バストアップを自力で成功させる!サプリや育乳ブラなどお金をかけずにできる方法

バストアップを自力で成功させる!サプリや育乳ブラなどお金をかけずにできる方法

kCCfBdmu.jpg

目次

  • 自力のバストアップ法を教えます!
  • まずは、小さいバストや垂れたバストの原因を知ることが大事
  • リンパマッサージでふっくら大きなバストに!
  • ツボを刺激して、胸への血流アップ 
  • 姿勢を正すだけで、バストが上向きに!
  • 筋トレで胸の筋肉を鍛えて、垂れないバストに!
  • ストレスフリーの規則正しい生活でバストアップできる体質づくり
  • 適度な運動はダイエットだけでなく、バストアップにもつながる
  • 自力のバストアップ!できることから試してみよう!

自力のバストアップ法を教えます!

バストアップは多くの女性の抱える願望ですよね。学術誌Journal of Female Health of Scienceによると日本人女性の平均バストはB~Cで、世界ランキングは71位だそうです。なみに一番大きなサイズはロシアや北欧で、Eぐらいだそうです。大きいですね~(笑)

ということは自分はバストアップしなくて良い?いえいえ、もっとポジティブに周りの人と差を付けて美しいバストを手に入れてみませんか?でもサプリや育乳ブラを買うお金がない。まして手術するお金なんて・・・。それにサプリは副作用が心配だし、手術にもリスクがあるのが心配だし・・・。そういう心配を抱える女性も多いはず。  そこで、今回は自分で簡単にしかもお金をかけずにできるバストアップ法をご紹介します。これまで多くの女性が体験し、成果を上げてきたバストアップ法だけに、期待度抜群です。もちろん、私チコリ・バストアップ編集長「みのりん」も実行済みですよ。3か月後の自分をイメージして今からニヤニヤしてください。手軽に自宅でできて自分に合ったバストアップ法がきっと見つかるはずです。

まずは、小さいバストや垂れたバストの原因を知ることが大事

なぜ世の中にはバストの大きな人と小さな人がいるの?神様って不公平!って思ってる人も沢山いるとおもいますよね。でもどうして、バストの大きさに差が出るのでしょう?バストアップのためにはまず、その原因から考えてみましょう。

バストが小さい原因は主に次の3つが考えられます。

  1. 血行の悪さ
  2. 筋力不足
  3. 女性ホルモンの不足

1.血行の悪さ

まず、血行の悪さですが、人の体の中には血液がグルグル回っていて酸素を運んだり、栄養を運んだり、老廃物を運んだりしています。よく皆さんが耳にするリンパも同様です。リンパと血液の違いは血液が体を循環するのに対して、リンパは心臓に向かって一方向にしか流れない点です。リンパの流れが悪いと、血液中の老廃物が排泄されず、栄養や女性ホルモンがバストに届かないといったことが起ったりするんですって。また、リンパ管は筋肉の収縮や外からの圧力で、流れを促進することができます。つまり、マッサージによってリンパの流れを良くすることができるのです。

同じ姿勢で一つの場所に留まっていると足がむくんだりするのはこのリンパの流れが悪くなっているためです。みなさんも経験あるでしょ。バストが小さい人はこのリンパの流れが悪くなっていることが考えられます。老廃物が溜まり、栄養が十分にバストに行かないために、バストの乳腺の発達が促されないのです。

2.筋力不足

次にバストを支える筋肉が衰えているためにバストが上に上がってこないということが考えられます。

1)大胸筋

バストそのものの大きさを考えるなら大胸筋を鍛えることが重要です。大胸筋を鍛えることによって、バストのベースとなる部分が大きくなり、バストアップにつながります。自分の胸を見てバストが横に離れているなあ(泣)と感じたことはありませんか?豊胸でもしない限りこの形は直らないと悲観している方も多いでしょう。でも、脂肪の形は筋トレでは変えられないけど、大胸筋の形を変えることによってバスト全体の形を変えることもできるんですよ。どうです?驚きました?詳しくは後でお話ししますね。

2)クーパー靭帯

次にバストを支えるという意味ならクーパー靭帯について考えてみたいと思います。クーパー靭帯とは、コラーゲン腺維の束のことで、バストの乳腺や脂肪をまとめる、支える役割するものです。このクーパー靭帯が衰えたり伸びきったり、最悪の場合に切れてしまったりすると、バストを支える力を失うのでどんどん下に下がって形が悪くなり、しぼんだ小さい胸になってしまいます。

