とろろ昆布にバストアップ効果があるの?ダイエットをしながら夢のバストアップが叶う方法

とろろ昆布にバストアップ効果があるの?ダイエットをしながら夢のバストアップが叶う方法

dso9bX4Z.jpg

目次

  • 「とろろ昆布」を食べれば、ダイエットしてもバストは小さくならない?!
  • とろろ昆布に含まれる「ボロン」がバストアップに効果的
  • とろろ昆布のぬめりのスゴイ効果!
  • 昆布は「海の野菜」と言われる程、ミネラルが豊富!
  • どの昆布がおすすめ?
  • おすすめのとろろ昆布レシピ
  • とろろ昆布を食べる時の注意点
  • とろろ昆布と合わせて取り入れたいバストアップ法
  • とろろ昆布を上手に活用して、バストアップしよう!

「とろろ昆布」を食べれば、ダイエットしてもバストは小さくならない?!

​とろろ昆布には驚くべきバストアップ効果があることをご存知でしょうか?ダイエットしたことがある人の中には、一番最初に胸が痩せて小さくなってしまった経験がある人もいることでしょう。実はわたしみのりんもそんな人のひとり…。悲しい思いを繰り返さないようにとろろ昆布がおすすめです!バストアップしたいという人や、ダイエット中で胸は痩せたくない人へ、気になるとろろ昆布の効果や摂取の際の注意点、おすすめの食べ方やレシピについてまとめました♪

とろろ昆布に含まれる「ボロン」がバストアップに効果的

​バストアップに効果的な食材としては意外?!なとろろ昆布には、「ボロン」と呼ばれる成分が豊富なんです。ホウ素とも呼ばれているボロンが、バストアップに効果があると大注目されていますよ♪

女性ホルモンのエストロゲンの分泌を活性化

ボロンは、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させる効果があります。女性ホルモンといえば大豆製品などに多いイソフラボンが有名ですよね。イソフラボンがエストロゲンと似た働きをするのに対し、ボロンは体内のエストロゲン自体を増やしてくれるんです。その量はなんと2倍!!ボロンを摂ることが効果的だということがわかりますね♪エストロゲンはバストの中の乳腺の発達に必須☆乳腺が発達すると、まわりにつく脂肪の量も増え、結果として自然と豊かなバストが手に入るのです。これを聞いたらすぐにでも食べたくなりませんか?

一日に必要な摂取量と他の食材を比較

ではボロンは1日にどのくらい摂取するのがおすすめなのか?アメリカの研究者は、

アメリカ合衆国国立衛生研究所は「正常なヒトの食事におけるホウ素の1日当たりの総摂取量の範囲は2.1から4.3 mgである」と述べた

Source: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%A6%E7%B4%A0#cite_note-163


とも報告しています。だいたい1日3mgと覚えておくと過不足なく摂取できるのでおすすめです。

これは、

​キャベツ​​200g​
​りんご​​3個​
​アーモンド(ナッツ類)​​​100g​
​とろろ昆布​​​30g​

ほどが目安量。とろろ昆布30gくらいは1日の中で食べるのは楽勝♪ですよね。海藻が身近な​​​日本での和食メニューでアレンジすれば、飽きることなく食べられておすすめ♡

熱に弱いため、加熱は禁止!

ちなみにポロンは熱に弱いため、加熱して食べるのはNG!!サラダ、和物などに入れて食べるのが無難ですね。​

とろろ昆布のぬめりのスゴイ効果!

とろろ昆布はあのぬめりが独特で、ちょっと気になるという人もいるかもしれません…。ネバネバしている食材は健康に良いって有名ですけど、とろろ昆布も例外ではありませんよ♪

主な二つの成分 〜アルギン酸とフコイダン〜

あのぬめりの正体は、主にアルギン酸とフコイダンという2つの成分によるもの。両方ともダイエット効果が高く、これは女性には特に嬉しいですよね♪ほかの効果効能についても詳しく紹介していきますよ。

アルギン酸の効果

​アルギン酸には、血糖値の上昇や血中コレステロール抑制効果があり、高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防に役立ちます。水溶性の食物繊維でもあるので、腸内で膨らんで蠕動運動を活発にし、お通じも良くしてくれるので辛い便秘に悩む人にもぜひおすすめですね☆さらに、体内のナトリウムとカリウムのバランスを整え、水分代謝やむくみ解消も☆こうした幅広い健康効果が期待できるのです。

