牛乳で効果的にバストアップする方法。きな粉と合わせるのはなぜ?おすすめの飲み方

牛乳で効果的にバストアップする方法。きな粉と合わせるのはなぜ?おすすめの飲み方

「牛乳を飲むだけでバストアップする!?」手軽に手に入る牛乳にそんな驚きの効果があるなら、うれしいですよね!牛乳ってホントにバストアップに効くの?どう飲めばいい?牛乳の成分とバストの関係、効果的な飲み方について教えちゃいます。

シェアする

目次

  • バストのため牛乳を飲みまくっていたのに…
  • 牛乳ってバストアップに効果はあるの?
  • 直接的な効果なし!「胸の土台」を作るイメージ
  • 効果的な飲み方は「きなこ牛乳」!
  • てんちむが牛乳×煮干し×梅干しで胸が大きくなったって本当?
  • 牛乳のほかにバストアップ効果がある飲み物は?
  • まとめ

バストのため牛乳を飲みまくっていたのに…

みのりん
「牛乳を飲めば胸が大きくなるはず!」これって、ひと昔前、よく言われてましたよね。

「だって、牛の乳だもん!ヒトの乳にだっていいはずでしょ?」こう信じて毎日せっせと牛乳を飲み続けていた女子もきっとたくさんいるはずなんです!

はい、そうです。私のことです(笑)…。私チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと宗(むね)みのりは、思春期すぎてもいっこうに大きくなってくれない、わがバストのため、牛乳飲みまくってた時期がありました。コップ2~3杯とか飲んだりする日もありました。たとえ、おなかがゆるくなろうとも、これが私の乳になるんだ!と信じ、20代前半のころよく飲んでましたね…。

でも、バストアップはそう甘くない、牛乳だけじゃ、ダメなんだ…。そうわかってからも、私みのりんは、あきらめず、さらなるバストアップの道をつきすすんで、いまにいたるというワケです。

もちろん、牛乳についても勉強しましたよ!いまから、私が調べあげた牛乳とバストアップの関係をじっくり説明していきますよ~!

牛乳ってバストアップに効果はあるの?

で、ホントのところの“牛乳のバストアップ効果”をお話しする前に、とてもとても大切なコト。

そもそも「胸はどうしたら大きくなるのか?」という基本からおさえておきましょうね。

アナタの胸が大きくなるしくみ♪

★胸が大きくなるポイントは「乳腺」だった!

まず、知っておくべきことは、「胸の組織≒乳腺10%+脂肪90%」ということ。私たちの胸の組織って、ほぼ割合が決まってて、乳腺1割と脂肪9割でできてるんです。この割合って小胸さんも胸の大きい人もみんなほぼ同じなんですよ。要は、しっかり発達した乳腺&その乳腺を守っている脂肪から乳房は成り立っているんです。胸が大きくなるには、「乳腺」を発達させて太くすることがとっても重要なんですね。

★「乳腺」を太くする女性ホルモン「エストロゲン」パワー

女子のあこがれ“大きなバスト”に欠かせないのが「乳腺」の成長。それを促すのが、みなさんご存じの女性ホルモン「エストロゲン」です。エストロゲンの働きは、女性らしいカラダ、美肌、心の安定をサポートしてくれます。全女性に欠かせないホルモンなんですね。

★牛乳に含まれる「エストロゲン」はごく微量…

では、牛乳を飲むと、その女性ホルモン「エストロゲン」は増えるのか?

日本乳業協会によると、たしかに牛乳にも女性ホルモンは含まれていはいるようですが、その量はごくごく微量。

牛乳を飲むだけでは、乳腺が大きくなるに十分な女性ホルモンがおぎなえるとは言えません。

牛乳消費量とバストとの関係はある?

でも、おっきなバストがうらやましいヨーロッパやアメリカの女性って、日本人より牛乳を飲んでるイメージありますよね?何やらバストサイズと牛乳摂取量には相関関係があるらしい?というウワサまで…。

たしかに日本はアジアの中では飲んでいる方だけど、ヨーロッパやアメリカと比べると牛乳摂取量は少ないみたい!うーん。ほかのデータや因果関係をみないとはっきりとは言えないと思いますが、牛乳や乳製品をたくさん摂っている地域の女性はたしかにバストが大きいですよね…!

でも、バストに大切なのは「女性ホルモン」。牛乳飲んで女性ホルモンが活性化するわけではないので直接効果があるとは言えないですし…。

実際、みのりんも一時期よく飲んでたけど、あんまり実感できなかったな…(笑)。

それでも、何か関係があるかもしれないと、牛乳を調べてみると!

牛乳にはカラダのためのあらゆる重要な栄養成分がたくさん含まれていました♪ さすが、牛乳!