このように、のクーパー靭帯が伸びたり、切れたりしてバストを支えきれなくなるので、バストが変形していくのですが、美しいバストを保つためにはクーパー靭帯が伸びたり、切れたりすることを防ぐ必要があります。みなさん、大胸筋とクーパー靭帯を鍛えれば美しいバストに一歩前進ですよ♡

3. 女性ホルモンの分泌が足りない

最後に、バストが小さい理由として女性ホルモンの分泌が足りないということが考えられます。女性ホルモンは女性らしさを作る源です。バストは女性らしさの象徴です。ならば、バストアップは女性らしさをつくる女性ホルモンと関係しないわけがありません。女性の美しいバストもこの女性ホルモンと大いに関係しています。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンという2つの物質があります。エストロゲンだけを女性ホルモンといったりもします。

なんかややこしいですね(笑)胸の大きさは乳腺の数によって決まりますが、この乳腺の発達を促すのがエストロゲンです

リンパマッサージでふっくら大きなバストに!

これからバスト問題の原因を改善する方法(リンパマッサージ、ツボ刺激、姿勢を正す、筋トレ、生活習慣、適度な運動、正しいブラジャーの装着など)を一つ一つ詳しく説明していきますから、これを参考にして美しいバストを目指しましょう。

リンパマッサージの効果​

自力でバストアップをするんだから、まずしないといけないのはマッサージ!やってもらうのはいいけど、自分でやるのは面倒~(TOT)なんて声が聞こえてきそうですが、お金をかけずにバストアップするには絶対に通らねばならぬ道!でも、やっていくうちに楽しくなりますよ。

なぜマッサージがバストアップに必要かというと、まず、マッサージで血行が良くなることにより、リンパが老廃物を排出してくれます。そして栄養や女性ホルモンがしっかりとバストに届くようになるんです。栄養や女性ホルモンがしっかりとバストに届くと、固まっていたバストが柔らかくなり、より乳腺が発達しやすくなるんですね。そこで、次にバストアップに効果があるマッサージを3つ紹介しますね。

1. 人気のバストアップマッサージ

1)神藤多喜子先生のおっぱい体操

新藤先生のおっぱい体操はご存知の方も多いと思います。

特徴はなんといっても「おっぱいはずし」と「おっぱいゆらし」です。一般のマッサージはバストを大きくための乳腺の刺激や、形を整えるための脂肪の移動にポイントがありますが、新藤先生のおっぱい体操は骨格の付き方、筋肉の付き方を考え、バストが発達しやすい状態を作ることにポイントがあります。

おぱいはずしのやり方は

  1. 左胸の脇に逆の右手をもっていき、脇の筋肉とバストを分離するようにやさしくバストを持ち上げていきます。激しくするとクーパー靭帯が痛んでしまいますよ(汗)。
  2. 人差し指から小指までの4本の指で上の方へバストを誘導します。
  3. 右胸は今度は逆になるように左手で行います。
  4. 筋肉(大胸筋)とバスト(脂肪)が離れるようなイメージでできるとOKです。

おっぱいゆらしのやり方は

  1. ​ 右手で左のバストを斜めに持ち上げ上下に揺らします。
  2. 反対の右のバストも同じように。
  3. 両手を重ねて左胸のアンダーバストのところに添えます。今度は真上に持ち上げて上方向に揺らします。
  4. 反対の右のバストも同じように。
  5. 両手を両方のアンダーバストに当てて、左右同時に真上に持ち上げます。そして持ち上げたまま、上下に揺らします。
  6. これを30回程度繰り返します。

2)戸瀬恭子流バストアップマッサージ

続いて戸瀬恭子さんのバストアップマッサージを紹介します。戸瀬恭子さんは公式バストアップサイトでその方法を紹介しています。その特徴は何といっても10分で効果が現れるという点です。しかもそれは1日持続します。新藤先生のおっぱいはずしと共通するところがありますが、こちらはツボマッサージに重点が置かています。

バストアップマッサージのやり方は

  1. ​背筋を伸ばして座ります。
  2.  ひじ、二の腕、脇、デコルテの順にゆっくりさすります(10回)。
  3. 肩甲骨、脇、デコルテの順にゆっくりさすります(10回)。
  4. リンパを意識してバストと大胸筋の付け根を揉みます(10秒)。
  5. 親指がバストップを通るようにマッサージします(10秒)。
  6. 神宝というツボをマッサージします(10秒)。
  7. バスト全体を手のひらで持ち上げ、親指で円を描き、揉みほぐすようにマッサージします。
  8. 脇から脂肪を胸に集めるようにマッサージします。
  9. 2~8を2セット行います。

