ヨーグルトにバストアップ効果はある?4つの成分が胸を大きくしていた驚愕の真実

ヨーグルトにバストアップ効果はある?4つの成分が胸を大きくしていた驚愕の真実

ヨーグルトにバストアップ効果があるって知っていましたか?毎日手軽に摂れて美容にも健康にも効果抜群なヨーグルトは、美にこだわりたい女性の強ーい味方♡今日はそんなヨーグルトの驚きの効果や、より効果を実感できる美味しい食べ方をご紹介します♪

シェアする

目次

  • 毎日のヨーグルト習慣がバストアップへの近道!
  • ヨーグルトにはバストアップに効果的な栄養素がたっぷり入っている♪
  • さらに注目!ヨーグルトの整腸作用がバストアップに!?
  • ヨーグルトの種類は何がいいの?
  • 摂りすぎには注意が必要!一日の正しい摂取量はどのくらい?
  • 効果的な食べ方はある?
  • よりバストアップ効果を高めてくれる美味しいヨーグルトレシピ
  • ヨーグルトを美味しく食べて美バストを手に入れよう♡

毎日のヨーグルト習慣がバストアップへの近道!

美は一日にしてならず!バストアップも毎日継続することが大切。バストアップに効果があると言われている方法には、エクササイズやマッサージ、サプリメントなどいろいろありますが、何でも続けていかないとと満足な効果は現れにくいもの。私チコリ・バストアップ編集長の「みのりん」こと宗みのりも、バストアップに関しては10代の頃から多種多様な方法を試してきましたが、結局効果があった方法って長続きするものばかりなんですよね。

いろいろな方法でバストアップを頑張っているアナタ。せっかくなら毎日の食事でもバストアップに効果的な食材を摂り入れて、無理なく習慣にしてより早く理想のバストを手に入れたいですよね!毎日のコツコツ小さな積み重ねが、最終的にはバストアップへの一番の近道だったりするもの。

バストアップに効果的な食べ物というとアナタはまず何を思い浮かべますか?口コミで有名なところだと、キャベツや鶏肉や、きなこや豆乳などの大豆製品でしょうか。実は、朝食の定番として身近なヨーグルトにもバストアップ効果があるって知っていましたか?美容や健康に効果抜群なヨーグルトですが、意外とまだまだ知られていない効果がたくさんあるんです♪

ヨーグルトにはバストアップに効果的な栄養素がたっぷり入っている♪

バストアップに効果があるとされている栄養素はいくつかありますが、具体的な名前や効果って意外と知らないものですよね。みのりんも最初は何もわからないまま「バストが大きくなる!」と噂の食材は手当たり次第に食べるようにしていましたが、どんな成分がどのようにバストに効くのか知っておくと、食事の献立を考えるのもちょっと楽しくなるし、何より身体に効いている気がしてくるんですよね☆

ここでは、バストアップに効果的な4つのおもな栄養素を、ヨーグルトに含まれる栄養素と照らし合わせながらご紹介します。

たんぱく質~美乳には欠かせない皮膚や筋肉の元!

人間が生きていくうえでとっても大事な脂質・炭水化物・たんぱく質を「三大栄養素」と呼びます。

アナタも多分知っている栄養素ばかりですよね。中でも、私たちの身体中の細胞を形作って、骨や筋肉、血や皮膚などを構成しているのがたんぱく質です。

健やかで美しいな身体づくりには欠かせないたんぱく質。もちろんバストも例外ではなく、ハリがあって健康的な美バストを維持するためには、たんぱく質は絶対に必要な栄養素なんです。

たんぱく質はホルモンに働きかける作用も持っていて、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活発にしてくれます。エストロゲンは、ダイレクトに胸腺に働きかけて胸を大きくする働きがあるので、バストアップにはとっても大事なホルモンで、肌や髪に潤いを与えてくれたり、女性らしい美しいボディラインのサポートをしてくれるので、私たち女性には嬉しい効果がいっぱいです♡

たんぱく質には大きく分けて2つの種類があります。穀類や豆、野菜などの植物由来の食べ物に含まれる「植物性たんぱく質」と、肉・魚・卵などの動物由来の食べ物に含まれる「動物性たんぱく質」です。それぞれに含まれる「必須アミノ酸」が一部違うので、両方をバランスよく摂取することが、バストアップへの近道です!

