胸がしぼむ?!20代でもバストケアの知識がないと、貧乳になる可能性が!

胸がしぼむ?!20代でもバストケアの知識がないと、貧乳になる可能性が!

HlVVQF8f.jpg

目次

  • 最近、胸がしぼんできたような…病気?
  • 胸がしぼむ3大要因はこれ!
  • 胸がしぼむタイミングってあるの?
  • しぼんだ胸のハリを取り戻す方法
  • 胸がしぼんできたと思ったら、すぐに原因を見つけて、バストのハリを取り戻そう!

最近、胸がしぼんできたような…病気?


胸がしぼむ、小さくなるというとダイエットのしすぎでやせたとか、加齢でハリがなくなってしまったんじゃ?と、研究を始める前は私、みのりんもそう思っていました。

でも、生理前後に胸が大きくなったり、小さくなったりする!と気づいていたのは確か。これは一時的な例だとしても、気がつくと周りの20代の女の子からも、原因不明で「前よりブラがゆるくなった~」とか「胸がしぼんできてるんだけど…」といった相談があることに気がついたんデス。病気になったのかも、と心配する子もいるほど。

そのままバストが小さくなって固定されてしまったら大変ですよね!女性らしいスタイルも楽しめなくなってしまいます…。そこで、Eカップまで築き上げた私自身の胸をキープするため、悩める女子のため、 胸がしぼんでしまう原因や、食い止めるだけでなくさらにサイズUPも期待できちゃう解決法をいろいろと探ってみました。


胸がしぼむ3大要因はこれ!

どんどん貧乳に近づいてしまったらショックですよね。でも私たちが気がつかないうちに進行しているかも?生活の中でも胸がしぼんでしまう原因を作っているかもしれないんです。

要因その(1) 女性ホルモンの減少

胸が小さくなってしまうのは、女性ホルモンの分泌が滞っているせいかもしれません。恋をしてドキドキするだけでも女性ホルモンは増えるんでしょ?と思っているアナタ、それだけでは足りません!女性ホルモンを知るうえでは欠かせない、エストロゲンプロゲステロンの働きを押さえておきましょう。

バストを大きくするには必須のホルモン!エストロゲン

平均12歳ぐらい、ちょうど初潮を迎える頃から女性ホルモンは増え始めます。20歳代後半~30歳代前半で分泌はピークを迎えますが、できるだけ早い10代に活発なホルモン分泌がされるほど大きなバストが完成されるといわれています。

その時に特に重要なのが、別名卵胞ホルモンとも言われるエストロゲン。バストだけに限らず、女性の「美」をつくるうえで欠かせないホルモンなんです。妊娠に備えて子宮内膜をふかふかに整える他、水分を取り込んで肌にうるおいを与えたり髪の毛をツヤツヤにしたりと女性にとってはうれしいことばかり。生理周期の中で言うと生理終了付近~排卵日ぐらいまで分泌されています。

もちろん、成長期が過ぎても20代後半から40代前半まではエストロゲン分泌の「成熟期」を迎えるため、エストロゲン量を増やしていくことは可能なんですよ。

妊娠状態をキープしようとするプロゲステロン

一方、排卵期から生理までは、プロゲステロンが分泌される期間。卵子が入った卵胞が形を変え、黄体から分泌されるものでその名もずばり「黄体ホルモン」とも呼ばれています。この時期に一時的に胸が張ったりするのを感じたことはありませんか?実は体が妊娠中に近い状態になるので、むくみが起きたり、母乳を出す準備として乳腺を発達させようとするんですね。

妊娠維持には大切なプロゲステロンですが、ニキビができやすくなったり、イライラしたりと普段はあまり良い作用が感じられませんよね。ただ、エストロゲンばかり多く分泌されても体にかかる負担が大きくなってしまうんです。

女性ホルモンのバランスが整うと、美乳をキープできる

エストロゲンは胸や女性器に強く関係しているホルモンなので、充分に分泌されていればツルツル肌や、ふっくらとしたバストでいられることは間違いありません。ずっと分泌され続けていればいいのに…と、思ってしまいますよね!

ただ、体内に過剰に増えると今度は乳腺や子宮内膜が発達しすぎたりして、逆に乳がんなどの病気のリスクが高まってしまいます。それを防ぐため、プロゲステロンがある程度エストロゲンをしずめる役割も担っているようなんですね。フィードバック機構といって逆にプロゲステロン量が多いとエストロゲンが制御して、両者ともちょうど良い量を保とうとします。

ただし、何らかの原因でエストロゲンの分泌が少ないままになってしまったら?胸の発達が望めないばかりか、ホルモンバランスが崩れて逆にキュッと小さくしぼんでしまうイメージがわいてきませんか?