3)朝井麗華さんの乳トレ

おっぱい番長としても知られる経絡整体師の朝井麗華さんが考案した乳トレ(ちちトレ)はバストが美しくなるだけではなく、体のラインにも変化があるということで人気があります。姿勢を正すことでバストアップにつなげるという考え方です。キーワードは「バストくるくる」です。筋肉に届くような刺激を与えることがポイントですよ。

乳トレのやり方は

  1. ​右手で右のアンダーバストを支える。
  2. 左手で右のデコルテ下を円を描きながらくるくると押す(30秒~1分)。
  3. 逆のバストも同様に行う。

2.バストマッサージの注意点

いかがでしたか?どのマッサージも簡単にできるものばかりでしたよね。気に入ったもの、長くできそうなものはありましたか? ここで紹介したマッサージ以外にもたくさんのバストアップマッサージがあるので色々挑戦してみることをおススメします。それから、バストマッサージする上で、注意しておかないといけないことがいくつかあります。ここで紹介しますので是非参考にしてみてください。この注意点は以前私、みのりんが書いたバストマッサージの注意点の復習になりますので、そちらも参考にしてくださいね。 

「胸を大きくするマッサージ方法」って、知ってますか?自分でできて、お金もかからなくて、しかも「年齢に関係なく」効果が期待できるんです。知らなかったアナタ、もう成長期じゃないんで…と諦めモードのアナタ。この記事を読んで、とにかく実行してみて♪


1)バストそのものは強く揉みすぎない

頑張りすぎる方に多いのですが、あまりにも激しく揺らすと先に説明したクーパー靭帯を傷つけてしまうことになります。ですから、「痛み」を感じるバストマッサージには要注意です。

紹介したバストマッサージは確かに「痛み」を伴うことがあります。ちょっと難しいのですが、全く痛みが無い、ということではなく、クーパー靭帯を傷つけるようなゆすり方は注意が必要という意味です。もし、パートナーがマッサージを手伝ってくれる優しい人なら、この点は前置きして手伝ってもらいましょう。もちろん、Hの時も揺らしすぎは厳禁ですよ~!

2)長くつづけること

美は1日にして成らず、です。確かに紹介したバストマッサージは即効性のあるものばかりです。でも、マッサージは継続しないと美しいバストは維持できません。1回に長い時間する必要はないので、長い期間、できれば一生お付き合いできるバストマッサージを見つけて下さい。

ツボを刺激して、胸への血流アップ 

1.バストアップに繋がるツボ3選

バストアップにはマッサージと並行してツボ押しをするのが効果的です。なぜ、ツボを押すとバストアップにつながるかというと、ツボ押しがリンパの流れを良くするからです。リンパの流れを良くし、栄養をバストに送り、老廃物を外に押し出す、そいうった効果がツボ押しにはありますよ。そこでバストアップに効くツボを3つ紹介します。 

1)中府(ちゅうふ)

中府は鎖骨から指3本ぐらい下がったところにあるツボで、リンパの流れを良くし、バストにハリを持たせます。「府」とは、いろいろのものが集まるところという意味があります。乳腺炎や顔の腫れを緩和する他、咳や痰、息切れ、のどの痛み、鼻水などにも効きます。

2)膻中(だんちゅう)

膻中は左右のバストのちょうど間にあるツボで、女性ホルモンを刺激します。膻中とは、心の臓を包み込んで保護するツボという意味です。呼吸器や循環器系など、心臓の周りの臓器の機能を調整します。また、更年期障害や、イライラに効くともいわれています。女性ホルモンを刺激するので、ここを押すと母乳の出がよくなりますよ。

3)天谿(てんけい)

天谿はバストトップの肋骨に沿って指3本ほど外側にあるツボで、乳腺を発達させます。東洋医学では、人の体を「天・地・人」の3つのパーツに分け、鎖骨から上の部分が天の意味です。谿は「渓」と同じで、肋骨の間にあってお乳の流れを良くするという意味です。肋間神経痛や胸の痛みに効くと言われています。

ここに紹介したツボ以外にもバストアップに効くといわれるものには

  • 渕腋(えんえき):バストへの血流を促します。
  • 神封(しんぽう):女性ホルモンの分泌を促進する。
  • 膺窓(ようそう):乳腺を効果的に刺激する。
  • 屋翳(おくえい):バストへの血流や新陳代謝をアップする。
  • 乳根(にゅうこん):リンパの流れを良くする。

