バストアップの最新整形術!簡単に安全にできる方法ってあるの?

バストアップの最新整形術!簡単に安全にできる方法ってあるの?

「バストアップにすぐ効果があるものと言えばやっぱり整形。でも怖いし、費用も気になる。」そんなアナタ!じっくりと整形のメリットやデメリット、有名クリニックを一緒に見てみませんか。がんばって調査したので、女同士、悩みを解決していきましょう。

シェアする

目次

  • 美容整形なら、短期間で確実にバストアップできる?
  • バストアップの整形手術は主に3種類​
  • バストアップ整形術のメリットとデメリット​
  • 人気美容外科のバスト整形術とは
  • リスクもきちんと理解した上で手術をするかどうか決めよう!

美容整形なら、短期間で確実にバストアップできる?

バストアップの方法はさまざまだけど、すぐにはっきりくっきり効果が見て取れ、あこがれのたわわなバストをゲットできるものの代表と言えばやはり整形手術。とはいえ、体に注射やメスを入れるので恐怖感、お財布面での恐怖もあり……なかなか踏ん切りがつきませんよね。しかし!整形を考えるまでにはバストについて悩み、いろいろ試したことでしょう。

そんな、苦しんでいるアナタの手助けになりたいのです!今日は私、みのりんと一緒に整形手術によるバストアップ法をいいとこも悪いとこも、まるまる詳しく見ていきましょう(^^)/

バストアップの整形手術は主に3種類​

人工の素材を注入する方法

まずは人工の素材を、バストに注入してサイズをアップさせる方法。「体の中に異物を入れるの」と、少し不安がある人もいるでしょう。そのあたりもきっちりチェックです!「人工の素材」とは、多くはPPPジェルヒアルロン酸などのこと。PPPジェルとは、自分の血液を採って遠心分離機で分離させ、上澄みの「少血小板血漿」と呼ばれる成分をさらにジェル状にしたものです。自分の血液からできている成分なのでアレルギーの心配がないのも嬉しいポイント♪かかる費用も10万円から50万円程度と、手術に比べて安価です。

うーん、なんだかややこしいけど、自分の血液の成分をおっぱいに入れてサイズアップしよう!と言うことですね。ヒアルロン酸は、ご存知のとおり保湿成分。保水力が高く水分を長くとどめておけるので、バストアップにも活用されています。ヒアルロン酸は美容の味方ってわけですね( *´艸`)ヒアルロン酸ではごくまれにアレルギーが起こる場合もあるようです。アレルギー体質の方は安全にバストアップできるよう、医師に相談しましょう。注入で簡単に行える方法なので、「本気の豊胸は怖い、少し手軽なものから試したい」と言う方におすすめの方法です。

手術から回復するまでの期間、いわゆるダウンタイムは、ほんの2~3日。筋肉痛のようなややひきつった感じはあるけど、痛み止めを飲んでおけば普通に生活できるそうです。とはいえ、やはり痛みはあるので彼氏には触らせないよう死守しましょう!

切開してバッグを入れる方法

希望のサイズアップをほぼ叶えることができ、「思い通りのバストサイズ」にできる方法と言えば、切開してバッグを入れる方法があります。あの憧れのボインが、自分のおっぱいになるのです!この時に使うのは「シリコンバッグ」と呼ばれるもの。メリットやデメリットについては後ほど詳しく見ていくけど、「メスを使って手術する」必要があります。

注射で入れ込むヒアルロン酸などと違って、体にメスを入れるのでやはり痛みや不安がついてきますね(+o+)とはいえ、「1サイズアップくらいでは意味がないのよ!」と悩んでいる女性には、まさに救いとなる方法ですね♪筋肉の下に入れるか乳腺の下に入れるか、希望のサイズや患者さんのことをよく考えてくれるクリニックを選びましょう!サイズアップも望めますが、その分豊胸手術の中では一番痛みを伴う方法です。ダウンタイムもかなり長く、1週間は痛みが続くでしょう。その後もしっかり経過観察し、落ち着くのには1ヶ月ほどかかると言われます。費用は30万円から120万円と、3つの豊胸法の中では真ん中くらいの価格帯です。

なお、「バッグを入れると授乳ができなくなる」とか、「自転車で転んだときにバッグが破裂した」とか、怖いうわさを聞くこともあるでしょう。しかし現在のバッグは授乳には影響しないそうです。バッグの破裂も、最近の「コヒーシブシリコン」ではナイフで切っても中身が漏れないとされていて、高い安全性を望めそうです。やっぱり大きなおっぱいになっても、赤ちゃんに授乳できないなどの弊害が出ては悲しいですもんね。

ちなみに乳がん検診の「マンモグラフィー」を行った場合、正直言って、「豊胸手術したな」とバレます。もちろん医師は理解していて良性腫瘍に分類されますので、その点は安心してください。