要因その(2) 病気が原因のことは少なく、栄養不足であること

胸がしぼんでしまう原因として考えられる病気も、残念ながらあります。多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という、排卵した際の卵胞が卵巣の中にたくさんできてしまう症状で、詳しいメカニズムはまだ良く分かっていません。ただしその病気にかかっている人は黄体を形成するホルモン分泌量が多いということと同時に、男性ホルモンであるアンドロゲンも増加するのが見られるようです。すると、表れる症状の中で声が低くなったり、体毛が濃くなったりすることもあるそうで、そのうちのひとつに胸が小さくなるということもあるようですね。ただしほとんどは軽度のものらしく、きちんと医療機関で治療をしていくことが大切なんですね!

また、確かに風邪をひいたり体調が悪い時などは代謝がとどこおって、胸に栄養が届きにくくなるということはあります。しかしその時は、体の具合を良くしようとするほうが先決で、胸のサイズのことまで気が回らないですよね。

では、今は健康体でも私たちが毎日、胸の大きさキープとは逆のことをしていたとしたら…それは即刻直さなくてはいけません。その大元は栄養不足で、胸がしぼむ原因に大きくかかわっています。


バストケアに良くない食べ物は?

・白砂糖を多く使ったお菓子

女性ホルモン分泌をうながす出発点である、脳の視床下部からのGnRHというホルモンが出にくくなり、その後の中継地点である下垂体→卵巣へという指示が届きにくくなってしまいます。

・合成添加物の多い食事

ファーストフードやインスタント食品などを多く食べていると、体内に老廃物や毒素がたまりやすくなります。体は排出しようとエネルギー過多になって、免疫力も低下、ホルモン分泌もスムーズに行われにくくなってしまうんです。

・コーヒーをたくさん飲んでいる

コーヒーを1日に3杯以上飲んでいると、胸のサイズが小さくなるとスウェーデンの大学教授の研究発表にありました。3杯以下、あるいは飲まないという女性と比べると、17%小さくなるという結果が出ているそうで、食後や間食にもコーヒーを飲みたい!というアナタはつらいですが我慢です
なんでも、コーヒーに含まれるカフェインを摂りすぎると、自律神経を乱してホルモンの分泌にまでかかわってくるそう。


要因その(3) 間違ったバストケア

胸の大きさやハリをキープしたい!と思う気持ちは切実です。しかし、ちまたではこれを塗ってマッサージすればふっくらとした胸でいられます、と名目がついたクリームが売られていたり、教材なども数多いですよね。補正下着やバストアップニッパーなども、体験談付で販売されていたりして試してみたいとなるのも分かります。私もついつい、新しい物には目が行ってしまいますもん…。

しかーし、基本的なことに立ち返ると、当たり前ですが胸だけが体から独立しているワケではありませんよね。大事な体のひとつの部分としてバストがあるため、人それぞれの体質、乳腺の多さ、脂肪の付き方によって、人よりも効果が出にくかったりするのは当然なんです。もちろん外側から矯正することもある程度は効果的ですが、やみくもに「これが効く」という方法に飛びついてしまうことが、かえって胸を小さくしているかも!

胸がしぼむタイミングってあるの?

実際に、どんな時に胸はしぼんでしまうのか?気になりますよね、事例を見てみましょう。

生理前後や、授乳終了(卒乳)前後

女性の体は生理に向けて黄体ホルモンであるプロゲステロンが分泌されると解説しました。プロゲステロンは乳腺自体を形成する役割があるので胸が張ったり、大きくなった?と一時的に感じることがあります。

一方で妊娠中はプロゲステロンと共にエストロゲンの作用で乳腺がさらに発達、母乳を作るので胸が目に見えて大きくなりますよね。出産してからは、エストロゲンの代わりにプロラクチンという女性ホルモンの分泌量が増えて、授乳期間もしっかりと大きさは保たれています。が!しかし、卒乳した後は活躍してくれた女性ホルモンの分泌はなくなり、乳腺も衰退してしまいます、となると乳腺の周りにあった脂肪もなくなって胸もしぼんでしまうというワケなんですね。

急激なダイエット

極端に体重を落とすダイエットは、女性ホルモンの分泌が少なくなるというのは知っていますか?脳の視床下部、下垂体と卵巣の機能もおとろえて、エストロゲンが充分に分泌されなくなってしまいます。急激なダイエットは無月経を招き、骨の骨密度なども低下してスカスカ状態になってしまうというからコワいですよね。バストキープの前に、栄養不足、特に女性は鉄分不足が目立つと貧血がひどくなって、体調自体が悪くなってしまうので危険!

