芸能人も豊胸を失敗している?失敗事例に学ぶリスクを抑えて豊胸する方法

芸能人も豊胸を失敗している?失敗事例に学ぶリスクを抑えて豊胸する方法

「豊胸手術に興味はあるけど失敗のリスクが怖い」といった人は多いと思います。実際に豊胸手術で起こる可能性がある失敗事例がどんなものなのか、なぜ起こるのか検証してみました。失敗のリスクを最小限に抑えるポイントも紹介しています。

シェアする

目次

  • 豊胸手術で失敗した人、実はかなりいます!
  • 豊胸で不自然な胸になってしまった芸能人達
  • 3つの豊胸手術別!失敗例とその症状
  • 2.脂肪注入による豊胸の失敗例
  • 失敗しない名医やクリニックの選び方
  • 失敗のリスクを避けたい人は安全なバストアップ方法で!
  • まとめ

豊胸手術で失敗した人、実はかなりいます!

はじめまして♪チコリ・バストアップ編集長の「宗(むね)みのり」こと「みのりん」です。 日々、理想のバストを目指してバストアップ方法の研究をしています!

アナタは豊胸手術についてどんなイメージを持っていますか?「大金がかかる大掛かりな手術」、「失敗事例をよく聞くから怖い」といったネガティブなイメージを持たれている方は多いでしょう。

もちろん、大金を払って豊胸手術を受けたとして、理想のバストが手に入れられるなら大満足ですよね。ですが豊胸手術は、アナタのイメージどおり失敗や後遺症といったリスクのある手術です。上手くいかなかった場合、取り返しのつかないことになってしまいます。

今回は、豊胸手術のリスク、失敗を防ぐためのクリニックやドクター選び、カウンセリング時の注意点等お話しします。「豊胸手術がどんなものか気になっている!」という人はぜひ参考にしてください^^

豊胸で不自然な胸になってしまった芸能人達

豊胸手術の最大のメリットは、確実に胸を大きくさせられるという点。ただし、「自然な形」で大きくなるかどうかはわかりません。突然不自然なバストになって、それが豊胸手術によるものだと話題になった芸能人もこれまでにたくさんいます。

たとえば、真木よう子さん、板野友美さん、叶姉妹さん、海外だと、ドリー・バートンさん、ヴィクトリア・ベッカムさんなんかが、不自然なバストになったことで話題となりました。せっかく勇気を出して手術を受けたのに、不自然な形になってしまったり、理想とはかけ離れた形になってしまったらすごくショックですよね…><

3つの豊胸手術別!失敗例とその症状

では、具体的にどんな失敗例、症状のリスクがあるのでしょうか?3つの手術方法の失敗例をそれぞれ紹介します。

1.ヒアルロン酸による豊胸の失敗例

  • しこりになる事がある

  • 感染することがある

  • 繰り返し行う事で硬くなる

こういった失敗例、症状があります。1度の手術でしこりができる確率は数%と言われていますが、ヒアルロン酸が溶け切らないうちに、繰り返しヒアルロン酸豊胸を行うと、その確率は一気に数十%まで上がります。

ヒアルロン酸をわざと胸の中央1か所に注入してしこりを作る方法を行っているクリニックもあり、乳がん検診を受けた際に、これが邪魔になってしまうというケースもあります。

万が一しこりができてしまった場合の対処法として、注射器で吸い出したり、ヒアルロン酸を溶かす注射を打つといった手段があります。

2.脂肪注入による豊胸の失敗例

  • しこりになる事がある

  • 感染することがある

  • 大きくならないことがある

ヒアルロン酸法と同じく、しこりや感染といったリスクがあります。脂肪注入で定着しなかった脂肪が、石のように固く石灰化してしまうことがしこりの原因となります。感染症に関しては、脂肪注入の2週間後に痛みや赤み、腫れが出たら要注意です!注入した脂肪細胞が血管から栄養を吸収できず壊死してしまうことで、感染症を起こしてしまう場合があるんです。この場合、洗浄、除去の再手術が必要です。

