリスクや原因を知ることはとても大切。これによって飲む前に対処することもできます!
  • 調べたサイト⇒513サイト
  • 医学書〜雑誌まで読んだ書籍⇒26冊
  • 試したバストアップサプリ⇒23種類

調べてみると、服用を控えたほうがいい人もいました。これは事前にしって置く必要がある情報です!ルナベリーを試してみようかなと思っている人は一度目を通してみてください。

\PMSの改善効果が期待できる栄養素を凝縮/

Source: 公式サイト

ルナベリー

  • 編集部評価:★★★★★総合点94点
  • 初回価格:0円(送料500円)
  • 1回あたりの値段:0円/30日分/30粒
  • 保証・特典:120日間全額返金保証
  • メーカー:ミーロード

美容研究家の女性が開発したPMSに対策するためのサプリメントです。生理不順やPMS症候群に効果があるとされる9種類のハーブを配合。

そのほかにもビタミンやイソフラボンといった女性にとってうれしい成分がバランス良く配合されています。初回は送料分500円で購入できて、返金保証もついています。

公式サイトを見てみる

ルナベリーの成分から副作用のリスクをチェック

ルナベリーに含まれている成分をチェック!そこから考えられる副作用やリスクを見つけていきます。

配合成分に食品アレルギーがあるか

ルナベリーの配合成分

月見草油(γ-リノレン酸含有)、亜麻仁油、チェストベリーエキス末(チェストベリーエキス、マルトデキストリン)、ブラックコホシュエキス末、ワイルドヤムエキス末、レッドクローバーエキス末、イチョウ葉エキス末、チャボトケイソウエキス末、大豆胚芽エキス末(イソフラボン含有)、フランス海岸松樹皮エキス末/ゼラチン、グリセリン、コメヌカロウ、グリセリン脂肪酸エステル、サンゴカルシウム、ビタミンB2、ビタミンB6、クチナシ赤色素、ビタミンB1、ビタミンB12

Source: 公式サイト

9種類のハーブをはじめ、PMSに効果が期待できる成分が多く配合されています。

公式サイトでは、食品のため基本的には安心して飲めると書かれていますが、原材料として大豆ゼラチンを使用しているとかかれています。

大豆やゼラチンにアレルギーがある人は使用を控えるか医師に相談することをおすすめします。

ホルモンへの作用が悪影響を与える可能性

ルナベリーに含まれているハーブは、実際にPMSに効果があると実証されています。その中でも注目したいのがチェストベリーです。

チェストベリーには、女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの分泌を正常化する効果があることがわかっています。このためチェストベリーはプロゲステロンの分泌不足によりおこる不妊症やPMSに効果が期待できるといわれています。

実際にルナベリーは疫学研究においても、PMSに有効性があると示唆されています。

ルナベリーにはこのチェストベリーが40mg配合されています。チェストベリーの1日の摂取目安量は20~40mgです。ルナベリーに含まれているチェストベリーの量は通常の摂取であれば問題はありません。

でもすでにピルやホルモン剤など医師に処方されているものを服用している人が、チェストベリーを服用すると、チェストベリーがホルモンにさらに作用してしまうため、生理不順や月経異常がおこってしまう可能性があります

そのためホルモンバランスに影響のある薬を服用している人は、ルナベリーを飲む前にかかりつけの医師に相談してから判断しましょう。

公式サイトを見てみる

ルナベリーを飲んで副作用が起きた人の口コミ

実際に飲んで副作用が起きた人があるのかどうかを見てみましょう。

大豆アレルギーによる副作用の口コミ

ルナベリーは原材料を大豆としているため、大豆アレルギーの人が飲んだ場合の口コミを探してみましたが、見つけることができませんでした。

公式サイトでもアレルギーを飲んでいる人の服用は控えるようにと記述されていますので、大豆アレルギーを持っている人で飲んでいる人は控えている人の方が多いのかもしれませんね。