また、胸はほとんどが脂肪でできているため肝心な胸からやせていってしまうことがあります。脂肪は胸の構造上、ある程度なくてはならないものと覚えておきましょう。

間違ったバストアップマッサージ

小さく固くなってしまった胸には、マッサージが大切でしょ!と強い力で揉んだりしていませんか?胸は90%が脂肪組織でできていて、内側には残りの10%の乳腺があります。さらにそれらをまとめているクーパーじん帯があり、胸の形を整えるとても大切な役割をしています。間違った方法で胸のマッサージを念入りに行うと、そのクーパーじん帯が伸びてしまったり、時には切れてしまうことも。一度切れたらなんと再生はできず、胸の形自体も崩れてしまいかねません!さらにダイエットもしているアナタは胸自体の脂肪を燃えやすくしてしまうので、自己流マッサージは控えたほうがよさそう。

ではどうすれば良いのかというと、胸の周囲にあるリンパ節に注目しましょう。リンパ節は酸素や栄養素、老廃物を運搬する働きがあります。バストの形や大きさをキープするには鎖骨やわきの下のほうまでに気を配り、リンパの流れをスムーズにして血行促進をはかることが一番なんです。そのため、形を整えようとぎゅっと胸を締め付けすぎるのも、代謝がとどこおるので良くありません!

生活習慣の変化

職場が変わったり、夜勤をするようになったなど生活のリズムが変わること胸がしぼんでしまう原因になります。一見、関係がなさそうと思いますが、生理を例にあげるとショックなことがあると止まってしまったり、旅行の日に限って来てしまう…ということ、ありますよね。ストレスを感じると自律神経の調整がうまくいかず、ホルモンバランスも崩れやすくなってしまうんです。これは、自律神経の働きと女性ホルモンの分泌をつかさどっているのが脳の視床下部という、同じ場所という影響が大きいようですね。女性ホルモンが卵巣から充分に出ていないと、視床下部がもっと出せと指示を出しますが、量が極端に多かったり少なかったりしても混乱状態になり、自律神経の乱れにつながってしまうといわれています。

冷え症

男性にくらべて筋肉量が少ない女性は血液を循環させる力がもともと弱く冷え性になりやすいといわれています。そして暑い時期に冷たい物を食べ過ぎたり、クーラーの風にあたりすぎるという外部的な要因も冷えを促進させ、手足の他に内臓まで冷えている人も多いのだとか。体の中まで冷えてしまうと、自律神経や女性ホルモンに影響大!生理痛がひどくなるなど、思い当たること、ありますよね。さらに、脂肪は一度冷えてしまうと温まりにくくなってしまうので、栄養が充分に行き届かない胸も固くしぼんだままということになってしまいます。

更年期

40代後半~50代にかけては女性ホルモンであるエストロゲンが減っていき、更年期に入っていきます 。エストロゲン量が減ってしまう理由は、月に一度の排卵の時に1個だけ出てくる卵胞の、大元の数に原因があるようですね。卵巣の中にある卵胞を、赤ちゃんの頃にはすでに200万個持っていますが、月に1000個ぐらいずつ減っていき、38歳を境にぐっと減ってしまいます。エストロゲンはこの卵胞から分泌されるため、減ってしまうと当然、体内に出てくるはずのエストロゲンも不足してしまうんです。

すると、視床下部からホルモンを出しなさいという指令が出ても卵巣が働けず、脳から分泌される指令(Gn-RHホルモン)ばかりが増えた結果、のぼせや動悸、イライラなど更年期障害の症状が出てきてしまうんですね。閉経が近づくにつれて胸がしぼんでしまうのもある程度は避けられません。

しぼんだ胸のハリを取り戻す方法

ここからは、元気なくしぼんでしまった胸をよみがえらせる方法を考えてみたいと思います!自分でできることはどんどんやってみたいですよね。

バストアップできる食事

胸を大きくするためには、女性ホルモンの分泌をスムーズにして乳腺の発達をうながしたいもの!バストアップに良いとされる栄養素と、どんな食材に多く含まれているか表にしてみました。

栄養素含まれる食品なぜ効果的なの?
イソフラボン大豆など女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをすることで知られています。

ボロン

きゃべつ、ぶどうなどミネラルの一種、ホウ素と呼ばれるものでエストロゲンの働きを助けます。
骨粗鬆症予防にも効果的なので更年期の方にもおすすめ!
たんぱく質大豆、肉、魚、卵など
ビタミンBが豊富なので、丈夫な皮膚や筋肉を作ってくれます。
植物性の大豆や豆腐などのたんぱく質とバランス良く食べると◎
脂質亜麻仁油、オリーブオイル脂肪でできているバストには、良質な油で調理したものを食べると良いです。
EPAなどのオメガ3も細胞間の栄養の取り込みが良くなるので積極的に摂りましょう。

バストアップマッサージ

ツボ押しは、脳の視床下部に刺激として伝わり、そのまま女性ホルモン分泌につながります。体中にあるツボの中でもバストアップに効果的なものもありますよ!

