女性ホルモンを増やすツボ!身体にも心にも効果的な押し方やコツとは

女性ホルモンを増やすツボ!身体にも心にも効果的な押し方やコツとは

6ukjvYN3vmtnn8ps.jpg

綺麗も若さも保てる!ツボ押しは女性に嬉しい効果

こんにちは!チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと、宗みのりです。

身体にあるツボを押して健康になろう!というブームはもう何年も続いていますよね♪そういう私もツボ押し大好きなのですが、一番皆さんに馴染みがあるのは足裏でしょうか?

undefined
みのりん
身体には、なんと365個ものツボが存在するんですよ♪その中には、女性ホルモンに関係しているツボもあるんです♪( ´▽`)
  • 医学書〜雑誌まで読んだ書籍⇒26冊
  • サイト立ち上げまでのネットリサーチ数⇒1,090サイト
  • バストアップの実績⇒BカップからEカップ(ちょい盛り)

女性ホルモンに作用するツボを押すと女性ホルモンを増やしてバストアップができたり、自律神経を整えたり、胃腸の働きを良くしたり、美肌になったりと、たくさんの効果が期待できるんです!

ツボ押しはどこでも簡単に押せるし、しかもタダ!良いことばかりですよね。お肌を綺麗にしたい、いつまでも若々しくいたい!そんなアナタはこれを読めば全て解決できちゃうこと間違いなし♪

女性ホルモンとツボ押しについて

ツボの位置をチェックする前に「まずはなぜツボ押しが女性ホルモンに作用するのか」「そもそも女性ホルモンってどんなものなのか」基礎知識として知っておきましょう♪

そもそも女性ホルモンとは

女性ホルモンとは、大きく分けると「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモンがあります。この2つのホルモンは妊娠をするために不可欠なのはもちろん、女性の身体や心にも様々な影響を与えるんですよ。

エストロゲンは別名「美容ホルモン」とも呼ばれるほど、女性らしさを作るホルモンです。子宮内膜を厚くして基礎体温を下げる働きの他、自律神経のバランス新陳代謝を良くして、美肌・美ボディを作る働きがあります。

対して、プロゲステロンは妊娠を維持するために水分を溜め込んだり、子宮内膜を厚くする働きがあります。別名「母のホルモン」と呼ばれているのも分かりますよね♪妊娠を維持するためには必要なプロゲステロンですが、むくみや肌荒れなどを引き起こしてしまう作用もあります。生理前や生理中に身体や心の不調が起こりやすいと感じることがあるのは、このプロゲステロンの分泌量が盛んになっていることが原因なんですよ。

この2つのホルモンは、女性の生理周期に合わせて量を増減させながら分泌されます。生理後から排卵前まではエストロゲンの分泌量が多くなり、排卵後から生理まではプロゲステロンの分泌量が多くなります。どちらが多くても少なくてもダメ。大切なのは、それぞれがバランスを取りながら分泌されることで、私達女性は健康な毎日を送ることができるんですよ☆

女性ホルモンの分泌量が減るとどうなる?

女性ホルモンの分泌量は「一生でおよそティースプーン1杯分」と言われているほど微量なもの。思春期の頃から閉経前後まで分泌されますが、20〜30代で分泌量のピークを迎えた後はだんだんと量が減っていきます。

女性ホルモンが減ると、身体には様々な影響が起こります。コラーゲンの生成量が落ちて肌や髪の弾力やしなやかさが減ったり、内臓脂肪がつきやすくなったり、骨粗鬆症脳梗塞心筋梗塞などの病気のリスクが増加すると言われています。

閉経前後に起こる「更年期障害」の原因の1つは、この女性ホルモンの分泌量が急激に減ることが関係していると言われているほど、心身への影響は大きいものなんですよ。

ツボ押しで女性ホルモンが増える理由

ツボって一体何なの?というところからになりますが、鍼灸の起源は原始時代。痛みのあるところを火で温めたりしていたのだとか。それを中国で研究して、身体の反応点をまとめたのが「ツボ」なんです。

ツボを押すと脳の視床下部に刺激が伝わります。その際に「CGRP」という血管が拡張されて血液循環を良くする働きをする化学物質が放出されることが、医学的にも解明されているようですよ♪

ツボは必ず気が流れる道の上にあり、ツボを押すと気の流れが良くなります。流れが良くなると、内臓の動きが良くなり、免疫力が高まります。つまり、女性ホルモンに効果のあるツボを押すと、血流など経路の滞りが解消&女性ホルモンが刺激されて心身の不調が良くなるというワケですね。