フコイダンの効果

​もうひとつのフコイダンには、医療機関などで研究が続けられるほど注目されている成分なんですよ!その理由には抗がん作用、抗腫瘍作用があげられ、がん細胞を自ら死滅させていくアポトーシス作用促進、免役力の向上、そしてがん細胞の活動を広げないための新生血管抑制作用という、フコイダンの3大作用が医療業界では知られています。なんだかスゴい!!ほかにも、中性脂肪やピロリ菌の抑制、肝機能の改善、抗アレルギー作用、血糖値コントロールといった働きもあり、生活習慣病や肥満対策には強い味方です♪

昆布は「海の野菜」と言われる程、ミネラルが豊富!

昆布は海の野菜とも呼ばれ、栄養たっぷりで健康的な食材☆古くから食べられてきているだけあって​、さまざまな成分による健康や美容効果が期待できるのです。昆布の持つ魅力をここで改めてご紹介!再確認しましょう♪​

昆布の栄養

昆布にはヨードをはじめ、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンAなどのビタミン、水溶性の食物繊維などが含まれています。特にヨードの量は海藻の中でも飛び抜けていて、100gあたり240000μg(0.24g)と大量☆1日の摂取目安量を満たすためには1.2gも食べれば良いんです。ほかの海藻を見てみると、100gあたりのヨード量はわかめが8500μg、ひじきが47000μgと、昆布はケタ違いで豊富なことがわかりますね!ヨードは甲状腺ホルモンの原料になり、代謝をアップしてダイエット効果にも繋がる嬉しい効果もあります♪

昆布の美容効果

​昆布はバストアップだけでなく、低カロリーで栄養豊富と、ダイエットには一押し☆また、含まれる食物繊維は水溶性で体内で水分を吸収し膨張することで、少量でも満腹に感じられるんです。また、大腸の活動を活性化させて便秘解消にも繋がり​ますし、フコキサンチンという成分が抗酸化作用を持つため体内からアンチエイジング効果や美肌効果もあります。そのほか、ミネラルによるむくみ解消も期待できますね。

昆布の種類

​昆布と一言でいってもいろいろ種類があって迷いますね…。国内で流通する昆布の約95%は北海道産で、残り5%は青森県、岩手県、宮城県など。北海道がダントツです!中でも、太平洋側の寒流で採れるのが長昆布、羅臼昆布、日高昆布で、オホーツク海側や日本海側では細目昆布や利尻昆布が、そして津軽海峡周辺では真昆布やがごめ昆布が採れていますよ。

どの昆布がおすすめ?

​バストアップに最も適しているのはどの昆布なのかが肝心なところ!!気になるその答えをまとめてご説明しますよ!

がごめ昆布のネバネバ効果は2倍以上!

特有のネバネバ成分があるがごめ昆布は、他の昆布に比べてアルギン酸、フコイダンの量が上回っておりなんと倍も!!昆布を食べるなら、とろろ昆布のほかがごめ昆布が俄然おすすめです☆

とろろ昆布は薄いから効果大!

とろろ昆布は昆布を何枚にも重ねて側面を削って作られます。機械を使ってごくごく薄く削られ、含まれている栄養成分の溶出量が昆布そのままの状態よりも多いんですよ♪​体内での吸収率も高い状態になっておりおトク♡また、食べやすい形状なのでたくさん摂取できますね♪まとめるとがごめ昆布のとろろ昆布が最強の昆布であります!

とろろ昆布とおぼろ昆布の違いは?

とろろ昆布と似た昆布で、おぼろ昆布がありますね。聞いたことがある人も多いのでは?とろろ昆布に対し、おぼろ昆布は一枚の昆布をかんなで削って作られます。一度に大量生産ができるという面では、とろろ昆布の方がおぼろ昆布よりも値段が安くなっています​。​リーズナブルで手に入りやすいとろろ昆布をおすすめする理由がおわかりになりましたか?

おすすめのとろろ昆布レシピ

​とろろ昆布を毎日食べられるように、おすすめの食べ方やレシピも揃っています♪基本的なものばかりなので、好みの食材などと組み合わせて美味しくて楽しめる料理にアレンジしてみてくださいね☆

冷ややっこや湯豆腐のトッピングに

豆腐を使った冷ややっこや湯豆腐には乾燥したままふりかけるだけ!大豆のイソフラボンとボロンがダブル☆バストアップ効果も倍増かも?!

