エストロゲンとプロゲステロンの違い?科学的根拠から分かった副作用と効果

エストロゲンとプロゲステロンの違い?科学的根拠から分かった副作用と効果

「 エストロゲン」や「プロゲステロン」って知っていますか?女性ホルモンのことなんですが、実はバストアップにもとっても関係が深いんですよ!今回は、それぞれのホルモンがどんな作用や役割を持っているのか詳しく紹介しますね。

シェアする

目次

  • エストロゲンとプロゲステロンってどんなホルモン?
  • エストロゲン(卵胞ホルモン)は妊娠を助け、女性らしい体つきに!
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠維持に欠かせない
  • 女性ホルモンの分泌周期
  • 女性ホルモンがバランスを崩す原因は?
  • エストロゲンとプロゲステロンのバランスをとる方法
  • バストアップには最も効果的!専用サプリを摂取
  • 女性ホルモンを整えて、美しく健康的な女性に!

エストロゲンとプロゲステロンってどんなホルモン?

みのりん
女性ホルモンと聞くと、女性らしい何かに関係しているんだろうなというのは想像できますよね。では、女性らしいってどんなこと?「胸が大きくなる」「くびれなど体の脂肪のつき方が男性とは違う」なんていうのが思い浮かびますね。けれども、何より忘れてはいけない一番の違いが、女性は「妊娠する」ということ!

つまり、エストロゲンとプロゲステロンは、女性が妊娠するために、とっても重要な働きをするホルモンなんです。この2種類のホルモンの分泌がなければ、妊娠することも困難になってしまいます。また、妊娠準備過程に応じて、分泌時期や作用にも大きな違いがあるんですよ。

とはいっても、妊娠だけに関係しているのではなくて、その他にも体のいろいろな部分に影響があるの。それは、胸を大きくしたり、体つきといった見た目だけでなく、美容や健康にも!2つのホルモンの違いや作用を、私、チコリ・バストアップ編集長「みのりん」こと宗(むね)みのりと一緒に詳しく見ていきましょう♪

→ 女性ホルモンを増やすサプリメントでおなじみLUNA(ルーナ)の会社に直接電話で聞いてみるのもいいかもしれませんね。

お客様サポートへの相談はこちらから♡

エストロゲン(卵胞ホルモン)は妊娠を助け、女性らしい体つきに!

エストロゲンは、別名を「美のホルモン」「美女ホルモン」などとも呼ばれるホルモンなんですよ♪美しい女性にしてくれるホルモンだなんて気になるでしょ?では、エストロゲンの働きをさっそく確認!

妊娠成立までの準備に関わる

エストロゲンは、卵胞の熟成を促す、精子が子宮に入りやすくするための粘膜の分泌を促すといった働きのほか、受精卵が着床しやすいように、子宮内膜を厚くするという作用があります。生理が終わる頃からじわじわと分泌量を増やしていき、排卵日直前がピークに。妊娠を成立させるために頑張ってくれるホルモンなんですね!もちろん、妊娠したら、母乳を作る準備や子宮を大きくしたりといった働きもしてくれます。

乳腺を増殖する

エストロゲンには、乳腺を増殖するという役目があるんですよ。乳腺が増えると、それを守ろうとして脂肪がついて、胸が大きくなるというわけです。乳腺の数はエストロゲンの量で決まるから、バストアップにはエストロゲンはとっても重要なホルモンなんです!

身体を女性らしいラインにし、美肌効果も!

胸をふっくらさせたり、プリッとしたお尻にしたりして、丸みのある女性らしいラインを作ってくれます。また、肌の水分コントロール、コラーゲンの増加を助ける、髪の毛や肌のハリ・ツヤをよくする、シワやたるみなどを予防するといった効果もあります。声も綺麗になるのだとか……!「美のホルモン」と呼ばれる理由は、これらの作用からきているのですね!納得です。

動脈硬化を抑制する

エストロゲンには、血液中の善玉コレステロールを増やして、悪玉コレステロールを抑えるという働きもあるんです。だから、エストロゲンが活発に分泌している年代では、男性に比べると女性は動脈硬化や高血圧などの病気のリスクが低いそうですよ。