女性ホルモンを増やすツボ【バストアップ編】

、バストアップに必要不可欠なのは、乳腺を発達させることが肝心。乳腺の周りには、大切な乳腺を守るために脂肪がつきます。これが、バストアップのからくりなんです。乳腺を増やすこと=女性ホルモンを増やすこと。毎日少しずつでもツボを刺激することで、女性ホルモンを刺激して分泌量をアップさせることができますよ♪

壇中(だんちゅう)

まずは「壇中」。女性ホルモンの分泌を促すツボとして、一番知られているツボですしょう!女性ホルモンの分泌を増やす他に、ストレス解消自律神経を整える効果があります。

場所は、ちょうど左右の胸の真ん中にあります。指で押してみるとちょっと痛みがあるところです。強く押しすぎないことがポイントですよ☆

渕腋(えんえき)

渕腋」は脇の下にあるツボで、乳首から左右に10cmくらい外側にあります。軽く押すと痛みを感じるはず。バストのハリをアップさせる他、姿勢を正す効果、血行促進効果があります。

中脘(ちゅうかん)

中脘」は、おへそから指4本分上、みぞおちとおへその中間地点にあります。女性ホルモンを促す神経が通っているため、押すことで分泌をアップさせてくれます。

他にも、胃の不調を改善させたり、肌荒れむくみの改善をする効果があります。

女性ホルモンを増やすツボ【美肌&美髪編】

女性ホルモンを増やすツボ、次は美肌&美髪編!バストアップとともに、ハリのある美しい肌や髪を手に入れたいなら、このツボを押しましょう☆

百会(ひゃくえ)

百会」は様々な効果を持つ、万能のツボ!左右の耳を結んだ直線と、眉間から頭のてっぺんに向けた直線が交わる所、頭頂部にあります。少し凹んでいるので探しやすいかも♪

自律神経のバランスを整える他、目の疲れ頭痛肩こりにも効果があります。

合谷(ごうこく)

合谷」は、手の水かき部分で親指と人差しの骨が交わるところから少し人差し指寄りにあるツボです。身体の気が集まる部分にあり、最も重要とされるツボの1つです。ぐーっと指圧をしたり、ぐるぐるとマッサージをするように押すと良いですよ。

刺激することにより大腸の機能を正常化してくれます。頭痛、便秘、肌荒れ、生理痛、風邪症状など、押すだけでたくさんの効果が期待できますよ☆

球後(きゅうご)

球後」は眼精疲労や目の周りの筋肉を鍛えてくれるツボで、目のたるみやむくみ、クマに効果的なツボです。黒目の真下から、指1本分外側にあります。ただし、目の周りの皮膚は薄くてデリケートなので、優しく押すことが大切ですよ☆

肺(はい)

」は、耳にある2つのツボです。新陳代謝を促進してシミやそばかすを消す効果があります。

場所は、耳の穴へと続く窪みの真ん中付近に1つ、もう1つは縦に少し離れた場所にあります。少し分かりづらい場所にありますが、耳の穴の窪みに親指を差し込んで、2つの「肺」を同時に刺激すると簡単ですよ♪

燕口(えんこう)

ほうれい線など、口の周りのシワやたるみに効果がある「燕口」は、左右の口角に位置します。優しく円を描くようにゆっくりと刺激しましょう。

額中(がくちゅう)

額中」はおでこの真ん中にあるツボです。おでこのシワやたるみ、眼精疲労に効果的です。デスクワークで目に疲れがある人に、特におすすめのツボですよ☆

山根(さんこん)

山根」は眉間から少し下側にあるツボです。特に眉間のシワの改善&予防に効果があるので、おでこや眉間にシワが寄りがちだという人は覚えておきたいですね(*^_^*)

翳風(えいふう)

翳風」は耳の後ろ側、耳たぶの付け根で少し窪んだ場所にあります。顔全体のむくみを解消ホルモンバランスを調整する効果、頭皮の血行促進めまい緩和しゃっくりを止めるなど、様々な効果がありますよ。神経やリンパが集中している部分なので、あまり強く押しすぎないことがポイントです。

耳門(じもん)

耳門」は、耳の穴のすぐ前の窪んだ場所にあります。動脈が走っているので脈打っていて、見つけやすいでしょう。まぶたや顔のむくみに効果があり、他にも美白効果くすみ解消リフトアップ効果など、美容効果が高いツボです。

女性ホルモンを増やすツボ【ストレス解消編】

過度なストレスを受け続けると自律神経のバランスが崩れて、ホルモンバランスの乱れに繋がってしまうことがあります。とはいえ、ストレス解消ってなかなかできないものですよね。