ヨーグルトには120g(小鉢一杯)あたり、4.32gのたんぱく質が含まれています。ヨーグルトの主成分は牛乳なので、動物性たんぱく質ということになりますね。このたんぱく質の量は一食の摂取目安量の約1/4~1/8を満たす量。ヨーグルトだけで結構な量のたんぱく質が摂取できますね。良質な植物性たんぱく質を含む食品と組み合わせて摂取すると、相乗効果でよりバストアップ効果が高まります!

脂質~バストの大半を構成する大切な栄養素

脂質ときくと、「脂肪なんていらない!!」なんて女子の声が聞こえてきそうですが(笑)、脂質も私たちが生きていくうえで欠かせない栄養素の一つです。エネルギーを貯蔵したり、ホルモンとしての働きをするものもあります。

ダイエット中は敬遠しがちな脂質……たしかに摂りすぎは肥満や生活習慣病の原因にもなりますが、必要な量をきちんと摂取しないと、ボディラインが崩れてしまったり、肌が極度に乾燥してしまったりします。無理なダイエットをして大事な胸のお肉だけ落ちてしまったり、肌がカッサカサになってしまったりした経験、みのりんにもあります(涙)

バストの大半は脂肪でできています。良質な脂質を適度に摂ることは、イコール大きくて美しいバストを作ることにつながります!ヨーグルトには120g(小鉢一杯)あたり、3.6gの脂質が含まれており、一食の摂取目安量の約1/4~1/5を占めます。他の食品と上手に組み合わせて、きちんと必要量の脂質を摂るように心がけましょう♪

カルシウム~イライラ解消&血流アップで美バストに

カルシウムと聞くと、骨を強くするイメージがありますよね。バストアップとまったく関係ないように思いがちですが、実はカルシウムもバストアップをサポートしてくれる大切な栄養素なんです。

カルシウムはマグネシウムや鉄などと同じで、ミネラルの仲間です。ミネラルは他の栄養素の効果を高める働きがあり、サプリメントなどの有効成分をしっかり身体に摂り入れるためにも毎日きちんと摂取したいもの。でも、身体の中で作り出すことができないので食品やサプリメントで積極的に摂取しなければなりません。

カルシウムを摂らないと骨や筋肉が弱く脆くなり、姿勢が悪くなったり貧血気味になってしまったりします。そうすると、全身の血流が悪くなり、バストの健康的な成長を妨げてしまいます。また、カルシウムが不足してイライラすると、バストアップに大切な女性ホルモンの分泌が悪くなってしまいます。

ヨーグルトには120g(小鉢一杯)あたり、144mgのカルシウムが含まれています。これは一食あたりの目安摂取量の半分以上にあたるので、品数の少なくなりがちな朝食や忙しいときの食事でもしっかりとカルシウムを摂るために、ヨーグルトは最適な食品だといえますね。

ビタミン~バランス良く摂取して憧れの上向きバストをゲット♡

ビタミンにはいろいろな種類がありますが、美容や健康のために意識して摂るように心がけている人も多いのではないでしょうか。ビタミンも他の栄養素と同じで、バランス良く摂取することが大切ですが、特にバストアップに効果的なことで有名なビタミンは、ビタミンB群、ビタミンEなどです。

まず、ビタミンB群は「美容のビタミン」「発育のビタミン」とも呼ばれていて、代謝を促進したり、ホルモンのバランスを整える作用があります。そのため、血行を促進してツンと上向きのハリのあるバストを維持する効果が期待できます。せっかく理想の大きさの憧れバストを手に入れても、重みで垂れ下がってしまったら悲しいですものね。ビタミンBは全部で8種類ありますが、バストアップの面で特に効果的なのはビタミンB1とB2です。

次に、ビタミンEは「アンチエイジングのビタミン」とも呼ばれており、女性ホルモンを活発にしてくれる作用があります。潤いのあるつやつやお肌にも効果があり、化粧品にもよく配合されていますよね。ビタミンEを効果的に摂取することで、大きくすべすべのバストを手に入れることができちゃいます♡

ヨーグルトにはビタミンが突出してたくさん含まれているというわけではありませんが、皮膚の機能を正常に保つビタミンA、ご存知のとおり美白美肌に欠かせないビタミンCなどのビタミン類がバランスよく含まれています。他の食品と上手に組み合わせて、毎日の食事に取り入れましょう♪

さらに注目!ヨーグルトの整腸作用がバストアップに!?