骨粗しょう症予防効果

骨を壊すとされる破骨細胞の働きを抑制して、カルシウムの吸収を助けるので、骨を丈夫にして骨粗しょう症予防にも!といっても、閉経後はエストロゲンの分泌が減少してしまうので、骨粗しょう症になる割合が男性より高くなるのだそう……。閉経後は、注意しましょうね。

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠維持に欠かせない

排卵時には、エストロゲンによって成熟した卵胞から卵子が飛び出しますが、そのときに残された卵胞が黄体化することでプロゲステロンが分泌されます。プロゲステロンの別名は「ブスホルモン」。なんとも不名誉な名前のホルモンですね(泣)。どうしてそう呼ばれることになったのでしょう?

体温を上げ、受精卵の着床を助ける

プロゲステロンは、体温を上げて血流をよくし、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を柔らかくして、妊娠を助けてくれるホルモンなんです。基礎体温を付けている人ならよく知っていると思いますが、排卵後から高温期になるという現象はこのホルモンが原因というわけですね!

乳腺を発達させる

排卵日後から生理前にかけて、胸が張ったように感じるっていうことはありませんか?プロゲステロンが分泌されると、乳腺の発達が促進されて胸が張ってきます。生理が始まると分泌量も減るので胸の張りは収まりますが、妊娠すると授乳に備えてさらに発達するため、胸が大きくなっていきます。

皮脂を増加させメラニン生成を活発にする

皮脂量を増やして、メラニンの生成を活発にしてしまうので、吹き出物やニキビができやすくなったり、シミができてしまったり……。生理前に肌の調子が悪くなっちゃうのは、プロゲステロンの仕業だったんです!「ブスホルモン」と呼ばれるのも仕方ないですね。

水分を溜め込む

プロゲステロンには、水分を溜め込むという作用もあります。お肌の保湿になるのはいいけど、体全体で見ると、むくみが起こりブス度が増してしまうというのはツライ……。

女性ホルモンの分泌周期

2つの女性ホルモンは生理周期とも深く関わっているんですよ。生理周期には「卵胞期」「排卵期」「黄体期」「月経期」があります。基礎体温を気にしている人なら聞いたことがあるかもしれませんね。では、それぞれの時期に、女性ホルモンがどう分泌されていくのかを紹介しましょう!

【卵胞期】

エストロゲンの分泌が徐々に増加。子宮内膜が厚くなっていきます。

【排卵期】

エストロゲンの分泌がピークに!それと同時に今度はプロゲステロンが分泌を開始。卵胞が殻を破って卵子が飛び出すと、排卵完了。排卵後はエストロゲンは減少していき、生理前にはぐっと減ります。

【黄体期】

卵胞の組織が黄体と呼ばれるものに変化して、プロゲステロンの分泌量も増加。子宮内膜を柔らかくして着床準備も整います。

【月経期】

妊娠がなかった場合には、エストロゲンもプロゲステロンも分泌が減少します。これによって子宮内膜が剥がれて生理開始。妊娠すると、エストロゲンもプロゲステロンの分泌量はそのまま増加して、妊娠を維持していきます。

毎月、このようにエストロゲンとプロゲステロンの分泌が繰り返されて、生理が起こるんですね。卵胞期から排卵までは「低温期」、排卵から月経開始までは「高温期」と呼ばれ、体温が微妙に違います。

エストロゲンとプロゲステロンの分泌がうまく行われていないと、不妊の原因にもなるため、基礎体温を数カ月測ってみて、排卵がきちんと行われているか、2つのホルモンが正常に分泌されているかを知ることも大切♪

デートや告白にオススメなのは低温期♪

美のホルモンでもあるエストロゲンは、生理後から排卵日までの間が多く分泌される時なので、告白やデートの日を決めるなら、女性らしい魅力が増すこの時期がオススメ♪ダイエットに良いのもこの時期ですよ!

逆に、排卵後から生理前の高温期は、ブスホルモンであるプロゲステロンの分泌が増えて、むくみや肌荒れだけでなく、イライラや頭痛といったPMS(月経前症候群)も起こりやすい時期。せっかくのデート、イライラが原因でケンカになっちゃったりしたらイヤですよね。この時期のデートはなるべく避けましょう!