また、脂肪注入の大きなデメリットとして、施術前にどれくらい大きくなるか予測ができないという点があります。半カップだけでよかったのに2カップ大きくなったり、2カップ大きくしたかったのに半カップしか大きくならなかったりといったことが起こります。効果に個人差があり、ほとんど大きくならないといったケースも少なくありません。

3.バッグプロテーゼ挿入法による豊胸の失敗例

カプセル拘縮(こうしゅく)、被膜拘縮(ひまくこうしゅく)

バッグプロテーゼ挿入法の代表的な症状なのですが、明らかに胸が硬くなってしまうということがあります。ビジュアル的にも、胸の中にボールが入っているようなあからさまに不自然な形になってしまう残念なケースも。

バッグの位置の異常

挿入したバッグの位置が上過ぎたり下過ぎたり、左右非対称になってしまう。また次第にバッグが上がったり下がったりしてバストの形が変形してしまうなんてこともあります。

リップリング

乳房が波打ったり、乳房に不自然なしわやねじれ、ひずみが出る。バッグの中に人間の体液と同じ浸透圧をもった生理食塩水が使用されている「生理食塩水バッグ」にとくにみられる症状。

ダブルバブル

乳房の下のラインが鏡もちのように2段になる。(やせた人、大胸筋下法に多い)

バッグの破裂

急にバッグが潰れて、バストがぺちゃんこになってしまう。生理食塩水バッグに多い。シリコンバッグの場合、指で胸を押すと形が変形して戻らなくなる。老朽化やカプセル拘縮によって圧力がかかってバッグが破けると、再手術が必要になる。

バストの感覚麻痺

バッグの手術の際に神経を傷つけていたり、入れた後にカプセル拘縮が原因で、乳首の感覚が鈍くなることがある。逆に「触れただけで痛い」という知覚過敏や、しびれが残るケースも。

その他にも、感染症、バッグ周りに血や水が溜まる、バッグが出てくる等といった失敗例、リスクがあります。

失敗しない名医やクリニックの選び方

いかがでしたか?豊胸手術は、これだけのリスクがあります。豊胸手術を受ける場合は、できるだけこれらのリスクを最小限に抑えたいところですよね。そこで重要になるのが、名医やクリニックの選び方です!

より安心なドクター選び

まず大前提として、技術の高い学会研究を行っている名医を選ぶということがポイント♪カウンセリングへ行く前に、よくそのドクターをリサーチしておくことが大切です。

カウンセリングに行く前に知っておくべきこと

  • そのドクターの経歴

  • 得意(専門)手術は自分の希望する手術内容と一致しているか

  • そのドクターのこれまでの学会での研究テーマはどんなものか。また生み出した手術はどんなものか。

  • そのドクターが所属している学会

  • ドクターの人間的な雰囲気

気になるドクターが見つかったら、最低限これくらいは下調べしておきましょう。おおよそドクターの経歴や実績がわかったら、実際に会いに行ってみましょうね!

より安心なクリニック選び

わかりやすいのは、乳がん患者の乳房再建などに使用されている機械を導入しているクリニックが安心です。また、バッグプロテーゼ法によるカプセル拘縮の確率が10人に1人等といった、古い情報を伝えて、脂肪注入法の手術を促すクリニックがまれにあるので、そこは注意してくださいね!

※バッグプロテーゼ法は現在は技術が進歩して、カプセル拘縮の確率は1%程度に過ぎません。

他にも、料金設定が適正に行われているかどうか、自分で手術方法の選択ができるかどうかといったところもポイントです。もちろん、施術で使用される麻酔や器具、施術自体の安全体制についての説明が明確にされるかどうかも大事!心の底から信頼できると思えるクリニックに出会うまで、複数のクリニックでカウンセリングを受けることをおすすめします。

失敗のリスクを避けたい人は安全なバストアップ方法で!

どんなに良いドクター、クリニックを見つけても、失敗のリスクがゼロになるということはありません。これらのリスクを回避して、安全にバストアップしたいという人はこんな方法を試してみてください!

