バストアップサプリは危険!?妊娠、妊活中の人が飲んではいけない理由 | Chicoli(チコリ)

バストアップサプリは危険!?妊娠、妊活中の人が飲んではいけない理由

バストアップサプリは危険!?妊娠、妊活中の人が飲んではいけない理由

妊娠中は要注意?妊婦でもバストアップサプリは飲めるの?

妊娠中・妊活中の皆さん初めまして、チコリ編集長のみのりんです☆ 

バストの悩みは若い女性にとって大きなものです。自宅でサプリを飲むだけで簡単にバストアップできちゃうバストアップサプリは利用されている方も少なくないと思います。

でも、妊娠中・妊活中の女性にとってバストアップサプリに危険はないのでしょうか?この記事に辿り着いた方の中には、妊娠中・妊活中だけどサプリを飲み続けていいのか不安に思っている人も少なくないでしょう。

undefined
みのりん
結論から言うと、妊娠中・妊活中の人はバストアップを飲んではいけません。もし現在飲んでいるなら、服用をやめましょう。この記事では妊娠中・妊活中の人が飲んではいけない理由を詳しく解説していきます!
では、なぜ飲んではいけないのでしょうか?バストアップサプリが妊娠中・妊活中の女性に及ぼす影響について解説していくので、ぜひ参考にしてください♪

【重要】バストアップサプリと妊娠への影響

バストアップサプリは妊娠にどのように影響するのでしょうか?まずは最も基本的なところから解説していきます。これから子作りする予定の人、現在妊娠中の人は基本知識を確認しておきましょう!

妊娠(子作り)に影響はある?

妊娠には女性ホルモンの作用が大きな影響を及ぼします。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

エストロゲンは排卵期になると、子宮頸管での分泌量を増やして精液を通過させやすくする働きがあります。

プロゲステロンは受精卵が着床しやすいように子宮内膜に作用し、妊娠させやすくする作用があります。

バストアップサプリは女性ホルモンを増加させる効果があるため、妊娠するための微妙なホルモンバランスを崩してしまいます。すると精子が卵子に受精しにくくなったり、受精卵が子宮内の着床に失敗する可能性があるのです。

妊娠初期に影響はある?

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があることは説明しました。プロゲステロンは妊娠中の体を作る上で必要なホルモンです。

妊娠をすると胎盤を形成するためにプロゲステロンが増加します。この時、バストアップサプリを服用することでエストロゲンが増加してしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、流産してしまう危険もあるのです。

妊娠中の影響は?

妊娠後はプロゲステロンの分泌量が増え、妊娠8〜9ヶ月でピークに達します。その後、安定期に入るとプロゲステロンの分泌量は減少していき、エストロゲンが増加していきます。

エストロゲンが増加することで乳腺が刺激され、母乳を出す準備を始めます。その影響でバストも自然と大きくなるので、バストアップサプリでさらにエストロゲンを補ってあげる必要はありません。

妊娠検査薬に影響はでる?

妊娠検査薬の仕組みは、妊娠中に増加する「hcg」と言うホルモンに反応することで、妊娠したかどうかを判定すると言うものです。

バストアップサプリが関係しているのはエストロゲンとプロゲステロンだけなので、hcgには関係ありません。そのためバストアップサプリを摂取しても妊娠検査薬には影響ありません。


なぜ妊娠中にバストアップサプリはNGなの?

なぜ妊娠中のバストアップサプリを摂取するのはNGなのでしょうか?妊娠中の女性ホルモンの働き、妊娠中のバストアップサプリを服用できない理由があるのです。ここではバストアップサプリが妊娠中の女性にNGである理由を解説します!

妊娠中の女性ホルモンの働きとは

妊娠中は女性ホルモンの働きがとても大切です。なぜ大切なのかと言うと、妊娠しやすい体を作ったり、妊娠を維持できる体を作ったり、出産に備える体を作ったりするために女性の体に作用するからです。

プロゲステロンとエストロゲンにはこのような働きがあります。

【プロゲステロンの働き】

  • 基礎体温を上げ、受精卵を着床しやすくする
  • 子宮内膜を維持し、受精卵が着床する環境を作る
  • 乳腺を発達させ、母乳を出せるようにする

【エストロゲンの働き】

  • 卵胞を成熟させる
  • 子宮内膜を厚くし、受精卵が着床する環境を作る
  • 精子が子宮を通るための子宮頸管の分泌量を増やす

妊娠中に服用できない理由とは

エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンには、妊娠するために大切な働きをすることがわかっていただけたかと思います。

妊娠するためだけでなく、妊娠中にもエストロゲンとプロゲステロンの微妙なバランスを維持することが大切なので、バストアップサプリを服用することでそのバランスが崩れてしまうのです。

特にバストアップサプリの多くに含まれるプエラリアは効果が強く、妊娠中に使うことは禁止されています。プエラリアには、エストロゲンとに働きをする「エストロゲン様物質」としてミロエストロールやデオキシミロエストロール、プエラリンといった植物性エストロゲンが含まれています。プエラリアの植物性エストロゲンは大豆イソフラボンの1,000倍から10,000倍の効果があるとされており、妊娠中に服用するのは効果が強すぎるため絶対に使用は禁止しましょう!

バストアップサプリ服用中に妊娠…そんな場合はどうすべき?

妊娠中のバストアップサプリを服用するつもりがなくても、バストアップサプリを服用中に意に反して妊娠してしまうこともあります。そんな場合はどうすればいいのでしょうか!?