自分のお腹などの脂肪を吸引して、注入する方法

さて最後は「ヒアルロン酸注入法」などと同じ注入法でも、自分の脂肪を注入してバストアップをする方法です。なんたって自分自身の脂肪ですから、アレルギーの起こる心配もなく安心ですよね。これは先ほどの「PPPジェル」と同じです。自分の脂肪を注入、いわゆる脂肪吸引をしてからバストに入れていくので、「痩せる上におっぱいもサイズアップ!一石二鳥ね。うふふ( *´艸`)」と言う嬉しさがあります。

ただしもちろん自分の脂肪を取るわけですから、それなりの脂肪量が確保できないと行えません。体脂肪率では17%以上あれば施術は可能なようですが、17%といえば女性でもかなりの細身!取れる脂肪量が少なければ、バストに入る脂肪量も少ないのです。ただし「一番バレにくい」と言われます。触り心地は当然リアルおっぱいそのもの。「なんとしてもリアル感第一」の方におすすめの方法ですね。

費用は40万円から150万円程度と、大きく開きがあります。ダウンタイムは3日から1週間。術後の痛みはシリコンバッグを入れる方法に比べれば軽いものの、脂肪吸引と豊胸手術と言う2つの痛みに耐えなければいけません。

バストアップ整形術のメリットとデメリット​

整形手術には以下のようなメリットとデメリットがあります。表にまとめたので比べてみてください。


​メリット​デメリット
​ヒアルロン酸注入
  • ​​ダウンタイムが短い
  • 施術時間が短い
  • 痛みが少ない
  • 傷跡も目立たない​
  • ​​持続期間が短い(吸収されやすい)
  • 大きくするサイズに限界がある
  • やや硬い感触​
​シリコンバッグ
  • ​​異常がなければ10年以上入れておける
  • 希望のサイズにバストアップできる​
  • ​​痛みが強く、数週間続く
  • 入院が必要な場合も
  • 後遺症が出てくる可能性がある
  • バッグが劣化するため交換が必要​
​脂肪注入法
  • ​​傷が目立たない
  • 痛みが少ない
  • 採取部位の部分痩せが可能
  • 柔らかで自然な感触
  • 自分の脂肪のため安全​
  • ​脂肪の取れる量に限りがある
  • 最大でも​1カップ程度しか大きくならない
  • どのくらい定着するか予測できない​

人気美容外科のバスト整形術とは

品川美容外科

  • ヒアルロン酸注入(100ccで155,000円、保証なし)
  • 人工乳腺バッグ(40万から60万円、10年間保証付き)
  • PPP+PRPジェル注入(102,030円、3ヶ月保障つき)
  • 自己脂肪注入(脂肪吸引の費用+15万円~74万円。1年間の保証付き)

品川美容外科は、ほぼすべてのバスト整形法を網羅しています。気になるのは「人工乳腺バッグ」の名前ですが、実は「シリコンバッグ」のことです。「聞いたことないから怖い!」と思わず、品川美容外科自慢のシリコンバッグと認識しましょう♪​品川美容外科は28年の歴史を持つ大手美容外科。全国に数多くのクリニックがあり、知名度も抜群ですね!料金設定も他のクリニックに比べるとかなり良心的。「お金にあまり余裕がないけど、このペタンコおっぱいを早く何とかしたい…。」と言う人のお財布に嬉しい内容でしょう。

その分、カウンセリングの時間が限られてしまうという口コミもあるため、「自分がどうしたいか、どのようになりたいか、予算はいくらまででどのくらいまでなら何とかできるか、大きいおっぱいがいいのか美しいおっぱいがいいのか」などなど、希望をガッチリ固めておくといいでしょう。

湘南美容外科

  • 自己​脂肪注入(脂肪吸引の費用+38万円~118万円、1年間の保証付き)
  • シリコンバッグ(30万円~100万円、10年間の保証付き)
  • ヒアルロン酸注入(97,200円~248,000円、保証なし)
  • アクアフィリング(298,000~894,000円、保証なし)

湘南美容外科もほぼすべての術式を網羅。特徴のあるCMが話題ですね。​アクアフィリングとは、水分98%と言う非常にみずみずしい成分。ヒアルロン酸と同じような方法で使いますが、ヒアルロン酸より自然で持ちがいいと最近人気の方法です。2000年に開設した比較的新しいクリニックでありながら、どんどん新院が開設しており、伸び率のすごい人気上昇中のクリニックと言えるでしょう。クリニックも高級感あふれ、まるでエステサロンに行っているかのよう。

あ、「美容整形なんて、なんだか患者さんみんな隠れながら受診するんじゃ……。」なんて不安を一掃するオープンでラグジュアリーな空間です。「あ、私ここでおっぱいのこと相談していいんだ!」と、前向きになれるでしょう。