大豆アレルギーやゼラチンアレルギーを持っている人は摂取を控えるほうがいいでしょう。

相変わらずの生理痛

中には生理痛の軽減したくて飲んでいる人もいます。口コミを見てみると、ルナベリーを1ヶ月飲んでみても効果が実感できていないという声が。

これは副作用によって効果がなかったというわけではなく、ルナベリーの効果が実感できるまでの期間が関係しているようです。

ルナベリーは効果が出るまでには、3ヶ月近くかかります。今回の口コミを見てみるとルナベリーを飲んで1ヶ月となっているので、もしかするとまだ効果がでていない時期なのかもしれません。

飲むとすぐに効果が実感できると思ってしまいますがルナベリーは効果が実感できるのに3ヶ月かかることを覚えておいたほうがよさそうですね。

生理がこなくなった

ルナベリーを飲んで生理がこなくなったと言っている人がいるかどうかも調べてみました。こちらもそういった口コミをしている人は見つけることができませんでした。

ルナベリーはホルモンに作用する効果があります。そのため1日の摂取目安量よりも過剰に摂取してしまうと、生理不順になってしまう可能性があります。この点は注意しておきたいですね。

基本的には副作用はない

今回口コミを調査してみてわかったことは、ルナベリーは基本的には植物由来の成分であるため副作用はありません。ただアレルギーによって発疹が出てしまうことがあったり、過剰摂取によって生理不順になってしまう可能性もあります。

ルナベリーは摂取量や注意書きをしっかりと守って服用しておけば、基本的に副作用が起こることはありません。用量用法をまもることはやっぱり大切なんですね。

公式サイトを見てみる

ルナベリーで副作用が起こる主な3つの原因

副作用が起きてしまう理由はなんでしょうか?原因を追求していきましょう。

食品アレルギーの体質

発疹がでたりかゆくなってしまうなどの症状が出た場合は、もしかすると食品アレルギーの体質である可能性があります。

ルナベリーは、大豆やゼラチンを原材料に含んでいます。大豆やゼラチンにアレルギーがある人は、アレルギー症状がでる可能性があります。公式サイトでも原材料にアレルギーのある可能性のあるものについては書かれています。

もし原材料の中でアレルギーがありそうな材料がある場合は、摂取を控えるかかかりつけの医師に相談してみましょう。

摂取量を守らずに過剰摂取

ルナベリーの摂取量は1日1粒です。

ルナベリーには女性ホルモンに対して有効性が示唆されているチェストベリーやその他にもハーブが配合されています。中でもチェストベリーは1粒に40mgも配合されているので、摂取量を守らずに過剰摂取してしまうと、黄体ホルモンの分泌が過剰になってしまい、症状が改善されなかったり悪化してしまう可能性が高くなります。

ルナベリーはホルモンに作用するサプリメントなので、摂取量は守る必要があります。

バストアップサプリと併用

ルナベリーは基本的に一緒に飲んではいけないサプリはありませんが、バストアップサプリの中には、ホルモンの分泌に作用するサプリメントもあります。

こうしたバストアップサプリと併用した場合、ホルモン分泌を促進する働きが過剰になってしまい、結果として副作用が出てしまう可能性があります

例えば生理痛がひどくなってしまったり、生理不順になってしまうこともあります。ホルモンの分泌に作用するサプリメントと併用する時は、効果をしっかりと確認して飲む必要がありそうです。

公式サイトを見てみる

ルナベリーを飲んではいけない人

ルナベリーを飲んではいけない人もいます。これはしっかり確認しておく必要があります。

配合成分に対するアレルギーのある人

配合成分の大豆やゼラチンにアレルギーを持っている人は、摂取を控えましょう。ルナベリーは女性ホルモンに効果のある大豆由来のイソフラボンが含まれています。

気づかずに摂取してしまうとアレルギー症状が出る可能性が高いので、控えましょう。

妊娠中の人

公式サイトでも書かれていますが、ルナベリーの妊娠中の服用は控えるとなっています。妊娠中は、お母さんが摂取した栄養素が胎盤を通して赤ちゃんに届きます。

ルナベリーには原材料にイソフラボンが含まれています。このイソフラボンを妊娠中に大量摂取してしまうと、あかちゃんが大豆アレルギーを起こしてしまう可能性やさらには胎児の発育にも影響する場合があることがわかっています。