ヨーグルトに含まれる栄養素がどのようにバストアップに効くのか分かっていただけたかと思います。「でも、バランスよく栄養が含まれている食品だったら他にたくさんあるじゃない?」と思ったアナタ!そう、そのとおり!先に述べたような栄養がバランス良く含まれている食品はヨーグルトだけではありません。

では、なんでヨーグルトがバストアップに特別に効果的と言われているのでしょうか?実は、ヨーグルトの健康効果と言って誰もが思い浮かべる「整腸効果」にこそ、バストアップのカギがあるんです!

便秘って健康にも美容にも良くないってホント?

女性の身体の不調やお悩みの一つとして良くピックアップされるのが、つらーい便秘。私みのりんも、人知れず便秘に悩んでいた時期がありました。すっきりしない日々が続いて本当につらいのに、なかなか人に相談しにくいんですよね。できるだけ早く解消したいけど、薬に頼ってしまうとずっと薬を飲み続けなければならない気がしてコワイ……できることなら食事や運動など生活を見直すことで根本的に改善したいと思っている女子も多いはず。

便秘はおなかの痛みや圧迫感などで辛いだけではなく、健康や美容の面でも身体に悪影響を及ぼします。便秘が続くと、腸の中にどんどん便が溜まって、「悪玉菌」を増殖させて、発がん性物質やアンモニアなどの有害物質を発生させます。恐ろしいのは、便秘が長期間続くことでこれらの有害物質が腸から再び血液中に吸収されてしまうこと。つまり、最悪、大腸がんなどの生死につながる大病の原因となってしまうこともあるのです。

がんとまではいかなくても、体中に運ばれる有害物質のせいで、女性の大敵・肌荒れを引き起こします。なかなか解消されない肌の乾燥やくすみ、ニキビなどの肌トラブルは、実は便秘が原因になっていることも多いんですよ。

さらに、悪玉菌は腸内でガスを発生させます。便秘のときにおならが臭くなるのは、このガスが原因です。ガスはおならとして排出されるだけでなく、体臭や口臭として排出されることも……。どれをとっても、女子としては絶対に避けたい事態ですよね(涙)

また、腸に溜まった老廃物が正常な栄養吸収を妨げるので、必要な栄養がしっかりと細胞に行き届かず、血行や代謝も悪くなります。結果、肥満の原因になったりホルモンバランスを乱す原因になってしまいます。太るうえにバストも小さくなってしまうとか……最悪ですよね。

便秘解消には乳酸菌の継続摂取が効果的!

便秘の解消に、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が効果的というのはもちろんアナタも知っていますよね。乳酸菌にもいろいろと種類がありますが、「生きたまま腸まで届く」がキャッチフレーズのガゼリ菌や、胃でピロリ菌を抑制するLG21乳酸菌などが最近人気ですね。乳酸菌は悪玉菌の活動を抑制して、悪玉菌の働きでアルカリ性に傾いた腸内環境を正常な酸性に戻して整えてくれます。

便秘を解消して血行もバストアップ効果も大幅アップ♡

乳酸菌で便秘を解消すると、血行が良くなって全身の代謝を促してくれます。老廃物を出し切ってすっきりとデトックスされた後の腸では、栄養の吸収率も大幅にアップ♪食事やサプリメントの大切な栄養素をしっかりと身体の細胞に届けてくれるので、結果的に効率的なバストアップにつながるのです。

せっかく食事やサプリメントでバストアップに効く成分を取り入れても、身体に吸収されなければ意味がありませんよね。必要な栄養がしっかりと届いていなければ、バストアップのための運動やマッサージをしても効果が薄れてしまいます。

さらに、腸内環境が整うと、女性ホルモンの分泌も正常化します。代謝が良くなることで女性ホルモンの巡りも良くなるので、バストアップ効果が期待できますね。

美しいボディは美しい腸内環境から作られる、と言っても過言ではありません!憧れのバストを手に入れるためにも、まずは身体の中から腸内美人を目指すことが大切です♡

ヨーグルトの種類は何がいいの?