などがあります。ツボの押し方は、強く押す感じで、いわゆる「痛気持ちいい」ぐらいで押しましょう。ひと押し3~5秒ぐらいで、ゆっくり離し、2~3分程度断続的に押しましょう。

注意点としては、強く押しすぎないこと左右対称に行うこと!最初のうちは張り切りすぎて、痛すぎるぐらいに押す人もいますが、あくまでも「痛きもちいい」を目指すのがいいですね。お風呂上りに行うとより効果的です。

ツボの見つけ方は、図を見ながら、「押しているとちょと痛いけど気持ちい♡」と感じる部分、それがツボです。パートナーに押してもらう場合は、「ちょっと他の部位と感じ方が違うな」と思った所を教えてあげながらツボ押しをしてもらいましょう。

姿勢を正すだけで、バストが上向きに!

1.猫背だとバストの位置が下がるだけじゃない

普段オフィスワークをしていて姿勢が悪いなと感じたことはありませんか?姿勢が悪いと実はバストの大きさや形にも悪い影響があるって知っていましたか?特に自分が猫背だと思ったら、早くその姿勢を治しましょう。猫背がバストに良くない理由は次の2つです。

1)血行不良

猫背になると肩が内側を向いてバスト全体が圧迫されるようになります。圧迫されると、血流が悪くなり、栄養が十分にバストに行かなくなります。

2)筋力の低下

姿勢が悪いとクーパー靭帯が楽な姿勢を取ろうとして、怠けた状態になります。クーパー靭帯が頑張らないと、バストも上に引き上げる力が無いので、下に向くようになります。

2.猫背改善

1)猫背の見極め方

自分が猫背かどうか良く分からない人は次のことを確認してみてください。まず、他の人に横から写真を撮ってもらいます。もしそれができなければ、鏡を横に置いて自分が楽だと思う姿勢で壁を背にして立ちます。

①後頭部が壁についていない

②壁と背中の間が開きすぎている

③おしりが突き出ている。

④頭から足先まで一直線になっている。

背筋をまっすぐという言葉をよく聞きますが、背骨は本来Sを描いていないと正しいとは言えません。

2)矯正方法

では、どうすれば猫背は直るの??簡単にできるストレッチを紹介しますね。

①椅子に座りながらする方法

  1. ​椅子に座り、背中を丸め、首は下の方に向ける
  2. 首と背中を後ろの方にゆっくりと反らす。
  3. 伸びきったらゆっくりと背中を丸める。
  4. 5~10秒かけてこの動作を行います。
  5. 同じ動作を5回程度くりかえします。

②立ってする方法。

  1. ​腕を後ろに回し、背中で両手を組みます。
  2. そのまま組んだ両手を伸ばし、胸を張るようにする。
  3. 肩甲骨を動かします。
  4. 10秒程度この動作を行います。
  5. 同じ動作を3~5回繰り返します。

 どうですか?簡単ですよね。その他にも座る時、背中にクッションを置いて自然なS字が作れるようにする方法もあります。 

筋トレで胸の筋肉を鍛えて、垂れないバストに!

1.胸が垂れるのを防ぐことができる

ここまでで、クーパー靭帯がバストを支える重要な役割があることを紹介してきました。クーパー靭帯を鍛えれば、バストが垂れるのを防ぐことができます。逆に、乳腺が発達してバストが大きくなろうとしても、それを支えるものがなければ、バストは下に向かってしまいます。しかも、クーパー靭帯は切れても痛みを感じないので気づくことができないのです。

クーパー靭帯が切れる原因には次のようなものがあります。

1)バストそのものの重み

普通はそんなことはないのですが、クーパー靭帯があまりにも弱い力しかないとバストを支えきれず、切れてしまいます。

2)加齢

加齢によって肌が衰えると皮膚がたるんで、クーパー靭帯に負担をかけることになります。ですから、肌を美しく保つこと、美肌は美乳につながるんです。

3)激しいスポーツ

激しいスポーツでバストが左右に激しく揺れるのもNGです。普段からバストに良いインナーを正しく付けましょう。

4)授乳

授乳する時にはバストが張り、授乳が終わるとバストがしぼみます。これによって、クーパー靭帯が伸びきった状態になってしまうことがあります。

5)激しいマッサージ

激しい運動と同じで激しいマッサージによっても切れたり、伸びきってしまったりすることがあります。  クーパー靭帯は鍛えて強くすることができるので、上手に鍛えてバストを美しく保ちましょう。