野菜漬けに和える

野菜とも相性が良いとろろ昆布は、量が食べられる漬け物と併せてみて♡とろろ昆布の味が相まってより美味しいですよ。キャベツの浅漬けにミックスすると、摂取できるボロンの量が増えるのでおすすめ!

サラダのドレッシングに混ぜる

​サラダのドレッシングにミックスさせると、とろろ昆布のぬめりによってとろみがでて、いつものドレッシングが一味違ったアレンジできちゃいます♪特におすすめなのが、醤油ベース、ごまベースなど和風タイプのドレッシング☆

スープやみそ汁に入れる

​スープやみそ汁の具材として使うなら、そのままいれるだけでOK♪バストアップ成分であるボロンは熱に弱いので、あまり高温のところには投入せずに、食べやすい温度に冷ましてから入れること!

ご飯のお供に

​とろろ昆布はお米とも相性抜群♪シンプルな塩おにぎりをとろろ昆布で包んで食べると、量をしっかりと食べられます。また、おにぎりの具材として中に入れても良し☆

手作りの粉末調味料に

とろろ昆布は乾燥したままの状態で粉末にすると、調理アレンジしやすくなりますよ♪粉末調味料としてスープやサラダ、ごはんなどにふりかければ、お手軽にしっかりとした一品が完成しちゃいます☆

とろろ昆布を食べる時の注意点

とろろ昆布の栄養成分をしっかりと吸収するために、効果的な食べ方とは?注意点をまとめたので、食べるときに意識してみましょうね♡​

加熱しないこと!

​先にも述べましたが、バストアップに効果的な成分であるボロンは熱に弱いんです。なので加熱調理は厳禁!ボロンをしっかり摂れるように注意しましょう。

食べ過ぎに注意!

​とろろ昆布には大量のヨードが含まれています。ヨードの過剰摂取は甲状腺に悪影響する可能性があるので、​ボロンは1日3mgを目安にして食べ過ぎないようにしましょう!キャベツは1玉、りんご1個、ピーナッツ100gを上限とするとわかりやすいですね。

【バストアップしたい人は要注意!】栄養バランスが崩れないようにする

バストアップしたいからとそこだけに注目して昆布でお腹いっぱいになり、ごはんを食べない人がいますよね。ボロンを摂ることで女性ホルモンの量が増え働きが活発になっても、肝心な脂肪が少ないとバストアップ効果が得られません。ホルモンをバランスよく整えてバストアップに必要な栄養を得られるように、炭水化物やタンパク質もしっかり入ったバランスの取れた食事を忘れないようにしましょう。​

とろろ昆布と合わせて取り入れたいバストアップ法

とろろ昆布を食事に取り入れるほかにも、毎日の生活の中でちょっとした方法でさらにバストアップ効果をアップ!!おすすめの方法はこちら。​

エストロゲンをバストに届けるために血行促進

とろろ昆布で栄養を取ったら、マッサージやストレッチなどで血行促進しておくのも大切♡簡単にできるお気軽バストアップマッサージは下記リンクからやり方をチェック♪ストレッチは夜寝る前にすると深い睡眠にもつながって一押し☆です。

睡眠をしっかりととる

​早寝を心がけて睡眠を充分に取ることも大切☆ゴールデンタイムと呼ばれる10時から夜中の2時の間は睡眠しているようにして、成長ホルモンを活性化させておくと、バストアップ効果を得やすくなりますよ。さらに美肌効果も♡

とろろ昆布を上手に活用して、バストアップしよう!

ダイエットすることで胸が小さくなってしまいがち…。と思っているそこのあなたも、とろろ昆布を取り入れることでバストの大きさは維持したままでキレイにダイエットできることがわかったはず♪ただ、肥満気味の人がとろろ昆布でバストアップするのは可能でも、すでに痩せ気味の人だととろろ昆布だけでバストアップするのは難しいかも…。アルギン酸には脂肪吸収の抑制作用があり、脂肪がある程度ないとバストも大きくならないんです。

そこで!痩せ気味の人ならバストアップサプリを利用するのが最も効果的でおすすめ♡ベルタプエラリアは高品質なサプリな上、サポート体制もしっかりと整っているので初めてでも安心してトライすることができますね♪初回限定のお試し用もあるので、下記リンクからぜひチェックしてみてくださいね☆

ベルタプエラリアの詳細はこちら

under main layout