ヨーグルトのすごさが少しずつお分かりいただけたでしょうか♡では、ここからは実践的なお話に移りますね♪

ヨーグルトといっても、お店にはたくさんの種類が売られていて、果たしてどれを買ったらいいのか迷ってしまうことも多いです。ヨーグルトの形状で分けると、固形のスプーンで食べるヨーグルトと、ボトルに入っていてそのまま直接飲める飲むヨーグルトがありますが、どっちのほうがバストアップに効果的なのでしょうか?

固形のヨーグルトと飲むヨーグルトの違いって?

固形のヨーグルトとドリンクタイプのヨーグルト、実は形状が違うだけで含まれる栄養素に大きな違いはありません。飲むヨーグルトは、固形のヨーグルトを攪拌して糖分を加えただけのものなんです。

なので、バストアップや美容のためにヨーグルトを摂取するのに、どちらがいいというものはありません。強いていえば、固形ヨーグルトは無糖タイプのものも一般的に売られていますが、飲むヨーグルトはほとんどのものが加糖タイプのものしか売られていないので、カロリーオーバーに注意したほうがいい、という点くらい。自分の生活スタイルや、好みによってお好きなタイプを選んで、毎日続けて摂取するようにすることが大切です!

食感やアレンジを楽しみたい方には固形のヨーグルトがおすすめ☆

固形ヨーグルトは種類や味の豊富さや、幅広くいろいろなアレンジが楽しめるところが魅力♡プレーンから、果実がどっさりと入っているもの、ソースやはちみつをかけてスイーツ感覚で味わうもの、シリアルを入れて食感が楽しめるものなどさまざまなバリエーションで売られています。

旬の果物にかけて食べたり、野菜や果物とミキサーにかけてスムージーにしたり、料理に使ったりと多様なアレンジも楽しめます。自分好みの組み合わせで美味しく食べることができて、毎日変化をつけられるので飽きずに続けられそうです♪

スプーンですくって噛みながら時間をかけて食べることで満腹中枢も刺激されるので、食事の一環として満腹感を求めたい方にもぴったり。果物やシリアルな噛みごたえのあるものと組み合わせるとより満足感が高まって、食べ過ぎ防止につながります。

一方で、固形ヨーグルトは移動中に食べたり外出先で食べたりするのには不向き。忙しくて家でゆっくり座って朝食を食べる時間が取れないような人は、毎日続けるのが難しいかもしれませんね。

飲むヨーグルトは手軽にいつでも飲める気楽さが人気

飲むヨーグルトのいいところは、フタを開けて飲むだけのお手軽さ♪そのまま口をつけても飲めるので、外出先や移動先などでも、場所を選ばずに好きなときに飲むことができます。忙しくて朝食に時間をかけたくない方や、小腹がすいたときのおやつ代わりに、外出先や仕事先でも気軽に飲みたいという方にぴったりですね。

でも、固形ヨーグルトと比べると味のバリエーションやアレンジが楽しみにくいのがデメリット。食感にも変化がつけにくいので、どうしても毎日ずっとだと飽きてしまいがちです。

気分や場面に合わせて好きなタイプのヨーグルトを楽しむのが一番!

固形ヨーグルトと飲むヨーグルトのメリット・デメリットを考えてみると、やはり気分や場面に合わせて柔軟に使い分けて楽しむのが一番なようですね。みのりんは基本は固形ヨーグルトでその日の気分に合わせたアレンジを楽しんでいますが、忙しくて朝食が家で食べられないときには飲むヨーグルトをコンビニで買って手が空いたときに飲むようにしています。アナタも毎日無理なく続けられるように工夫してみてくださいね^^

摂りすぎには注意が必要!一日の正しい摂取量はどのくらい?

