ビタミンEは直接バストアップに効果はない。女性におすすめされる成分の理由

ビタミンEは直接バストアップに効果はない。女性におすすめされる成分の理由

バストアップにも効果的といわれるビタミンE!すでに注目している人も多いでしょう。ところが、直接効果はないという情報も……。正確な情報を知るため調査を開始!確実なバストアップを望むアナタだけに贈る調査結果、さっそくチェックしてくださいね♪

シェアする

目次

  • なぜビタミンEがバストアップに効果的なの?
  • 胸が大きくなる仕組みとは?
  • ビタミンEは女性ホルモンを促進させるの?
  • その他の女性が嬉しい!効果効能について
  • ビタミンEの効果的な摂り方
  • ビタミンEを含む食材とおすすめレシピ
  • 摂取量や摂りすぎの副作用について
  • ビタミンEは直接的なバストアップ効果はない

なぜビタミンEがバストアップに効果的なの?

みのりん
チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと宗(むね)みのりです。私は10代の頃からバストに対するコンプレックスが強く、彼と気まずくなってしまったこともありました。そこから一念発起の猛勉強&トライ!で、99%成功するであろうメソッドを確立するに至りました♪

同じ悩みを持つ女性たちの助けになればとこのサイトを立ち上げを決意。あなたのお悩みの糸口となれば嬉しいなと思っています!

さて、猛勉強中にはさまざまな栄養素についても学びました。今回ご紹介するビタミンEには毛細血管まで血行を促進させる効果があり、代謝がアップして老廃物を排出したり、冷えを解消するといったメリットがあるんですよ♪

ほかにも抗酸化作用や悪玉コレステロール値を下げるといった効果がありますが、バストアップで注目された点は「ホルモンバランスを整える働き」!

くびれや美肌など女性らしさのカギを握るホルモンバランス、バストアップとも密接な関係があるような気がしちゃいますよね。

胸が大きくなる仕組みとは?

胸の大きくなる仕組みの基本は、大胸筋、乳腺、脂肪を育てることですね。

3つの役割をサラッとおさらいすると、

  • 大胸筋→バストの土台

  • 乳腺→刺激を受けると女性ホルモンを分泌して、バストに脂肪がつきやすくなる

  • 脂肪→バストの90%を占め、ふくよかなバストを演出する重要物質!

これらを踏まえたバストアップの王道は、エクササイズで大胸筋を鍛え、乳腺を刺激し女性ホルモン効果で脂肪を育てるというものでしたね!

ビタミンEは女性ホルモンを促進させるの?

ビタミンEは、女性ホルモンを整える効果はありますが、促進はしません。

本当の働きとは、女性ホルモンを分泌を司る脳下垂体に働きかけ、コントロールするというもの!

つまり、バストアップに対して直接的な効果はないということです。

残念ながら、女性ホルモンを活性化させバストアップに繋げることは難しいのが現実です。しかし、女性ホルモンが少ない時はバランスをとってくれるため、バストサイズの安定化には一役買っています。

加齢やダイエットに食生活・ストレスなどが原因でホルモンバランスは簡単に崩れてしまいますが、それでバストサイズが左右されるのでは困りますよね。

どんなときにもバストサイズ維持の強い味方となってくれる、それがビタミンEの真の役割なんです!

その他の女性が嬉しい!効果効能について

ビタミンEの効果は1つではなく、女性に嬉しい効果がいくつも詰め込まれています♪

たとえば、

  • 細胞活性化で、美肌効果

  • アンチエイジング

  • 新陳代謝が活発になりシミを防ぐ

  • 生理痛や生理不順を防ぐ

  • 妊娠しやすくなる

  • ストレスの防御反応を高める

  • 髪のツヤがよくなる

  • 悪玉コレステロール値を下げる

などなど、どれも嬉しい効果ばかり!バストアップには直接関係はありませんでしたが、女性としての魅力を最大限に発揮するには必要不可欠!!ですよね。

みのりんもビタミンEには注目しています(笑)

ビタミンEの効果的な摂り方

女性として注目しておきたいビタミンE!できれば効率よく摂取したいですよね。おすすめは、ビタミンAとCと一緒に取ることです。もちろん、ほかのバストアップ食材と組み合わせて相乗効果を狙うのもOK!

熱に強いため、炒め料理などもいいですね。油に溶け出しやすい性質があるため、体に吸収しやすくなり効率よく摂取できます。乳製品との相性もよく、組み合わせも多彩!飽きることなく毎日食べることができるでしょう。

普通の食生活をしていればビタミンEが不足することはあまりないため、ビタミンEのためだけにビタミン剤を購入する必要もありません。また、吸収率も天然物に軍配が上がるんですよ。

ぜひ、日々のメニューに取り込んでみてくださいね!