バストアップサプリ

サプリメントの効果で、体内の女性ホルモンの働きを活発にさせてバストアップする方法。とくに、大豆の40倍ものイソフラボンが含まれている「プエラリア」のサプリがおすすめです♪プエラリアとは、タイに自生しているマメ科クズ属の植物なのですが、女性ホルモンを強力に活性化させる作用があります。

他にも、最近では女性の体内リズムを整えるハーブや美容成分や、ダイエットサポート成分が配合されたバストアップサプリもあります。サプリメントで、安全&効果的にバストアップしたいという人は、こちらの記事をさんこうにしてみてください♪

皆さんはバストアップサプリの体験談を目にしたことがありますか?メーカーのHPや広告内に記載されている体験談を鵜呑みにして失敗してしまったこともあるのではないでしょうか。数あるバストアップサプリから自分にとって最良の物をセレクトしたいですね♪


バストアップマッサージ

マッサージで背中や脇、腕の余分な脂肪をバストに集めてバストアップする方法です。バスト周囲のリンパの流れや血液の流れも良くなるので、バストに栄養が届きやすくなるというメリットもあります♪また、乳腺に直接刺激を与えてバストアップするという方法もありますよ。最近では、そんなバストマッサージ専用のジェルも販売されています。

血流をよくして、健康的に胸を大きくしたい人はこちらの記事を参考にしてみてください^^お風呂あがりなど、身体が温まった時にマッサージするとより効果的です♪

「胸を大きくするマッサージ方法」って、知ってますか?自分でできて、お金もかからなくて、しかも「年齢に関係なく」効果が期待できるんです。知らなかったアナタ、もう成長期じゃないんで…と諦めモードのアナタ。この記事を読んで、とにかく実行してみて♪

コストを安く抑えてバストアップできるというのが魅力的ですね~♪でも、短期間でAカップからDカップになるといった劇的な変化や即効性はないというのが欠点。地道に毎日続けることが大切です!

バストアップブラ

アナタはナイトブラって着けてますか?寝ている間のバストは、寝返りをうつたびに上下左右に動き続けています。そのまま放っておくと、だんだんバストの皮膚が伸びてしまい、やがてバストが下に垂れてしまう可能性があるんです!

ナイトブラは、睡眠時のバストをしっかりと正しい位置で守り、綺麗な形のまま朝までキープしてくれます♪バストの脂肪が脇に流れるのを防ぐ効果もあるんですよ~。

日ごろ忙しくてなかなかバストケアができないという人は、着けているだけで美しいバストが作れるナイトブラをぜひ試してみてくださいね^^

バストアップできるブラジャーって本当にたくさんある!その種類と使い心地、知りたいでしょ?ナイトブラから育乳用、補正用、ヌーブラまで、ここをチェックすればまるっと分かっちゃいます!口コミだって満載だよ!

バストアップに効果的な食べ物を摂取

バストアップに効果的な栄養をバランス良く摂取して、女性ホルモンの分泌を活性化させる方法。美肌効果もあるので一石二鳥です♪

自然に、健康的にバストアップをしたいという人におすすめ。詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね!

バストアップに効果のある食べ物があるって、知ってますか?実は、身近な生活をちょっと気にかけるだけでバストは大きくなるんですが、その基本になるのが食事です。バストアップに効果的な食べ物を厳選しました!理想的な美しいバストを手に入れましょう♪



まとめ

何かとリスクが高いと言われる豊胸手術ですが、ドクター、クリニック選びを入念に行うことがリスクを最小限に抑えるポイント。むしろ、受ける側はそういったことしかできないので、できることは最大限やるというスタンスで、時間をかけてドクター、クリニック選びを入念に行いましょう!

やっぱりどうしてもリスクが気になる…という人は、サプリメントやマッサージ、食生活を工夫する等してバストアップを目指してみてください^^即効性が無くても、毎日継続して実践することで理想のバストに近づくことができますよ♪

under main layout