2.腕立て伏せ

では、クーパー靭帯をお金をかけずに鍛えるにはどうすればよいでしょう?自宅でする筋トレの王道はなんといっても腕立て伏せです。筋トレによってクーパー靭帯も鍛えることができます。腕立て伏せでは大胸筋(胸)、三頭筋(上腕の後ろ)、三角筋(肩)を鍛えます。鍛える部位を意識しながら、クーパー靭帯を鍛えましょう。

1)方法

  1. ​​標準的な腕立て伏せは体を下げた時に腕が直角になるようにします。
  2. そのままでは腕立てができない人は膝をつけても構いません。より筋力がある人は、足を台やソファーの上に乗せて足の位置を高くしましょう。
  3. 力を入れる時に息を吐く、力を抜くときに息を吸うようにします。この時、呼吸は止めないようにしましょう。
  4. 自力で1015腕立てをします。あまり多い回数は有酸素運動になるので、意味がありません。たくさんできるようなら、負荷を大きくしましょう。

これを35セット行います。最初はだんだん15回、10回、5回と、回数の減っていくセットの組み方になりますが、それが普通です。もし補助してくれる人がいたら、最後もうダメ!と思った後1回だけサポートしてもらいましょう。これをホールアウトと言います。

2)バストの内側を鍛える

 バストの内側にボリュームが欲しいなあと思っている人は腕の位置を狭めにします。バストの内側を意識しながら腕立てをします。

3)バストの外側を鍛える

 バストの外側にボリュームが欲しいなあと思っている人は腕の位置を広めにします。バストの外側を意識しながら腕立てをします。

4)バストの上側を鍛える

バストの上側にボリュームが欲しいなあと思っている人は上半身を斜めにしてソファーに座ります(椅子よりソファーの方がクッション性があり安全です)。ダンベル(3~10キロ)を両手に持ち、肘が直角になるように上下します。これを1セット10~15回を3~5セット行います。大胸筋の上部(自分でもっとバストが欲しいと思う部分)を意識しましょう。

5)バストの下側を鍛える

バストの外側にボリュームが欲しいなあと思っている人はソファーの背もたれの部分に足をかけ、頭を下にし、上半身が斜めになるようにしましょう。ダンベル(3~10キロ)を両手に持ち、肘が直角になるように上下します。これを1セット10~15回を3~5セット行います。大胸筋の上部(自分でもっとバストが欲しいと思う部分)を意識しましょう。この姿勢は自宅でするにはちょっと不安定なところがあるので、行う時は、十分に注意しましょう。

6)超回復

 腕立て伏せは毎日してはいけません。(腹筋は毎日でもOKです。)筋肉は超回復といって、筋肉に負荷がかかると負荷がかかった時点より少しだけ元気になろうとします。その元気になろうとするまでの時間が48~72時間かかります。この超回復のタイミングを狙って腕立てするのがもっとも良い腕立て伏せの方法です。

 最初のうちは次の日鍛えたところに痛みを感じます。ちゃんと痛みが出ていればちゃんと鍛えられている証拠です。

ストレスフリーの規則正しい生活でバストアップできる体質づくり

1. 質の高い睡眠

1)  レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠にはレム睡眠(Rapid Eye Movement)とノンレム睡眠(Non-Rapid Eye Movement)があります。レム睡眠は眠りが浅く、眼球がピクピク動いている時の睡眠状態です。ノンレム睡眠は逆に眠りが深く、眼球は動きません。夢を見ているのは眠りの浅いレム睡眠の方です。よく夢を見る人はその分、眠りが浅い時間が多いので、睡眠時間が多く必要になります。エジソンが3時間しか寝なかったというのは眠りが深い時間を多く取れる体質だったからです。

2) 1.5時間周期の睡眠

睡眠のサイクルは普通、1.5時間サイクルでまわります。1.5時間ごとに眠りが浅くなるので、このタイミングに起きるようにすると、睡眠時間が短くても意外にすっきり起きられるものです。個人差はありますが、最低6時間の睡眠が欲しいところですが、それが不可能であるならば、4.5時間で起きるようにしましょう。ただし、一つ注意点があって、布団に入ってから1.5時間ではなく、睡眠状態になってから1.5時間サイクルで睡眠の周期があるということをよく頭に入れておきましょう。