健康に美容にバストアップに♡いいことづくめなヨーグルト。美味しいしついついたくさん食べたくなっちゃいますが、摂りすぎは逆に身体によくないので注意が必要なんです……!ヨーグルトに限らず、どんなに健康に良い食べ物だって、極端な食べすぎは効果があがるこどころか、逆に身体に悪い影響を及ぼしてしまうこともあります。一日の摂取量の目安を守って、良い効果だけを身体に取り入れたいですね。

ヨーグルトの摂りすぎは何が問題?注意点は?

前の項目でもお伝えしたとおり、ヨーグルトは良質な動物性たんぱく質や脂質などの栄養素がバランス良く詰まった食品です。しかし、いくら良質な栄養素でも、摂りすぎは栄養過多になり、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。

一番わかりやすいのが、脂質ですね。良質な脂質を適度に摂ることは、ハリのある女性らしいボディラインを作ったり、潤いある美肌や美髪を保つためにとても重要。でも、脂質の摂りすぎは身体に余分な脂質が蓄積されてしまって肥満の原因に……。

また、たんぱく質の摂りすぎもカロリーオーバーにつながるだけでなく、身体に負担をかけてしまうことになりかねないのです。余分なたんぱく質は身体の中で分解されて窒素になりますが、窒素が体外に排出される過程でアンモニアに変化します。アンモニアは身体に有害な物質なので、肝臓で尿素に変換して無毒化された後に、腎臓で尿となって体外に排出されます。つまり、たんぱく質の摂りすぎは肝臓や腎臓を酷使することに!過度な負担が原因となって、機能低下や病気を引き起こしてしまうこともあります。

他に含まれているいろいろな栄養素も同じで、目安量以上に摂取したからといって効果がアップするようなことはないので、食べすぎには注意しましょう。また、ヨーグルトだけで栄養素を補給しようとするのではなく、バランス良く他の食材と組み合わせて食事に取り入れるようにしましょうね♪

一日の摂取量の理想はどのくらい?

ヨーグルトの一日の摂取量の目安は、メーカーによって多少バラつきがありますが、一日100g程度が理想とされています。大体小鉢一杯が120g程度なので、小鉢に8分目くらいを目安にするとわかりやすいかもしれませんね。

食べきりサイズのカップタイプのヨーグルトや、飲むヨーグルトの飲みきりサイズは、一日に1カップor1本が目安。これもメーカーによって異なりますが、大体70~120g前後のものが一般的なようですよ☆

効果的な食べ方はある?

毎日食べたいヨーグルト、効果的に食べる食べ方はどんな方法があるのでしょうか?みのりんが今までにいろいろと試した中でも特におすすめの食べ方をご紹介しますね♪

冷えは美の大敵!常温ヨーグルトのススメ

女性のお悩みに多い冷え……健康の観点からだけでなく、美容にもとても良くないことは有名ですよね。冷えた体は血流が悪くなり、代謝がダウンして余計な脂肪を溜め込んでしまう原因となります。また、大切な子宮が冷えると、ホルモンバランスを乱したり、病気の原因になったりすることも。特に妊娠中の女性や、産後まもない女性にとっておなかを冷やすことは絶対にNGだと言われています。

冷蔵庫から出してすぐの食べ物や飲み物を飲むことは、内臓を冷やしてしまい、頑固な冷えの原因になります。夏はキンキンに冷えた冷たいものが恋しい季節ですが、美容のためにはガマンも必要!あらかじめ食べる少し前に冷蔵庫から出しておくなどして、できるだけ常温に近づけてから食べるように心がけましょう。より冷えを回避して身体を温めたい人は、次の項目で紹介する「ホットヨーグルト」をぜひ試してみてくださいね♡