ビタミンEを含む食材とおすすめレシピ

とはいえ、「どんな食材やレシピがいいのか分からない!」という声にお答えして、みのりんが普段食べているレシピや食材を後悔します。

食材

すべての食品の中で一番含有量が多いのは、「アンコウの肝」!お鍋の季節にはぜひチャレンジしてくださいね。普段から取りやすいのは、いくらや明太子・ウニなどの魚卵、イワシ・うなぎ・タイといった魚介類も含有量が多く、回転寿司などで積極的に頼んじゃうのもいいですよね!

気軽にヘルシーに野菜に目を向けると西洋かぼちゃや赤ピーマン、シソや大根葉などがいいでしょう。

小腹が空いたときのおやつにぴったりなのは、アーモンド!モデルやミス・ユニバースのおやつとして有名ですよね。そのままでもいいですがチョコレートにもビタミンEが含まれているため、忙しいときにはアーモンドチョコをおやつにしてビタミンE摂取をするのもOK!

レシピ

1. ビタミンE × イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンはバストアップに欠かせない成分!大豆にも多く含まれているため、豆乳や豆腐を食べるといいんですよ。ビタミンEが豊富な食材かぼちゃと合わせたポタージュならダブルの効果が狙えます。

かぼちゃの豆乳ポタージュ

<材料>

  • 調整豆乳 150cc

  • 西洋かぼちゃ 50g

  • コンソメ顆粒 小さじ1/2~1

<作り方>

  1. かぼちゃはレンチンして柔らかくしておきましょう

  2. 豆乳を温め、コンソメを投入!

  3. 潰したかぼちゃを豆乳に入れ、混ざったら出来上がり!

ブレンダーで一気に潰すのもいいですが、少量なのでジップロックに入れたかぼちゃを手で潰してもOK!なめらかにしたい時には裏ごしするといいですね。

2. ビタミンE × ボロン

女性ホルモンの働きを助けるボロンもバストアップ界ではお馴染みの成分!キャベツや干しぶどうに多く含まれていますが、加熱に弱いため調理には注意が必要です。

キャベツと明太マヨのコールスロー

<材料>

  • キャベツ 半玉

  • たらこ 一腹

  • マヨネーズ 大さじ5杯

  • 砂糖 大さじ1杯

  • 酢 小さじ2杯

  • コショウ 少量

<作り方>

  1. キャベツはみじん切りにしておく(人参やキュウリ・玉ねぎを入れてもGood!)

  2. 塩をしてしんなりしたら水を絞りましょう

  3. 調味料とたらこを混ぜたらキャベツと合わせ、少し寝かせたら出来上がり!

少し多めに作っておくのもいいですね♪

摂取量や摂りすぎの副作用について

美肌やアンチエイジング対策に効くならいっぱい食べて、よりたくさんの効果を得たい!と思いますよね。でも、何でもやりすぎちゃダメ!ビタミンEという自然界にある物質でも、摂りすぎると副作用があるんです……。

おもな副作用は、

  • 皮膚のかゆみ

  • ほてり

  • むくみ

  • 胃の不快感

  • 頭痛

また、不快な症状だけでなく、1日に267mg以上定期的にビタミンEを取ると死亡率が10%上がるという調査結果も!追い打ちをかけるように、2012年には骨粗しょう症のリスクが高まることも発表されており……。

女性の摂取目安は6.0mg、18~29歳や70歳以上の耐用上限量は650mg、30~59歳までの耐用上限量は700mgとなっています。

アーモンド15粒でビタミンE含有量は6.9mg、西洋かぼちゃは80gで4.1mg。たくさん食べるより、適量を定期的にがおすすめです。

ビタミンEは直接的なバストアップ効果はない

ビタミンEはあくまで女性ホルモンを整える役割であって、直接的なバストアップ効果はありません。

というわけで、本気でバストアップしたいなら、女性ホルモンのエストロゲンを外部から摂取するのが一番の近道!食品から取るのもいいですが、定期的に必要量を摂取するにはサプリメントがおすすめ。

次の記事では、みのりんが厳選した優秀サプリをご紹介しています!バストアップに本気なアナタはぜひチェックしてくださいね。

水着もニットも着こなせる魅力的なバスト、アナタのものにしちゃいましょ♪

皆さんはバストアップサプリの体験談を目にしたことがありますか?メーカーのHPや広告内に記載されている体験談を鵜呑みにして失敗してしまったこともあるのではないでしょうか。数あるバストアップサプリから自分にとって最良の物をセレクトしたいですね♪

under main layout