<< 壇中・だんちゅう >>
 両方の胸の真ん中、谷間の部分にあるツボです。高さは乳首のラインと同じです。

<< 渕腋・えんえき >>   
今度は逆に、乳首から10cmほど外に離れたわきの下にツボがあります。高さは同じく乳首に合わせてくださいね。

押し方はゆっくりと息を吐きながら、3~5秒押して離すというのを繰り返すと効果アップ☆

バストアップエクササイズ

バストアップに欠かせないのは、胸を支えている筋肉を鍛えること。特にバストの土台になっている大胸筋は、収縮によって血液やリンパ液などを循環させています。ただし鍛えすぎてガチガチになってしまってもバストが自然なふくらみになりません。そこで、大胸筋を鍛えるものと、その周りの血行を良くして栄養の循環を良くするポーズの2種類を行うと美乳に近づけます。

<< 合掌のポーズ >>

  1. 背筋を伸ばし、胸の前で手を合わせる。
  2. 両方の手のひらだけをくっつけて、ひじは胸のラインまで上げる。
  3. 息を吐きつつ、手のひらを押し合う。

この時、腕よりも胸の筋肉に力が入っているのを意識すると良いですよ!

<<上半身のリンパストレッチ>>

  1. 両腕を上げて、交互に少しずつ引き上げて伸ばす
  2. 左右の手を上げたままそれぞれ反対の腕のヒジをつかみ、後ろ側にリズミカルに倒すようにする
  3. 前後の腕を入れ替えて同じようにつかみ、2の動きを繰り返す

腕を降ろすと首の付け根からわきの下までポカポカと温かくなってきますよ☆

バストアップサプリ

食べ物にも気をつけて、生活習慣も整えたうえでさらにエストロゲン増加を狙うなら、バストアップできると評判のサプリを摂ることもおすすめ!数々のクチコミサイトでもランクインしている優秀なサプリから2つご紹介します。

ベルタプエラリア

プエラリアは、エストロゲン分泌を促すイソフラボンの働きを活発にさせると知られています。そもそもプエラリアはマメ科の植物のことで、主な原産地はタイやミャンマーなど。ただし物によっては有毒な成分が入っていたりと、効果を充分に発揮させるには質が良いものを選ぶのが必須のようですね。

こちらのベルタプエラリアは、100%純正で高品質。さらにプエラリア・ミリフィカが使われています。これは、イソフラボンよりも1,000倍近くもエストロゲンを活性化する効果がある「ミロエステール」や「デオキシミロエステール」などが豊富で希少な物なんですよ。2015年のモンドセレクション金賞を受賞している、お墨付き商品です。

商品情報

  • 商品名:ベルタプエラリア
  • 本体価格:9,241円(税別)
  • 容量:90粒

商品はコチラ

ルーナ

ルーナの特徴は、女性のホルモンバランスに合わせて飲むサプリを2種類に分けているところ。「キラキラ期」と呼ばれるエストロゲンが分泌されやすい時期にはプエラリアのサプリを飲んで、さらなる女性ホルモン分泌をうながします。プロゲステロン分泌が多い、身体が不調になりやすい「まったり期」には、症状を緩和する効果があるワイルドベリーやチェストツリーを。また両方の期間を通して、コラーゲン組織を結びつけて肌のハリを保つエラスチンや、ビタミンBの一種であるビオチンを摂取できます。女性ホルモンの自然なリズムに合わせたサプリなので、体に無理なくバストアップ効果が狙える商品ですね。

商品情報

  • 商品名:LUNA
  • 本体価格:8,980円(税別)
  • 容量:きらきら期:7g(250mg×28粒)、まったり期:7g(250mg×28粒)

公式サイトが最安値です。くわしくはこちらから↓↓↓

LUNA(ルーナ) 今だけ500円キャンペーン中

胸がしぼんできたと思ったら、すぐに原因を見つけて、バストのハリを取り戻そう!

胸が小さくなってしまったら、もう太らない限り大きくならない~とあきらめていたアナタ!バスト大きさを保つ&さらに盛って行ける方法がまだあることが分かりましたねっ。 胸に栄養がよく行き届くようエストロゲンを増やす食事をするストレスをためない!早く寝るなど今日からできることがいっぱいです。遺伝で胸が小さい人でも大丈夫?という疑問も払ってしまって大丈夫。遺伝によって影響するのは全体の30~40%で、残りの60~70%は自力でなんとかできてしまうんデス!毎日コツコツ、美乳のために努力すると、他の人よりもっとエイジレスでハリのあるバストを維持できるはず。頑張って行きましょう!

under main layout