そこで、ストレスを緩和してくれる優秀ツボをいくつか紹介します。心が疲れた時に押してみると、気分が落ち着きますよ♪(´ε` )

労宮(ろうきゅう)

労宮」は、心が疲れていると痛みを感じると言われるほどストレスと密接に関わるツボです。両手の手のひらの真ん中にあるので、小さなボールなどを両手で挟んでほぐすのがおすすめ☆ストレス緩和の他にも、肩こり、吐き気、胃腸の不調に効果があります。

神門(しんもん)

神門」は、手首に入っている横ジワの小指側、窪んでいる場所にあります。イライラを鎮めたり、緊張や不安を和らげる効果がありますよ♪比較的押しやすい場所にあるので、いざという時に覚えておくと役立つはずです!

照海(しょうかい)

照海」は、くるぶしの内側の少し窪んでいる場所にあります。押すと鈍く痛みます。ストレス緩和の他、冷え、生理不順などの婦人科系の不調、泌尿障害の緩和ができます。

解谿(かいけい)

解谿」は、両足の足首を上に持ち上げた時にできる横ジワの真ん中に位置しています。血行やリンパの流れを良くするので、胃腸や足など様々な不調の緩和ができます。

湧泉(ゆうせん)

疲労に良く効く「湧泉」は、土踏まずから少し上の中央、足の指を曲げると窪む場所にあります。体力・気力の両方を高めて元気にする万能のツボなので、ぜひ覚えておきましょう。

女性ホルモンを増やすツボ【生理不順・冷え性編】

女性の2大悩みである「生理不順」と「冷え性」。特に冷えは万病の元と言われているくらい深刻なものです。実は、この悩みもツボで改善できるんですよ☆押さえておきたいツボ、チェックしましょう!

三陰交(さんいんこう)

三陰交」は足のくるぶしの頂点から指幅4本分上がった骨と筋肉の境目部分にあります。消化器、肝臓、腎臓に作用するツボで、女性の三里とも言われる大切なツボです。おもにむくみや冷え、更年期症状の緩和をしてくれます。三陰交を押して痛みがある場合は、お腹も冷えてしまっていることが多いでしょう。普段からこのツボを冷やさないように、長めの丈の靴下を履くのが良いですよ!

女性ホルモンホルモンバランスを整えるツボ

ホルモンバランスが乱れると、なんとなく身体がだるくなったり、頭痛、肩こり、むくみなど様々な不調が起こります。生理痛が酷い人はホルモンバランスが乱れている証拠なので、このツボを必ずチェックしてください( ^ω^ )

関元(かんげん)

関元」は、おへそから指4本分下にあります。気を整えるツボ、元気の関所とも言われていて、特に婦人科の治療には良く使われます。おもに生理痛緩和に効果があるため、普段からこのツボを温めたり、押すようにすると毎月の生理痛を軽減することができるはず☆

内分泌(ないぶんぴつ)

内分泌」は、その名の通りホルモンバランスなど身体の内分泌の乱れや婦人科疾患を緩和する効果があります。耳の穴の窪みの奥、一番下に位置しています。男女問わず使用できるツボなので、知っておくと便利ですよ♪

ツボの効果的な押し方&おすすめアイテム

ツボ押しは簡単で手軽な健康法とはいえ、ちゃんとコツがあります。強く押しすぎると内臓などに影響してしまう可能性もあるので、効果的な押し方を知っておきましょう!それから、ツボ押しタイムに欠かせないおすすめのアイテムも紹介します☆効率アップできますよ♪

ツボの押し方

ツボ押しは血流と関係しているものです。気の流れを良くする効果があるので、ツボを温めることがポイント!そのため、血行が良くなっているお風呂中やお風呂上がりのタイミングがおすすめです☆また、リラックスしながら呼吸を意識して行うことも大切!「ツボを押す時に息を吐く」「離す時に息を吸う」というのが基本です。

ツボにもよりますが、一回押すのは3〜5秒、ゆっくり押してゆっくり離すことを数分間断続的に行いましょう。親指をおもに使うのが一般的ですが、強さはやや強めで「痛気持ちいい」くらいの程度が良いですよ。左右対称にツボがある場合には、左右同時に均等に押すことを心がけましょう。

効果UP!おすすめアイテム

ツボ押しを行う時、より効率を良くしてくれるおすすめアイテムがあります☆そこで、リラックスを促すアイテムや簡単にツボ押しができるアイテム、おすすめの本を紹介しますね( ´ ▽ ` )ノ