なので、幼いころから日常的に牛乳をしっかり摂って健康的なカラダをサポート→バストの土台づくりにつながっている?というポイントで考えると納得できるんです。

直接的な効果なし!「胸の土台」を作るイメージ

どうやら、牛乳がダイレクトにバストアップにつながる、というものではない。

でも、牛乳には私たちの健康・美容をサポートしてくれる栄養成分がたくさん含まれているんです。バストアップに大切な女性ホルモンの分泌もハリのあるお肌も、健康なカラダあってのものです!あくまで健康な身体が土台なのは当たり前ですよね。

牛乳の成分とバストの関係をもう少しくわしく説明していきますよ!

牛乳の成分とバストアップとの関係は?

牛乳のおもな成分を見ていきましょう~。バストアップとの関係はどうなんでしょうか?

【タンパク質】

胸の組織は、ほぼ乳腺1割と脂肪9割なんですが、その胸を支えているのが「大胸筋」という筋肉なんです。なので、胸を支える大胸筋を鍛えてバストの底をあげるのも、バストアップにも大事。

ちなみに、私みのりんががんばっている大胸筋トレーニングについてもご参考までに♪

//記事URL準備中//  ※「大胸筋トレーニング」記事にリンクする

トレーニングの効果をあげるにはもちろん良質なタンパク質が欠かせないワケで、プロテインもしっかり飲んでます^^それについてはこちら↓

//記事URL準備中//  ※「プロテインを使ったバストアップの方法。効果が出やすいプロテインの摂り方とは?」記事にリンクする

で、牛乳に話を戻すと^^、牛乳コップ1杯(200ml)に含まれる「タンパク質」って、6~7gほど。

なので、私的には牛乳のタンパク質だけで筋肉を作るのは効率が悪いなぁと思います。飲みすぎると脂肪とカロリーもそれだけとりすぎちゃいますしね…。牛乳コップ1杯のカロリーって、130~140kcalほど、ちなみにコカ・コーラがコップ1杯90kcalですからね!

でも、牛乳がめちゃいいのは、「アミノ酸スコアが最高値の100」!というところ。アミノ酸スコアとは、タンパク質を作るのに必要なアミノ酸群の割合を数値化したもの。この数値が高ければ高いほどバランスよくアミノ酸が含まれている食品といえるんです。タンパク質が作られるには、そのタンパク質を構成しているすべてのアミノ酸が必要。なので、アミノ酸スコアが低いと、作られるタンパク質も少なくなってしまうんですよ。牛乳はこれが最高&気軽に手に入るので、飲みすぎないようにしていただくことはトレーニングにももちろんプラスです。牛乳が好き♥という人は、プロテインなどと組み合わせて飲むこともいいですね!

また、牛乳に含まれているタンパク質は「カゼイン」「ホエイ」という2種類。カゼインには、カルシウムの吸収を促したり、腸のぜん動運動を抑えて栄養成分の吸収をアップさせたり、免疫機能を高めたりする働きがあります。ホエイはしっかりとした筋肉や骨を作ってくれたり、免疫力アップなど働いてくれます。なので、飲みすぎなければ、バストアップというより、健康美容全般にいいと思いますよ。

【脂質】

牛乳コップ1杯(200ml)には、7~8gほど「脂質」が含まれています。牛乳のおいしいコクは脂質からきてるんですよね!また、牛乳の脂肪の特徴は、いろんな種類の脂肪酸が幅広く含まれてるってところなんです。細かい話になっちゃうんですが、もう少し具体的に紹介していきますね~。

牛乳の脂肪に多く含まれるのは、おもにエネルギー源として使われる「飽和脂肪酸」。

飽和脂肪酸には、炭素の鎖の長さで分けると、「短鎖」「中鎖」「長鎖」脂肪酸の3種類があり、牛乳にはすべて含まれているんです。

「短鎖」にはカルシウムなどの栄養吸収を高めるはたらきなどがあります。「中鎖」は肝臓で速やかに消化吸収され、効率的にエネルギーとして使われるので、体に蓄積しにくいという特徴があります。注意したいのが「長鎖」脂肪酸。私たちの体のなかで固まりやすく、蓄積しやすいので健康面でも心配です。牛乳に含まれる脂肪酸で一番多いのは、この「長鎖」脂肪酸なので、成長期をすぎた私たちは飲みすぎには注意しましょう。

ただ、牛乳の脂肪には「飽和脂肪酸」だけではなく、リノール酸などの「不飽和脂肪酸」も含まれてるんです。不飽和脂肪酸には、コレステロールや血圧をさげる重要なはたらきもあります。

牛乳は、他の食品よりもあらゆる脂肪酸を幅広く摂ることができるので、牛乳好きな人は他の食事とのバランスを見ながら、1日コップ1~2杯程度にしておくのがいいかなあと思いますよ!