すぐに服用を中止

バストアップサプリ中に妊娠が発覚したら、すぐに服用を禁止しましょう。性行為には常に妊娠の可能性があります。どんな避妊でも妊娠の確率を0%にすることはできません。

現在バストアップサプリを服用していてパートナーがいる方は、妊娠していないかどうか生理周期を見ながらよく注意して生活しましょう。

かかりつけの産婦人科に相談

バストアップサプリを服用中に妊娠してしまったら、すぐに服用を中止し、次にかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

バストアップサプリを服用していた期間にもよりますが、もしかしたら母体や胎児にも影響が出てしまっているかもしれません。産婦人科では医師のアドバイスと指示をよく聞いて、今後の方針を立てましょう。

妊娠を望むなら飲まない

そもそも妊娠を望んでいるなら、最初からバストアップサプリを飲まないという選択肢もあります。妊娠、出産を経て授乳をすると、バストがしぼんでしまうのは避けられません。バストアップは卒乳後にしてみてはどうでしょうか? 

undefined
みのりん
バストアップをしたい気持ちもわかりますが、妊娠を考えているなら服用するかどうか悩みますよね。これはどうやって自分を説得するかということだと思います。妊娠前にバストアップサプリを飲んでいてもどうせバストがしぼんでしまうと思えば、妊娠前にバストアップサプリを飲む気も失せるかもしれません。そのように自分を説得してみるのも一つの出だと思いますよ。

プエラリアの長期間服用は不妊症になる?

バストアップサプリが妊娠中に服用する危険はわかっていただけたと思います。それとは別に、プエラリアを長期間服用することで不妊症になるのでは!?といった噂もあるのです。プエラリアと不妊症の関係は本当なのでしょうか?

プエラリアの働き

バストアップサプリに含まれることの多いプエラリアは、エストロゲンと似た働きをする成分です。プエラリアに配合されているエストロゲンは植物性エストロゲンと呼ばれており、ミロエストロール、デオキシミロエストロール、プエラリンと呼ばれる成分が存在しています。

これらの植物性エストロゲンは、大豆イソフラボンの働きの1,000倍から10,000倍の強力な効果があるとされています。

過剰摂取がリスクを高める

プエラリアはエストロゲンを補う強力な効果があります。そのためプエラリアを摂取することでエストロゲンの量が増えてしまうと、女性の体が「エストロゲンを分泌しなくていい」と判断してしまいます。

特にエストロゲンは排卵前の卵胞期に多く分泌されるホルモンです。この時期にエストロゲンが多く分泌されることで、受精卵が着床しやすいように整えられます。

しかし、この時期にプエラリアを摂取することで、妊娠するためのエストロゲンが分泌されなくなり、妊娠しにくくなってしまうのです。

バストアップサプリを飲むなら卒乳後がおすすめ

ここまでご紹介してきたように、バストアップサプリを飲むのはタイミングがとても重要です。バストアップサプリを飲むなら、母体や乳幼児に影響が出ないように卒乳した後にしましょう。

母乳が止まったら

バストアップサプリを飲むなら、卒乳後のホルモンバランスが安定してくる時期がおすすめです。ホルモンバランスが安定してくるのは、母乳が止まって生理が始まる時期です。

卒乳後すぐだとまだホルモンバランスが安定しないので、卒乳してから2ヶ月ほど経過してからがちょうどいいでしょう。

LUNA(ルーナ)

\バストアップサプリ初心者におすすめ!/


バストアップサプリを飲むなら、最初におすすめするのはLUNA(ルーナ)です。LUNA(ルーナ)をおすすめする理由は、定期購入だと通常価格8,980円のところを初回特別価格1,980円とお手頃で、バストアップサプリ初心者が手に取りやすいからです。

さらにLUNA(ルーナ)には過剰摂取すると危険なプエラリアが配合されていますが、安全な100mgに抑えられているためバストアップサプリ初心者でも安心して飲むことができます。

LUNA(ルーナ)は生理周期に合わせて2種類に分かれているのが特徴で、生理前のPMS を改善したい女性にもおすすめできます。

公式サイトを見てみる

LUNA(ルーナ)の口コミを知りたいあなたは⇨こちら

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアム

\プエラリア配合ゼロの安全なサプリ/

LUNA(ルーナ)だけでなく、LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムもおすすめです。LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムの特徴は、LUNA(ルーナ)と違ってプエラリアが配合されていないことです。

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムにはプエラリアの代わりにエクオールが配合されています。エクオールは大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換された成分で、女性ホルモンを補ってくれる効果があります。

しかし大豆イソフラボンをエクオールに変換するための腸内細菌を持っている人は日本人でも半分しかいないと言われています。LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムならエクオールを直接摂取できるので、エクオールに変換する腸内細菌を持っていない人でもバストアップできるのです。

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムはプエラリアが配合されていないので、プエラリアを摂取するのが怖い人、プエラリアでは効果がなかった人、中高生など未成年の女性にもおすすめできます。

公式サイトを見てみる

LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントプレミアムの体験談を読むなら⇨こちら

バストアップサプリは妊娠中に絶対飲んではダメ!

女性の体はエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが存在し、妊娠するため、妊娠中の体を維持するため、出産するための体を作るサポートしてくれます。

特に妊娠中はこれら2種類のホルモンバランスが妊娠中の女性の体を維持しているため、ホルモンバランスが崩れることで妊娠中の体や胎児に悪影響を与えてしまうことになります。

バストアップサプリは女性ホルモンを補う効果があるため、妊娠中に摂取することで微妙なホルモンバランスを崩してしまい、最悪の場合流産につながってしまうこともあります。妊娠中には絶対にバストアップサプリは飲まないようにしましょう!
under main layout