アロマ

日頃の疲れを癒すために取り入れている人も多いですよね。実は、アロマの中にも女性ホルモンに作用する種類があるんですよ☆そこで、おすすめアロマの種類とその効果についてまとめましたのでチェックしてくださいね。

ローズ……華やかで魅力的な香りが特徴の万能オイル。女性ホルモンバランスを調整してくれる上、若々しさを引き出したり、心の鎮静作用があります。初心者にもおすすめのアロマです。

ラベンダー……心をリラックスさせる爽やかな香り。自律神経を整えて、安眠効果があります。鎮痛効果もあるので生理痛の緩和にも効果が期待できますよ♪

ネロリ……ビターオレンジの花から採れるオイルです。少し苦味のある、柑橘系の香りが特徴。ネロリドールという成分が含まれていて、ストレスやPMS(月経前症候群)を軽減させてくれる効果があります。

ジャスミン……エキゾチックな甘い香り。ジャスミンは子宮のハーブとも謳われていて、生殖機能を高めたり、生理痛やPMS(月経前症候群)など、女性特有の不調に効果があります。

「足ツボ名人」

\ただ乗るだけ!自宅で足ツボケアができる/

Source: amazon

足ツボ名人

  • 編集部評価:★★★★★ 総合88点
  • 価格:426円(送料別)
  • 保証・特典:なし
  • メーカー:イモタニ

足ツボ名人は、見ての通り乗るだけで足ツボ効果が得られるアイテムです♪ポイント押し突起が足の裏を刺激するだけではなく、気になる箇所を集中的にケアするピンポイント押し突起もついています。1日5分乗るだけで足のむくみ取りや血行促進をしてくれますよ☆運動不足の人にもおすすめ!

公式サイトを見てみる

「ホントのツボがちゃんと押せる本」

\ツボの基本を知れる本!/

Source: amazon

ホントのツボがちゃんと押せる本

  • 編集部評価:★★★★★ 総合88点
  • 価格:1,026円(送料無料)
  • 保証・特典:ー
  • 出版社:高橋書店

ホントのツボがちゃんと押せる本は、ミッツ・エンタープライズ代表取締役であり日本ホリスティックセラピストアカデミー校長の加藤雅俊さんが書いたツボ押しメソッドです☆一目瞭然のCG図解で骨ごとツボの位置が説明されているので、確実にツボを押すことができますよ♪

万能ツボや心や身体を元気にしてくれるツボ、美容に効果のあるツボが多数紹介されているので、ツボ押し初心者さんにはぜひ読んでもらいたいです〜!

公式サイトを見てみる

男性もツボ押しで女性ホルモンが増える?

男性でもツボ押しで女性ホルモンを増やすことってできるんでしょうか?そもそも、男性って女性ホルモンはあるの!?って思う人もいるでしょう。そこで、ツボ押しの豆知識として、チェックしてみてください☆

増やすことは可能

結論から言うと、男性でもツボ押しで女性ホルモンを増やすことはできます。実は、ホルモンは性別に関係なく、男性にも女性ホルモンが、女性にも男性ホルモンが存在しているんですよ♪ただし、もともと身体のホルモンの量には違いがあるため、男性は女性ホルモンを増やしづらいようです。

副作用に注意

ここで紹介しているツボ押しだけではなく、サプリやホルモン注射を利用して女性ホルモンを増やす方法はたくさんあります。美肌効果や薄毛対策、中性的な顔立ち・身体つきになりたい!と、近年、男性でも女性ホルモンを増やしたいという人も増えてきているようですね。

ただし、男性が女性ホルモンを過度に増やすと、ホルモンバランスが急激に崩れてしまいます。副作用として、EDなどの勃起不全が起こったり、声が高くなったり、身体が丸みを帯びてきたり、体毛が薄くなるなどの副作用が起こることもあるので注意しましょう。

ツボ押しで手軽に女性ホルモンを増やそう

ツボ押しは、いつでもどこでもツボを押すだけで手軽に女性ホルモンを増やすことができる方法です。なんといっても、自分の指さえあれば行うことができるので、費用も一切かかりません( ^ω^ )バストアップしたい人や、生理不順を改善したい人には本当におすすめですよ♪

また、男性で女性ホルモンを増やしたいという人にも、ツボ押しはおすすめです!サプリやホルモン注射などの薬は即効性が期待できる反面、副作用などのリスクが高くなってしまいますから……。

ツボ押しは仕事の合間や外出先など、思い出した時に隙間時間で行えるのが何と言ってもメリット!知っておいて損はないツボ押し効果、ぜひ試してみてくださいね☆

under main layout