これも、バストアップというよりも、健康全般のお話ですよね。

【炭水化物】

牛乳コップ1杯(200ml)の「炭水化物」は、10gほど。そのほとんどが「乳糖」。

乳糖は、カルシウムや鉄分の吸収を促してくれたり、腸内環境を整えてくれます。ダイレクトにバストアップに関係はないですが、どんなにバストによい食品やサプリを摂っても腸内環境がよくないと十分に吸収されないですよね。老化防止にとっても腸内環境はとても大事です。

たまに、牛乳飲むとお腹ゴロゴロ…という人もいますよね。そういう人は、もともと乳糖を分解する酵素のはたらきが弱いらしいです。ムリして飲むこともないと思いますが、ホットミルクにして少しずつ飲むといいみたいです^^

【ミネラル類】

牛乳は各種ミネラルも含まれてるんですが、なかでも知られているのが「カルシウム」ですよね!

骨や歯のため、カルシウムって毎日せっせと摂らなくてはいけないですよね。牛乳には、コップ1杯(200ml)あたり220mgほどのカルシウムが含まれています♪

「マグネシウム」は20mg(コップ1杯)ほど…。「カルシウム」と「マグネシウム」のバランスはあまりよくないので、牛乳だけを飲みすぎるのはかえって骨のためにも逆効果になるとも言われています。当たり前なんですが、牛乳は適量に!いろんな栄養成分がとれるように、食事のバランスに気を付けましょう!

その他、「カリウム」(300mg:コップ1杯)や「リン」(186mg:コップ1杯)なども、比較的多く含まれていますね!牛乳は、骨や歯を作るため、細胞やエネルギーの代謝をサポートするためなどに大切なミネラルを含んでいるんですね^^

【ビタミン類】

牛乳には、ビタミンCは少ないんですが、そのほかの主要ビタミン(ビタミンB1、B2、パントテン酸、葉酸、A、D、E、Kなど)が、意外と幅広く含まれています。とくに豊富に含まれているのが、ビタミンA(レチノール)(76μg:コップ1杯)ですね。ビタミンB群、ビオチンも比較的しっかり含まれているので、お肌や粘膜の健康を守ってくれる働きが!

「胸の土台」作りをサポート!飲みすぎない程度に

タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミンとみてきました!残念ながら、牛乳にはバストアップに直接効いてくれる成分はなかったんですが、どの栄養成分も私たちが生きていくのに必要なとっても重要なものです。「胸の土台」作りに一役かってくれることは間違いなさそうです。

牛乳好きなアナタは適量飲むことをおススメします^^

効果的な飲み方は「きなこ牛乳」!

せっかく飲むなら!バストにもうれしい期待ができそうな飲み方をするほうがおトクです♪

私みのりんのおススメは「きなこ牛乳」!ご存じきなこに含まれる成分「イソフラボン」は、乳腺を育てる重要な女性ホルモン「エストロゲン」と構造がよく似ていていることで知られていますよね。ホルモンバランスを整える効果大!なんです。なので、ただ牛乳飲むだけじゃもったいない!イソフラボンも併せて摂っちゃえば、バスト・美容にうれしい効果が期待できるというワケです。

ぜひ、おためしあれ~。

材料シンプル・作り方カンタン♪

<材料>

  • 牛乳コップ1杯(200ml)

  • きなこ大さじ1程度

<作り方>

要は、牛乳ときなこを混ぜるだけ!

<ポイント>※ココアを作るときと同じ感じですよ~。

  • 牛乳は一気ではなく少しずつ混ぜると混ざりやすい。まぜるのに、シェイカー使ってもOK!

  • または、きなこ大さじ1程度に牛乳少量をまぜて、あらかじめペースト状にしておくとまざりやすい。→そのあと、残りの牛乳(レンジで少しあたためてもGOOD)を加える。

  • どうしてもダマが気になる人は、先に少量のお湯できなこを溶かしておいてもGOOD!

  • お好みで、はちみつ、シロップ、砂糖など加えてさらに混ぜると飲みやすくなります~^^

こんなうれしい効果が期待できる!

  • 「美肌・美髪効果」抗酸化作用のあるイソフラボン、ビタミンE、新陳代謝を促すビタミンB群などお肌や髪にいい成分がたくさん。

  • 「骨粗しょう症予防」イソフラボンには、女性ホルモンの減少による骨粗しょう症を予防する効果も。牛乳のカルシウムと合わせて摂ることで骨を強化!