女性ホルモンがバランスを崩す原因は?

女性ホルモンがバランスを崩すと、体調不良や生理不順、不妊などの原因にもなっちゃいます。まずはバランスが乱れる原因を知っておきましょう。

ストレスによるもの

過度なストレスがかかると、脳はうまく指令を出すことができなくなってしまいます。仕事や悩み事でストレスを感じていたり、疲労がたまってしまっているとホルモンの分泌がうまくいかずに、バランスが崩れてしまうんですね。

食事や睡眠など生活習慣の乱れによるもの

生活習慣の乱れも、ストレスと同様に脳の機能が弱くなり、ホルモンバランスの乱れに繋がりますよ。

身体の冷えからくるもの

ストレスもほとんどなく、生活習慣もきちんとしているのに乱れるときは、身体の冷えが考えられます。身体が冷えると、血行が悪くなって卵巣や子宮も正常に機能しなくなることがあり、ホルモンバランスが乱れる原因にも。

卵巣の病気によるもの

卵巣が何かの病気にかかっている場合にも、ホルモンバランスが崩れることがあります。卵巣の病気は自覚症状がほとんど感じられないため、ホルモンバランスの乱れから発覚することもあるんですって。

エストロゲンとプロゲステロンのバランスをとる方法

基礎体温を測ってみて、バランスが崩れているなと感じたら、どうしたら良いのでしょう?自分でできる対処法を紹介しますね♪改善が見られない場合は、病気の可能性もあるので、基礎体温表を持って病院に行ってみてくださいね。

大豆イソフラボンとバランスのよい食事を!

女性ホルモンと同じような作用を持っている大豆イソフラボン。大豆や豆腐、納豆、豆乳といった大豆食品を積極的に取ってみて!そして、栄養バランスを考えた食事にすることも大切ですよ。

心と身体を休めてリラックス

ストレスや過労はホルモンバランスを乱す原因にも。アロマで心を落ち着かせたり、マッサージ・ストレッチなどで疲れた身体を休めてあげてくださいね。

睡眠をしっかりと

睡眠中には、いろいろなホルモンが作られるって知ってました?睡眠時間をしっかり取ることもとっても重要!自律神経を整えるためにも、早寝早起きを心がけてみましょう。

バストアップには最も効果的!専用サプリを摂取

エストロゲンとプロゲステロンは、バストアップ効果でいうと、エストロゲンが乳腺の数を増やして、プロゲステロンが乳腺を発達させます。発達した乳腺の周りには脂肪をつけようとするので、乳腺の数が多いほどバストアップに繋がるという仕組みなんですね♪

乳腺の数を増やすためには、エストロゲンの量を増やすことが重要!とはいっても、エストロゲンの分泌量を増加させるというのはなかなか難しいもの……。毎日毎日大豆製品ばっかり食べられないし、大豆アレルギーのある人はどうすればいいの?

そこで効果的なのが、エストロゲンと似た性質を持つサプリメントを摂取すること!これなら簡単にできますよね。そこでオススメなのが「プエラリア」。プエラリアは、葛の根を乾燥させて加工したもので、エストロゲンと同じ働きをする成分として、多くのバストアップサプリに使用されているものなんですよ!

私みのりんも、バストアップサプリにはお世話になりました~。プエラリアが多く含まれているほうが効果も期待できますが、副作用が出たり、効果を実感できない時にはサプリを変えてみましょう。選ぶ時には、量や品質、サポートなどにも注意して、自分に合ったものを選んでくださいね!

女性ホルモンを整えて、美しく健康的な女性に!

女性の体には欠かせないエストロゲンとプロゲステロン。女性らしさや美しさを維持するだけでなく、妊娠や出産、健康にも影響があるということ、おわかりいただけたでしょうか?今まで気にしたことのなかったアナタ!ぜひ基礎体温を測って、自分のホルモンバランスをチェックしてみて!

バストアップなら、専用サプリがオススメ!いろいろなバストアップサプリがあるので、公式サイトや口コミなどを参考にして選びましょう。効果や副作用があるかどうかは人によって個人差があるので、合わないときには他のものも試してみてね♪

under main layout