  • アクアフィリングで豊胸
    20代 女性
    2年ほど前に授乳も終わり、気付いたら出産前の胸とは程遠く…かなりしぼんでしまい鏡でみるのも辛くなり豊胸手術に踏み切りました。 ネットで検索した結果、全国的に展開してクリニックを開業していることと値段の安さ、あと通いやすいところで探して、こちらに決めました。とても丁寧に説明してくださりわかりやすかったです。

    美容医療の口コミ広場

高須クリニック

  • ​プロテーゼ(シリコン)バッグ(100万円)
  • ヒアルロン酸注入(10ccあたり7万円)
  • 自己脂肪注入(脂肪吸引の費用+30万円)

YES!高須クリニック」でおなじみの高須クリニックです。高須クリニックの特徴としては、とにかくしっかりとしたカウンセリングをしてくれること。じっくりと納得いくまでカウンセリングしてくれるという点は、口コミでも多くの声が見られます。やっぱり、大事なお胸のことですもの、ほんの数分で「はい手術―!」なんて言われても気持ちが全然追い付きませんよね。きちんと気持ちの準備をくれるクリニックなのです。また、非常にわかりやすい料金設定。「ランクやケアによって料金が変わってくる」ということもないので、考えていた予算よりもずっと高くなる心配は少ないでしょう。

ただし、気づいた人もいるかもしれませんが、公式サイトを見ても「どのくらいのアフターケアがついてくるのか」がわかりません。公式サイトの「アフターケア相談」と言うところから相談を行うことになるようです。特にメスを使うようなプロテーゼバッグでの手術はやや不安ですね。「お金をかけるし自分の体も預けるのだから、保証はしっかり欲しい!ないと困るでしょう!」と言う方は医師にきっちり相談しましょう。

  • 昔から胸の大きさにコンプレックスが
    20代 女性
    バストにプロテーゼを入れる施術を希望したので、大掛かりな手術となるため最初は不安がとても大きかったのですが、カウンセリングでは私の希望を聞いて下さり丁寧に対応してくださいました。 施術当日も、先生、看護師さん、麻酔科の先生、皆さんがとても優しくしてくださって安心して施術に望むことができました。

    美容医療の口コミ広場

聖心美容クリニック

  • ​プロテーゼバッグ(70万円~80万円、取り出しは無期限保証、破損による入れ替えは3年保証)
  • ヒアルロン酸注入(100ccで30万円、追加は10ccごと3万円、アフターケア付き)
  • アクアフィリング(40万円~120万円、アフターケア付き)
  • 自己脂肪注入(69万円~156万円、アフターケア付き)
  • 脂肪注入+バッグ挿入(110万円~200万円、アフターケア付き)

おそらく価格帯としては、一番高価なメニューがあると思われる聖心美容クリニックです。しかしその分料金体系は明確で、「手術費として含まれるもの」がわかりやすく、「オプションや薬代って言って何万も多くかかった―!予算オーバーすぎて泣けるんだけど……。」と言うことも少ないでしょう。せっかく意を決してお金を貯めてキレイな豊満なバストが手に入ると思ったのに、「あと10万追加しないと定着しないかもよ」なんて言われたら怖くなってしまいますもんね。​

特徴はやはり「脂肪注入による豊胸」でしょう!単純に体からとってきた脂肪をぎゅんぎゅんと胸に入れ込むだけではないのです。不純物が多いとしこりのリスクが上がったり定着しにくかったりするため、こちらでは「再生医療」を活用した”幹細胞豊胸術”があるのです!名前だけでなんだか「最新医療、スゴイ」と思ってしまいますね。世界最新の技術とされ、モニター料金も設定されていますので、「お金はもったいないけど一番すごいものを試したい!」と思っている方はいかがでしょうか( ^^) _旦~~

リスクもきちんと理解した上で手術をするかどうか決めよう!

​「どんな大きさでも、おっぱいはおっぱい。」されどおっぱい、大きさが気になってしまってふさぎ込んでしまったり、自分を責めてしまってはいけません。せっかく女性として生まれたんですもの、後悔しない生き方を選択したいですよね♪私は、まずはサプリメントやマッサージなどでバストアップすることから試してほしいと思います。痛みも、後悔もほぼ起こらないからです。

どうか約束してください。もし整形したいと思っても、それはあくまで「アナタ自身のため」にすることであって、「彼氏が大きいおっぱいが好きだから……」なんて誰かの希望ですることではないと。だってアナタの身体なんですもの、守るのも変えて行くのもアナタ自身です。それでも解決の糸口が見つからなかったときは、整形に頼るもの大いにありだと思っていますよ。どうかアナタの明日が、今日よりもっとステキでありますように。​

under main layout