  • 「脂肪燃焼サポート」きなこに含まれる「サポニン」は脂肪の吸収をおさえる働きが。運動と合わせていただくことでダイエット効果も期待できます。

  • サポニンのほかの働きとして、「血流改善」「免疫アップ」「老化防止」などもあります。

  • 「便秘改善」食物繊維、オリゴ糖が摂れるので、便秘解消をサポートしてくれます。

注意して飲みましょう

  • カロリーには注意!牛乳はコップ1杯130~140kcalほどありますよ!(コカ・コーラはコップ1杯90kcal) しつこいようですが!(笑)、飲み過ぎないでくださいね。

  • 牛乳飲むとお腹ゴロゴロ…(乳糖を分解する酵素のはたらきが弱い人)は、ムリして飲まなくていいと思いますが、ホットミルクにして少しずつ飲むといいみたいですよ~。

  • 妊娠中の方は、サプリなどのイソフラボン追加摂取はひかえたほうがよいけど、食品からの場合摂りすぎなければOKです。

ご参考までに、イソフラボンについてもまとめてみましたよ♪

//記事URL準備中//  ※「女性ホルモンと似た働きをするイソフラボン。効果効能まとめ」記事にリンクする

てんちむが牛乳×煮干し×梅干しで胸が大きくなったって本当?

ところで、一時期ネットで話題になってた、モデルのてんちむ(橋本甜歌)さんのバストアップの秘訣って、知ってますか?「煮干し梅干し食べながら牛乳飲んで、1年間でバストがAカップからDカップになった」という内容のビックリ告白してましたよね!

バストアップに励む私たちは、これをどうとるべきか!?

おさらいすると、牛乳には、カラダの調子を整える・カラダの土台を作る大事な栄養成分がたくさん入っていました。梅干し・煮干しも合わせて摂ることでより相乗効果となり、てんちむさんのカラダの土台作りをサポートしてくれたんでしょう。

そして、実は。牛乳・煮干し・梅干しだけじゃないんです!てんちむさんも私みのりんと同じようにバストアップのために、もっともっといろんなことしてるんですよ。たとえば、補正下着つけてバストの形サポートしたり、マッサージがんばったり、バストアップサプリも飲んだり。

(参考://記事URL準備中//  ※「てんちむ バストアップ」記事にリンクする)

そう。バストアップってそう甘くはない。成功した人って、みんな栄養(食べ物とかサプリ)・マッサージ・下着など全方位で努力したんだなあって、あらためて思いました。私だけじゃないんですよね。そう思うとがんばれますよね!

牛乳のほかにバストアップ効果がある飲み物は?

ちなみに、ご参考まで~。

きなこ牛乳ばっかり飲むのもあきちゃうし、飲みすぎ気になるし、苦手な人もいますよね?

効果のありそうな他の飲み物も調べてみました!

★ざくろジュース

みのりんもたまに飲んでます♪ ざくろに含まれている「植物性エストロゲン」に期待をこめて^^

ざくろについては、詳しくはこちらの記事もご参考に↓

//記事URL準備中//  ※「ざくろの効能。女性も男性も美しくする幻の食材!摂り方のコツとは?」記事にリンクする

★マテ茶

南米ではメジャーなマテ茶には、食物繊維やミネラルがたくさん含まれています。とくに多く含まれている「亜鉛」は、ホルモンの合成を活性化して、女性ホルモンの働きを助けてくれる。バストアップには大切な成分なんです。味も意外なほど飲みやすいですよ!

★その他バストアップに効くサプリ系ドリンクをじっくり調べたのがこの記事↓ぜひご一読を!

//記事URL準備中//  ※「バストアップに効果◎な飲み物やサプリ系ドリンクを徹底紹介!飲み方も」記事にリンクする

まとめ

いかがでしたでしょうか?牛乳の栄養成分とバストの関係を深堀りしてみました!

なかなか牛乳だけ飲んでバストアップにつながる、というのは難しいんですが、カラダ作りをサポートしてくれる栄養がたくさん含まれていましたね。

「きなこ牛乳」、お好きな人は習慣のひとつにくわえてみてくださいね。

バストアップに本気なら、サプリがおススメ!

そして、やはり、バストアップに重要なのは「女性ホルモン」。女性ホルモン活性化に効果が期待できる栄養成分を集中的に摂るのが大切なんですよね。その効果的な栄養成分をぎゅっとつめこんのがサプリ(ドリンクも)なんです。20歳を過ぎたアナタが本気でバストアップをめざすなら、サプリで集中的に栄養をとることを、みのりんは強くおススメします。

みのりん渾身の(笑)サプリ記事、ぜひぜひ読んでみてください!

//記事URL準備中//  ※「バストアップサプリランキング|初心者も安心&わかりやすい選び方」記事にリンクする

//記事URL準備中//  ※「プエラリアミリフィカとは?を徹底調査|バストアップサプリの選び方も」記事にリンクする

//記事URL準備中//  ※「貧乳が飲むべきサプリ。口コミにだまされない最適な選び方」記事にリンクする

under main layout