3)ストレスからくる睡眠不足を解消する

質の高い睡眠を取るには色々な方法がありますが、現代社会で一番注意しなければならないのはストレスです。皆さんは仕事や家庭でたくさんのストレスを抱えていることと思いますが、不安で眠れないということになると様々な面で問題を抱えることになります。絶対的な解決方法は誰も提案することはできませんが、一つ、共通していえることは、「自分は一生懸命やったんだから結果は後から付いてくる、もし結果が出なくても一生懸命やったんだから仕方がない、その結果を受け入れよう」という強いメンタルを持つように心がけることです。 

  すぐには難しいことでしょうが、何事も最後までやりぬく気持ちを持ち続ければ自然に結果はついてきます。それでも何をしたらいいか分らない人は小さい成功をコツコツ積み重ねましょう。小さいことでも積み重なれば大きな自信につながりますよ。

2. 栄養バランスの取れた食事

1)何を食べるか?

乳腺を発達させるのは女性ホルモンのエストロゲンです。イソフラボンにはこのエストロゲンを増やす役割があると言われています。イソフラボンを多く含む食品としては大豆、豆腐、納豆、油揚げ、みそなどがあります。以前、テレビで日本の都道府県でバストが一番大きいのは岩手県で、岩手県は豆腐の消費が日本一という内容を放送していました。また、北欧はバストの大きな国としても知られていますが、北欧諸国は「牛乳消費量が多い」ことでも有名です。

2)何を吸収するか?

どこのサイトも書かないのですが、本当に大切なのは何を食べるかではなく、何を体が吸収するかです。

せっかく高いお金を出してバストアップに良い食事をしても体が吸収しなければ意味がありません。牛乳が良いからといって1日に1リットルの牛乳を飲んで平気な人はそう多くはないでしょう。バストアップに良い食材を食べようと意識したら、まずは少量で初めて徐々に体を慣らしていくようにしましょう。徐々にですよ。

適度な運動はダイエットだけでなく、バストアップにもつながる

1.ウォーキングやジョギング

ウォーキングやジョギングをすると代謝が良くなり、血行もよくなります。血行が良くなると、バストに栄養を行き渡らせることができ、老廃物を排出することもできます。ジムに通える人は水中ウォーキングをおススメします。膝に負担がかからないので、路上を歩くより安全に行えます。ジムに通えない人はお風呂で脚をゆっくり上下に10分動かしましょう。それだけでも十分です。

2.インナーを選ぶ

運動をする時に気を付けたいのは、運動時にバストが揺れないようにすることです。ノーブラでの運動は絶対にしてはいけません。普通のインナーで気になる人は、スポーツブラかブラトップをしましょう。スポーツブラはワイヤーや厚いカップがないものをいいます。脇の部分のサポートの幅が広いので、サポート感があるのが特徴です。ブラトップとは、キャミソールやタンクトップの内側にブラジャーの機能が付いているものをいいます。ユニクロや無印良品で出しています。

3.ゴールデンタイム

テレビのゴールデンタイムと言えば19時~21時ですが、体のゴールデンタイムは22時から次の日の2です。この時間は肌の新陳代謝が活発に行われる時間なので、可能な限り、この時間に休息を取るようにしましょう。

4.ストレス

先ほども少し説明しましたが、ストレスは適切な睡眠の障害になります。ストレスを溜めこむと、自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れるので、ストレスを溜めこまない工夫が必要です。ストレスを自分の成長と受け止める、とりあえずストレスから逃げて気分転換を図る、など、自分なりのストレス解消法を探してみてください。

自力のバストアップ!できることから試してみよう!

いかがでしたか、バストアップにはたくさんの方法があります。人それぞれ個人差があるので、一概にこの方法は絶対とは言いにくいところもあります。でも、必ず皆さん一人一人に合うバストアップ方法があります。諦めずに色々挑戦してみましょう。

大切なことは

1.   必ずうまくいくと信じること

2.   継続して行うこと

この2点です。信じて継続しましょう。

最後にもう一つアドバイスします。

自分がこうなりたいと思うバストの写真を壁に張り、いつでも見られる状態にしておきましょう。家族に見られるのが恥ずかしいという人は、手帳に入れておくのもいいですよ。常に心の中にイメージして実行しましょう。イメージトレーニングはアスリートや多くの成功者が実行している成功するための方法の1つです。これからもみのりんが皆さんのバストアップ&健康生活をサポートしていきます。サイトを随時更新していくので、是非チェックしてね。

under main layout