またルナベリーは女性ホルモンに作用するので、女性ホルモンのバランスがいつもとは異なる妊娠中の摂取は控えましょう。

授乳中

授乳中の女性も、妊娠中と同様ホルモンバランスが乱れやすくなる時期です。イライラしたり体がだるくなったり、眠くなりやすくなるなど、PMSと似たような症状が現れることもあります。

そのため症状を軽減したいと思う人もいますが、ルナベリーは授乳中の女性の服用も控えるようになっています

これは妊娠中と同様で、イソフラボンの過剰摂取になってしまうと、母乳をとおして赤ちゃんもイソフラボンを過剰に摂取してしまい、大豆アレルギーがでてしまう可能性があるためです。

さらに発育にも影響してしまう可能性もあるので、妊娠中や授乳中のルナベリーの服用は赤ちゃんのためにも控えましょう。

向精神薬を服用中の人

向精神薬は、精神的な症状を改善するときに使われることが多い薬ですが、副作用としてホルモンバランスを崩してしまうことがわかっています。

向精神薬は神経伝達物質のドーパミンの需要を抑える働きによってノルアドレナリンの分泌を促進しうつ症状を改善しますが、実は女性ホルモンのプロラクチンの分泌を抑制できなくなります。

プロラクチンが抑制できなくなると、プロゲステロンの分泌が過剰になり、排卵が抑制され生理が止まるなど生理不順となる可能性があります。

ルナベリーにもプロゲステロンの分泌を促進する働きがあるので、向精神薬とルナベリーを併用すると、プロゲステロンの分泌が過剰になり副作用がでてしまったり、PMSの症状がひどくなってしまう可能性が考えられます。

さらに向精神薬と併用することで、向精神薬の効果が半減してしまう可能性がある場合もあるそうです。そのため向精神薬を服用している人は、ルナベリーの服用はひかえたほうがいいと言われています。

ホルモンに作用する薬を摂取している人

ホルモンバランスに作用する薬を併用している人もルナベリーの服用は控えたほうがいい、またはかかりつけの医師に相談したほうがいいとなっています。

女性の中には、不妊症などの治療でホルモン剤を使用している人もいます。ホルモンに作用する薬を飲んでいる人がルナベリーを服用すると、薬の効果に影響がでる可能性があるので、摂取は控えたほうがいいといわれています。

またルナベリーと同じ作用をもつ薬の場合、ルナベリーと一緒に服用することで、ホルモンの分泌が過剰になってしまいホルモンバランスが崩れ、結果として影響がでてしまう可能性があります。

undefined
みのりん
これはしっかり確認しておいたほうがいい情報ですね。もし不安があるときはかかりつけの医師に相談してみるのが一番です。

公式サイトを見てみる

ルナベリーで副作用を起こさないための注意点

副作用を起こさないためにも注意点をもう一度確認しておきましょう。

過剰摂取は絶対しない

ルナベリーは1日1粒で十分な効果があるといわれています。効果が出るのは3ヶ月くらいからと最初はなかなか実感できないので、不安になって過剰摂取してしまう人もいるかもしれませんが、それは絶対にやめておきましょう。

ルナベリーはホルモンバランスに作用するサプリメントです。1日1粒以上を摂取してしまうと、頭痛や吐き気、倦怠感と行った副作用がおこる可能性が高くなってしまいます。

他のPMSのサプリと併用しない

他のPMSの薬もルナベリーと同様の成分が含まれていたり、同じ効果があるものが多いです。

例えばチェストツリーを含んでいるサプリメントやピル、PMSの他に更年期障害や自律神経失調症、不安神経症や軽度のうつの症状に効果のあるセントジョーンズワートのサプリメントを服用している場合は、ルナベリーを服用しないようにしましょう。