バストアップ食材と組み合わせて相乗効果を狙おう♡

ヨーグルトだけでも美味しく食べられますが、他の食品と組み合わせることで足りない栄養素を補い合って、身体に良い栄養素の相乗効果を狙うことができます。

バストアップに効く栄養素として有名なものに、大豆に含まれる大豆イソフラボンがありますよね。大豆イソフラボンが豊富に含まれる食材の中でも、きなこや豆乳はヨーグルトとの相性抜群。ぜひ併せて取り入れたいですね。こちらも次の項目で詳しいレシピを紹介しちゃいます♪

他にも、良質なたんぱく質の宝庫である鶏肉や、バストの脂肪を増やす効果のあるボロンが含まれるキャベツなどもバストアップ食材として有名。例えば、朝食の献立にキャベツとチキンのスープとヨーグルトを組み合わせたり、蒸し鶏のサラダとヨーグルトを組み合わせたりするだけでOKなので、簡単に生活に取り入れられますよ。

よりバストアップ効果を高めてくれる美味しいヨーグルトレシピ

毎日ヨーグルトを美味しく食べるために、飽きてきたら自分好みのアレンジを取り入れて変化をつけることも大切です。ここでは、よりバストアップ効果を高めてくれて、何より美味しい♡一石二鳥なおすすめレシピを紹介します♪

バナナヨーグルト~Wの整腸作用でバストアップ効果UP

バナナに含まれるオリゴ糖には、善玉菌の働きを活性化する働きがあるため、優れた整腸効果があります。ヨーグルトと組み合わせることで、デザート感覚で美味しく食べられるだけでなく、Wの整腸効果が期待できます♡スッキリきれいな腸美人になって、バストアップ成分を吸収しやすい身体を作りましょう。頑固な便秘にお悩みの方にも是非試して頂きたいレシピです。

■用意するもの

  • プレーンヨーグルト 100g程度

  • バナナ 1/2本

■作り方

  1. バナナは皮を剥いて一口大に切ります。

  2. 器に1.のバナナを盛り、ヨーグルトをかけます。甘さが欲しい人は、お好みで少量のハチミツやメープルシロップをプラスして召し上がれ。

きなこヨーグルト~女性ホルモン×乳酸菌♡香ばしい風味で満足感もUP

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分として近年注目を集めている大豆イソフラボン。効率的に大豆イソフラボンを摂れる食品として有名なきなこは、香ばしい独特の風味がデザート感を倍増して、満腹感UP!また、きなこは食物繊維も豊富に含まれているので、ヨーグルトの整腸効果を促してくれる効果も。乳酸菌と大豆イソフラボンの相乗効果で、バストアップを強力にサポートしてくれますよ♪

■用意するもの

  • プレーンヨーグルト 100g程度

  • きなこ 大匙2杯~お好みで

  • はちみつやメープルシロップ お好みで

■作り方

  1. プレーンヨーグルトを器に盛り、上からきなこをふりかけます。

  2. はちみつやメープルシロップをお好みの量かけます。加糖のヨーグルトやきなこを使う場合にはカロリーオーバーに注意!

  3. よ~くかき混ぜてから召し上がれ。

豆乳ヨーグルトスムージー~さっぱり飲めて大豆イソフラボンもたっぷり摂取

豆乳はきなこ同様、大豆イソフラボンがたっぷり含まれている女性の強い味方。積極的に摂取したいですが、独特のあの風味が苦手だったり、味が単調で毎日飲み続けるのが難しいと感じている人も多いのでは?そんな豆乳は、ヨーグルトと組み合わせるとまるでラッシーのような爽やかスムージーとして味も楽しみながら飲むことができますよ♪

■用意するもの

  • プレーンヨーグルト 100g程度

  • 豆乳 100ml

  • お好きな果物(りんごやパイナップル、キウイなどがおすすめ) 100g程度

  • はちみつ 大匙1杯~お好みで

■作り方

  1. 果物を適当な大きさに切っておきます。

  2. 材料をすべてミキサーに入れ、塊がなくなるまで撹拌します。

  3. グラスに入れて出来上がり♪

自家製豆乳ヨーグルト~手軽に低コスト!自宅で本格的な豆乳ヨーグルトを

ヘルシーで美容効果が高いとちまたで流行している豆乳ヨーグルト。市販の豆乳ヨーグルトは普通のヨーグルトより少し割高なので、出来たら手作りで作りたい……。そんな女性たちに、玄米と豆乳を発酵させて作る豆乳ヨーグルトのレシピが人気☆時間がかかるし初心者だと失敗してしまうことも少なくないんです。