効果をより実感したいからといって、他のPMSに効果のあるサプリメントを服用してしまうと同じ成分を摂取してしまうので、結果として過剰になってしまい、PMSの改善どころか逆効果となってしまう可能性があります。

PMSのサプリメントをすでに服用している場合は、どちらか一つだけを服用するようにしましょう。

異変を感じたら、すぐに医師に相談する

ルナベリーはホルモンに作用するサプリメントです。ルナベリー自体に問題があるわけではありませんが、健康に影響するものなので、安全に服用するためには医師に相談することが大切です。

服用しているときに異変がでた場合は、ルナベリーのサプリメントの袋ごと医師のところに持っていき成分などを確認してもらうようにしましょう。

またルナベリーを飲む前に不安がある場合も医師に相談しましょう。

公式サイトを見てみる

ルナベリーの購入方法と解約&返金方法

ルナベリーの購入方法、さらに解約や返金方法を確認します。

初回実質無料キャンペーンは公式サイトのみ

ルナベリーをネットで検索してみると、amazonや楽天でも取り扱われていることがわかりました。

でも、通常であれば4,500円(税抜)のルナベリーがお試しで送料のみ負担で購入できる初回実質無料キャンペーンを行っているのは、公式サイトのみでした。

他のサイトでは4,380円~4,980円と場所によっては公式サイトの通常価格よりも割高になる場合もありました。

最初はサプリメントに対して不安に思うこともあると思います。そんな人にとって初回無料キャンペーンはとても大きな魅力ですね。

返金保証付きの定期コースが安心&お得!

公式サイトの「トクトクコース」は4ヶ月の継続条件をクリアすれば、初回限定で120日間全額返金保証がついています。

120日間といえば、月数にすれば4ヶ月間。ルナベリーの効果が実感できるのは3ヶ月目からとなっているので、3ヶ月飲んで効果が実感できなくても返金保証の対応範囲内なんです。

さらにトクトクコースは、1回目の購入は送料のみの500円、2~4回めは10%の特別価格の3,960円で購入できちゃいます。

undefined
みのりん
長期的な返金保証に対応していて、さらにお得に購入できるなんてこれは試す価値ありですね♪

公式サイトを見てみる

万が一に備えて、明細書とパッケージは全て保管

もしルナベリーがあわなかったり、効果が実感できなくて解約をしようと思っている時は、全ての月の明細書とパッケージが必要になります。これがなければ返金してもらうことが出来ません。

解約することがある可能性も考えて、明細書とパッケージはすべて保管しておきましょう。実際に効果が感じられなかったら返金してもらいましょう!

定期コースは4回まで継続が必須

ルナベリーのトクトクコースの条件は4回継続することが条件です。4ヶ月毎日試してみても効果が実感できないという人に全額返金保証を行っています。

これはルナベリーの効果を実感するのには一定期間必要なことから4ヶ月と設定されています。返金保証をそれだけの期間でも行っているということは、それだけ商品に自信があるということですね♪

返金申請方法

万が一ルナベリーが合わないと感じた時は電話をすればOKです。ただし解約をする時は、使用をはじめてから4ヶ月経過しているかどうかを確認し、発送予定日7日前までに連絡をしましょう。

電話番号:0570-550-117

undefined
みのりん
返金保証制度が充実しているのは魅力ですね。申請方法も確認しておけば、なにかあったときも安心です。

公式サイトを見てみる

ルナベリーは低リスクで効果大!PMSの救世主♪

ルナベリーは基本的に副作用はないことがわかりました。口に入れるものだからこそ、副作用のないものがいいというのが女子の本音。

過剰摂取したからといって効果が大きくなるわけではなく、地道に毎日続けることが大切なので、過剰摂取はせずにじっくりと続けていきましょう♪

効果が出るまでには少し時間がかかりますが、返金保証も充実しているのでちょっと試してみようかなと思っている人にもおすすめです。ルールを守って飲めば、ルナベリーはPMSに悩んでいる女性にとってきっと救世主になるはず\(^o^)/

公式サイトを見てみる

under main layout