そこでおすすめしたいのが、比較的短時間で作れて失敗も少ない、ヨーグルトと豆乳から作る簡単バージョンの豆乳ヨーグルト。以前、玄米×豆乳の方法で大失敗したみのりんも、この方法なら簡単に美味しい豆乳ヨーグルトを作ることができましたよ^^

■準備するもの

  • プレーンヨーグルト 小匙1.5杯

  • 無調整豆乳 150cc

  • ガラス容器

  • スプーン

■作り方

  1. ガラス容器とスプーンを煮沸消毒し、しっかりと乾燥させます。布巾で拭くと雑菌の元になるので、絶対に拭かないこと!

  2. 豆乳をレンジで20秒程度温めます。

  3. 1.のガラス容器に2.を注ぎ入れ、1.のスプーンでヨーグルトも入れてよくかき混ぜます。

  4. 蓋をして、陽のあたる窓辺など暖かい場所に置いて放置します。春~秋はそのままでOKですが、冬は適宜部屋の暖かい場所へ移動させるようにします。

  5. そのまま1~2日放置し、ゆるく固まり始めたら冷蔵庫へ。

  6. 1日以上冷蔵庫で寝かせて、しっかりと固まったら出来上がり♪

  7. 食べる前に、ヨーグルトの上に溜まった乳白色の水分(ホエー)を煮沸消毒したガラス瓶に入れ、上から豆乳を注ぎます。そのまま混ぜずに、4.と同様に暖かい場所で放置します。

  8. 2回目以降は、1日かからないくらいでゆるく固まり始めます。後は5.以降の手順と同じ。繰り返しずっと豆乳ヨーグルトを作っていくことができます♪

ホットヨーグルト~冷えを撃退して血行促進&バストアップ

胃や腸などの内臓を温めることで、美容の大敵である冷えを撃退してくれるホットヨーグルト。初めて飲む人はちょっと抵抗があるかもしれませんが、飲んでみるととっても美味しくてクセになります。ヨーグルトは人肌程度に温めることで乳酸菌の働きも活発になるので、より高いバストアップ効果が期待できちゃいます☆また脂肪の燃焼効果もあるので、夕食前に飲むのがより効果的。朝に飲みたい場合にも、食前に飲むのがおすすめです。

■準備するもの

  • プレーンヨーグルト 100g

  • はちみつ 大匙3/4

※お好みによって、ココアやショウガ、きなこなどでアレンジしても美味しいですよ♡

■作り方

  1. 耐熱容器にヨーグルトとはちみつを入れ、よくかき混ぜます。

  2. ラップをしないで、レンジで加熱します。40度程度がベストで、温めすぎると乳酸菌が死滅してしまうので注意。600Wで30秒加熱→一旦取り出してよくかき混ぜる→再度20秒加熱が目安です。

  3. 人肌程度に温まったら出来上がり♪

ヨーグルトを美味しく食べて美バストを手に入れよう♡

ヨーグルトのバストアップ効果について、詳しい栄養素や注意点、美味しいアレンジレシピなどを紹介しましたがいかがでしたか?

ただ美味しくて身体にいいだけじゃない!美容にもバストアップにも絶大な効果が期待できるヨーグルトは、私たち女性の心強い味方です♡いろいろな味や食感などのアレンジが楽しめて飽きずに続けられるから、私みのりんを含めて、効果の高さを身をもって実感している女性がとっても多いんです。

アナタも早速今日から毎日の食事やおやつに取り入れて、サプリメントやマッサージなどのバストアップ方法と併用しながら、バストアップを目指しちゃいましょう♡

皆さんはバストアップサプリの体験談を目にしたことがありますか?メーカーのHPや広告内に記載されている体験談を鵜呑みにして失敗してしまったこともあるのではないでしょうか。数あるバストアップサプリから自分にとって最良の物をセレクトしたいですね♪


under main layout